国内の自動車保険会社と外資系の自動車保険会社って違いがあるの?

DL045_L

自動車保険は外資系の自動車保険会社と国内の自動車保険会社でよく比較されることがあります。外資系と国内の大きな違いは「保険料の安さ」です。

外資系の自動車保険会社の場合、内の自動車保険に比べ保険料は約50%くらい安くなります。最近、テレビCMなどで見かける格別に安い保険はほとんどが外資系の自動車保険会社です。

国内の自動車保険会社

・東京海上日動火災
・三井住友海上火災
・損害保険ジャパン
・日本興亜損害保
・あいおい損保

 

外資系の自動車保険会社

・アメリカンホームダイレクト
・ソニー損保
・アクサダイレクト
・チューリッヒ
・アリコ

 

なぜ外資系の保険料の方が安いの?

外資系の自動車保険の保険料が安いのは、代理店という中間に立つ業者が存在しないからなんです。代理店という中間業者がいないため、代理店に支払うお金は必要ないので、その分保険料が安くなるっているカラクリです。

ダイレクト保険や通販型保険と呼ばれる保険は外資系の自動車保険と思っておいてください。

お客→代理店→保険会社

国内の自動車保険会社

お客→保険会社

外資系の自動車保険会社
しかし、自動車保険は安さだけで決めるわけではわりませんよね?万が一交通事故をお越した時にしっかりと金銭面やトラブル面でサポートをしてくれる事も自動車保険に加入する上では大切なポイントなんです。

 

外資系の特徴は「リスク分散化型保険」というサービス

外資系の自動車保険会社には「リスク分散化型保険」というサービスも保険料が安い理由1つです。リスク分散型保険とは、保険に加入するドライバー自身が補償内容を選択することができるサービスです。

今まで余分な補償の為に保険料が上がっていたのをリスク分散型保険のサービスにより、無駄なくドライバーにとって必要な補償だけ金額を支払う自動車保険にできるのです。

最近では国内の自動車保険会社(代理店)でもリスク細分化型を導入している会社も多くなってきています。これにより、保険料の見直しをする人が大幅に増えたとも言われています。

国内の自動車保険会社で自動車保険を加入している人は一度見直ししてみると保険料が安くなるかもしれませんよ!!




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ