自動車保険における記名被保険者の重要性

 

自動車保険を契約する時保険を申し込み保険料を払う人の事を契約者、記名被保険者は契約車両を主として使用する人という事になります。

ほとんどの場合は契約者と同一人ですが必ずしも同一人で契約しなければいけないという事はありません。

記名被保険者の運転歴や年齢、事故歴、免許証の色により保険料が異なってきます。

自動車保険の補償対象も違ってくるので設定が重要となってきます。

加入時点での同居の親族、別居の未婚の子が補償対象となりますから加入後に結婚や転勤で家をでれば同居の親族にはならず、別居していた未婚の子が結婚すれば補償対象外となります。

加入時の関係で補償対象が決まるのではなく事故があったときの関係で補償がきまります。

記名被保険者を中心とした補償対象者の範囲を把握しておくことが必要になります。

保険料の負担を少なくするには記名被保険者となる人の年齢が高い方が若年齢の人よりは安くなります。

保険会社により年齢別の保険料の設定も異なりますから契約する時には複数社の見積もりをとり検討するのがよいでしょう。

1世帯の中で保険料が安くなる人を選んで契約したとしても主として車両を運転する人に該当していなければ告知義務違反となり事故があったときに保険金が支払われない事もあるので選び方には注意が必要です。

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ