JAF

JAF会員になるメリット

JAFといえば車両のトラブルの際に役立つロードサービスを提供してくれている会社です。

 

JAF(JAF(一般社団法人日本自動車連盟)会員は会費を支払って万が一の時のロードサービスを提供してくれますが、ロードサービスなら任意保険の損保会社も無料でやってくれるので無駄なのでは?と思います。

 

確かに最近の任意保険(通販型・代理店型問わず)は保険に加入していればロードサービスが無料で使えます。

 

大手の損保だとJAF顔負けのサービスを提供していたり、無料でそこまでやってくれるの?ってくらい充実したサービスが整っています。普通に考えれば同じようなサービスを行ってくれるものをダブルで加入するのは無駄ですよね?

 

しかし、JAF会員ってけっこー多いです。

 

そんなにもドライバーは任意保険に入っていないのか?と疑問に思ってしまいますが、そうではありません。
JAFのロードサービスと保険会社のロードサービスでは少し違いがあるんです。

 

ちなみに、管理人はJAF会員です。

昔、友人から借りた車でドライブに行った際に車両トラブル(パンク)してしまいました。

 

それも深夜だったので、どうしもうなくJAFに連絡して来てもらいました。その時に「今日だけ使うなら30000円で修理できます。」会員になってもらえたら「会費と修理代で30000円」みたいなことを言われたのを覚えています。それだったら会員になったほうが得か〜って思って、その場で会員になったっていう経由です。

 

それからJAFにお世話になったことはありませんが、まぁ任意保険のロードサービスも使ったことがないですが、、、

 

管理人はJAFと任意保険どちらも加入している(任意保険は当然ですが)ので、ロードサービスに関しては充実しています。
どちらも加入しているので、ロードサービスを使うとなればJAFを使いますね。

JAFのロードサービスと保険会社のロードサービスの違い

保険会社のロードサービスが無料で使えるのにJAFに入っているのは勿体無い・・・って思いでしょうが、JAFと保険会社のロードサービスでは根本的な違いがひとつあります!!それが「車両が加入しているのか?」「ドライバーが加入しているのか?」っていう点です。

 

要するに、JAFはドライバー(人)を対象にしており、保険会社は車両(車)を対象としているってことです。
保険会社によってもロードサービスの違いはありますが、、、

 

例えば、、、

他人の車を運転して車両トラブルが起こったときに自分の保険会社ではロードサービスは使えません。保険会社の言い分とすれば「あなたの車にロードサービスがついている訳だから!!あなた自身のトラブルは知らないよ!!」ってことです。これはちょっと皮肉っぽいですが、こういう考え方になります。

 

一方、JAFは人を対象にしているので、他人の車であろうが、レンタカーであろうが、トラブルが起きた際はロードサービスが使えます。
ここがロードサービスにおいてJAFと保険会社の違いです。

 

また、JAFは会員が乗り合わせている車でもOKです。どんな車のトラブルだろうがJAF会員が乗っているのであればロードサービスはいつでもどこでも使えるってことです。極端に言えばタクシーがトラブルをお越したにしてもJAF会員なら駆けつけてくれるってことですね〜♪なんかちょっとVIPな感じです。

 

トップページへ戻る