エンジンオイル交換

エンジンオイルの交換時期って?

「エンジンオイルっていつ交換すればいいの?」「何キロ走ったら?」「1年くらい使ったら?」などという質問がよくありますが、答えは「エンジンオイルの交換は車種や用途によってバラバラです。」

 

一般的には1万5,000kmまたは1年毎に交換ですが、乗っている車の車種や車の用途が違えば、交換のタイミングも異なります。だから車両の取扱説明書をみて適切なオイル交換のタイミングを確認しておきましょう。

 

走った距離や期間が短くても、オイルの汚れや減りが激しい場合は交換しなければなりません。最悪の場合はオイル漏れがある場合もあるので、適度にエンジンオイルのチェックは重要です。特に車で長距離走る場合(旅行やドライブ)などの前は必ずチェックしておきましょう。

 

軽自動車やターボ/スーパーチャージャーなど過給器付きのエンジンは回転数が多く負荷も大きくなるのでエンジンオイルの適度な確認は重要です。よく言われる話ですが、「エンジンオイルを適度に変えていればエンジンそのものが壊れることはなかった」。結局、エンジンオイル程度で済んでいたことが、ケチってしまってエンジン自体が壊れてしまって出費がかさむことは本当にあるある話なんです。

 

オイル交換が重要なワケ

 

エンジンオイルがどんな役割をしているか知っていますか?エンジンオイルの一番の目的はエンジンの潤滑です。簡単に言うとエンジンの回転で生じる摩擦をオイルを使ってできるだけ無くそうという事です。それが、エンジン内部で燃料が燃えたときに発生する煤や、金属摩耗粉、また水分の混入でオイルがどんどん傷んでしまいます。(オイルの中に不純物が入り込んでオイルの効果を軽減させてしまう)

 

ちょっとした豆知識でいうとガソリンよりもディーゼルの方がエンジン内部の環境が悪いので、エンジンオイルが傷んでしまいやすいんです。ガソリン車よりもディーゼル車の方がエンジンオイルの交換や点検は頻繁に行いましょう。

 

エンジンオイル交換の際にはオイルフィルターを交換しなければなりません。フィルターですからエンジンオイルに混入してくる不純物を遮る役割をしているのですが、ずっと使い続けていると不純物を取り除く機能が低下していきます。このままにしておくと、エンジンオイルを交換したとしても早く劣化してしまうので、オイル交換のローテーションを早めないといけないので適度にフィルターも交換する方がいいです。

 

目安ではエンジンオイルの交換2回あれば1回はフィルターも同時に交換するといった感じです。

ガソリン車 1万5,000km、または1年 7,500km、または6ヵ月
軽自動車(ガソリン車) 1万5,000km、または1年 7,500km、または6ヵ月
ガソリンターボ車 5,000km、または6ヵ月 2,500km、または3ヵ月
軽自動車(ターボ車) 5,000km、または6ヵ月 2,500km、または3ヵ月
ディーゼル/
ディーゼルターボ車
1万km、または1年 6,000km、または6ヵ月

※JAFの公式ホームページより(http://www.jaf.or.jp/qa/mechanism/maintenance/08.htm)

 

エンジンオイルの相場はいくら?

 

エンジンオイルの相場は1Lあたり600円〜900円といった感じです。これで工賃が発生しまうので、けっこー高くつきます。交換の場所によっても値段は上下しますが、ディーラー、ガソリンスタンド、カーショップなどがあります。この中ではディーラーが一番高いです。車種に適正なオイルや点検をしてくれているので、一番信頼性が高く、その分相場も高くなります。

 

次にガソリンスタンドです。多くのガソリンスタンドがエンジンオイルのサービスを行ってくれていますが、売上のためにいらないモノも紹介したり、工賃料は割高だという印象です。ガソリンスタンドといつでもどこでもオイル交換ができるっていう手軽さで相場が少し高いんだと思います。正直、ガソリンスタンドでのオイル交換はオススメしません。

 

次にカーショップでのオイル交換。これが依頼する上で一番安く済みます。オイルの種類もそれなりに揃っていて、工賃料もそこまで高くありません。また、一般的に車に詳しい人がいじってくれているので、ガソリンスタンドよりも専門性には長けていると思います。

 

車両のトラブルには任意保険(車両保険)は使えません。

よく車両保険に入っているから大丈夫!!なんていって車のメンテナンスを怠っている人がいますが、車両保険は不慮の事故による損害を補償するだけなので、不慮の故障は一切補償してくれません。車両のトラブルによる故障にロードサービスは使えますが...最近では車両保険は格段と安くなっているので加入している人がほとんどですが、故障には適用されないことを覚えておきましょう。

 

エンジンオイルについて

 

エンジンオイルは市販で売られているものからディーラー専門のものまで様々です。基本的にディーラーのエンジンオイルは料金が高く質が良いものです。その車を作った会社がその車にあったエンジンオイルを提供しているわけですから、この世で一番その車に適したエンジンオイルってことになります。

 

お金さえあればディーラーのもので交換したいと思うのが普通だと思いますが、市販で売られている比較的に安いエンジンオイルでも適度に交換していれば何も問題がありません。エンジンオイルのせいでエンジンのトラブルが起きることはオイルのせいではなくオイルの劣化が原因なので!!

 

自分の車種で調べてみましょう。オートバックスなどの専門店で売られているエンジンオイルを自分の車種と照らし合わせて購入しましょう。質でいえばディーラーのエンジンオイルに劣りますが、全く問題ありません。

 

このサイトで車種にあったエンジンオイルがわかります。そのままエンジンオイルも安く購入できるので、管理人も使っているオススメのカー用品サイトです。

 

自分でエンジンオイルを交換する手順

 

ボンネットを開け、フィラキャップを取り外します
ジャッキアップ後、タイヤをクルマの下に入れる
オイルパンの下に、開封した廃油ポイを置く。
ドレンボルトを取り外す
エンジンオイルがほとんど出なくなるまで待つ
オイルパンにドレンボルト(新しいドレンワッシャ付き)を取り付ける
廃油ポイをクルマの下から取り出し、ジャッキを降ろす
新しいエンジンオイルを注入口から注ぎ込む
オイルレベルゲージでエンジンオイル量を確認する
循環させてオイルレベルを確認する

 

自分でエンジンオイルを交換する際の注意点

 

初めに絶対に車を固定しておきましょう。
ジャッキアップが不安定なまま車の下に潜り込むとかなり危険ですので、ここは安全のために入念にチェックしておきましょうね。

 

オイル交換の際にはゴム手袋をつけましょう!!古いエンジンオイルは発ガン性があると言われています。(本当かどうかはわかりませんが、、、)使い捨てなどでいいので、ゴム手袋を装着して作業をした方がいいですよ。手を汚さないっていう目的が一番ですが。

 

>>>トップページへ