自動車保険の相手への賠償と治療費の請求

 

日本の自動車保険には、加入が義務付けられている自賠責保険と呼ばれるものと、加入が個人の意思に任せられている任意保険と呼ばれるものの2種類があります。

ただしその補償内容や対象は異なります。

賠償と治療費の請求は、基本的には加入している自動車保険会社を通じて行われます。

気をつけたいのは、何もしなくても自動的に賠償や治療費が支払われるわけではないと言うことです。

ですから、相手がある自動車アクシデントに巻き込まれた場合は、必ずその旨を自動車保険会社に伝える必要があります。

その後、保険会社から賠償額の通告があり、それに納得できるようであれば示談が成立し、賠償額などが支払われます。

これは、万が一、被害者本人が自動車アクシデントによって亡くなられてしまった場合などは、配偶者や子供、また両親などが代わりに請求を行うことができ、その代理人に対する慰謝料も請求することができます。

ただしここで注意したいのが、相手が加入している保険が自賠責保険のみであった場合です。

この場合、支払われる賠償額には限度が設けられており、対物損失に対しては補償金は支払われません。

また示談交渉はその本人が行わなければならない必要があるため、請求交渉等がスムーズに進行しないことも考えられます。

こうした場合は、少々、費用はかかりますが弁護士などにお願いをするのが効果的です。

最近では、この弁護士費用をカバーする特約を持った自動車保険も増えてきています。

自分が任意保険に加入しており、人身損害補償に加入していれば、自賠責の補償額を超える治療費の請求などは保険会社が行ってくれます。

ですから、任意保険に加入しておくことはとても大切です。

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ