自動車保険の車両と対物の免責金額について

 

自動車保険には免責金額制度があります。

これは、事故で生じた被害総額から免責分が減額されて支払われるもので、仮に免責10万円に設定したAさんが50万円の自損事故を起こした場合、免責分の10万円が差し引かれた40万円が支払われ、残りの10万円分は自腹で支払うことになります。
一般的な自動車保険は、車両・対物ともにこの免責金額を設定すると月々の保険料を安くすることができ、いずれも免責金額無設定の保険金から免責額を差し引いて支払うことが共通していて、自己負担可能な金額を想定しておくことがポイントです。
車両・対物の免責金額は自動車保険を契約する本人が増額方式と定額方式の2つから選びます。

増額方式は、初めての事故とそれ以降の事故への対応を分けてきめる方式です。

例えば「0-10」の場合では、初めての事故で免責0円で自己負担なし、2度目以降は10万円の自己負担を行います。

「5-10」の場合では、初めてで事故で5万円を自己負担、2度目以降は10万円を自己負担するという内容です。

増額方式に対する定額方式は、事故の回数にかかわらず免責額が差し引かれるため、契約期間中、事故を起こすたびに自分で負担をすることになります。

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ