補償範囲が幅広い自動車保険の特約・人身傷害補償保険

 

自動車保険は確かに補償だったり幅広い特約だったりとややこしい面もあり、尚且つ目に見えない物でもあるので間違っても日常の用途を考えたうえで自分にあった保険料を払って頂きたいです。
人身傷害補償保険は、基本的に無制限にしていた方がいいです。

例えば、踏切で事故が起こってしまうと車と電車だけで事故範囲が収まればいいのですが、ひどい場合は近隣住宅にまで被害が及ぼしてしまい多額の賠償責任を負ってしまうケースもあります。

無制限の他には、5,000万・3,000万とありますが恐らくこの場合数億単位の賠償請求が来るため全く足りないですし、いきなり膨大な金額を支払うのも厳しいことです。

異例なケースではあるが自分を守るためにも無制限にすることが大切です。
また、自動車保険はしっかりと保証範囲を把握して契約をしていくべきです。

他車運転特約は、人の車を運転しても保険金が支払われるという物です。

よく他人の車を運転して事故を起こしてしまうことが多くありますので、そんな時の為にも入っているかの確認は必要です。

しかも、必要のない補償や特約が付いている場合もあり、保険料を無駄に払っていることもありますので一度保険証券を見直してみることは大事なことです。

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ