通勤とレジャーの差を自動車保険は頻度で算定しています

 

自動車保険を決める時には、補償内容や料金は見ていても、どんな使用目的で契約しているのかという所まで考えている人はそれほどいません。

もちろん、必要な項目なので確認はしているはずなのですが、普段はそれほど意識していないという事も多い項目となります。
使用目的は主に業務、通勤通学、そしてレジャーや日常の三項目に分けられます。

業務だと高いのですが、最後のレジャーになると安くなってくるのが特徴です。

それならそちらにしておく方がいいのではと単純に考えるかもしれませんが、使用目的が違ってくると、何かアクシデントがあったと気に必要な補償が受けられない可能性がありますので、きちんと正しく使用目的も申告をしましょう。
実際にどれぐらいの頻度になるかですが、年間を通して週五日、月に15日以上車を業務に使用する場合は業務に使用となり、通勤に関しては年間を通して週五日、月に15日以上通勤や通学に車を使用する時が該当します。
会社や学校への送迎に関してもこちらに含まれると考えて申告した方がいいでしょう。

それ以外の利用目的だとレジャーになりますので、自動車保険を契約する時には、自分が大体どんな風に使っているのかもよく考えて探していきましょう。

 

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ