自動車保険 保険料の勘定科目

 

自動車に乗る以上は個人でも法人でも自動車保険を利用する事になります。

あくまで任意の保険とは言え、もしものことがあった時を考えると、自動車保険に加入しないという選択肢はありえません。

自動車に乗る上で発生するであろう損害を補償するための保険となりますので、損害保険の一種となります。
勘定科目として分類する時には保険料、支払い保険料、損害保険料や、車両費という科目が使われるのが一般的です。

もっと分かりやすくしたいと思うのであれば補助的な勘定科目として自動車保険と作っておけば見た目に分かりやすいので管理もしやすいです。

1年以内の短期の利用の任意保険の場合は車両費などの科目を使いますが、利用期間が数期にまたがっていく場合には長期前払い費用というような科目を使って一旦仕分けをして、必要な分だけ車両費などの科目に期間按分していきます。
いろんな科目があるのでどの科目を使って仕分けるのがいいのか悩む事も多いですが、分からない時には顧問会計士など分かる人に相談をするといいでしょう。

きちんとしておかないと、いざ集計を取る時に間違いの元となりますので、日々の管理をしっかりと間違いないよう行うように心がけましょう。

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ