35歳以上が得する自動車保険は【セゾン自動車火災保険】

自動車保険「セゾン自動車火災保険」について

セゾン自動車火災保険というのは「おとなの自動車保険」という自動車保険を扱っており、NSKJホールディングスの損害保険であるセゾン自動車火災保険が販売しています。
主に40代や50代という高い年代をターゲットとしており、安い保険料を実現させて利用者を増加させていっています。

セゾンの「おとなの自動車保険」の1番の特徴として挙げられるのは年齢ごとに事故率を保険料に反映させている事です。
事故率が低いとされる40代や50代の方達の保険料は安くなる体系となっています。

充実した内容の基本補償に加えて希望する補償を自由自在に選ぶ事が可能なので人気です。
さらに、おとなの自動車保険では主な運転者が自分の親である場合は親の年齢を基準として保険料を設定しています。
そのため、子供が大きくなって車を運転するようになった時でも保険料は大きく上がる事はありません。
したがって子供がいる家庭には大きいメリットになると言えます。
事故対応に関しては事故の解決ナビゲーター、そしてエキスパート達がサポートしてくれる体制となっています。

事故対応満足度についてはおよそ93%とかなり高い傾向にあります。
他にも24時間毎日対応しているロードアシスタンスや新規、継続とも1万円割引になるネット割引等などのサービスも充実しているのが特徴です。

 

セゾン自動車火災保険の特徴って!?

セゾン自動車火災保険は以前から存在していたセゾン自動車保険を大きく改定させて、おとなの自動車保険という名前で主にネットで大々的に宣伝し、販売を開始しています。

この「おとなの自動車保険」というのは名前の通り保険に加入する人が40代や50代なら保険料が安くなるようになっているのが特徴です。

40代や50代などといった高い年代の時に保険料が安くなるのは、年をとって60歳以上になると保険料が高くなってしまう事も意味しています。
また、40代や50代の底が深いほどに高齢になる場合の上昇率も高くなる事を覚えておきましょう。

おとなの自動車保険の特徴は他にも様々挙げられます。
これは、そこまでアピールされていない事なのですがロードアシスタンスが特約となっています。
自分が希望しない場合は外す事が可能になっている点でしょうか。

これはセゾンにとって保険料で他の会社と競争するにあたって優位に立っていると言えます。
ロードアシスタンスは特約扱いになっているので契約が締結する際に補償されている内容は必ず保障されるという事になります。
保険会社の都合で急にサービスがなくなってしまい、利用しようとした時に利用できない!という事がある場合もあるのですが、そんな事が絶対にないのです。

 

セゾン自動車火災保険ってどんな保険プランがあるの?

セゾン自動車火災保険は非常に充実したプラン、または時代に合ったプランを提供しています。
この事は最近話題にも挙げられており、セゾンの「おとなの自動車保険」のプランを見ても分かるでしょう。
この保険は割と事故率が低いベテランの運転者と考えられる40代や50代といった年代の方達の保険料の負担を軽くしてくれるプランとなっています。

走行距離はもちろん、車の種類や免許の色で保険料が変わるという事ではなく、統計で1番事故の少ない年代と言えるユーザー達の保険料を安くするという事は時代のニーズ合っていると言えます。

セゾン自動車火災保険の車両保険に関してはイーデザイン損保を意識しての事と考えられますが、オプションが豊富な所が特徴です。

車両無過失事故の特約を持っていて、こうした特約を希望される契約者を引き受ける事が出来ます。
さらに契約した車の盗難事故対象外特約や洪水や高潮、水没などといった対象外の特約も持っています。
他の通販型の保険会社では盗難のリスクが高いので車両保険を断られる車でも、こうした特約を付ける事が出来て車両保険を引き受ける事が可能になっているのです。

これは営業の面から見た時でも、保険の引受リスクの観点から見た時でも妥当と言えます。
通販型の保険会社にしては良く出来ていると言っても良いでしょう。

 

セゾン自動車火災保険の口コミを集めてみた!!

セゾン自動車火災保険の特徴として挙げられるのは補償内容が非常に分かりやすくて簡潔に説明してくれる点だと思います。
公式のサイトでもイラストを利用していて非常に分かりやすく説明されているし、ロードアシスタンスがオプションという事などを明記しています。

サービス内容は、得を出すために無料という事を全面的に出していますが、無料の期間は1度しかない点や場合によって有料になる事もしっかりと記載されています。
こういう自動車保険は実は少なくて、実際に保険を使用する場面になって初めて分かる人も多いのです。

このような苦い思いを経験した事がある方であれば、自動車保険はいざという時に何の役にも立たない、といった偏見を持ってしまっても仕方ありません。
こうした誤解を避けるためにもセゾン自動車保険では内容を徹底的に分かりやすくしているのです。

ユーザー側でも契約を更新する時などといった見直し時期に自分自身で契約の内容を確認するようにしますが
契約者が補償内容をしっかりと確認していない事が非常に多くて、それによってトラブルに巻き込まれてしまう事も多いのでセゾン自動車火災保険はオススメですよ。
セゾン自動車火災保険の口コミには上記のように分かりやすい点が挙げられる事が非常に多いです。

 

セゾン自動車火災保険の加入者の評判ってどうなの?

セゾン自動車火災保険というのは補償の内容を自分自身で選ぶ事が出来るので自由度が高い!と人気の保険です。
プランにより、補償の内容が固定されているような今までの保険とは違って、様々なニーズや予算に合わせ必要と考えられる補償を選ぶ事が出来る点が特徴であり、魅力でしょう。
補償の内容は建物や家財別に自由自在に選ぶ事が可能なので無駄のないオリジナルのプランを作る事が可能となるのです。

もしもの時の保険料は建物や家財の時価ではなくて、新価で支払ってくれます。
時価分のみしか復旧する事が出来ない時価補償と比較すると、新築時と同じ状態に建て直す事が可能となりますので安心でしょう。
今までの火災保険の場合、プランごとに補償の内容が固定されていましたので、人により必要がない補償が付いていたり、補償の足りないケースも沢山あったのです。

セゾン自動車火災保険は自分自身で選ぶ事が出来る火災保険として、必要と考えられる補償のみを選んで付ける事が出来る方式を採用したのです。

火災や落雷や破裂、さらには爆発などといった災害に備える基本補償を主として様々な補償を思うように選んで付ける事が可能となっていますので、1人1人に合った保険を作る事が出来るようになっています。
このセゾン火災保険は自動車保険も扱っていて、とくに40代以上の方達から人気も高いので興味のある人は参考にして下さい。

 

セゾン自動車火災保険の2ch評価

セゾン自動車火災保険はターゲットを40代や50代という中高年層に絞っているのが特徴の自動車保険です。
したがってプランのそれぞれのサービス内容も他のところと比較すると非常に独特的なモノとなっています。

このセゾンの保険料はターゲットにされている40代や50代が1番事故を起こす確率が低い年代として、この年代の方達の保険料を1番低く設定しているのが特徴です。
さらに契約者の子供が自動車に乗り始めるような場合でも、安い保険料で適用を受けられます。
保険料を算出する基準も最も若い運転者の年ではなくて、その車に最もよく乗っている運転者の年にしているのです。

セゾン自動車火災保険の特徴として挙げられるのは建物の補償のみならず、家財保険の金額を自由自在に設定出来る点でしょうか。

一般的な家財保険の場合では保険料は同居の人数に基づき、算出された金額の設定がされています。
そのため、利用者側が任意で保険料を選ぶ事は不可能だったのです。

しかし、セゾン自動車火災は所有する家財にある価値に合わせ、保険料を100万円~10万円単位で設定する事が出来るのです。
保険に加入した後に家財の増減がある場合は、その都度保険料を見直す事が可能となっていますので最適な保険にする事が可能となっているのです。

 

セゾン自動車火災保険の事故対応について

人気の保険会社であるセゾン自動車火災保険から「おとなの自動車保険」という自動車保険が販売されています。
この「おとなの自動車保険」というのは事故を起こす確立が低いとされている40代や50代の方達の保険料が安くなるように年齢ごとの事故率を反映している保険となっています。
したがって40代や50代にオススメではありますが、その年代の方達しか入る事が出来ない自動車保険という事ではないです。

セゾン自動車火災保険は損保ジャパングループの会社でありますので、補償される内容も損保ジャパンと似ています。
セゾンは通販型自動車保険に分類されるのですが、通販型の場合、不安に思う点として事故を引き起こしてしまった時に十分な対応をしてもらえるか?という点が挙げられます。

しかし、セゾンなら1つの事故につき1人の担当制となっており、事故対応の専門家と言えるスタッフが責任を持って対応してくれます。
非常に細かく素早い対応でサポートしてくれるので安心です。
さらにセゾン自動車火災保険と損保ジャパンが持っている全国で200つ拠点のサービスセンターが事故に関して対応サービスを提供してくれる所も魅力的です。
全国にあるサービスネットワークが事故解決に向けて最後までサポートしてくれるからオススメです。

 

 セゾン自動車火災保険の保険料って他と比べて高い?安い?

自動車保険を検討する時は、まず費用の見積もりと補償の内容をチェックする事が重要となります。最近では自動車保険の比較、見積もりサイトも非常に多くあるので、そのようなサイトを参考にするのも良いでしょう。

しかし、それ以上にそれぞれの自動車保険の公式サイトを見ると、それぞれが1番アピールしている点やオススメの保険が紹介されていますし、契約の内容も分かりやすいので理解する事も簡単でしょう。
各自動車保険にはメリットとデメリットがあるものですが、自分自身の条件に合っていて補償内容も充実し、保険料が安い所を探している方はセゾン自動車火災保険を選択の1つに入れる事をオススメします。

事故の対応サービスに関する満足度はおよそ94%もあるセゾン自動車保険は、もしもの時にも安心してカスタマーサービスが受ける事が出来ます。
セゾンの「おとなの自動車保険」であれば40代や50代の方達の保険料は安くなるなど、独自と言える保険で手厚い補償をかなり安い費用で提供されています。

このようにユニークとも言える保険商品を展開しているのは、日常的にユーザー達の意見を聞き入れているためです。
実際、役立つ保険を必要と考えている人達に提供したいという姿勢が、セゾン自動車火災保険の最も得と言えるポイントでしょう。

 

セゾン自動車火災保険の補償内容って?

ここではセゾン自動車火災保険の補償の対象は一体どのようなモノがあるのかを紹介したいと思います。
基本的な対人賠償保険や対物賠償保険はもちろん、人身傷害や無保険者傷害、さらには自損事故傷害や搭乗者傷害特約は特約で付けられます。

車両に関する補償としては車両保険はもちろん、特約で車両全損修理や事故時代車費用、さらには車両新価や車両無過失事故も補償する事が出来るようになっています。

非常に細かい気配りのあるロードアシスタンスや事故などで必要となった弁護士費用特約や個人賠償責任特約、さらには車両積載動産特約まで扱っています。
このような様々な特約を組み合わせ、自分自身に必要と思われる補償を作る事が出来る点が強みになっています。

自動車保険なんて何処も同じだし、必要な時に必要とされる補償が得られるのか疑問だ!と思われている人は
セゾン自動車火災保険のようなカスタマイズ性のあるニーズに合わせた自動車保険を選ぶのをオススメします。

実際、ユーザーの声を反映している保険なので、この補償が欲しい!と自分自身が新たな保険の提案者になっても良いでしょう。
保険のニーズというものは時代で変わっていくものですが、これにしっかりと対応してくれるのが他でもないセゾン自動車火災保険という訳なのです。

 

セゾン自動車火災保険のロードサービスについて

セゾン自動車火災保険はネットから非常に簡単で手軽に自動車保険の見積もりを取る事が可能となっています。
「なっトク見積もり」という名前で利用する事が出来て保険料の内訳を見て、自分のニーズに合わせて自由にカスタマイズを行う事が出来ます。
最大で1万円の割引を受ける事が出来る点が魅力的なので他の保険と比べている最中の人も
「おとなの自動車保険」を検討している人も、いつでも自由に見積もりの結果を保存する事が可能ですので自動車保険を探すのにはオススメと言えます。
これを利用する事によって時間はもちろん、労力も無駄にせずに済むでしょう。

継続する手続きも数台自動車を持っている人の契約内容を変更する事もネットから簡単に行えるので、時間をかける事なく面倒な手続きを完了させる事が出来るのです。
さらに世代により、必要な補償や自動車に乗る頻度や車の種類が異なるのは当然の事と言えますが、世代ごとに合った保険プランを選んでくれるのもセゾンの便利な点と言えます。

そして中高年のみならず幅広い世代の人達からに支持されており、非常にキメ細かいサービスをしている事が評価されています。
非常に豊富に選ぶ事の出来る特約がサービスの質を向上させていると言えるでしょう。

年中無休で24時間受付可能なロードアシスタンスやサポートセンターなど全てが、快適なカーライフを徹底的にサポートしてくれるから、安心して車を運転する事が出来るようになるでしょう。

 

セゾン自動車火災保険の「おとなの自動車保険」ってどんな特徴の保険なの?

セゾン自動車火災保険は保険選びに関して満足したい!と思っている大人の人にオススメです。
丁度良い保険を実現させる事が可能な自動車保険として評判も良いです。

一般的に事故が少ないとされている40代や50代の人達はもちろんの事、もし子供が運転したとしても安い保険料を実現させています。
さらにネットから申し込みをして契約をすると、保険料が10000円も割引かれるのでオススメです。

3つの基本補償となる対人賠償と対物賠償と無保険車傷害は全て無制限となっており、他の補償は必要分をしっかりと選ぶ事が出来るようになっています。
もしも事故を起こしてしまった時も経験と実績のある専任の担当者が対応してくれるので安心する事が出来ます。

最近では若い世代の方の車離れや中高年の方達が車を手放す傾向が増加していて、カーシェアリングや公共交通機関を利用する事に変える傾向が指摘されています。
しかし、実際は子育てをしている世代の方や車をよく利用してきた中高年達には車は日常生活には必須なものと言えます。
高い自動車の保険料、または維持費に悩まされている人も非常に多い事も分かっています。

そのような人達でも簡単に加入する事が出来て、しかもネットから契約すると最大で1万円の割引を受ける事が出来る
セゾン自動車火災保険の自動車保険は優良な運転者の方達には非常にオススメです。

 

セゾン自動車火災保険の人身家族おもいやり特約ってなに?

「人身家族おもいやり特約」というのはセゾン自動車火災保険が扱っている自動車保険の特約の1つに当てはまり、
人身傷害保険の支払いの対象となる事故を起こして、保険に加入している人が決められた後遺障害を被って介護が必要になった時に保険金が支払われる特約となっています。

さらに扶養者の被保険者が死んでしまった、もしくは所定されら重度の後遺障害を被ってしまい、かつ19歳未満の被扶養者がいる場合も保険金が支払われるのです。
この人身家族おもいやり特約で払われる保険料は介護支援保険金と子育て支援保険金の2種類あります。

介護支援保険金は人身傷害保険の対象となる事故で決められた重度の後遺障害が残って介護が必要な状態と認定された場合にのみ、支払われるものです。

子育て支援保険金は扶養者の被保険者が事故で亡くなった、または重度の後遺障害が残って、さらに19歳未満の扶養されている子供がいる場合にのみ支払われる事を覚えておきましょう。

介護支援保険金の場合は人身傷害保険で算定される将来の介護料と同じ金額が支払われる事となります。
そのため、この特約をセットしているなら単純に将来の介護料は2倍支払われる事になるという訳なのです。

 

 おとなの自動車保険の「個人賠償責任特約」ってどんなときに役立つの?

個人賠償責任特約とは自動車事故とは別の日常生活の事故で本人はもちろん、他人を怪我させてしまったり、
財物に損害を与えてしまい、法律上の損害賠償責任を負ってしまった場合に保険料が払われるものです。

示談代行のサービスが付いていて保険料は無制限となっています。
仮に子供が自転車に乗っていた時に相手の人を怪我させてしまった時なども対象になります。

基本的な補償で自動車事故に関連した対人賠償責任、対物賠償責任などが保険料無制限で
示談代行サービスも付いてきますので個人賠償責任特約を付けておけば自動車事故を含める賠償事故が補償されています。

この個人賠償責任補償特約を無制限で付ける場合は火災保険や他車の保険に加入していないかどうかをしっかりと確認して重複しないように気をつけましょう。
自動車保険に付ける事の出来る個人賠償責任補償特約は相手に損害を与えた時に補償されるし、
保険料に関しても保険料を無制限に選択しても1年で千円程度で済みますので非常に安いと考えられます。

この1つの保険で家族全てが補償される事となりますので重複して加入していると無駄になってしまうので、それだけは気をつけましょう。

 

 

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ