20代のための自動車保険選び!

20代にオススメの自動車任意保険

20代の方の場合は任意保険の保険料が最も高いと言われているようです。
それは何故なら事故リスクが高いからという事が考えられます。

任意保険の保険料というのは、このように年齢が若ければそれだけ高く設定されてしまうものなのです。

そういった20代の方達にオススメな任意保険の選び方のポイントとしては充実の補償より、万が一事故が起こった場合を優先に選ぶという事が考えられます。
具体的に説明すると事故後の車の修理や事故で廃車になった場合の補償の他にも対人を無制限、対物を無制限、既婚者は人身傷害補償を付帯する、独身なら搭乗者傷害保険を付帯する、車両保険は一般車両保険とする、などといったように保険料を無理する事なく払える程度にして必要な補償を付帯していくようにする事なのです。
独身か既婚か、または1人暮らしか親と同居するのか?などといった生活環境も考慮した上で保険料の支払いをするだけで経済的に無理な負担がかからない範囲で検討するように心がけましょう。
その後、任意保険を見直す機会がある際は独身でも人身傷害補償を付帯するなど行って不足と思われる補償を充実させるようにしましょう。
20代というのは大学生もいれば社会人もいるものです。

いずれにしても先輩の代わりに運転を頼まれるなどし、自分以外の車を運転する機会も出てくる場合も考えられるでしょう。
そういった時は人の車で事故を起こしてしまったのならどうなると思いますか?

特に運転する車の保険に運転者の範囲や年齢条件に関した特約などが付帯している場合は注意が必要だと思います。

 

20代の自動車保険

保険は見直しをする年代によって大きく違いが出てくるものだと思います。

社会人の収入というのも年代によって大幅に変化するものですよね。

収入が変わる事で生活に大きな影響を与える事になるので、自然と選ぶべきものも決まってくるという訳なのです。

保険の見直しも収入の変化や家族の有無により、その意味も大きく変化してくるものでしょう。
20代については意外にも20代で自動車保険の見直し事例は多いと言われており、最も関心の高い年齢は若年層と言われているそうなのです。
ある程度の年齢になって家族を持つ事で生命保険や医療保険や損害保険などがどれほど重要なのかが次第にわかってくるものだと言えるでしょうか。
若い間から自動車に乗ったり車に関心を持ったりしている関係上、自動車保険に関心を持ってしまうので見直し事例も多くなってしまうという訳なのです。
20代では保険会社を様々変えてみたり、同じ保険会社のプランを頻繁に変えたりするように見直し事例を見てみても落ち着きがないものだと言えます。
独身で収入が少ないという20代の方ではほとんどを遊びに使用してしまう事になるので、保険に対する出費を抑えなければならないと考えられます。
そうなれば、なるべく保険料の安い保険を見つけようと思うのも当然でしょうか。

事故発生率がわりと高いとされる20代ではどうしてもコスト面から保険を見直すという事になってしまうものなのでしょう。

 

20代の人は他車運転危険補償特約をつけるべき?

自動車保険をつけるのにあたり、20代の人の場合は他車運転危険補償特約をつけるべきなのか?気になる方も多いと思います。

ここでは、それについて調べてみましたので興味のある方は是非、参考にしてみてください。

結論を言えば、他車運転危険補償特約はつけるべきだと考えられます。
20代には大学生の人もいるし、社会人の人もいる年代となっています。

これらは、いずれにしても先輩などの代わりとして運転を頼まれる事もあって自分以外の車を運転する機会も多くあるかと考えられるものなのです。
そういった時で、もしも人の車で事故を起こしてしまったらどうなってしまうのか?

特に運転する車の保険には運転者の範囲や年齢条件などに関した特約が付帯している場合は要注意だと考えられるでしょう。
しかし、そうした時でも他車運転危険補償特約を自分の任意保険で付帯しておくようにすると、たとえ人の車を運転中に事故を起こしてしまったとしても自分の保険の中で補償される事となるので安心という訳なのです。
したがって、他車運転危険補償特約はできる事ならつけておくべきだと言えるのです。

 

任意保険の年齢制限特約って?

任意保険の年令制限による特約についてて調べてみましたので興味のある方は是非、参考にしてみてください。
全年齢担保特約というのは年齢を問わず、保障されるものなので任意保険の保険料もわりと高額なものとなっています。

21才未満不担保特約というのは20才までの人が自動車事故を起こしてしまった場合、保障されないので注意が必要だと考えられます。
しかし、18才で運転を始めた人が21才になった場合なら忘れずに年齢条件を変えるようにしておきましょう。
26才未満不担保特約では26才までの人が自動車事故を起こしてしまった場合には保障されないので注意しましょう。

30才未満不担保特約では、30才までの人が自動車事故を起こしてしまった場合では保障されないので注意しましょう。

35才未満不担保特約では35才までの人が自動車事故を起こしてしまった場合では保障されないので注意しましょう。
この35才未満不担保特約というものは保険会社によって、ある場合とない場合があるものなので加入している任意保険会社に直接問い合わせてみるようにしましょう。
また、年齢制限特約を付帯する事によって任意保険の保険料を安くする事も可能となっているので、まだ付帯していない方の場合は自分の年齢や家族の年齢に合わせて付けておくのがオススメです。

 

20代のドライバーは等級引き継ぎ制度を活かそう!

任意保険というのはノンフリート等級制度がしかれているもので無事故で保険の世話にならなかったら毎年、等級が上がり、保険料の割引率は高くなっていきます。

最初に任意保険に加入すれば誰でも6等級から始まる事となるので車を取得したばかりは保険料も割高なのは仕方ありません。

また、任意保険は記名被保険者の年齢が若ければ若いほど事故リスクが高いと判断されるものなので年齢条件から20代の被保険者は保険料の負担が大きくなってしまうものなのです。

実際、運転に慣れていない分、擦ったり当てたりなどのと軽微な自損事故も多く起こっていると言われているので車両保険はつけておいた方が安心だと思います。
そのため、20代のドライバーは等級の面や年齢条件の面、車両保険の補償内容の面でも割高な保険料を負担する事になると覚えておくようにしましょう。
そこで活用したいのが等級の引継制度という訳なのです。

等級の引継ぎというのは親の等級を子に引き継がせるというものの事であり、この場合、親は新規に任意保険を契約する事になるのだが年齢条件や車両保険の内容などによって親が新規契約した方が割引率の面で考えると非常に有利なのです。

そのため、保険料を親子で合算した場合、等級を子に譲渡した方が確実に安くなるのです。

 

20代の自動車保険の乗り換え

20代で初めて免許を取ったという場合、非常に嬉しい気分になると思います。
そして、免許を取ったけれど両親の車に乗っているから自動車保険なんて無縁だという人も多いと思われます。
しかし、そろそろ保険は自分で選んでみてはどうでしょうか?

いつまでも親のスネを齧るのもやめ、自分でお金を出していくようにしましょう。

そうすると親のありがたさも分かるでしょうか。
20代での自動車保険の任意保険加入というのはとても必須ではあるのですが、保険料が高くなってくるものと考えられます。

何にも考えず、自動車保険に入っているというのは実はもったいない事になっている可能性も高いのです。
親が条件が良い状態で任意保険に入っている場合は代換えして貰うようにしてみては?

保険料が非常に下がる事もあると思いますよ。
車両保険も抑えるべき点だと思います。

車両一般にしてしまえば高額な金額を請求されるものです。

最後に団体割引が適用されるように会社の給与天引きを利用したり、払わなくても良い保険料を節約するように心がけてください。
他にも様々な節約方法はあるのですが20代だからこそ保険料は高額なものとなっています。

しかし、工夫する事によって確実に保険料を下げる事も可能なのです。

保険代理店の担当者に相談してみるのも良い方法ではないでしょうか。

 

軽自動車の保険料相場

普通自動車、いわゆる白ナンバーと、軽自動車、いわゆる黄色ナンバーでは任意保険料に大きく違いがあるものです
軽自動車のおよその相場としては車両料率クラスで最近の人気車で比べてみたところ、普通自動車の15%割引ぐらいとなる事が多いと言われています。
軽自動車の正確な任意保険料を知るためには普通自動車と同じでしっかりと見積もりを行い、同条件で複数社を比較するようにしてみてはいかがでしょうか?
軽自動車には4ナンバーである軽四輪貨物車と5ナンバーである軽四輪乗用車があるそうです。

軽自動車としてひとくくりというものではなくて、それぞれ保険料にも異なりがある事を覚えておくようにしたものです。

4ナンバーの場合で20代の若者なら、リスク細分型ではなくて代理店系の保険会社を選ぶと良いかもしれません。
30代以降の方、とくに35歳以降の方の場合はリスク細分型、つまり通販型の保険会社を選ぶ事が保険料を安くできる傾向にあると言われています。
契約時に年齢条件や限定条件などの様々な取り決めがあるので 4ナンバーの保険加入はリスク細分型を選ぶ場合は年齢条件や限定条件の付加が必須となっていると思います。

つまり、年齢が若いのならその分保険料が高いという事になってしまうという訳なのです。

 

20代で自動車保険を節約する方法

20代の自動車保険選びに関しては慎重におこなうようにしましょう。
これはどうしてかと言いますと保険料に大きな差が出てくるからと言えます。

ベテランドライバーにもなってくれば自動車保険も知識が蓄積してきていると思え、保険会社の代理店の人間より、自動車保険に詳しい人もいると言われています。
しかし、20代の人にとって、まだ初めてだという経験という場合も多いと思います。

何も知らず、自動車保険契約や自動車保険乗換えを頻繁に行っていると払わなくても良いような保険料を払ってしまっているケースもよくあるそうです。
1つの例として、運転する年齢制限が挙げられるでしょうか。
10代では制限なしになっているものですが21歳になると、すぐにでも21歳以上補償に切り替えるようにしてはいかがでしょうか?

そうするだけで数万円もの節約になるでしょう。

年齢制限は細かく設定されているので、もしかすると自動車保険を契約を行ってから、そのままにしている事も考えられます。

自動車保険の乗換えや何らかのタイミングによって見直しをする事は重要なのです。

そしてその際、複数の自動車保険会社に接触し、ためになる話を聞いてみるのが大事だと思います。

保険会社の人も必ず協力してくれるものです。

 

イーデザイン損保が20代のドライバーに支持されている?

イーデザイン損保というのは客から余分な保険料をとらないために新しく保険料の計算方式を開発しているそうです。
そのため、自由にデザインする事ができて自分の納得のいくプランを作ったとしても保険料を抑える事が可能となっているのです。
とくに20代の若い方や初めて自動車保険に入る方、事故経験がある方などには非常に得な保険料で提供していると言われています。

イーデザイン損保は割引が非常に豊富になるのが特徴でしょうか。

イーデザイン損保は東京海上グループで今まで様々な事故を解決してきた実績があるからこそそれぞれに本当に必要なものを知っているという訳なのです。

イーデザイン損保は東京海上グループの今までの経験を活かした徹底的なサポート体制によって確かな安心、安全を届けてくれるというものなのです。
もしも事故にあってしまった際には24時間365日で電話とネットで事故受付してくれます。

経験豊かな専門スタッフ達が事故対応について的確にしっかりと答えてくれるので安心でしょうか。
事故ごとに、ぞれぞれの専任担当者と各分野のスペシャリストによってチームを組んで事故解決にあたっているそうです。

被害者や修理工場などの関係先との打ち合わせ状況から、保険金の支払いまで、様々な問い合わせや相談の全てに応えてくれると言われています。

 

20代の自動車保険の見直しポイント

保険の見直しを行う際、年代というものはどうしても大きな影響を持っているものだと考えられます。

社会人になれば年代によって大きく収入が変化するものですよね。
この収入の変化というのは生活に大きな影響を及ぼすものなので、様々な点で考えても取捨選択を余儀なくされるものだと言って良いでしょう。

保険もそのうちの1つ言える訳なのです。

保険の場合は特に収入の変化や家族の有無で大きく求めるものも異なってくるものだと考えられます。
20代で見てみると20代での自動車保険の見直し事例というものは実は意外と多いと言われているのです。

保険の中で自動車保険というのは最も若年層の関心が高いそうなのです。
生命保険や医療保険や損害保険などは年齢を重ねて家族ができる事によって重要性を徐々に実を持って覚えていくものと言って良いでしょうか。
しかし、自動車保険の場合は若く自動車に乗る人が非常に多いものなのでそれと同時に車に関心を持つ人も多いものなので自然と自動車保険にも関心を抱く人が増加するという訳になるのです。
したがって、若い間から見直しをする事例が多いという事に繋がるという訳なのです。
20代で自動車保険の見直し事例として見てみると、様々な保険会社を点々としたり、同じ保険会社だっとしてもプランの内容を頻繁にと変えたりと非常に落ち着きがないという事が目立ちと言われています。

 

20歳の自動車保険料はどのくらい?

20歳で自動車保険に加入する場合の保険料は一体いくらぐらいなのでしょうか?
東京在住の20歳の知り合いがいるのですが、その子は去年自動車の免許を取得したのです。
そして両親が乗っていたフィットを休日に借りたりして乗っていたのですが両親も3人で1台を利用するというのではとても不便になってしまったので新しい車を購入する事にしたそうです。

そこで両親が乗っていたフィットを廃車せずにその子が譲り受ける事となったのです。
そこで今度はその子の名義で新しく自動車保険に加入するよう両親に言われたそうです。

しかし、その子は就職してまだ間もないし、お金はなるべく掛けたくないと思うのは当然の事でしょう。

保険料が安くなるのであれば車両保険は掛けなくても良いかなとも思っているようです。
その子の場合の保険料は一体いくらぐらいになるのでしょうか?

免許取得して間もないのでもちろん、免許証の色はブルーです。

車の使用目的としては友達や彼女とのドライブがほとんどで通勤には使用しないそうです。

しかしアウトドア好きなので長距離や長い間運転する可能性もあると考えられて年間走行距離は10000km以上になると予想できます。
※車には一応ABS/エアバッグは付いている。
これを踏まえてエコノミータイプの場合であれば年間で153000程。

スタンダードタイプである車対車+A車両保険付の場合であれば 年間でおよそ21万6000ほどでフルカバータイプの場合なら年間でおよそ27万3000ほどとなると思います。

 

10代の自動車保険料は高い

任意自動車保険というのは21歳になると、21歳未満不担保にしておくと保険料を大幅に安くする事が可能だと思います。
しかし、18歳から20歳の方の場合では統計として若い方の方が事故を起こしやすいとされており、自動車やバイクの車両を運転する際、リスクが高いとされてしまうので必然的に自動車保険が高くなってしまう傾向にあると言われています。
車両保険を付帯しないようなリスク細分型の自動車保険で考えても年間で20万円を超えてしまうケースも決して珍しくはありません。
とくに男性ドライバーの場合では事故発生率がわりと高くなる傾向にあるとされているので男性が加入する場合ではさらに保険料が割高になってしまうと言われています。
そのため年間で払う保険料が高すぎてしまって新車や中古車の購入時や、もしくは譲渡によって自動車保険の代理店などで任意自動車保険の加入手続きを行う時に驚かれる方も多いと言われています。
この、20歳以下の自動車保険を安くする方法は、ある程度の特約やサービスを必要最低限度に留める事になると思います。
例えば、一般的にも高くなりがちな車両保険を外す方法でしょうか。

これなら、もし自分の車が中古車の場合でも特に修理も必要ないぐらいに考えている場合なら、十分に保険料を節約する事も可能だと思われますよ。

 

 

 

 

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ