車検を安く済ませる方法

ユーザー車検が一番安い

 

車検を一番安く済ませる方法は「ユーザー車検」を行うことです。
車検の代理人(業者)を使わずに、自らが陸運局に出向いて車を持ち込み車検を受けることをユーザー車検と呼びます。

 

基本的に法定費用だけなので、一度容量さえ覚えてしまえば、一時間足らずで終わります。
また、予備検をしておくとスムーズにユーザー車検が進みます。

 

初めてのユーザー車検ではわからないことだらけですが、やり方や要領は陸運局で丁寧に教えてくれるので問題ありません。それでも自身がない(わからない人)はユーザー車検の代行などの業者もあります。ユーザー車検にプラス代行代がかかりますが、ディーラー車検や車検専門店に任すよりかははるかに安い値段で車検を受けることができます。

ユーザー車検の落とし穴

ユーザー車検はかなり費用を抑えて車検を受けることができますが、車検=車両の安全確認という考え方なので自分で見るよりも、車両の不備に詳しい専門家に見てもらったほうが正確です。全く車の知識がない状態でユーザー車検をすると後々車両にトラブルが発生して出費が必要になる可能性もあります。

 

車両のトラブルでありがちな、早く点検していれば修理できたレベルが、交換レベルまで行ってしまったというパターンはよくあります。そういった落とし穴がユーザー車検にはあるので、覚えておきましょう。

 

安心で選ぶならディーラー車検

安い=ユーザー車検、高い=ディーラー車検という印象は脱ぐえませんが、ユーザー車検=不安、ディーラー車検=安心という印象も根強くあります。当然、ディーラーで車検を受けると高額な費用になりますが、信用性は高いです。

 

商用車は車検が1年に1回

通常の車であれば車検は2年に1回です。
しかし、商用車の場合はルールで年に1回と決まっています。車検って年に1回のペースだと相当な出費になります。単純に車の維持費が(車検代)倍になりますからね!そういった、商用車を所有している人はユーザー車検で車検を受けることが多いようです。

 

1年目はユーザー車検、2年目はディーラー車検という風にすれば、できるだけ車検費用も安く済ませることができ、2年に1回のきちんとした車検も受けることができるので、安心と出費どちらも得られることができます。

 

商用車は自動車税や重量税が普通車の半額以下になるのはメリットなのですが、車検や任意保険の面では損することが多くあるようです。

 

トップページへ戻る