【どこが一番安いの!?】自動車保険会社の比較と結果!

【3万円安く!!】安い自動車保険を見つける裏技とコツ

についてはこちらを参照してください。

 

 

セコム損保の特徴って?

セコム損害保険会社は東洋火災海上保険株式会社が

1998年にセコムに資本参加、セコムグループ入りをして社名を

セコム東洋損害保険株式会社へと変更して生まれた保険会社の事です。

 

盗難防止装置を設置している車で車両保険を付帯している際の

盗難防止装置割引や現場急行サービスなどのサービスを提供しているのです。

 

もし、万が一盗難にあったとしてもセコム損保に加入していると

限度額はあるものの車両位置追跡装置の設置や追尾に関わる

緊急対処費用を補償してくれるという訳なのです。

 

ガス欠やタイヤのパンク時などの現場急行には

24時間対応の体制でセコムの緊急対処スタッフが行なってくれます。

 

自動車保険に相場というものはないと言えるでしょう。

年齢や購入時期、車種、生活スタイルによって保険料は違ってくるものです。

 

したがってこれから保険に入られる方や営業マンに言われるがまま契約を行って

無駄な費用を払っている方には自動車保険一括見積もりが非常にオススメという訳なのです。

 

富士火災海上保険の自動車保険

富士火災海上保険では自動車保険や医療保険があり、

生涯保険や積立保険に住宅保険や火災保険、海外旅行保険、ゴルファー保険と

豊富な保険商品が揃っているのが特徴でしょうか。

 

一般用総合自動車保険、家庭用総合自動車保険のベリエストや

ON/OFF、FAI/FAPNEOがある。

 

医療保険は「みんなの健保」や医療保険DR、積立医療保険

所得補償保険などがあり、様々な保険が揃っているのです。

 

富士火災海上保険の自動車保険としてベリエストの

一般用総合自動車保険、家庭用総合自動車保険が挙げられます。

 

ベリエストでは各補償をパッケージ化して充実した補償やサービスを様々提供する

自動車保険で安心の内容となっています。
対人賠償保険や対物賠償保険や人身傷害補償ももちろん付いているし

特約も相手自動車全損時臨時費用担保特約や自動車事故の

弁護士費用担保特約が付いているものなのです。

 

ニッセイ同和損保の自動車保険の評判

ニッセイ同和損保はニッセイ損保と同和火災海上が

合併して誕生した損害保険会社の事です。

 

日本生命に加入している方の中には自動車保険も

ニッセイで加入されている方も多いと思います。

 

ニッセイ同和損保の自動車保険はリスク細分型の「ぴたっとくん」と

全ての用途、車種に対応した「NewPAP」があるが

一般個人向けの自動車保険としては「ぴたっとくん」の方を選ぶ事となるでしょう。

 

「ぴたっとくん」の特徴は運転車限定と年齢条件を細かく設定し、

無駄を省いた自動車保険となっている所でしょうか。
臨時運転者特約が自動セットになっており、

運転者夫婦限定割引が8.0%割引になるので条件に合う方なら非常にお得でしょう。
年齢条件は21歳以上補償から34歳以上補償までの間が1歳刻みで

細かく設定できるようになっているものなのです。
合理的と言えば合理的だが31歳の方は35歳にならないと

年齢条件の最大割引が得られないという事あるので、

全て年齢の方にとってメリットがあるという訳ではないものなのです。
また「ぴたっとくん」では運転者本人限定割引ならば8.5%割引になりますが

本人限定割引を活用される方は非常に限られてくるものなので

「ぴたっとくん」のモデルがどれだけ自分自身の保険料の節約に貢献するかは

見積もりをとってみるまでは分からないでしょう。

 

 

三井ダイレクトの自動車保険

三井ダイレクトは三井物産と三井住友海上火災が作った

直販専業の損害保険会社となっています。
日本を代表する三井グループの商社と損保が組んでできた会社だが

安い保険を提供できるように徹底して無駄をそぎ落としているのが特徴でしょうか。

 

ネットの自動車保険の比較サイトなどで確かめてみると分かりますが

三井ダイレクトはアクサやアメリカンホーム、チューリッヒといった

外資系自動車保険やソニー損保といった国内系直販自動車保険と比べても

非常に安い価格設定となっているのです。
15等級程度でも1万円くらいの価格差がつくと言われている程なのです。

どうして三井ダイレクトはこんなにも安いのでしょうか?
それは直販のみの販売とする事によって

店舗の維持費や代理店の中間マージンをなくす事ができるためと思います。

 

また、事故処理担当もセンター配置とする事によって人件費を徹底的に削っているのです。
それに加え、契約条件を細かく設定したリスク細分型の保険により、

契約者のタイプに合った無駄のない保険を提供しているという訳なのです。

 

東京日動海上‐自動車保険の種類

東京日動海上‐自動車保険の種類について調べてみました。

・人身傷害保険

自動車事故で怪我をしてしまった場合に

自身の過失の有無に関わらずに保険金を支払うもの。

相手のある事故での自己過失分の補償や自損事故の補償、

歩行中の自動車事故による怪我など。

 

・搭乗者傷害特約

契約の車の運転者や同乗者が事故で死亡したり怪我をした際、

保険金を支払うものとなります。

 

・対人賠償責任保険

他人を死傷させてしまい、被害者への法律上の損害賠償金額が

自賠責保険等で支払われるべき金額を超えた際に保険金が支払われる。

任意保険会社で自賠責保険金も合せて支払う一括払制度もある。

 ・対物賠償責任保険

他人の車や家などモノに対して損害を与えてしまい、

法律上の損害賠償責任を負った際に支払われるもの。

 ・車両保険

偶然な事故により、契約のお車に生じた損害に対して支払われるものです。

 

日新火災‐自動車保険の見積もり

日新火災は自動車保険は難しくて分かりにくいと思っている多くの方に

非常にオススメな自動車保険となっていますよ。

個人向けの自動車に必要だと考えられている補償を予めセットされている

分かりやすいパッケージ型の自動車保険として人気となっているのです。

対人、対物賠償保険、人身傷害保険、傷害医療保険金に加えて

日常生活を取り巻く賠償事故についても補償してくれます。

賠償事故については全て日新火災の示談交渉サービスが付いているので安心ですよ。

また、事故や故障による自動車のトラブルについては365日、

24時間の無料ロードサービスでサポートしてくれます。

自動車の買い替えや年齢条件の変更などといった契約後に変化が生じた際も

日新火災異動受付センターへの電話1本で手続きを完了する事ができます。

さらに、日新火災の自動車保険では地域別、

使用目的別といった新しいリスク区分を導入しており、

よりそれぞれのリスクに合った自動車保険料を実現しているのです。

 

富士火災の自動車保険

富士火災という保険会社から出ている自動車保険には

2種類のサービス内容の異なった自動車保険があるそうです。

富士火災自動車保険の商品は一般用総合自動車保険という位置付けされている

「FAI」と家庭用総合自動車保険という位置付けされている

「FAP neo」という自動車保険があるのです。

富士火災の一般用総合自動車保険「FAI」はシンプルで自由設計をキーワードとして

ニーズに応じた選択を可能とした利便性の高い自動車保険と言えるでしょう。

この自動車保険は組み合わせが自由に設計できるプランとして人気となっています。

そのためこの自動車保険では対人賠償保険や自損事故保険や車両保険、

搭乗者保険などといった様々な保険や特約を自由に組み合わせる事が可能となっているのです。

もう一つの富士火災の家庭用総合自動車保険である「FAP neo」は

車の使用目的や年間最大走行距離や免許証の色、年齢条件などから、

1人1人に合わせた保険料設定を可能としている自動車保険のプランとなっています。

 

損保ジャパンの自動車保険

損保ジャパンの自動車保険を販売しているのは株式会社損害保険ジャパン

「Sompo Japan Insurance Inc」で創業は1888年です。

グループ会社には「そんぽ24損害保険株式会社」や

「損保ジャパンひまわり生命」「損保ジャパンDIY生命」「KSJリスクマネジメント」

などが挙げられます。

損保ジャパンの自動車保険は5種類あります。

個人専用自動車保険ONE-Stepと一般自動車保険のSUPやドライバー保険、

バイク保険、そして自賠責となってます。

これら5種類の自動車保険はそれぞれ契約内容が異なります。

補償の範囲や制限、制約事項、サービス体制、担当まで異なるものなのです。

そのため、損保ジャパンの5種類の自動車保険は全く別の物と考えるべきでしょうか。

そのため、損保ジャパンの口コミや評判、評価を見る際は

5つの内のどれについての口コミ、評判、評価なのかを意識して読む必要があるでしょう。

口コミ、評判、評価の中でダメだ、最低などと書いてあっても、

その逆で親切で最高とあっても自分が検討している自動車保険と

同じ商品でなければ意味がないと言えます。

自動車保険で契約が違うのは当然サービスや対応も違ってきます。

 

 

損保ジャパンの個人用自動車総合保険の「ONE Step」。

相手方はもちろん、自分や家族にも幅広く補償してくれる自分にも優しい自動車保険となっています。
万が一、事故で歩行者などに怪我を負わせてしまった場合に相手の治療費や働けない間の収入などの損害賠償による出費を補償してくれるという訳です。

自賠責保険からの保険金と自動車保険からの保険金を損保ジャパンが一括して支払ってくれます。
示談成立後にすぐ支払い可能なのです。

また、事故で相手の車やモノを壊してしまった際の損害賠償による出費も補償してくれます。これは自賠責保険では補償できないのです。

賠償の対象となる損害には直接損害と間接損害の2つがある。
直接損害とは事故で壊れてしまった車やモノ、店舗などの修理費用で間接費用というのは事故で車やモノが壊れた事によって生じる店舗の休業損害や代車手配などの費用の事となります。

対物賠償責任保険は93.6%の人が無制限で契約していると言われています。

また、対物全損時修理差額費用特約に入っておくと相手の車の時価額を超えた修理費も補償されるの安心ですよ。

 

損保ジャパンは2002年に安田火災海上と日産火災海上が合併した事によって出来た保険会社の事です。

したがって、目新しい片仮名の社名となっていますが国内系の損害保険会社として東京海上日動に迫るシェアを誇るという大手企業なのです。

保険料の高さというものは、やはり大手であるというのも大事だし、その高さの証左として商品内容そのものへの良い評判も多く見られます。

直接の担当者とのやり取りなどにまつわった評判を見てみると金額や額面上でのサービスと各契約者が肌で感じる事のできるサービスが釣り合っていないと感じている方が非常に多い事が分かります。

ただし、損保ジャパンは代理店を通して契約すると良いという評判や口コミも見られます。

担当者の親切さや丁寧さをそれでカバーするという事なのでしょうか??

自動車保険は人によって受ける印象は大きく違うので選ぶのも難しいものだと思います。

もしも、自動車保険選びにたいして悩んでいるのなら最大で12社に一括見積もり可能なサービスを利用する事がオススメですよ。
インズウェブ自動車保険一括見積もり

 日本興亜損保の自動車保険

日本興亜損保の自動車保険ではカーBOXが主力商品となっていると言われています。

必要なものを最適な形をコンセプトとして自動車保険をトコトン、

キッチリ、スッキリ、分かりやすくしているのが特徴なのです。

基本は相手関連では対人賠償保険や対物賠償保険となります。

自身や同乗者には人身傷害保険とオーソドックスな形となっているのですが

これは自動車保険の大原則となっているので当然の事と言えるでしょう。

オプションの特約でオススメなのは相手車全損超過修理費特約でしょうか。

これは、中古車の査定価格が低い場合に相手に支払う保険料が

実際の価値と差が出る場合があるのです。

あくまで査定の範囲で押し通す場合は相手が納得せずに示談が

長引く場合も考えられます。

その際、最大で50万円まで補償する特約となります。

期間や条件が様々あるので詳しくは日本興亜損保のホームページで確認するようにしましょう。

働き盛りや家族が心配な方なら、入通院一時金2倍支払特約は親切な補償と言えるでしょう。

これはその文字通り、治療日数や怪我の内容に応じて支払われる

入通院一時金について通常の2倍の金額を支払うというサービスになっています。

こうしたオプションを様々扱っている日本興亜損保の自動車保険は非常にオススメですよ。

 

日本興亜‐自動車保険の口コミ

日本興亜損保は日本火災海上保険、興亜火災海上保険、太陽火災海上保険の

3つが合併して生まれた大手損保系会社となっています。

日本興亜損保の自動車保険は個人専用自動車保険である「カーBOX」をはじめとして

カーBOXの対象とならない方のための「SIP」やペーパードライバーの方のための

ドライバー保険などの様々なニーズに応える保険が豊富に用意されているのが特徴でしょうか。

カーBOX、SIPを契約している方には365日24時間事故やトラブルに対応する

「くるまの安心サービス」が無料でついてくるのでオススメですよ。

日本興亜損保は万一の事故の際でも夜間や休日でもスピーディに対応してくれて、

24時間サポートをしてくれるので安心と思います。

 

下記にて口コミを紹介します。

~30代 男性~
事故にあった時に電話したらすぐに担当者が現場まで来てくれて助かりました。
そして対応も良かったのでずっと日本興亜損保に加入する事に決めました。

 

日本興亜損保‐自動車保険会社の評判

日本興亜損保の評判はあまり良くないそうです。

自動車保険会は交通事故の時に問題となって保険が適用されるものですので被害者や加害者がナーバスな時にトラブルを解決しなければならないのと被害者や加害者と保険会社の担当者に人間関係的な繋がりが希薄になっているような気もするのです。

下記は日本興亜損保自動車保険会社の評判となっています。

修理代金を倍払う事になってしまった。

信号待ち中に居眠り運転の加入者に追突され、人身対応、物損対応は卑劣で保険金の支払いを進めてくれなったのです。

保険金の支払いが嫌ならば損害保険などやらなければと思いました。

加害者が可哀想に感じます。

保険金支払いをする気があるのかないのか分からないが連絡をしてこなかった事があります。

相手方の自賠責も支払い拒否をされていたが実はこの保険会社でした。

知人が代理店をしていたのでどこでもいいやと思って加入しましたがその知人が代理店を辞めてしまったのでコールセンターに車の変更を依頼したら以前加入していたコールセンターと違って非常に親切だったので満足しています。

 

日本興亜損害保険株式会社の自動車保険

日本興亜損害保険株式会社は国内の古株保険会社の1つと言えるでしょう。
創業は明治時代で三井住友海上よりも歴史は古い会社なのです。

日本興亜損保は代理店型の保険ですがグループ会社に「そんぽ24」を構えており、多角に渡るマーケティング戦略によって国内No,5のシェアを持つ実績があります。

また、2010年4月には損害保険ジャパンと経営統合して国内3メガ損保と呼ばれるグループのうちの1社となったのです。

自動車保険のブランドは2種類あります。

一般的な個人向け自動車保険であるカーBOXと営業用、フリート契約向けと言える「SIP」の2種となっています。

契約車を運転する方の年齢を制限する事によって保険料も大きく変わってきます。

※年齢問わずに21歳、26歳、30歳、35歳以上補償の区分けとなります。
また、SIPは30歳の区分までとなります。

 

 日本興亜損保ってどうなの?

日本興亜損保は2001年4月から日本火災海上保険株式会社と興亜火災海上保険株式会社が合併し、発足してさらに2002年4月から太陽火災海上保険株式会社と合併した会社の事です。

日本興亜損保の自動車保険には通販型と代理店型の2種類あって安い保険料を求める場合は通販型で安心を求める場合は代理店型を選ぶ方が多いと言われています。

代理店を通して契約する際は少し割高となるのですが事故してしまった際に細かいアドバイスや安心を求める方にはオススメでしょうか。

日本興亜損保の自動車保険にはカーBOXという車の総合保険があり、さらに充実した補償が欲しい方には相手者全損超過修理費特約、人身傷害諸費用補償特約と買替時諸費用補償特約がセットになっているカーBOXプレモというプレミアムモデルの補償もあるのでオススメですよ。

長年の実績と信頼感がある日本興亜損保ですので安心感第一と考える方、保険料と補償内容の両立を目指したいと思っている方には非常にオススメの保険会社と言えるでしょう。

 

 

全労済の自動車保険

全労災は全国各所に営業所があるが全体的に担当者の評価はあまりよくないと言われています。

自動車保険は事故の際に世話になる会社なので安いばかりではなく対応のいい会社に入った方が良いと思います。

安すぎる所では対応がイマイチという所も多いので気を付けましょう。

下記は全労済の自動車保険会社の評判となっています。

全労済はイマイチです。電話で自分たちの勝手を主張するだけの気がします。
被害者救済の意思が無い。住友海上や外資系の損保の方が良い。
車両保険の保険料が去年より高くなった。
3年も加入してて無事故だけれど還付金なんてない。
今年から人気車種は保険料アップだと言われた。

ここは本当に安いし毎年還付金が帰ってくるのでオススメ。

言葉使いが悪かった。
見積もり依頼したら契約しろといわんばかりの契約書送付がきた。

最初から人を保険金の吊り上げを狙っている気がする。最悪でした。

などと不評が目につきます。
しかし逆に良かったと言っている人もいるので一概にはどうとは言えません。

 

全労済‐自動車保険の評判&口コミ

全労済自動車保険の評判、口コミについては様々なものが寄せられています。

まず、全労済自動車保険はJA共済自動車保険と同じで非営利の団体が運営している自動車保険会社となります。
保険料は外資系の自動車保険と比べると割高となっています。
事故の対応に関しても、あまり良い評判、口コミは聞かないのです。

損害保険を専門的に扱っている自動車保険会社より、
担当員の知識や交渉力が低いという評判が多く集められています。

実際の口コミとしては接触事故を起こして電話をしたけれど担当者と電話が繋がるまでにかなりの時間がかかった、事故後の担当員の対応が悪くて診断書作成が遅れて大きく減点されてしまった、などの良くない評判となっています。

もっとも、全労済自動車保険に限らずに他のどの自動車保険会社にも共通して言えるのですが担当者の質次第で良くも悪くもなるのです。

しかし、全労済自動車保険の最大の特徴は普通なら20等級まであるノンフリート等級が22等級まであり、22等級のドライバーが保険金が支払われるような事故を仮に1件起こしても翌年のノンフリート等級はそのままという所でしょうか。

そのため、長期間無事故を続けているドライバーは非常に優遇されるという訳なのです。

その上、無事故割引が最大で64%もあって無事故の優良ドライバーは非常にメリットがあると評判にもなっているのです。

 

あいおい損保の自動車保険の評判

あいおい損保の評判について調べてみました。

やはり、良い評判も悪い評判も寄せられています。

良い評判としてはトヨタ系列の自動車保険会社だから日本各地に拠点があって万が一事故をした際も安心できるというものでしょうか。

悪い評判としては事故対応が粗末という声が寄せられていました。

また、IAP-Fとトップランの違いについても調べてみました。

IAP-Fというのは自分で最低限の保険にオプションを付けていくというものでトップランはパック保険のようなものと言え、必要と思う保険が全て含まれているものとなっています。

したがって、車を買ったばかりで保険についてあまりよく知らないという方の場合はトップランがオススメだと思います。

車を所有してから10年以上経つ人はある程度自動車保険の知識もあるから、そういった方々にはIAP-Fがオススメだと思います。

 

あいおいニッセイ‐自動車保険のメリット

あいおいニッセイでは基本の補償はしっかりとサポートされているでしょう。

特に対人、対物の補償は対人補償の基本だけではなく対人臨時費用保険や対歩行者傷害特約や対物差額修理補償特約なども用意されていて手厚いサポートを受ける事ができます。

一般的な車両補償である一般補償だけではなく保険料を安くし、補償内容を限定させた補償の限定補償も契約可能となっています。

したがって、契約者のニーズによって選ぶ事も出来るし保険料を安くしたい方なら最低限の車両補償だけにするという選択もできます。

事故というものは起きてしまってから保険をかけておけば良かったと後悔してはいけないものです。
したがって、このような事が起こるのではないかというリスクに対してかけるものと言えるでしょう。

その中でも想定しにくい費用があり、それが帰宅困難になった際や弁護士を挟んで行う事故時の交渉などの単純な保険だけでは補償が賄いきれない費用も出てくるケースもあるかもしれません。

あいおいニッセイではそれらを補償する補償もあるのでリスクを気にする方は契約しても良いかもしれないでしょう。

 

あいおいニッセイ同和損保

あいおいニッセイ同和損保はトヨタグループと関係の深い代理店型の保険会社である「あいおい損保」と生保業界から進出して急成長してきた「ニッセイ同和損保」が合併されて2010年に発足した損害保険会社の事です。

「あいおい損保」というのは2010年9月まで存在していた保険会社の事です。

千代田火災海上と大東京火災海上が合併して出来た損保会社の事で正味収入保険料を基準にしている損保会社のシェアランキングでは2008年の3月で第4位という実績のある保険会社でした。

2010年の4月に三井住友海上、ニッセイ同和損保と経営統合して国内3メガ損保と呼ばれるグループの内の1社となったのです。

自動車保険の種類はタフとタフ・シンプルと2種類に分けられます。

契約車を運転される方の範囲を限定する事によって割引率も大きく変わってきます。

・タフの場合。
本人(ゴールド免許)、夫婦、家族、家族の4区分となります。

・タフ・シンプルの場合。
夫婦(本人と配偶者)、家族、家族ワイドの3区分となります。

 

あいおい損保の評判ってどうなの?

2010年10月、あいおい損保とニッセイ同和損保が合併して「あいおいニッセイ同和損保」として新たなスタート切りました。

補償もサービスも納得の保険料も自動車保険の一歩先へと進んでいると言われています。

・車のトラブル時に現場に駆けつけて修理、サポートしてくれます。

・24時間、365日対応での事故受付のサポートしてくれます。

・交通事故に限らずに走行時や外出先での自動車の故障などでのレッカーサービスしてくれます。

サポートセンターの拠点数が大手の強みとして、通販型の自動車保険会社よりも多くなっているそうです。

サービス重視の方にはオススメだと思います。
評判は下記のようなものがあります。

・知り合いが遠出した時に故障して困っていたが特約をつけていたから帰りの交通費が出てすごく助かった。

・ロードサービスとして55キロまで無料のレッカー移動を行なっているのが嬉しいです。

・うまく状況が説明できない場合でも大丈夫ですよと声かけて頂いて、その後の手続きもスムーズに進めてくれました。非常に安心感があり満足しています。

 

あいおい損保の特徴について

あいおい損害保険ではセット補償であるトップランとリスク細分型のIAP-Fという2タイプの自動車保険が提供されているそうです。

特にトップランはワンランク上の補償とサービスを求めている方に非常にオススメの自動車保険となっています。

トップランには対歩行者等傷害特約と傷害補償保険特約、人身傷害の自立支援保険金担保特約が自動付帯されているものです。

あいおい損害保険の支店や営業所や代理店の店舗数は非常に多くあり、サポート体制の充実やワンランク上の補償内容も評判となっているそうです。

また、万一の事故の際の対応も評価が高くて親身になって話を聞いてくれる、非常に心強い、的確で迅速な対応で良かった、などといった声が多く寄せられていて顧客満足度は非常に高い損保会社となっています。

株主である大手トヨタグループと親密である事も安心できるポイントの1つだと思います。

サービス面もとても充実した内容で55kmまで無料牽引のレッカーサービス、バッテリー上がりやガス欠などによって走行不能となった場合に応急作業を行ってくれる修理急行サービスなど、もしもの時に役立つサービスが様々用意されているのです。

 

あいおい損保が選ばれる理由

あいおい損保が選ばれている理由を調べてみました。

まず、トップランには対歩行者等傷害特約と傷害補償保険特約と人身傷害の自立支援保険金担保特約が自動付帯されて、さらに対物差額修理費用補償特約や弁護士費用等担保特約を始めとしたと安心の補償の特約も用意されているので万全の補償を手に入れる事ができる点でしょうか。

また、サービス面も非常に充実したものとなっている。

55kmまで無料牽引してくれるレッカーサービスやバッテリー上がり、ガス欠などの自力走行不能の場合に応急作業を行ってくれる修理急行サービスなど。とても役立つサービスが数々用意されているのです。

迅速なロードサービスが決め手になる方も多いと言われています。

それぞれの車の使用実態などに合わせた保険料設定になっており、例えばデュアルエアバッグ割引では15%の割引が適用されるそうです。

その他にもABS割引や安全ボディ割引や新車割引、エコカー割引、福祉車両割引、盗難防止装置割引などの豊富な割引サービスを受ける事ができますよ。

 

スミセイ保険の口コミ

スミセイ自動車保険会社の評判について調べてみました。

スミセイ自動車保険会社は格安の保険料と自慢のサポートによってサポートを実践している。

しかしスミセイ自動車保険の評判はあまり良くないようです。

下記にてスミセイ損害保険会社の評判をいくつか紹介したいと思います。

他社に代えると担当者に言ったら連絡が取れなくなってしまった。

知人のために入ったのに更新書類を取りに来てと言われた。

車両入替えに4ヶ月もかかりました。

同じ手続きを何度もさせられて返金するからと言って払わされたお金は結局返ってこなかったです。

謝罪もないし。

コールセンター対応は普通だったが担当者や支社が最悪でした。

担当の対応悪すぎでした。

担当者が加入者の主張よりも相手の言い分をきく損保会社なんて最悪です。など。

 

AIU保険の特徴

AIU保険は日本で最大の外資系保険会社と言われており、世界的なAIGのグループ企業となっています。

AIU保険は代理店が非常に多くて代理店で自動車保険を分かりやすく丁寧に教えてくれる上、その場で見積もりも出して、自分に合った保険プランを提供してくれます。

最近ではダイレクト系の保険会社も増加してきましたが窓口で対応できる店舗型の保険会社でコミュニケーションを密にとる事は、やはり安心と信頼に繋がると言えるでしょう。

AIUの自動車保険には個人向けリスク細分型の自動車保険である「typeR」と一般型個人向けの自動車保険である「typeP」の2つあり、いずれも利用者個人のニーズに合わせて自由に選択できる形の非常に充実した保険となっています。

オススメはリスク細分型自動車保険の「typeR」でしょうか。

車の使用目的や年齢、免許証の色などによって保険料が決まって、さらに対人賠償保険や対物賠償保険や示談交渉サービスに加えて自動車関連以外の日常生活の補償するセット特約となっており、様々な局面で役に立つ安心の自動車保険となっています。

また、ノンフリート多数契約割引や新規年払割引、長期優良契約割引などの様々な割引サービスにより、利用者ニーズに合った安心で得な保険を数々提供していっているのです。

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ