あなたが交通事故で被害者になってしまったとき

 

もし、あなたが不幸にして交通事故の被害者になってしまい「むち打ち」や「後遺障害」が残ってしまう危険性がある場合、示談交渉する上でしっかりと肝に銘じておくべきことがあります。

 

おそらく加害者の代理人として交渉してくるのは、任意保険会社の人間となるでしょう。

 

 

とにもかくにも、相手の最初の慰謝料提示金額で納得し、サインしてはいけないということです。

 

 

あなたは、よく知らないために「そんなものか?」となんとなく納得してしまうかもしれませんが、ほとんどの場合において、あなたが受け取る資格のある慰謝料の金額はそんなものではないということが、多々あるからです。

 

 

一口に慰謝料と言っても、交通事故の場合「入通院(傷害)慰謝料」や「後遺症慰謝料」「死亡慰謝料」などがあります。

 

 

「後遺症慰謝料」を決定するための一番の要因は、後遺障害認定の等級です。

 

12級や14級では、大きく慰謝料の金額が変わりますし、後遺障害がなければ基本的には後遺症慰謝料はゼロ円になります。

 

 

 

そもそも後遺症慰謝料というのは、その後も生活していくにおいて被害者に機能の障害や能力の低下などが、どの程度残るのかを等級という形で数値化したものです。

 

事故が原因で被害者が、その後請け負うであろうハンディキャップや精神的・肉体的苦痛に対する慰謝料です。

 

 

 

後遺障害の等級の数値が高ければ高いほど、苦痛の度合いも高くなるとされています。

 

 

逆に言えば、後遺症の慰謝料を増額するポイントは、後遺障害の認定等級を1つでも繰り上げて認定してもらうことです。

 

 

入通院(傷害)の慰謝料を決定するポイントは、治療期間の長さと回数が増えるほど慰謝料は高くなります。

 

入通院(傷害)慰謝料というのは、交通事故の怪我によって肉体的苦痛を感じたり、入院治療によって時間を拘束させられたり、精神的苦痛を感じたりすることへの慰謝料です。

 

 

すぐに、痛がる人もいれば、我慢強くて痛みに対するアピールが苦手という人もいます。

 

同じ程度の怪我なのに、我慢強い人の方が慰謝料が低くなるのは不公平であり、健全ではないという考え方もあります。

 

そこで、あまり性格によって慰謝料の金額に差が出ないように、客観的判断がしやすい治療期間の長さと、回数を慰謝料計算のための指標としているわけです。

 

 

治療期間が短い人よりも長い人のほうが苦痛度が高いというわけです。

 

通院回数の頻度の高い人のほうが、頻度の少ない人よりも苦痛度が高いというわけです。

 

 

 

逆に言えば、入通院の慰謝料を増額させるポイントは、病院に「長く」かつ「頻繁に」通うということになります。

 

 

ただし、闇雲に長い期間、通院回数を増やしたからといっても、「因果関係ない」ということになってしまえば、慰謝料算定の際に減額されかねません。

 

 

しっかりと戦略を持って交渉しないと、なかなか満足できるような示談交渉に終わらないので注意が必要です。