高齢者ドライバーの自動車保険の掛け方について

 

高齢化が進む日本で増えているのが高齢者ドライバーです。

平成26年に警察庁交通局が公表した統計によると、他の全世代が事故率を減らしたのに対して65歳以上は1.2%増加しており、この傾向は続くと考えられています。

このようなリスクに対し、高齢者は自動車保険をどう利用すればいいのでしょうか。

高齢者ドライバーの問題として身体能力の低下によって誤操作や視認性が悪くなり、対人・対物事故の発生が増えているのが特徴です。

そのため、対人・対物損害保険を無制限にするのが最も適した方法です。

特に人損事故を想定した場合、1人あたり数千万円単位の損害が発生し、仮にその場にいた全員が死亡したとすると天文学的な数字になってしまい、生活が行き詰まることはほぼ間違いないでしょう。

これは物損事故の場合も同様で、輸送トラックなど業務用車と事故を起こしてしまった場合には、車両だけでなく荷物に対する保障も必要になるため、場合によっては莫大な負担となってしまいます。

一般的には対人・対物ともに3000万円~5000万円で十分とされていますが、無制限の保険料と差額はさほど大きくないことや事故リスクの可能性を考えれば、最も最優先すべき選択肢でしょう。

また、無制限保証で生じる保険料の上昇分を相殺する方法として、運転手の範囲を本人、または家族、配偶者限定にしたり、ネット割引を利用できる自動車保険に加入する方法があります。

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ