ダイレクト型自動車保険の保険料をさらに割安にする方法

 

ダイレクト型保険は割安ですが、さらに安くするためには保険比較が必要です。

自動車保険は人により最安値の保険が異なるのです。

加入、乗り換えのときは、自動車保険の一括見積もりサイトでなるべく多くの保険を比較しましょう。
契約時はインターネット契約を利用すると割引の適用となる保険が多いです。

3,000円の割引は当たり前であり、中には10,000円という高額割引の適用となる保険もあります。

さらに保険証券を不発行にすると、500円程度の割引となります。

保険証券はWeb上で確認できるので、書面がなくても特に不都合は感じません。

むしろ書面がないほうが、紛失するリスクがなくていいという方もいます。
そして、自動車保険を安くするために一番大切なポイントが、不要な保障を思い切って削ることです。

少しでも保障を充実させたいのは皆同じですが、保障は無料サービスではありません。

あまり使わない保障を付帯することで保険料が上がるのは避けたいものです。

保障と保険料を比較し、費用対効果を重視して保険選びをしていく必要があります。

ドライバーの限定条件があるなら、運転者の範囲や年齢を細かく設定しておきましょう。

自分しか運転しないのなら、家族全員を対象にした保障は不要でしょう。

 

 

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ