自動車保険の外資系会社の歴史

 

日本の自動車保険の歴史は、現在の東京海上日動が1914年に国内初の営業認可を受けたところから始まります。

終戦後の1956年には現在まで続く自賠責保険(保険の義務化)が始まり、庶民にとっても自動車保険の存在が身近なものとなりました。
一方、この頃は保険料も一律で定められており、国内市場は硬直化していました。

これを変える転機となったのが日本版金融ビッグバンと称される一連の規制緩和です。

市場原理、透明性、国際性を重視した改革が1990年代後半から進められ、保険業界でも保険商品や保険料率の自由化が行われるなど、競争の時代へと突入していきました。
この激動の時代に日本市場に攻勢をかけたのがアメリカンホーム保険です。

日本で初めて通販型の自動車保険を販売、広告も積極的に行ったことにより、外資系保険会社をポピュラーな存在に変えていきました。
アメリカンホーム保険を皮切りにチューリッヒ、アクサと多くの外資系保険会社が通販型保険を取り扱うようになりました。

通販型のメリットのひとつとして、顧客と保険会社が直接やりとりをするため、それまでの代理店を介するシステムと比較して、コストが大きく削減されるということがあります。

これにより、保険料を低く抑えることも可能となりました。

外資系保険会社に続いて国内既存保険会社も通販型に参入、保険料による価格競争だけではなく、サービス面での差別化も生まれました。

日本市場での外資系自動車保険会社の歴史は、通販型自動車保険の歴史とも言えます。

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ