自動車保険には降車後の事故も補償するものがあります

 

自動車から降りる際に転倒して、ケガをしてしまった。

あるいは自動車のドアを閉める際に指を挟んでケガをしてしまった。

このような降車後の事故に対する補償に対しては、自動車保険によって異なると言うのが現状です。
自動車保険の賠償が及ぶ範囲は、基本的には自動車搭乗中、そして自動車の運行に起因するアクシデントによるものと規定されています。

降車後の事故に対する補償が保険によって異なるのは、どこまでを搭乗中と理解するのか、そしてどこまでを自動車の運行に起因すると理解するのかに差があるためです。

たとえば保険に加入している人の自動車であれば、降車後の事故に対しても賠償をすると言うスタンスをとっているところもあれば、タクシーや他の人の自動車など、被保険者の自動車でない場合のこのケースに関しては、保険は適用できないと言うスタンスをとっている自動車保険もあります。

そしてどちらも認めている、反対にどちらも認めていないと言うものもあります。

実際、こうした事故による保険の適用を巡って、被保険者と保険会社とが裁判で争うと言う事例も過去には発生しています。

自動車保険に加入する際は、この辺りに関しての説明を受けることが必要です。

また保険によっては、特約によって降車後の事故に対する補償をつけることができるものもありますから、それを検討するのも良いです。

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ