自動車保険の補償内容と補償額の決め方

 

自動車を運転する方なら必ず契約しておきたいのが自動車保険です。

運転している間はどんなに気を付けていても、交通事故を起こしてしまうリスクがあります。

万一の時に相手に対して補償ができるように、自動車保険に加入して備えておく必要があるのです。

自動車保険では複数の補償がセットになっているので、補償内容や補償額を比較しながら選びましょう。

保険会社や保険商品は数多く存在するので、補償内容や補償額は自分で決めて設定することも可能です。

基本的な補償は対人賠償、対物賠償となりますが、人身傷害や搭乗者傷害は自分自身や同乗者への補償となります。

相手に補償する対人賠償や対物賠償に関しては、補償額を限定せずに無制限で設定しておくと安心です。

いざという時は高額の賠償になるため、補償される額を上回ることも予想されるからです。

交通事故を起こしたら入院費や治療費だけでなく、慰謝料も支払うことになるでしょう。

慰謝料や示談金等は自分自身が相手と交渉しようとしても解決が難しいため、間に弁護士に入ってもらうといいでしょう。

自動車保険の特約には弁護士費用が付いているものもあります。

保険を選ぶ際は特約の内容にもしっかり目を通し、必要な特約を付けておきましょう。

 

 

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ