【3万円安く!!】安い自動車保険を見つける裏技とコツ

一括見積もりインズウェブ

 

ベストな自動車保険選びは保険料の比較から

自動車保険の新規契約や契約更新の際の見直しでは、保険料の安さで選ぶ人が過半数を超えると、ウェブクルーの利用者アンケートの調査結果により判明しています。

補償内容が同じであるならば、保険料は安いに越したことは間違いありません。

以前は、保険会社による価格やサービスの差は大差なく、どの保険会社と契約しても良かったのですが、自動車保険会社の業界にも自由化の波が押し寄せ、さらにはダイレクト型(通販型)自動車保険やリスク細分化型自動車保険の登場により、補償の内容や契約条件が細分化し、保険料に価格差が出てくるようになりました。

これを機会に、より有利により安く自動車保険を契約するために保険の見直しをする人が急増しました。

ただサービスが細分化され、選択肢が増えたため

「結局、どれを選んだらいいの?」

と迷う人が増えてきました。

そのような人のために最も役に立つサイトが

複数の自動車保険の保険料をまとめて見積もりすることができる一括見積もりサイトです。

インズウェブ自動車保険一括見積もり

 

自動車保険を一括で見積もり比較できるサイトなら

同じサービス・同じ補償内容で複数の保険会社の保険料を一回の情報入力で簡単に比較できます。

今の保険会社で継続すべきか悩んでいる人も

とりあえず一括見積もりしてみてから

今の保険会社で継続するのか?

それとも保険会社を乗り換えるのか?

検討することをおすすめします。

インズウェブ自動車保険一括見積もり

 

 

なぜ、一括見積もりだと安い自動車保険が選べるの?

自動車保険に加入もしくは更新する際にいったいいくら掛かるのか?

気になるのが保険料の金額ですよね。

少しでも保険料を安くするために、代理店型(対面型)からダイレクト型(通販型)の自動車保険に切り替えよう。とか

車両保険や特約にムダがないか見直してみよう。

という考え方をする人が増えてきました。

このような考え方をする人が増えている背景には、自動車保険の保険料が毎年全体的に高くなってきている傾向があることや、インターネットの普及によるダイレクト型自動車保険の登場。

保険会社としても、人件費が安くなるため、CMを流して安い自動車保険をウリに契約者の獲得に力を入れているということがあります。

あまり複雑なことを考えずに、手っ取り早く保険料を安くするためには、一括見積りサイトで見積りをとってみて、一番安い保険料の保険会社と契約することです。

一番安い保険会社はこちらから>>>

 

ダイレクト型(通販型)の保険会社も多数あって、結局どこの保険会社が一番良いのか?迷ってしまうところですが、一括見積りサイトを利用すると一件ずつ保険会社に資料請求、見積りをするという手間を掛けずに一回の情報入力で複数の保険会社から見積りを取ることができます。

自動車保険にかかわらず、ネットでの一括見積り依頼を嫌がる人も一定数いるのは、事実のようです。

一括見積りを嫌がる主な理由としては、

・似たようなホームページ、サイトが多すぎて信用できない。どれを選んで良いのかわからない

・住所や電話番号など個人情報を入力するのが面倒である

・個人情報を入力した後、しつこい勧誘が来そうで嫌だ

という人が大半のようです。

 

たしかに自動車保険など一括見積りをする際には、車の情報などを含めて、細かい情報入力が必要なため、どこのサイトで見積りをするのか?サイト選びは大切です。

ただ保険会社に一社ずつ同じように個人情報を入力しなければならないため、保険会社に個別に見積りするのも、一括見積りサイトを利用するのも同じ感覚で良いのではないでしょうか?

直接電話が掛かってきて、しつこい勧誘をされるということはないですが、DMやメールでの勧誘はしばらくの間は来ます。

これは個別に保険会社で見積りを取っても同じです。

あまり気にならない人は、普通に一括見積りすれば良いのですが、どうしても売り込みメールが気になる人は、メインではないメールアドレスを取得して、そちらで見積りをとることをおすすめします。

 

では、信頼できる自動車保険の一括見積りサイトはどこ?

という話になりますが、当サイトではSBIホールディングスが運営する

「保険の窓口 インズウェブ」をおすすめしたいと思います。
インズウェブ自動車保険一括見積もり
他にも自動車保険の一括見積りサイトは数社存在しますが、インズウェブをおすすめする理由としては

・SBIホールディングス株式会社が運営

個人情報の入力が必要なため、有名な大手の会社の方が安心ですよね。

・情報の入力項目がちょうど良い

情報の入力項目が多すぎると、入力が非常に面倒です。逆に少なすぎると正確な見積りができません。

・代理店型、ダイレクト型合わせて最大20社から見積りができる

最大20社というのは、自動車保険の一括見積りサイトの中では一番数が多いです。

実際には、保険の内容や車種・年齢により条件が違うため、平均して3~6社ぐらいの見積りができるのですが、条件によって保険会社が絞られるため、参加している保険会社は多い方が良いということになります。

 

一括見積りをする際の注意点としては、大まかな見積りしかできないということです。

特約はどうする?などの細かい見積りは、後から返信されるメールもしくは郵送でのパンフレットを参考に細かい内容を再度見積りすることになります。

 

最終的には、ロードサービスや特約など細かい条件を同じにして

今の保険会社から乗り換えるのか?

それとも乗り換えずに今までの保険会社で引き続き更新するのか?

検討すべきです。

 

 安い自動車保険の評判とメリット

昔は自動車保険といえば、車を購入したカーディーラーや保険の代理店を通して自動車保険に加入するのが一般的でした。

このような自動車保険を代理店型自動車保険とか対面型自動車保険と呼ぶのですが、この代理店型自動車保険は。中間マージン(手数料)およそ15%程度掛かるため、どうしても手数料が高くならざるを得ないというデメリットがあります。

営業担当者に直接契約内容や事故発生時の対応をどうするのか?相談できるため、良い担当者にしっかりとしたサポートを受けられれば、少し保険料が高くても、代理店型自動車保険に加入する価値はあるといえます。

この場合、どこの保険会社が良い悪いというよりも、あくまで担当者個人の良し悪しによって決まってきます。

どちらにせよ、保険料をなるだけ安くしたい人にとっては代理店型はデメリットになるといえます。

このような代理店型のデメリットを解消するために登場したのが、通販型自動車保険とかダイレクト型自動車保険と呼ばれるものです。

なぜ、通販型自動車保険が安いのかというと、インターネットや電話などで代理店を通さずに直接保険会社と契約するシステムになっています。

「ダイレクト」=「直接」という意味ですね。

代理店を通さない分、保険料が安くなるというわけです。

安い自動車保険=事故対応力が低いというイメージが評判として定着しているようですが、最近では、サポートセンター・コールセンターの対応にも力を入れており、JDパワー社の2015年度調査では事故対応力満足度ランキングでは通販型のソニー損保が1位を獲得したようです。

「安い自動車保険」に加入するなら、やはり通販型自動車保険は外せません。

保険料が安くなるのは大いに結構なことですが、やはり気になるのが、契約した保険会社の事故対応時の評判ですよね。

ヤフー知恵袋や口コミサイトを参考にする方法もありますが、かなり意見が偏っていることもあり、契約するのか否かの決め手にはなりにくいと思います。

保険会社の評判を調べる方法として役に立つのは、週刊ダイヤモンドや事故対応の評価を調べるには、JDパワーやオリコンのリサーチが参考になります。

そのように見ていくと、例えば

ソニー損保は事故初期対応は24時間体制で対応

チューリッヒは事故対応力は低めで保険料が安いという評価を以前は受けていましたが、現在では事故対応もトップレベルの評価を受けています。

セゾンのおとなの自動車保険は、事故を起こしたとき、ALSOKのスタッフが現場まで駆けつけてくれる「事故現場急行サービス」というサービスを提供しています。

ちなみに代理店型では、担当者が現場に駆けつけてくれるということはほぼありえません。

電話対応や書類等の対応のみです。

損保各社が力を入れている通販型自動車保険なだけに事故対応の評判も全体的にかなり高いと見て良いようです。

 

 

 安い自動車保険の保険会社はどこがおすすめなの?

自動車保険の保険会社は、対面型・通販型を含めると種類も多く保険会社も多く、結局どれを選んだら良いのか?判断に迷う人も多いかと思います。

当然、もしも事故を起こしてしまった時のために、保険料が安くても「事故対応」や「車両保険」などの補償内容もしっかりと検討しておかなければなりません。

特に対面型の自動車保険に加入する際にやりがちなのは、あなたにとって必要のない特約がついていたり、補償内容が全く同じであるならば、ダイレクト型の方がはるかに保険料が安いにもかかわらず、対面型で契約しているケースです。

そうは言っても、自動車保険の契約が初めてという方には、安くて良い自動車保険はどれ?と聞かれてもわからなくて当たり前だと思われます。

一番良いのは全ての保険会社の資料を取り寄せて、一社ずつ価格や評価を比較検討することですが、やはりかなりの労力が必要で疲れてしまいます。

一社ずつ比較検討するという手間を大幅に軽減してくれるのが、自動車保険の一括見積りサイトです。

自動車保険の一括見積りサイトはこちら>>

一括見積りサイトといっても数社存在しますが、最大20社の見積りが一度の情報入力、約5分程度で比較できるという気軽さから、利用しているユーザー数は累計で300万人はゆうに超えています。

一度利用したユーザーの満足度も高く、平均して2~3万円ほど保険料が安くなった方が多いようです。

ウェブクルーの一括見積もりサイトでは大手のダイレクト型自動車保険だけでなく、代理店型の保険会社も提携しているため、どうしても「代理店型で契約したい」という方にとっても、大変役立つサイトです。

無理やり契約を迫ってくるような、勧誘の電話も無いため、自動車保険の契約が初めてという方にも評判は良く、安心して見積りができるサイトです。

当サイトの管理人も自動車保険の更新が近づいてくるたびにウェブクルーさんで見積りをとっています。

なにげにカーディーラーとかで車を購入した時に、そのまま紹介されて対面型で自動車保険を契約した人が、一括見積りをしてみると、

「補償内容が同じなのに、ここまで保険料に差が出るのか!」

と驚かれるのではないでしょうか?

>>今すぐ調べて見る

 

 

 ダイレクト型(通販型)自動車保険が安い理由は?

なぜダイレクト型(通販型)自動車保険が安いのか?

安い理由について解説していきたいと思います。

 

まず第一に、一番大きな理由としては「代理店がないから」ということになります。

通常カーディーラーなどで車を購入したときなどにセットで紹介される自動車保険は、保険会社が販売しているのではなく、代理店が自動車保険を売っています。そして契約の際には、代理店が手数料を上乗せして販売しています。

ダイレクト型の場合、その名の通り代理店を通さずに保険会社とインターネットや電話などで直接通信販売を行っているため、代理店に支払う手数料の分、安くなるというわけです。

あと、勘違いしやすいのが大手デパートなどの保険ショップで扱っている通販型自動車保険。店舗で取り扱っているのにどうして通販型なの?という疑問が沸く人もいるかもしれませんが、この場合保険ショップは媒介代理店といって、保険の申込みなどはできるのですが保険の紹介をしてもらうだけで、契約の手続き、保険料の支払いは直接保険会社と行うことになります。

媒介代理店を通す場合は、保険の見積り、紹介までなので保険会社が支払う手数料は少なくて済むため、代理店型よりは総じて保険料は安くなります。ただし、インターネットなどを通じて契約するよりは若干高くなる傾向があります。

 

通販型自動車保険が安い理由の2つめに

代理店型に比べて、契約の制限が厳しくなっているということが挙げられます。

保険料を安くする代わりに、事故による保険金の支払いを減らしたいというわけで、契約を引き受ける制限が厳しくなっています。

例を挙げると

・過去に事故歴が多い人は契約してもらえない

・等級が低い場合は車両保険を付けられない。もしくは免責金額を高く設定される

・対物賠償保険を引き受けてもらえない

保険会社によって制限の内容はバラバラなのですが、事故リスクの高いドライバーとは契約しない。もしくは制限を付けることによって保険金の支払い金額を減らし、その分保険料を下げる仕組みになっています。

 

逆に言えば

一括見積りなどで保険料が大きく下がる時、保険会社に優良な契約者であるということが認められたということですから通販型に切り替えたほうがお得。

一括見積りでもあまり保険料が下がらないようなら、乗り換えずにそのまま代理店型で契約したほうがお得。

ということになります。

 

あなたがどちらに当てはまるかは、

一度一括見積りをとってみて、今の契約と比較してみるとすぐにわかります。

一括見積もりはこちらからできます>>

 

もう一つ通販型自動車保険が安い理由として挙げられるのが、インターネットによる申込みが基本だからです。

見積りから契約までをネットで行うことによって、保険会社は契約の手間を大部分省くことができます。

何気ない手間ではあるのですが、人件費を考えると大きなコストダウンになるため、その分保険料を安くできます。

 

 

 20代の自動車保険で初年度から安い自動車保険はある?

自動車保険に契約する際、最も割高になる年齢が18~20歳の新規保険契約者です。

保険の統計的にまだ運転に慣れていない18~20歳が、事故を起こす確率が最も高く、大きな事故を起こす確率が最も高いからです。

そもそも保険会社は、積極的に受け入れたくない世代であるということを頭に入れておく必要があります。

親などすでに車を所有していて、自動車保険の契約をしている場合、家族の保険をうまく利用すれば、多少なりとも保険料を下げることはできます。

18~20歳前半だと、自動車保険の契約は初めてだという方が大半だと思います。

免許を取得してすぐに車に乗るか、しばらくしてから車を購入するため、運転経験が浅い初心者ドライバーという位置になるため事故率が高くなってしまいます。

特に18~20歳ですと、保険料が年間で20万円を超えることも多く、車両保険まで付けると30万円を超えることも普通にありえます。

20代で自動車保険に加入するのが初めてという方でも、通販型・代理店型の両方のタイプの保険会社が参加している一括見積もりサイトで、まずは最安値の保険会社を調べておきましょう。車検証と免許証があれば5分程度で調査できます。

>>最安値の保険会社を調べる

 

20代の初年度でも自動車保険を安くする方法

 ・親の保険料率を譲る

自動車保険に加入する際に、年齢による割引率というの面で若い人は割引を受けることがほとんどできないのですが、親が今まで長く自動車保険に加入している場合、親の保険を譲ってもらい引き継ぐ方法があります。

もし親が車に長く乗っていて保険料の等級が20等級と最も割引率の高い等級であれば、それを子供に譲れば20代で初年度の契約であっても20等級と安い保険料で自動車保険に入れるというわけです。

保険を譲った親の方は、セカンドカー割引を利用し、7等級で加入し直したとしても、子供が新規加入する6等級よりも安い保険料で自動車保険に入ることができます。

もし親が50代であれば、等級が上がっていたとしても60代に入ると保険料が上がってしまうため、50代のうちに等級を子供に譲るという方法はかなり使える方法です。

これは、親が車に乗っていて、かつ優良ドライバーであるというのが条件になります。

 

・世帯主の車を子供が共有する

自宅にある車を共有するのであれば、家族限定の中に子供も含めるという方法があります。

この場合、世帯主の保険料が上がりますが、世帯主の等級を利用することができ、子供が新規加入するよりかなり安く保険を利用することができます。

子供が自分の車が欲しいという場合はこの方法は使えません。

 

・ネット通販の自動車保険を利用

ネット通販の自動車保険では、若年層の新規加入者を積極的に取りたがらない傾向があるということを頭に入れておく必要があります。

昔は、若い頃から顧客を取り込んで、長い期間末永く同じ保険会社で取引し続けるという考え方が主流でしたが、今では「チェリーピッキング」といって、保険会社にとって事故リスクの少ない顧客のみを囲い込み、その分保険料を安くするという方向にやり方が変わってきています。

ただ初めての自動車保険の契約でどのくらいの保険料で契約できるのか?

調査する意味でも一度一括見積りしておくと良いです。

>>一括見積りはこちらからできます

 

・自動車共済に加入する

インターネットで通販型自動車保険に加入するのも良いのですが、新規加入の場合は、JAや全労済などの自動車共済も若年層にとっては、有効な手段の一つです。

まずは一括見積りをこちらから取ってみて自動車共済と比較してみると良いです。

 

・車両保険に入らない

事故を起こす可能性が高いとされる20代ドライバーで、最も保険料に差が出るのが車両保険です。

初めて車を購入する時に、新車や高額な車を買う場合、車両保険に入った方が安心ですが、若いうちは安い中古車を乗り潰し、もしぶつけたり壊してしまっても、車ごと買い換えるつもりで車両保険に入らなければ、かなり保険料を安くすることができます。

どうしても車両保険が必要な場合「エコノミー型」を選ぶという方法もあります。

 

 

 

軽自動車の自動車保険料は安いの?

自動車保険だけにかかわらず、軽自動車は基本的に普通車に比べて維持コストが安いと言われています。

ちなみに自動車保険についてですが軽自動車は普通車に比べてどのくらい保険料が安いのかご存知でしょうか?

・保険料も含めクルマの維持費を下げるために軽自動車を検討中

・セカンドカーでは維持費の安い軽自動車を検討している

・18~20代前半で初めて車を買うので維持費が安い軽自動車を検討中

この章では、上記のような方のために軽自動車の自動車保険について解説していきたいと思います。

 

ところで軽自動車の任意保険の相場ってご存知でしょうか?

だいたいですが

15000円~240000円ぐらいが相場になります。

かなり開きがあるように感じられますが、

クルマに乗る目的、年間走行距離、年齢などの契約者の条件にによってこれだけ開きが出るのです。

 

軽や普通車にかかわらず、任意保険の相場はいくら?

という質問だけでは曖昧すぎて、お答えしにくいというのが回答になります。

 

実際のところ、軽自動車の保険料は普通車とほぼ変わりありません。

大きく保険料に差が出てくるのは「車両保険」の部分です。

車両保険以外の部分では、1万円程度ぐらいしか差がつかないのです。

軽自動車で保険料に大きく差が出るのは「車両保険」の部分だと思っていただいてほぼ間違いありません。

あと普通車には「型式別料率クラス」といって、クルマの種類によって料率が違うのですが、軽自動車にはこの型式別料率クラスというものが存在しません。

軽自動車の場合は、どの車種に乗っても一律の車両保険料になります。

単純に軽自動車の車両保険料が安い理由は、クルマの本体価格が安いからと考えて良いでしょう。

軽自動車と軽トラ、軽貨物、軽バンでは保険料にほぼ変わりはありません。

中古車で乗り潰すのが目的であるのなら、車両保険に入る必要性はあまりないのですが、

軽自動車であっても新車を購入する場合は、車両保険に入った方が安心ではあります。

とはいえ、車両保険に入ると保険料が大きく上がることは間違いないので、

一度一括見積りを取ってみてから

さらに安くできないか?検討してみるのが賢い自動車保険の選び方ですよ。

>>賢く自動車保険を選ぶ

 

 

 車両保険を安くするには?

車両保険に入っていないと心配だし、ただ非常に高くつくのが車両保険だったりします。そんな車両保険をなんとか安くできないものか?お考え方も多いと思います。

今の自動車保険事情を踏まえ、車両保険を安くするためのポイントをご紹介します。

 

車両保険を安くするポイント1

通販型(ダイレクト型)自動車保険に乗り換える

補償内容を変えずに車両保険を安く抑えたいという方にとって、最も手軽で効果が高いのが代理店型から通販型への乗り換え。

自動車保険の保険料の中には、保険金を支払うための原資となる「純保険料」と、会社運営のための諸経費や代理店への手数料となる「付加保険料」をプラスして、保険料が決定されるのですが、

通販型自動車保険の場合、

保険の受付などをネット上で直接保険会社とやり取りするため、手数料や人件費などを大幅に削減できるため、保険料を安くすることができます。

ただし条件があるため、誰でもというわけにはいきませんが、通販型に乗り換えるだけで、補償内容が同じでも年間保険料が数万円下がったということはよくある話です。

事故歴・年齢や契約条件によっては、ほとんど安くならない人もいますが、一度見積りをとって確認してみると良いでしょう。

見積りはこちらから5分程度でできます>>

 

車両保険を安くするポイント2

複数の保険会社で見積りを取り比較

複数の保険会社で見積りを取れば一番安い保険会社がどこかすぐにわかります。

価格が安いとされる通販型であっても、年齢や条件などによって一番安い保険会社は違ってきます。

これも複数の保険会社で見積りを取るとすぐにわかります。

ただ、いちいち複数の保険会社で見積りを取るのは大変なため、インズウェブのような一括見積りサイトを利用すれば、一度の情報入力で最安値の保険会社がわかります。

>>一括見積りサイトはこちら

 

 

車両保険を安くするポイント3

運転者限定の条件を見直す

運転者年齢条件を付けたり、運転者限定で補償対象のドライバーを限定することによって保険料が安くなることがあります。

運転者年齢条件は

全年齢
21歳以上
26歳以上
30歳以上
35歳以上

などといったように区分するのが一般的で、この表の場合、下にいくほど保険料は安くなります。

 

運転者限定は

本人限定

本人・配偶者限定
家族限定

というように区分されるのが一般的で、この表の場合上にいくほど保険料は安くなります。

滅多に運転しない人は思い切って外してしまい、たまに運転するときだけ、限定なしにすることも電話一本で特に書類等記入しなくても一時的に限定条件を変えることができるので、滅多に運転しない人は条件から外しておくほうが保険料は安くつきます。

 

車両保険を安くするポイント4

車両保険のタイプと免責金額を見直す

古い中古車の場合、車両保険に入らないという選択肢もありますが、新車や高級車の場合、やはり車両保険に入っておきたいところ。

完全に車両保険を外さずに、車両保険には「一般型」「車対車+A」「車対車」という3つの契約タイプがあるのが一般的です。

「一般型」が最も補償の範囲が広くなりますが、補償範囲が広いだけに保険料も最も高くなります。

もし、あなたが今現在「一般型」の車両保険で契約しているのなら、「車対車+A」もしくは「車対車」での契約を検討してみると良いでしょう。

車両保険タイプ別補償内容は下記の表のようになります。

一般型 車対車+A 車対車
他の車との衝突・接触   ○   ○   ○
火災・爆発   ○   ○   ×
盗難   ○   ○   ×
台風・洪水・高潮(地震・噴火・津波は除く)   ○   ○   ×
落書き・いたずら   ○   ○   ×
物の飛来・落下   ○   ○   ×
自転車との衝突・接触   ○   ×   ×
電柱・ガードレールなどとの接触   ○   ×   ×
当て逃げ   ○   ×   ×
転覆・墜落   ○   ×   ×

 

 

 

 

 

 

 

 

 車両保険を安くするポイント5

 搭乗者傷害保険を外す

人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険という、事故の時、運転者や同乗者のケガなどを補償する保険があります。

「人身傷害補償保険」というのは、事故の過失の割合に関係なく、実際に損害を受けた金額を全額受け取ることができる保険で、

「搭乗者傷害保険」は、ケガの場所や状態、入院もしくは通院の日数に対して、前もって決められた金額を定額で補償されるというもの。

当然、両方入っておくほうが備えとして万全ではありますが、補償内容が被る部分もあるため、保険料を安くするために、補償が厚い人身傷害保険のみに加入し、搭乗者傷害保険は外してしまうという方法もあります。

 

その他にも、

・テレマティクス保険に加入する

・ASVの車に乗り換える

各種割引を利用する

インターネット割引
早期契約割引
継続割引
紹介割引
証券不発行割引
ゴールド免許割引

 

 

 

 

など

・使用目的「日常・レジャー」「通勤・通学」「業務」を見直す

・年間走行距離を見直す

・特約が他の保険と重複していないか見直す

など小さく保険料を節約する方法があります。

 

 

ダイレクト型自動車保険の事故対応は悪いの?

安さをウリにしているダイレクト型自動車保険ですが、一部では

「担当者がいないと不安だ」

とか

「事故時の対応が悪い」

これだと何のために自動車保険に加入しているのかわからない。

という声もネット上では見かけます。

 

実際のところどうなのでしょうか?

 

だいたいネットの誹謗中傷を含む、質問サイトなどの書き込みを見渡す限りは、

・ロードサービスの対応は良い

・ダイレクト型自動車保険は大前提として事故を起こさない人のための保険である

・代理店型・ダイレクト型にかかわらず保険会社によって対応は異なる

・契約者に事故を処理できる能力が必要(要するに対応は悪い)

・事故を起こすと次の契約は断られるかも?

といった書込みが多いようです。

 

ダイレクト型自動車保険は、初期の頃はいろいろシステムが追いつかずに、事故対応時に少々不手際もあったようですが、今ではかなり改善され、オリコンや週刊ダイヤモンドなど権威のある程度あるアンケートランキングを見る限り、代理店型の担当者よりむしろ評判が良いのでは?

と思えるほどに事故対応力が上がってきているようです。

勘違いしてはいけないのは、ユーザー(すなわち契約者)の満足度が高いのであって、被害者にとって満足度が高いのか?などは含まれておりません。

今、代理店型に加入していて、担当者に非常に良くしてもらって満足しているなら、ダイレクト型に乗り換える必要性はまったく感じませんが、担当者が「不満はないが普通である」というのなら、ダイレクト型の「安いけど事故対応が心配」と理由で、わざわざ保険料が高い代理店型を選ぶというのはナンセンスな考え方だと思いますがいかがでしょう?

 

 

 分割払いの場合はどこの自動車保険が安い?

安い自動車保険といえば、通販型(ダイレクト型)を思い浮かべる人が多いと思いますが、分割払い(月払い)で一番安い保険会社はどこ?となると少し話が違ってきます。

通販型自動車保険は口座振替による分割・月払いを取り扱っている会社は少なく、クレジットカードによる分割払いの会社がほとんどになっています。

代理店型の分割払いは口座振替かクレジットカードを選択できる会社がほとんどです。

通販型の保険会社が口座振替による分割払いを敬遠する理由としては、事務手続きによるコスト高が要因ですが、アクサダイレクトだけは、口座振替による分割払いを引き受けているようです。

あなたにとってアクサダイレクトが最安な保険会社であるかどうかはわかりませんが、

今一度、一括見積りをとってみて、アクサダイレクトとどちらが安い保険会社になるか比較してみると良いでしょう。

⇒こちらで一括見積もりができます(無料)

 

・自動車保険を月払いにするメリット

自動車保険を分割で支払うわかりやすいメリットとしては、一時的にまとまった支出にならない。

そのため負担の大きい車両保険の加入もしやすい。ということが挙げられます。

特に車をローンで購入した場合、もし事故を起こし車が全損になった場合、残りのローンを一括払いするのが基本です。

こうなるとかなりの負担になるため、自動車保険を分割払いにしてでも、車両保険に加入しておいたほうが良いということになります。

あとは、保険契約期間中に車の買い替えもしくは、契約条件を変更する予定がある人も分割払いの方がメリットがあります。

保険の変更手続きをする際、残りの期間分の保険料が返還もしくは追徴されるのですが、分割払いの方がロスを抑えることができます。

・自動車保険を分割払いにするデメリット

分割払いによるデメリットで一番大きなデメリットとしては、分割にする分、手数料で年間最大5%上乗せされるため、総支払い金額は一括払いよりも高くなります。

手数料の5%をどう捉えるか?でしょう。

口座振替の場合、引き落とし不能によって保険が切れてしまうリスクもあります。保険が切れたら実質無保険車となり、その間に事故を起こしたら大変なことになります。

今まで積み上げた等級割引も使えなくなるので、口座振替の場合は、引き落とし不能に注意しましょう。

クレジットカードによる分割払いの場合は、保険会社に保険料自体は一括で支払われているので保険の失効の心配はないですが、カード会社との規定があるので注意が必要です。

 

 

 通販型自動車保険を安さだけで選ぶべきか?

通販型自動車保険を選ぶ魅力はなんといっても「安さ」に尽きるという理由で選ぶ人が大半なのではないでしょうか?

特に代理店型から乗り換えを考えている人にとっては、「どのくらい安くなるのか?」気になるところだと思います。

その違いを知るためには、

⇒自動車保険一括見積り

をしてもらえれば、すぐにわかるのですが

真っ先に挙げられる問題は、自動車保険に加入する上で、重要な要素となる

「事故対応力」はどうなの?

というところではないでしょうか?

「安い」=「事故対応力が弱い」

という図式を懸念する人が多いのですが、実際のところはどうなのでしょう?

安い自動車保険は事故対応力が低い?

結論から言うと

安いから事故対応力が低いという図式は当てはまりません。

 

もともと通販型が安い理由は、ざっくり説明すると、代理店型に支払う手数料や人件費などの維持コストの大幅削減に成功したからであり、事故対応力を落としたからではないと言えます。

あと、通販型が安い理由として挙げられるのは、「リスクが細分化されているから」という理由が挙げられます。

走行距離などで保険料が違う。とかいうやつです。

保険会社にとって事故を起こす可能性が低い契約者をより割安に、

逆に事故を起こす可能性が高い契約者は割高、もしくは契約しない方針をとっているのであって、あなたにとって安い通販型自動車保険が、他の人にとっても必ずしも安いとは限らないため、安い=事故対応力が弱いという図式で考えるのはナンセンスな話なのです。

 

 10代~20代前半、未成年から若年層の若者に安い自動車保険は?

18歳~20代前半でも加入できる自動車保険はありますが、初心者ドライバーに当たるため、事故率が年齢的に高く、保険料も熟練ドライバーに比べると高くなりがちです。

若いドライバーが保険料を安くするには、

・まずは、一括見積りで一番安い保険会社を比較するか

⇒こちらからできます

(※若年層でも一括見積りすることで年間の保険料が10万円近く安くなることもあるので、一度比較してみることをおすすめします)

・親御さんが優良ドライバーであるなら、親の自動車保険の年齢条件と運転者の限定を広げる

・車両料率クラスが低い車に乗る。もしくは軽自動車

・車両保険は付けないか最低限にする

・通販型自動車保険に入れるなら、通販型に加入する

⇒見積もりしてみればすぐにわかります

・親御さんの等級を引き継ぐ

 

未成年・20歳以下の任意保険料の相場

20歳以下の任意保険料の相場を知るため

被保険者の年齢を18歳

運転者の限定を家族限定

使用目的を「通勤・通学」

対人・対物賠償は「無制限」

人身傷害を「無制限」

等級を6等級 新規加入で計算すると、

車両保険なしで160,000円~220,000円

車両保険有りだと車種にもよりますが、350,000円~550,000円ぐらいに落ち着きます。

一括見積りをしてみればわかりますが、高い車ほど(当然車両保険も高い)各社の保険料にバラつきが出ます。

高級車だとA社とB社の見積りでは、条件が同じでも10万円前後の保険料の価格差が出るので、一度確かめてみると良いでしょう。

⇒こちらから一括見積りができます

 

 10代の保険料が高い理由

18歳・19歳のドライバーが保険料を見積もりすると、自動車保険の保険料はこんなに高いのか?と驚かれる方も多いと思います。

とくに新規加入の場合は、かなりの負担になると思います。

高い保険料を少しでも安くするために、まずはあなた自身の保険料の相場を知る必要があります。相場を知るためには、まずは一括見積りをしてみて、各社どのくらいの保険料を提示してくるのか調べてみましょう。

⇒一括見積もりはこちらからすぐにできます

普通車で車両保険込だと、車種にもよりますが

年間で35~60万円

月払いだと3~5万円ぐらいするのではないでしょうか?

軽自動車で車両保険込だと

年間30万円強

月払いだと3万円前後ぐらいになるのではないでしょうか?

 

10代の保険料が高い理由は、統計上の事故率の高さが一番の理由です。どうしても年齢的に運転に慣れていないため事故を起こす可能性が高いからと言えます。

ちなみに30歳以上限定に比べると保険料は約3倍になります。

自動車保険には、1~20等級に分けられた等級制度というのがあるのですが、(数字が大きいほど割引率が高い)新規で初めて自動車保険に加入する場合、割引のない6等級からのスタートになります。

割引を受けられないので保険料は高くなります。

あと、10代でゴールド免許という人はいないはずです。これも10代の人の保険料が高い理由の一つです。

 

 

 

 自動車保険を安くするために・新規加入時に気をつけるポイント

まず自動車保険に新規加入契約する前に、ご自身の条件に合う保険料の相場をある程度把握しておくことをおすすめします。

⇒こちらから見積りがとれます

 

自動車保険に新規加入の方でも

・同居の家族の中に11等級以上の人がいる

・同居の家族の中に割引率の高い人がいる

・車を3台以上持っている

・自動車保険の中断証明書を持っている

という方は、保険料を安くできる可能性が高いです。

 

若い人で自動車保険新規加入の場合、両親の等級が高いという方も多いかと思います。

その場合、親の等級をうまく利用して保険料を安く済ませてしまいましょう。

 

自動車保険の新規加入時に用意しておくものとしては

車検証と免許証

自動車保険の中断証明証があれば中断証明証も必要です。

そして、まずはどのような契約内容でどこの保険会社と契約するのか決めなければなりません。どこの保険会社と契約するのかを絞り込むために当サイトではとりあえず一括見積りすることをおすすめしています。

⇒一括見積もりはこちらから5分程度でできます

インズウェブだと通販型・代理店型合わせて20社参加しているので、見積りをとってみてから、通販型にするのか?代理店型にするのか?決めることをおすすめします。

そして、どこの保険会社でどのような契約内容にするのか決めたら、申し込みと保険料の支払いになります。ここで気をつけるポイントは、申込書を記入したら契約が成立するのではなく、保険料を支払って契約成立となります。

クレジット払いだとすぐに引き落とせるため、クレジット払いをおすすめしている保険会社が多いようです。

 

同居の家族の中に11等級以上の人がいる場合

知っているか知らないかで保険料に差がつくので知っていて欲しいのが、同居の家族の中に11等級以上の人がいる場合、新たに加入する保険に割引を行う特約があるということです。通常、新規加入の場合6等級からのスタートとなるのですが、この場合、一つ上の7等級からのスタートとなります。

 

同居の家族の中に割引率の高い人がいる場合

自動車保険で新規加入となると割引率がひくく、さらに新車を購入したとなると車両保険を付けたりするために、さらに保険料が高くなることが多いです。

本来、免許取り立てで新米ドライバーの人には、運転に慣れるまでは乗り潰すつもりで中古の軽自動車を購入し、車両保険を付けないことをおすすめしたいのですが、どうしても新車に乗りたいという人は、新車の自動車保険の契約は等級の高い人と契約を入れ替えることによって、保険料を安く抑える方法をおすすめしたいと思います。

例としては、

同居の父親⇒20等級

子供(20歳)⇒新車購入・自動車保険新規加入

この場合、普通に考えると子供が自分で保険契約をし、新車に保険を付けるのですが、この場合「年齢制限なし」「新規」となり、30%割増の保険料になり、さらに車両保険を付けると保険料はさらに高くなります。

この場合、車両入替という方法で、新車を父親の20等級の契約と車両入替をして、父親の方につけます。

もともと父親が保有していた古い車は「はき出された車」として、父親名義で契約し直すのですが、20等級の契約でさらに複数所有新規の適用となるため、安い保険料で契約ができます。

車両を入れ替えることによって保険料が安くなるケースがあるので、利用できる人は、利用したほうが保険料をかなり安く抑えることができます。

 

 

 保険料を安くする特約と割引

自動車保険の保険料を安くするために、ムダな特約を外しましょうと言われていますが、ムダな特約を外す前に、必要不可欠で外したくない特約について解説します。

 

外せない特約1

弁護士費用特約

交通事故において、こちら側に過失のない被害者である場合もあります。過失ゼロの場合、こちら側の保険会社は示談交渉できません。相手側の保険会社とご自身が示談交渉することになるのですが、当然相手は示談交渉のプロでこちらは素人なので示談交渉を弁護士に依頼したいところですが「弁護士費用特約」があれば、示談交渉を弁護士に依頼した場合の費用や場合によっては、訴訟になった時の費用を補償してくれる特約です。

この特約を付けても年間数千円ほどしか保険料が変わらないため、コストパフォーマンスを考えると絶対に付けておくことをおすすめしたい特約です。

 

外せない特約2

 対物超過修理費用特約

事故によって相手の車が破損そして修理し、修理費用が60万円掛かったとし、こちら側の保険でまかなうことになったとします。

当然相手は60万円の修理費用を支払ってもらえるものと思っているのですが、車の時価総額が査定で30万円だった場合、対物賠償保険では30万円までしか支払われません。相手は当然修理費用が60万円掛かったのだから60万円支払えとなり、トラブルになり交渉は難航する可能性は高いです。

「対物超過修理費用特約」を付けておくと、車の時価総額を超えた修理費も補償してもらえるというわけです。

この特約を付けても保険料は年間数百円程度しか変わらないため外したくない特約です。

 

「弁護士費用特約」と「対物超過修理費用特約」

この2つが是非とも付けておきたい特約です。

 

車両保険に入る場合に外したくない特約

身の回り品担保特約

車内に積んでいたゴルフクラブやカメラなどが事故による破損もしくは盗難に遭った場合に修理費用などが補償される特約です。車両保険に入っている場合に限りですが「身の回り品担保特約」を付けておきたいところです。

 

保険料を下げるために入っておきたい特約

運転者限定特約

保険料を決定するのに「運転者の範囲」というのが大きな要因になります。

「運転者の範囲」は狭いほど保険料は安くなるので、できれば「本人限定」→「本人・配偶者限定」→「家族限定」の特約を付けると保険料は下がります。

 

 

20歳以下おすすめの自動車保険の契約内容は?

20歳以下で免許取り立ての新米ドライバーの場合、統計上最も事故を起こす可能性が高いため、特に1年目は保険料も最も高くなってしまいます。

今後保険料を安くしていくためにも「無事故」で過ごせるように安全運転を心掛けることはもちろん、自動車保険の契約も工夫して安くなるように努めましょう。

18歳~20歳の車両保険について

自分でなんとか支払える小さな事故では保険を使わず自己負担金額を設定することができます。自己負担になる免責を設定しておけば、大きな損害があった場合の補償を削らずに保険料を安くすることができます。

車両保険に免責を設定するのですが、この免責金額は保険会社によってまちまちです。5万円・10万円・15万円・20万円・25万円・30万円などがあり、何回目の事故か?によって金額が違う免責設定もあります。

若い人の場合、なんとか支払いができるギリギリの金額で免責設定をし、保険料を安くしたいところです。

もうひとつ、高くなりがちな車両保険を安くする方法として、エコノミー車両保険にするという選択肢があります。このエコノミー車両保険では、当て逃げ・自損事故については補償されませんが、等級の低い若い人は今後保険料を安くしていくために保険をできるだけ使いたくないところなので、一般の車両保険の半額程度の保険料で済むエコノミー車両保険は選択肢に入れておきたいところです。

特約に関してですが、親の自動車保険・火災保険と被ったりすることもあるので、若い人は特に個人賠償保険に準ずる特約は全て外しておきたいところです。

自動車保険というのは性質上掛け捨てで、使わないで損することが一番得なことです。

18~20歳で初めて自動車保険に契約して1年以内に1回でも保険を使うと、次の年から3等級上がってしまい、さらに高額な保険料を支払うことになります。1年以内に2回事故を起こしてしまうと、まず引き受けてもらえる保険会社は無いと思って良いでしょう。

任意保険に入れなくなるということです。

特に若い人の場合、大きな事故でない限り保険を使わないつもりで保険の契約をする覚悟が必要です。

 

 20歳以下の人が自動車保険を安くするには車選びが重要!

車を所有するには、思っている以上に維持費が掛かります。

自動車保険を安くするという意味では、特に20歳以下の若い人の場合、親の車を共有するか、もしくは親の古い車を譲ってもらう。

どうしても車を購入するなら、運転に慣れるという意味を含めて、中古車を乗り潰すつもりで最初は我慢し、車両保険は付けないことをおすすめしたいです。

車両保険を使ってしまうと、今後更に保険料は割高、もしくは任意保険自体に入れないということになるため、車選びはよく考えてから選びたいところです。

 

 

30歳以上から安い自動車保険は?

20代の人とは違い、30歳を過ぎると保険料はかなり安くなる可能性があります。

年齢条件のところに「30歳以上補償」を付けることができれば保険料は安くなります。

保険会社によっては「35歳以上補償」の区分もある保険会社もあるため該当すれば35歳以上であれば保険料はさらに安くなります。このあたりの区分は保険会社によって違います。ゆえに、毎年最安値で契約できる保険会社は違うというわけです。

現在あなたの条件で一番安い保険会社は?⇒

30歳以上になると保険料が安くなっていく理由は、統計上事故率が10代~20代前半に比べ半分以下まで事故率が下がっているためです。

年代的に保険会社からすれば事故を起こすリスクが低い契約者となるため「30歳以上補償を付けた場合、保険料を安くできるのです。

 

 

新車での保険が安い自動車保険は?

自動車保険には新車に対して保険料を割引する「新車割引」というのがあります。

なぜ新車だと割引が効くのかというと、新車の場合、まず故障しにくいことと、新車だと車を傷つけたりしたくないため、あまり無謀な運転をしない傾向があるためです。

まず何をもってして「新車」というのかというと、保険会社により多少定義が異なりますが、初度登録年月(初度検査年月)から25ヶ月以内だと新車割引が適用される保険会社が多いようです。

どのように割引されるのかというと、けっこう複雑で対人・対物・人身傷害・搭乗者傷害・車両保険などそれぞれ割引率の設定が違います。

しかも保険会社によって割引率の設定が異なります。

軽自動車にはそもそも新車割引がない保険会社も多数あります。

新車割引の例を表にまとめました

・自家用普通車及び小型乗用車に新車割引が適用される例

対人賠償保険 10%割引
対物賠償保険 10%割引
人身傷害保険 10%割引
搭乗者傷害保険 10%割引
車両保険 10%割引

軽四輪乗用車

対人賠償保険 8%割引
人身傷害保険 20%割引
搭乗者傷害保険 20%割引
車両保険 1%割引

 

・自家用普通車・小型乗用車に新車割引に新車割引が適用される例

対人賠償保険 9%割引
対物賠償保険 9%割引
人身傷害保険 9%割引
搭乗者傷害保険 9%割引
自損事故傷害保険 9%割引
車両保険 5%割引

このように「新車割引」は、保険会社によって違ったり、設定が複雑なため計算するのは大変だったりします。

新車に買い換えたりすれば、今まで最安値だった保険会社が最安値ではなくなることもよくある話です。

そこで一度参考にしたいのがインズウェブなどの一括見積りサービス。一括見積もりするときに初度登録年月を入力するので新車割引もしっかり計算されて見積りされます。大変便利なので新車を購入した際には一度見積りを取っておくことをおすすめします。

⇒一括見積りはこちらから5分程度でできます

 

 

継続・更新時に安い自動車保険は?

自動車保険を継続・更新すべきか?それとも他社に乗り換えるべきか?それぞれのメリット・デメリットを解説していきます。

あなたにとってどちらがお得か?比較してみてください。

自動車保険を乗り換える一番のメリットとしては、今の保険会社で継続するよりも、保険料がぐっと下がる可能性があるということです。

今の保険会社も含め他社でも一括見積りしてみなければわかりませんが、

⇒こちらから見積もりできます

特に今まで代理店型で契約していた場合、年間で保険料が3万円以上下がったという話も珍しくありません。

自動車保険を今までの会社で継続するメリットは、継続割引やキャンペーンをやっている保険会社もありますが、料金面で言えば乗り換えの方に軍配が上がることが多いようです。

ただ現在の保険会社で非常に満足しているという場合は、少々保険料が高くても、乗り換えずに継続・更新した方がメリットは大きいと言えるでしょう。

 

 

2台目・セカンドカー購入時に保険料が安い自動車保険は?

2台目の車を購入するとき、絶対に利用したいのがセカンドカー割引(複数所有車自動車割引)です。

セカンドカー割引が適用されると、6等級からスタートする新規での自動車保険の等級が7等級からのスタートになります。

ただし、セカンドカー割引を適用するには条件があります。

保険会社によって多少条件は違いますが、だいたいこのような感じになっています。

・1台目の等級が2台目の新規保険開始時点で11等級以上であること

・所有者は個人のみ

・契約車両の所有者及び記名被保険者が本人もしくは本人の配偶者のどちらかの同居する家族であること

・自家用8車種であること

ちなみにセカンドカー割引は1台目と2台目の契約が保険会社が違っていても割引を受けられるのでセカンドカー割引を使うとき、どこの保険会社が最もお得なのか?一度一括見積りすべきです。

⇒こちらから一括見積りできます

 

 

 走行距離割引で保険料や安い自動車保険

最近、ダイレクト型の自動車保険では、保険料を走行距離によって価格差をつけるのが一般的になっています。

年間の走行距離が短い人は長い人に比べ、車を運転している時間が短い。すなわち、車を走らせている時間が短い分、事故を起こす可能性は低くなるということで保険料に価格差を付け、安くしています。

走行距離を申告することによって異なる保険料で自動車保険の契約をするわけですが、仕事や家庭事情が変わり、走行距離が今までと大きく変わってしまった場合、一体どうなってしまうのでしょうか?

基本的に走行距離で保険料を算出する場合、前年の走行距離から保険料を算出する会社の場合は、追加で保険料を支払ったりする必要はないのですが、年間の走行距離を予測して保険料を算出している会社では、契約の走行距離の変更が必要です。

保険の契約時にはオドメーターと呼ばれる走行距離計の数字を保険会社に申告しなければならないので、嘘の申告をすることはないでしょうが、ごまかした数字を申告した場合、不実告知で保険金の支払いを拒否されることがあるので、嘘の申告は後悔する可能性が高いので注意が必要です。

走行距離の区分は保険会社によってまちまちで、あなたの条件の場合、どこの保険会社が一番安いのか?は一度一括見積もりで比較してみるとすぐにわかりますよ。

⇒一括見積もりはこちらからできます

 

 

 条件によって安い自動車保険は違う

なぜ条件によって安い自動車保険保険会社が違うのか?

それは、保険会社によってリスクの考え方の違いが保険料の違いとなっています。

走行距離が長いほど、事故を起こすリスクが高いと考えている保険会社は、逆に走行距離が短いドライバーはリスクが低い=保険料が安いとなりますし、走行距離をリスクと考えない会社は、一律の保険料となります。

保険というのは、自動車保険に限らず、他の保険も含め保険会社が保険金を契約者に支払うリスクを元に計算しています。

条件が同じでも保険会社が定めたリスクの比重の度合いによって保険料が変わってくるというわけです。

リスクが高い契約者には保険料を高く

リスクが低い契約者には保険料を安く

このリスクに対する考え方は、保険会社によって判断基準が違うというわけです。

 

等級割引に関しては全社同じなのですが、

「使用目的」「車種」「走行距離」など条件が変わると保険料が変わりますが、条件が全く同じでも保険会社によって保険料が違うのはそのためです。

 

自動車保険にこれから加入したい人、車を買い替えた人、引っ越しした人、保険の更新が近づいてきた人は複数の保険会社で一括見積りしてみるとよいでしょう。

⇒こちらから5分程度で見積りできます

 

車両保険など特約を付けると保険料が高くなるのは補償を厚くする分、保険会社に支払いリスクが高くなるためですね。

一年おきに一括見積りしてみるとわかるのですが、年齢以外の条件は同じでも、毎年最安値の保険会社は違います。(同じ時もある)

 

 

 必要な補償範囲の選び方

自動車保険はなるだけムダな補償は付けずに必要な保証に絞ることによって、保険料を安くすることができます。

といっても必要な補償はしっかりと残しておかないと充分な補償を受けることができないので注意が必要です。

ここでは必要な補償について解説していきます。

保険料は、人によって条件によってまちまちですが、年間で数万円~数十万円掛かるのが普通です。

二十歳前後の人だと、20万円を超えることも珍しくはありません。

ヘタをすれば、1ヶ月の手取り給料を超える金額をもしものための掛け捨て保険のためだけに支払わねければならないので、少しでも安くしたいと思われる方が大半ではないでしょうか?

ただ安くしたいだけなら、自賠責保険だけにして、任意保険に入らなければ、任意保険はゼロになります。

当然事故の際には、かなり高くつきます。これでは自動車保険に入っている意味がないですよね。

自動車保険で充分な補償を受けつつも安くするために具体的にはどうするのか?解説していきます。

 

対人賠償保険:無制限

対物賠償保険:無制限

対人と対物は必ず無制限にしておきましょう。

死亡事故や業務中のトラックを全損させてしまった場合、億を超える賠償請求をされることは普通にあります。この部分に上限を設定しても保険料にさほど差がないため無制限に設定しておくべきです。

 

搭乗者傷害保険:なし

人身傷害保険:5000万円

搭乗者傷害保険と人身傷害保険は、運転している人と同乗者のケガなどを補償する保険なのですが、この2つは似ている内容で重複する部分もあるため、補償範囲が広く補償金額も大きい人身傷害保険のみを残し、搭乗者傷害保険を削ることによって保険料は安くなります。

ちなみに普段、同乗者は家族の人がほとんどの場合、生命保険など別の医療保険に入っていれば事故でケガをしても医療保険で補償されるので重複しないようにしましょう。

 

無事故傷害保険:2億円

事故で相手方の車が任意保険に加入していない可能性は充分にありえます。統計上では20~30%の車が無保険車なのでこのような車の被害に遭った場合、相手側から充分な補償が受けられない可能性が高いため、加入しておいたほうが良いといえます。

あと車両保険についてですが、新車・高級車の場合は入った方が良いといえます。中古車で最悪全損になっても廃車にすればいいかと思える場合は車両保険は必要ないです。

車両保険は使ってしまうと、等級が3等級ダウンし保険料が上がってしまうため、なるだけ免責金額を高く設定して、多少の実費は覚悟で払えるだけの免責金額を設定して保険料を下げましょう。あと弁護士費用特約・対物超過修理費用特約は付けておきたいところです。
インズウェブ自動車保険一括見積もり

 

 

 自動車保険を安くする裏技

 

・自動車保険を安くする裏技その1

 条件変更を頻繁に行い保険料を安くする。

自動車保険は満期まで待たなくても何度でも条件変更することが可能です。

例:年齢条件を21歳以上にしていたが、満期前に26歳になればその時点で年齢条件を26歳以上に変更が可能。そうすることによって、満期までの残りの期間の保険料が安くなります。

他にも年齢条件や運転者の限定をこまめに変更すれば保険料は安くなります。

 

・自動車保険を安くする裏技その2

インターネットからの申し込みで割引を受ける

自動車保険会社全体の動きとして、インターネットからの申し込みだと割引を受けられる会社が増えてきています。

割引があっても保険料が割高だと意味がないのですが、条件や補償、保険料が同じであるならば、インターネット経由だと割引があるので安くなります。

 

・自動車保険を安くする裏技その3

形式別料率クラスから車を選ぶ

普通自家用乗用車・小型自家用乗用車は型式別料率クラスというのが9段階で設定されています。事故を起こす可能性が統計上高い車や修理費の金額など保険会社にとってリスクが高い車種は保険料が高くなるように設定されています。型式別料率クラスは数字が大きくなるほど保険料が高くなっており1つクラスが上がるだけで保険料は20%前後高くなります。

車の購入時に買いたい車がいくつかある場合、形式別料率クラスが低い車を選ぶことによって保険料を安くすることができます。

 

・自動車保険を安くする裏技その4

軽自動車に乗る

軽自動車は保険料も税金も普通車より安くなっています。小型自家用乗用車か軽自動車か迷ったら維持費の安さでは軽自動車に軍配が上がります。

 

・自動車保険を安くする裏技その5

自動車保険の引継ぎを利用する

自動車保険の引継ぎの例を挙げると、

父親の等級が20等級だとして、同居する子供が免許を取得し車を新しく購入する場合、父親の保険を子供に引き継がせることができます。この場合、父親は新規契約の6等級からのスタートになりますが、父親と子供の両方の保険料のトータルでは大幅に安くなります。

引継ぎができるのは同居している場合です。将来父親が車を運転しなくなっても20等級はそのまま消えてしまいますし、子供が別居することになれば引継ぐことができないので、早めに引継いでおくべきです。

 

・自動車保険を安くする裏技その6

 被保険者を誰にするのか?

普通は業務用の車でない限りは、保険の契約者、すなわち保険料を支払う人、すなわち車の所有者と被保険者、すなわち車を主に利用する人は一致することが多いです。

ですが、例えば配偶者も車を利用していて配偶者の免許の色がゴールドだったりすれば配偶者を被保険者にしたほうが保険料が安くなるケースがあるので利用したいところです。

 

・自動車保険を安くする裏技その7

保険会社で年齢条件の設定は違う

A保険会社では年齢条件は「年齢問わず、21歳以上、26歳以上」で区分されていて、B保険会社では「年齢問わず、21歳以上、26歳以上、35歳以上」と区分されている場合、基本的に35歳以上の人は35歳以上の年齢区分のある保険会社の方が保険料は安い可能性が高いです。

ですが他の条件や元の保険料が高ければ意味がないので一括見積りをして最安値の保険会社を出すほうが確実です。

一括見積もりはこちらからできます>>

 

・自動車保険を安くする裏技その8

自動車保険を長期契約にする

基本的に自動車保険は1年更新となるのですが、保険会社によっては、2年もしくは3年の長期契約にすることができます。長期契約割引もあり、さらには保険契約中に事故を起こしても等級が下がるのは契約が切れてからです。

例を挙げると、10等級で3年契約。1年目に事故を起こし保険を使ったとすると、普通単年契約では翌年7等級に下がりますが、3年契約の場合、翌年は11等級3年目は12等級、そして契約が切れる4年目に3等級下がり9等級になります。

ゴールドからブルーに免許の色が変わっても、契約期間中はゴールド免許割引が適用されます。

ただし、契約条件の変更を契約期間中に行いそうな人は、変更をスムーズにできない場合があるので長期契約は避けたほうが良さそうです。

 

子供が自動車保険に加入すれば高くなる!!その対処法

子供が、免許を取得し、自動車保険に新しく加入する場合、特に子供が高校を卒業してすぐに自動車保険に加入する場合は保険料はかなり高くなります。

そんな高くなりがちな保険料をできるだけ安くする方法について解説します。

子供が新しく免許を取って車を運転するといっても2つのケースが考えられます。

・親の車を共有する形で運転するケース

・子供が自分の車を所有するケース

 

親の車を子供が共有するケースについて

親、すなわち契約者の保険の補償範囲を広げることになると思います。

子供が自分で新規加入という形で自動車保険に加入するのではなく、すでに契約している親の自動車保険を子供が運転しても補償対象となるように条件を変更するということです。

もし、親が契約している保険会社に「こども特約」などがあれば高くなる保険料を少しでも安くすることが可能ですが、保険会社によって条件等が異なるため保険会社に問い合わせみてくださいとしか解説しようがありません。

言えることがあるとすれば、もし、現在親が契約している保険会社が代理店型の保険会社の場合、通販型(ダイレクト型)の保険会社に乗り換えることによって、子供の加入によって高くなりがちな保険料を大幅に安くできる可能性が高いです。

例を挙げると

セゾン自動車保険火災の「おとなの自動車保険」

子供の年齢条件で契約すると保険料が非常に高くなってしまうのですが、親の年齢に合わせた契約に、子供の補償を加えるようにすると、基準となる保険料が親になるために、子供基準の保険料よりもかなり安くなります。

保険会社によって基準が異なるため、子供を補償対象とした上で一度一括見積りをとってみてから

こちらからできます⇒

今、契約している保険会社に連絡してみて、保険料にどのくらいの差があるのか確認してみると良いでしょう。

 

子供が新たに自分の車を所有するケースについて

子供が新たに自分の車を購入するなどして、自分の車を所有する場合、親の保険に加入することができないので、子供が自分で自動車保険に新規加入することになるのですが、保険料を安くするためには2つの方法があります。

・セカンドカー割引を利用し7等級からスタートする

・親の自動車保険を引き継いで、親は新規保険加入する

セカンドカー割引を利用する場合

親の等級が11等級以上ないと利用できません。

11等級以上であれば、配偶者か同居の家族であればセカンドカー割引は利用できます。

ちなみにセカンドカー割引は他社にまたがっても適用されるので見積もりをとって少しでも保険料を安くしたいところです。

見積もりはこちらからできます⇒

 

もう一つの方法が子供が親の等級を引継ぎ、親が新規で自動車保険に加入する方法です。

「等級」と「年齢」は保険料決定のための重要な要素なのですが、(等級は高いほど保険料は安い)

親が優良ドライバーであるということが前提ですが、

親は年齢が高く、等級が高いので保険料はかなり安い。

逆に子供は年齢が低く、等級が低いので保険料はかなり高い。

この状態を子供が親の等級を引き継ぐことによって

子供の等級を高くし、保険料を安くすることができます。

親の等級は低くなるので親の保険料は高くなりますが、親と子供トータルで見た場合の保険料は安くなります。

 

 

 

 

 

比較的安い自動車保険会社って?

人それぞれの環境や条件が違うので誰に対しても安い自動車保険なんてないです。
最近の自動車保険は、非常に沢山の内容と割引の条件などを組み合わせ、自由に料金を決める事が出来るようになっています。
そのため、ある条件でその人にとってはかなり安い費用で抑える事が出来たとしても、他の人の場合では安くならない事もあります。

車種はもちろん、事故歴や年齢や家族の構成などといったように条件は人それぞれで様々あります。
そこで、自分自身の条件を入力して最も安い保険を簡単に探す事が出来る一括見積りが役立ちます。
と言っても誰でも安い保険料が算出されるケースの多い保険も存在するのは事実です。

SBI損保、またはアクサダイレクトなどといった保険は割と安い費用で済むケースが非常に多い事で知られています。
セゾン自動車火災の場合では親子で同じ自動車を運転する事がある家族世帯で料金が安くなる傾向に多いのが特徴です。
これは子供が成人し、同じ自動車を運転する事があっても、親の年を基準として年齢の設定を行っているので
子を運転者の範囲に入れる時にかかる負担が、他の保険と比較すると低く済むというものです。

上記のように一体何が安くなる?というのは、それぞれの条件や設定する内容で変わってきます。
知りたい方は一括見積りを利用し、自分の条件を入力してみて調べてみる事をオススメします。

 

なぜ保険会社によって自動車保険料に違いがでるの?

保険料というのは補償される範囲や補償される金額、さらには等級や契約者の条件などで大きく違いが出てきます。

どうして保険会社の違いでこのように保険料にも違いが出るのか?
これは自動車保険が純保険料と付加保険料というモノから構成されていて、純保険料は保険料を払う原資となるもので、付加保険料は事業経費、または代理店への手数料や利潤などにあてられるものです。

つまり、付加保険料の事業構造や経営方法が保険料として関わっているという事なのです。
一般的にダイレクト系と呼ばれる保険会社の場合は代理店への手数料がかかりません。
それぞれの支店の維持費なども大きく削減する事が出来ているので、この付加保険料の内容が他の損保会社とでは違います。
そのため、保険料を安く設定する事が可能になっているという訳なのです。

自動車保険は担保ごとで保険料が定められていて、全体の保険料は保障と特約の合計で決まります。
その中でも比率が高いと言われているのが車両保険で、保険料の比率が低いのは対人賠償保険だと言われています。
担保するべき補償の範囲を増加させると、やはり保険料は上がりますし、その逆の場合では費用は下がるのです。

さらに保険料は補償額に料率をかける事で算出されるもので、リスクが小さい人の場合では大きく保険料を下げる事が出来る可能性があります。
反対にリスクが大きい人の場合では、保険料が上がってしまう可能性が考えられます。

 

なぜ無事故無違反なのに自動車保険が高くなるの?

自動車保険の保険料金に関してですが、損害保険料率算出機構とい呼ばれる所が会員となっている各保険会社から提供を受けた契約、または事故のデータに基づいて科学的、または工学的手法や理論を駆使して算出しています。
少しややこしく聞こえますが、ポイントとしては事故のデータという部分が重要です。

保険とは契約者全ての人で損失をカバーしよう!という発想になっていますので、事故発生数が多くなって保険を使用する人が増加すると保険料が全体的に上がってしまう事になるのです。
医療費が上がっている事によって、国民保険や社会保険料が上がってしまうのと同じような仕組みになっています。

自動車保険の場合では年齢や車種などといった細かな項目に沿いながら計算される事になりますので、当てはまる条件により、保険料が下がる人もいますし、反対に上がる人もいます。
昇幅が大きいと、等級アップで割引額を上回ってしまい、総合的に保険料が上がってしまう事にもなってしまうのです。

自動車の保険料はこのように事故と密接に関わっているものです。
そのため、事故が発生しやすいと考えられる車種に乗っている場合も保険料が上がる場合があります。
また、車の事故は若い人や高齢者が引き起こしやすい事から、そうした年代の方達は自分が事故を引き起こしていなかったとしても保険料が上がってしまう事もあるのです。

 

通販型(ダイレクト)の自動車保険が安い理由は?

通販型、いわゆるダイレクト型の自動車保険の場合は、どうして安く済む事が多いのでしょうか?
気になる人も多いと思いますので、簡単ではありますが説明したいと思います。
ダイレクト型の自動車保険は通販型自動車保険とも言われており、よく保険料を安く抑える事が出来る!と言われています。

理由として考えられるのは代理店型と比較すると人件費や広告費、さらには代理店への仲介費用を削減する事が出来ているためです。
ネットから申し込みを行えば代理店への仲介費用は発生しないし、広告費はテレビのコマーシャルなどの広告となりますが、代理店型と比較的に少ない傾向にあるのです。

さらに人件費に関しては、通販型の場合はサービスの拠点を少なくする事によって人件費を削減する事に成功しているのです。
通販型の自動車保険で事故処理拠点数が少ない!と不満に思われた事がある人も多いかもしれませんが、こうした理由からだったのです。

極端に言うとダイレクト型は事故を引き起こした時にお金は払うので、後の事は自分で行って下さい!というイメージでしょうか。
対応はそれぞれの保険会社により違いがありますが、あまりにも大きな違いはないと言っても良いでしょう。

この他にも様々な要因があると考えられていますが、ダイレクト型の自動車保険が安い最もな理由は経費を削減できているためです。

 

なぜ見積もりだけで自動車保険が安くなるの?

全く同じ条件にしていても高い保険料の保険会社と低い保険料の保険会社があり、驚く方も多いと思います。
これは一体何故かと言いますと各保険会社により、料金設定の基準もち違うためです。
そのため、人それぞれ環境や条件により最安となる保険会社も異なってくるという訳なのです。

仮に走行距離で比較した場合では、1年間での走行距離が多い人に良い保険と少ない人の方が良い保険とでは異なってくるという訳なのです。
この他にも免許の色や年齢、他にも非常に沢山の要因によって保険料も、それぞれの保険会社の計算で決まります。

さらに、もう1つの要因として挙げられるのは保険の種類による保険料の違いでしょうか。
一括見積もりに参加している通販型の自動車保険は今まで主流であった代理店型の自動車保険と比べると保険料を安く抑える事が可能と言われています。

この理由は代理店を通さず、電話やインターネットで直接保険会社に申し込む事となる通販型の保険は代理店型とは異なって手数料がかからないからです。
浮いた経費で、保険料を安く抑える事が可能になっているという訳なのです。

無料で簡単に行えるネットの一括見積もりを利用して、自動車保険の見直しで節約に成功されている人は増加しています。
それぞれの保険会社の自動車保険をリアルタイムで比べて見る事が出来て、自分にとって最安の保険を見つける事が出来ます。

 

自分にとって一番安い自動車保険を探すなら一括見積もりがベスト!

意味のないプランや特約を付けてしまっていて、保険が高くなっていないでしょうか?
保険の見直しを行いたい、出来るだけ沢山保険を比べて見て自分に合う保険を見つけたい!と思われる人も多いでしょう。

そうした人達にオススメなのが一括見積もりサイトで、この一括見積もりを利用する事によって簡単に保険料を安くする事が出来るようになるかもしれません。
自動車保険の一括見積もりでオススメなのは、様々あるのですが大手である楽天が提供している保険一括見積もりが良いです。
さらに最も大手と言えるのは株式会社ウェブクルーであるズバット自動車保険ではないでしょうか。

これらは、どちらも無料でありながら最短で5分ぐらいで入力も完了させる事が出来て、数々の保険会社をすぐに比べて見る事が出来るのです。
検討している保険の数が多いと保険料が安くなってくれる確率も高まるでしょう。
この見積もりは無料で行えるサービスになっていますので、費用もかからず手軽に保険料を安くする事が出来るのです。

さらに楽天を利用するとポイントがプレゼントされるので楽天市場を利用する事が多い人の場合は、かなりオススメです。

楽天の一括見積もりは楽天会員でログインすると、見積もりに関して1度入力した情報は保存しておく事も出来るので便利です。
そのため、再度情報を入力しなければならない!なんて面倒な作業もしなくても良いのです。

 

 インターネット自動車保険はなぜこんなに安いの?

自動車保険というのは一般的に言うと掛け捨てだし、事故などといったトラブルがないと見返りなんて何もない!と考える人は非常に多いでしょう。
もちろん、無事故なのが1番理想なのですが、なるべくお金をかけたくないと考えるのは誰でも思う事でしょう。

保険料の安さを重視して考えると通販型保険を選ぶ!という事になると思いますが、そもそもどうして通販型保険はこんなに保険料が安いのか?気になる人も多いです。
通販型が安い理由には様々考えられますが、一般的に考えると人件費などの経費を削減する事が出来ているからです。

もしも代理店を通し、保険を申し込んだ場合では保険料はもちろん、代理店への仲介料も払う事となるのです。
さらに電話で保険を申し込む!という人の場合でも、対応をするためにセンターには沢山のスタッフを準備する必要が出てくるのです。

しかし、通販型の場合はインタ-ネット回線を利用して申し込みを行う事となります。
インターネット回線とパソコンがあるだけで申し込む事が出来ますので、人材をあてがう必要もないという訳なのです。

さらに通販型は消費者から保険会社のサイトにアクセスしてくる事が多く、一般的な営業みたいに営業マンが必要になる事もないのです。
代理店が必要ない!という事は店舗を出す費用もかからないという事になるので、経費の削減は代理店と比べると物凄い差です。

 

 車両保険が安い保険会社ってどこ?

自動車保険、または車両保険で保険料が安い所を見つけるために役立つのが、一括見積もりサイトです。

これは1度条件を入力すると、自分にとって最安値となる見積もりを見つける事が出来て、実際にこの便利さは非常に沢山の人が経験済みです。
複数の保険を比べる場合、概算でしか出てこないのですが、それだけでも保険会社の傾向は見れるでしょう。
1度も利用した事がない!という人は、是非試してみる事をオススメします。

また、出来るだけ安い保険を選びたいのであれば通販型の保険を検討してみるのも良いでしょう。
私自身も今まで代理店型の自動車保険だったのですが、車の使用頻度が少なくなって、あんまり車に乗らなくなったので通販型に切り替えてみました。
そうすると、かなり保険料が安くなり、保険料のランクも2つ程下がりましたし満足しています。
もしも再び車の使い方が変わった事によって、多く乗るようになると補償の内容を変更してみたり、代理店型に切り替えるかもしれません。
ただ、今の車の使い方であれば通販型の方が明らかに安くなるのです。

通販型の自動車保険の場合でも、1年間での走行距離が長い人、または使用の目的などで保険料は安くならない、または逆に代理店型の方が安くなる!という事も実際にある話なので、注意するようにしましょう。

 

自動車保険は年間一括で支払ったほうが安くなるって本当?

車の任意保険だけに限った事ではないのですが、保険料というのは1年を一括して払った方が得になります。
一体どれくらい異なるのか?と言いますと、およそ5%程度変わってくるそうです。
保険料を節約したい!と考えている人の場合は、出来るだけ1年の保険料は一括で払うようにしましょう。

保険料を年一括払いするのを年払いと言い、毎月払っていく事を月払いと呼びます。
生命保険の場合、一般的に月払いで払っている人が多い傾向にありますが契約期間の長い生命保険の場合でも年払いを選ぶ事が可能なのです。
実際、保険料というものは年払いを基本として計算されているもので、月払いが基本では考えられていません。

年払いにする事で保険料が安くなる!という訳ではなく、月払いで払っていると保険料が割増されてしまうという事になるのです。
そのため、ずっと月払いをしていると、非常に勿体ない!と考えられます。

ただ、保険料が十数万円になる場合では、簡単に一括で払う事が出来ないものです。
その場合は保険料はクレジットカードで決済する事も可能となっているので、年払いを選んでおいてクレジットカードの支払い方法を2回払いにしておけば手数料もかからず2回で年払いで払う事が可能となります。
2分割でなら払う事が出来る人の場合はクレジットカードを利用してみるのがオススメです。

 

安い自動車保険って本当に補償は大丈夫なの?

昔と違って最近は安い自動車保険がよく目立ちます。

一般的に保険の費用が安いという事は家計を節約する事に繋がりますので嬉しいものです。
しかし、もしも事故を引き起こしてしまった時にしっかり補償してくれるのか?が心配になります。
もともと自動車保険は対人賠償保険と対物賠償保険、さらに自損事故保険や盗難保険などのオプションの補償があるもので、これらを自由に組み合わせる特約が付けられているものです。
特約はそれぞれの保険会社により、様々で各保険会社で競争しているとも言えます。
これらの組み合わせにより、安い保険料が生まれるという訳なのです。

保険料が安かったから事故の時の対応が悪い!という人も多くいるようですが、これは保険会社全体というよりかは、あくまで担当者個人の対応によるものが事実と言えます。
こうした理由から格安の保険会社は事故の時の対応が悪い!という事は言えないのです。

自分自身、納得のいく保険選びを行うためには、まず事故を引き起こした際の補償や上限などといった様々な項目を細かくチェックしておく事が重要なポイントとなります。

自動車保険は、どこを選んでも同じだ!といった誤った考えで保険料の安さだけで選んでしまっているようでは、万が一事故を起こした時に困るのは他でもない自分自身という事を頭に入れておきましょう。

 

年間の自動車保険料っていくらなら高いの?安いの?

生命保険の保険料に支払いに関してですが、基本的に月払いをされている人が多く、ほとんどの人がそれに慣れているものです。
そのため、自動車保険はもちろん、火災保険などを年払いする!という事に対して違和感を持たれる人も多いでしょう。
しかし、損害保険の保険料というのは実は年払いを基本として計算されているので、月払いで保険費用を払っている場合は割り増しになってしまっているのです。
簡単に説明すると、これは年払いが一般的な保険料となり、月払いは割り増しされている費用を支払ってしまっているのです。

したがって自動車保険も分割にせず、年払いで払ってしまった方が割り増し分を払わずに済む事になります。
保険料を節約したいと考えているのであれば1年の保険料を一括で払ってしまった方が安く済むという訳なのです。

しかし、年払いの保険料を調達するためにキャッシングなど行うぐらいなら、月払いで払いましょう。
月払いにしている時の割り増しは約5%程度となっているので、キャッシングでかかる手数料よりは安いからです。

自動車保険の1年の保険費用を一括で払うコツとしては、保険料の総額を下げる努力をする事が非常に重要なポイントとなるのです。

月払いに慣れていると中々改善できないものですので、年払いが可能な安い自動車保険を探してみる事をオススメします。
これは通販型の自動車保険の保険料を見てみると、躊躇に感じられます。

 

2台目の車の自動車保険を安くする方法って?

2台目の車にかかる保険の費用を安くしたいと考えている人は非常に多いと思います。
自動車保険を契約する際、1台目の契約を行って2台目の契約を可能な限り安く済ませるため、複数で契約を行った際でも割引率の高い保険会社を選ぶのが良いでしょう。

保険会社には何台契約しても保険費用が変わらない所もあるのですが、2台目から割引率が適用されると、かなり安く保険を契約する事が可能となるのです。

さらに1台目をメインで使用している場合では2台目はほとんど使用する事がないと考えられるので、このような場合では走行距離などの条件で保険料が決まるような所を選ぶのがオススメです。
また、2台目に乗る運転者はどんな人なのか、どれぐらいの頻度で車を使用するのか?などで保険料を決める事が可能な保険会社もあります。
このような保険会社なら2台目を契約をした際、保険料を安く済ませる事が出来るようになるでしょう。

1台目と2台目が同じ保険料金になっていると負担も非常に大きいものになってしまうと考えられます。
また、車種が異なる場合でも保険料は変わってくるものですが、
そうした事も安めで保険料を設定してくれている所では安心して契約する事が出来ると思いますのでお勧めです。

 

 運転者を限定するとどれくらい自動車保険は安くなるの?

自動車保険というのは対象となる運転者を限定してやると、保険料を大幅に安くする事が可能となります。
運転者を限定すれば、どうして保険料が安くなるのか?その理由についてですが、これは不特定の人が運転する車よりも一定の範囲で運転する人が決まっている車の方が事故を起こすリスクも低いと判断されるためです。

自動車保険で運転者の限定を付ける場合は家族限定や夫婦限定、さらに独身で本人限定と分類されています。
実際に運転者の限定に関してはこの3つとなる事を覚えておきましょう。

運転者を限定しない契約も当然あって、保険料で考えるとこの契約が最も割高になってしまうのです。
その次に家族限定、夫婦限定となって、最も保険料を安くする事が出来るのは本人限定となっています。
そのため、保険料を出来るだけ安く済ませたいのであれば、それぞれの環境や状況に合った運転者の限定を付けるのが良いでしょう。

保険料の無駄な部分を節約するにあたって重大になる運転者限定なのですが、少し困るパターンとして、独立して世帯を持っている子供が帰省などの理由で実家の車を運転するなどのケースでしょうか。
もしも、家族限定にしているなら、世帯を持っている子供が実家の車を運転して万が一事故を引き起こしてしまったとしても、保険が適用されずに損害を補償する事は出来ないので注意が必要です。

 

走行距離を変更するとどのくらい自動車保険は安くなる?

1年間の走行距離によって保険料が安くなる!という事は、自動車保険のコマーシャルでもよく言われるものです。

年間の走行距離をリスク細分に加え、保険料に他の保険会社と違いを持たせている事で広く知られているのはソニー損保でしょう。
しかし、同じようなリスク細分を入れている自動車保険はチューリッヒ、アクサダイレクト、さらにはセゾン自動車保険などといったように沢山あるのです。

自動車を運転する機会が少ない人はもちろん、使用する目的が家庭用としてのみ、などと範疇にある人の場合は走行距離の割引が適用される保険を利用しておいた方が保険料も安くなると考えられます。

仕事、または生活スタイルなどの変化によって、昔と比較すると車を運転する距離が短くなくなったという人も多いと思います。
そうした方達も、自動車保険を見直す時は走行距離の割引に特化した保険会社で見積もりを行い、比べてみる事をオススメします。

私もソニー損保の保険に加入しているのですが、ソニー損保の場合では走行距離区分が無制限を含めると全部で7つに分けられています。
一般的には細かく分けられている方が保険料も割安になりやすいなどと言われています。
しかし、最終的に考えると見積もりは走行距離だけではなく、他の要素も深く関わって決まるものという事を覚えておきましょう。
距離区分の少ないアクサダイレクトやセゾン保険の場合でも見積もりの料金は比較的安く計算される人も出てくると思われるので、一括見積もりを利用して気になる所をいくつか試算してみるのが良いでしょう。

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ