【20代だけに役立つ!!】自動車保険のお得な選び方と裏技

なぜ20代は自動車保険料が高いのか!?

最近の自動車保険というのはリスク細分型が採用されている事が多く、事故を弾き起こす可能性が高いと思われる人ほど保険料が高くなる仕組みなっています。
契約者の年齢はもちろん、免許の色や1年間での走行距離、車種などで保険料は大きく異なりますが中でも年齢は保険料を最も大きく左右する要素の1つと言えます。

若い人ほど事故を弾き起こしやすいと言われているので、若いだけで自動車保険に関して不利になってしまうものです。
免許を取りたての人が保険に加入すると等級も低いところから始まり、保険料も非常に高くなってしまうものです。
したがって、若い間は親名義の車に乗っていて保険に加入している人も多いでしょう。

自動車保険を契約している本人が事故を引き起こすかどうかは分からないが、年齢的に考えて事故を引き起こしやすいと見られる若い人は、どうやっても保険料が高くなるものです。

では年齢を重ねるほどに保険料が安くなっていくのか?と疑問に思う方も多いでしょうが、これは単に年齢が高いほど事故を引き起こす可能性も必然的に低くなると考えられているためです。
車の免許は18才から取得する事が可能ですが、18才の人は全員とも初心者と言えます。
35歳以上にもなってくると、ほとんど運転手がベテランと呼べて運転にも慣れてきていると考えられます。
自動車保険を契約する際、年齢条件を付ける事で保険料が安くなるケースは非常に多いので、一度見直してみてはいかがでしょうか。

 

20代の自動車保険料の平均(相場)って?

20代の方が入る自動車保険の相場というものは比較的高くなってしまうそうです。
と言うのも若い人は事故を引き起こす確率が高い事が統計的にも出ているし、免許を取得したての初心者が多い世代とも言えるので仕方がないものです。
18歳で免許を取り、マイカーを手に入れたのはけれど保険料が非常に高く、驚く人も多いと言われています。

保険料を節約するためには家族限定や本人限定などといった運転者の条件はもちろん、車両保険に加入する場合は免責金額の設定を行うのとエコノミーワイドなどのように補償になる範囲を狭めるのが良いでしょう。
親と一緒に住んでいる場合で、すでに自動車を1台持っている場合は、その保険の等級を引き継げます。
親が契約している車の保険の等級が高いなら、その分自動車保険に加入するのも得になります。

親の自動車保険は新規で契約する事となるのですが、それでも年齢条件などを付ければ20才という若い世代の方が新規で契約するより非常に安く契約する事が可能となるのです。

自動車保険の契約は1年ごとに更新が必要で、忘れがちなのに契約期間中に迎える誕生日の場合があります。
21歳以上や26歳以上という年齢条件を付ければ保険料はかなり変わってくるので見直しが必要となります。

 

21歳で自動車保険は安くなる理由って?

自動車保険というものは事故の危険性によって保険料が算出される仕組みで考えられています。
これは事故を引き起こしやすい運転者、または契約条件になっているほど保険料は高くなるという事になっています。
事故のリスクを判断している基準は非常に沢山ありますが、中でも基本的なモノに運転者の年齢条件というものが挙げられます。
事故が発生する確率というのは運転する人の年により、大きく変わってくるのが自動車保険の考え方という訳なのです。

保険の契約条件を変更するのは保険期間中でも行え、その1つが年齢条件となっています。
例えば、保険を更新する際や契約した時の年は20才だったが保険期間の間に誕生日を迎え21歳になったという場合が最も分かりやすいでしょうか。

ほとんどの自動車保険では21歳になったら21歳以上補償に年齢条件が変わるもので、保険期間の間に21歳になったなら年齢条件の変更を申し出るようにして契約を変更させる事が大事です。
そうする事によって、保険料を下げる、もしくは多く払っていた保険料を精算する事も可能となります。
年齢条件の区分に関してはそれぞれの自動車保険により、違いがありますが一般的に全年齢補償と21歳以上、26歳以上、そして30歳以上という風に4つに分けられています。

 

26歳で自動車保険は安くなる理由って?

保険料を安くさせるためには年齢条件を変更するのが重要なポイントとなる事を覚えておきましょう。
年齢を限定する幅が小さくなればなるほど、保険料も安くなっていきます。
35歳以上補償という区分が1番安くて18歳から上限なしである年齢を問わないのが最も高いです。

運転者が最も若い人の年齢が20歳以下なら年齢を問わない補償に該当します。
年齢制限はもちろん、他にも運転者の限定や主契約者などにより、保険料は大きく異なりますので注意しましょう。

21歳以上になった人は21歳以上限定を付ける事が出来て、これは21歳以上の人の自動車事故を補償対象にする保険です。
これも運転者の限定や主契約者などで保険料に違いがあります。

その次は26歳以上になると26歳以上限定が適応される事となり、保険料もさらに安くなります。
年齢条件の中で最も安いのは35才以上限定で、年齢を問わない補償と35才以上に限定する場合で比較すると3倍ぐらい保険料が異なってきます。

26歳以上限定から保険料はかなり安くなってきて、やはり年齢を重ねる事で事故率が低くなってくるものと考えられています。
このように年齢と保険料というものは非常に大きく関係しているのです。
保険料は個人個人で異なるもので一概には言えません、気になる方はインターネットで見積りを行う事が出来るのでオススメします。

 

20代で親と同居しているなら等級引き継ぎがお得!

自動車保険には等級制度と呼ばれる制度があり、ベテランの運転者の場合は等級が20等級前後となっていて大きな割引率になっている人も非常に多いでしょう。
年齢条件も30才以上に限定する事が出来たら、とても割安な保険料で保険に加入する事も出来るでしょう。

しかし、18才になった子供が免許を取り保険に新規で加入すると等級は6級から始まります。
年齢条件に関しても全年齢となり、保険料はどう頑張っても高くなってしまうという訳なのです。
このようなケースでは等級を引き継ぎするようにしましょう。
例えば、親の20等級を18才で免許を取り立ての子供が引き継ぐと、保険料も非常に安くなるので新規よりもお得です。

基本的に等級の引継ぎは契約者の配偶者か同居の親族、さらには配偶者の同居の親族に限られますので覚えておきましょう。

子供は親族に含まれるのですが、あくまで同居している事が条件になるので注意しましょう。
もし親元を離れる予定があるのであれば、同居している間に等級の引き継ぎをしておかなければいけません。
また、契約者や配偶者の親族でも別居しているケースでは引き継ぎをする事は出来ません。

車に乗らなくなったから親戚に等級を譲りたい!と考えられる場合でも、等級を引き継ぐ事となる人が同居している事が絶対的な条件となる事を覚えておくようにし、検討して下さい。

 

自動車保険は年齢制限でかなり安くなる

運転の技術というものは経験と比例するものなので、免許を取りたての人と何年も運転してきた人を比べると事故を引き起こす確率も差が出ます。

実際に年齢層別で免許を持っている人の事故発生を見てみると、1番事故数が多いのは16歳~25歳未満という若い世代の方でした。
しかも、とくに10代が事故を発生している確立が高いのです。
だから保険会社では自動車の保険に対してある一定の年齢制限を設けているです。

年齢制限はそれぞれの保険会社により、違いはあるのですが一般的に全年齢と21歳以上、そして26歳以上ろ30歳以上という4つに分けられています。
自動車保険というのは車自体にかけられるものなので、年齢制限の基準は車を運転する可能性がある全員が対象となるのです。
仮に通常は40代の夫婦が運転する車だったとして、免許取り立ての子がたまに運転するというケースも多いと思いますが、この場合では年齢制限を全年齢にしなければいけません。

もしも夫婦合わせて30才以上に限定すると子供が運転し、事故を引き起こしてしまった時に保障を受ける事は出来ないのです。
したがって、少しでも年齢制限外の人が運転する事があるのなら、年齢制限を下げておくか、全年齢対象にしておく方が懸命な判断と言えます。

 

20代はどんな自動車保険会社を選べばいいの?

今まで主流だった代理店型の自動車保険会社と比較して、代理店に手数料を払う必要がないので保険料が安いのが特徴の通販型自動車保険です。
代理店型と通販型自動車保険でかかる保険料の差は非常に大きいものがあります。
もともと事故を引き起こすリスクに応じ、契約者を区分けして保険料に反映しているのがリスク細分型です。

事故が発生する確率が20代は比較的高いとされているのでリスクを高く設定するのが必要です。
年齢条件や他にも運転者を限定したり、走行距離や使用の目的、さらには地域や免許の色などといった多くの条件で安全な運転者の保険料は安くなる仕組みになっています。

保険の自由化により、それぞれの会社ごとに全く同じ条件でも保険料はもちろん、内容が違います。
そのため、どれを選ぶかで保険料を大きく節約できる事になるかもしれません。

また、その逆も考えられ選び方により、保険料が高くなってしまったり損をしてしまう可能性もあります。
競争が激化していくと保険会社の破綻もない話ではありません。
合併、または統合を決める保険会社もどんどんと出てきており、信頼の出来る保険会社を選ぶためとして、経営状況はもちろん、株価も評価に入れて考える事が重要だと思います。

保険会社の間でサービスの競争はこれから先もどんどんと激しくなっていくと思われます。
自己の責任で保険会社を選んで、損をしないように考えながら保険選びを行いましょう。

 

20代でも最低ラインの自動車保険の補償内容って?

警察のデータによれば20代というのは1番事故を発生させる数が多いと言われています。
事故のリスクが高い世代なので、対人賠償保険や対物賠償保険などは無制限で契約するのが基本的な事となります。

一方、経済的に余裕がなくて保険料を出来るだけ抑えたいと考えている人も多いものです。
その場合は車両保険を付けない方法もあります。
こうした若い年代で初めて車を持つ人の場合は、運転もし慣れていないので事故を起こしてしまう確率も高いです。
しかし、その度に保険を使って修理をしているようでは次の年の保険料は非常に高くなってしまいます。
そのため、少しの傷ならそのままの状態で放置している人や保険を使用せず自腹で修理される人も多いものです。

独身の方の場合では自分1人で運転する事が多いですが、場合によっては友達や恋人などを乗せて運転する事もあります。
その際に付けておきたいのが搭乗者傷害保険というもので、この保険を付けておくと
仮に事故で同乗者が死傷してしまっても車に乗っていた全員の治療費の補償を受ける事が出来るのです。

この搭乗者傷害保険は怪我などで治療をするために入院、または通院した日数に応じ保険料が払われる日数払いと、怪我の部分や症状などによって一定の金額が払われる部位、症状別という2つから選ぶ事が可能となっています。

 

20代の車保険だと通販(ダイレクト)型と代理店型どっちがいい?

ダイレクト型の自動車保険というのはネットや電話などで契約者と保険会社が直接的に契約を結ぶ事が出来る保険の事で通販型と言われる場合もあります。

およそ15年前の98年に保険業法が改正された事によって、それぞれの保険会社が保険料を自由に設定する事が出来るようになりました。
それ以降は保険料の安さはもちろん、契約時の手軽さによって人気を集めてきました。
現在は数十社もこのタイプの自動車保険を展開している所があります。

また、代理店型の自動車保険というのは保険業法が改正されるよりも前から一般的であった代理店を通し、それぞれの保険会社と契約する保険の事です。
一般的に代理店型と言われるものでダイレクト型に分類されているものです。

20代の若い世代の人は金銭的な事で保険料を出来るだけ抑えたいと考える人が多くいます。
また、初めて自動車保険に加入するから様々相談する事が可能なように担当者を付けてほしいと思われる人もいます。
これらは両方とも立てるのは非常に困難なのですが、前者の場合はダイレクト型がオススメで後者であれば代理店型の保険に加入する方が良いでしょう。

自動車保険というものは人によって環境や年齢などで違いが出てくるものですので一概にどこが良い!とは言えないものです。
自分の条件に合った保険会社を選ぶようにするためにも、見積もりサイトなどを利用して調べてみる事をオススメします。

 

イーデザイン損保は20代でもお得!?

イーデザイン損保は損害保険業界の中でも非常に有名な東京海上グループの通販型自動車保険です。
通販型の自動車保険の中では後から出てきたもので、親会社は東京海上グループなのにも関わらず、売上はあまり伸びずに、業界の中では最下位となっています。
原因としては、宣伝を積極的に行ってこなかった事でしょう。

しかし、最近はテレビのコマーシャルなどでも頻繁に流れるようになってきています。
そのため、これから先に物凄い勢いで売上を伸ばしていく事が予想されているようです。
宣伝だけではなく、自動車保険の内容を見てみてもかなりレベルが高い事も分かります。

イーデザイン損保とはお客さんから余計な保険料をとらないようにするため、保険料の計算方式を独自に開発しているそうです。
したがって、自由自在に設計する事が可能となり、自分自身が満足出来るプランを作っても保険料を抑える事が出来るという訳なのです。

20代といった若い世代の人達や初めて自動車保険に加入する!という人、または事故を起こした事がある人達にはオススメです。
イーデザイン損保は他の保険会社と比べても非常にお得な保険料が魅力的なのです。
迷っている方は是非、1度イーデザイン損保を視野に入れて検討してみてはいかがでしょうか?

 

ソニー損保は20代でもお得!?

ソニー損保は車の走行距離により、保険料が違ってくるといった料金システムを採用しているのが最大の特徴と言えます。
このシステムは走行距離が少なければ少ない程、事故を引き起こす危険性は薄い!と考えられ、そこから生まれたモノで非常に沢山の人達から支持を集めています。

走行距離の区分は7つに分けられており、そこから自分自身に合ったモノを選ぶ事が可能となっています。
普段は自動車にあまり乗らない!という人の場合は、保険料がかなり安くなると考えられるでしょう。
そのため、通勤の時だけ乗る、または週末のみドライブなどで使用している!という人には非常に得となります。
目的はもちろん、年齢や車の種類で保険料は大きく違ってきますので、自分に合った保険料を支払う事が出来る!という点もメリットと言えます。

万が一、事故を引き起こしてしまった場合の対応に関してもソニー損保なら、スピーディーに丁寧に行ってくれるので安心で出来ます。
20時までの間に受付を済ませれたら、その日の内に色々と面倒な手配を行ってくれますので、対応に追われてしまう!なんて心配もないのです。

20代というのは初めて車に乗る人や初めて保険に入る人がほとんどだと思います。
車に乗って事故を引き起こす確率が1番高いのも、初めて自動車に乗る人だというデータが出ています。
だから、20代の方が自動車保険を選ぶ際は、出来るだけ多くのオプションに入る事も重要となります。

 

SBI損保は20代でもお得!?

SBI損保は中間コストを徹底的に排除する事によって、ダイレクト型保険ならではとも言える保険料を実現させているのが特徴です。

走行距離が長くても保険料は変わらない保険料が採用されていますので、長距離の運転や遠くへ旅行に行く事が多い、車をよく使う人でも安心する事が出来るでしょう。
全国でおよそ9600箇所もロードサービスの拠点を持っていますし、サイト上ではリアルタイムで質問をする事が可能なWebチャット機能も搭載されていて、サポート体制もしっかりとしています。

SBI損保の保険はオリコンの顧客満足度で自動車保険の保険料の満足度で過去、2年連続で1位に選ばれた実績も持っている程です。

他にも年代別のランキングでも1位に輝いていたり、携帯電話やアイフォンなどの端末から見積りや申し込みを行えるサービスも手軽なので、沢山の人達から支持を集めています。

SBI損保の魅力は沢山ありますが、その1つに保険料の安さが挙げられます。
保険料が安いと、補償の内容が薄いのでは?と不安になる方も多いと思いますが、そんな事もありませんので安心して下さい。
安い保険料で加入する事が可能なのは広告費や運営費などといった部分で削っていて、保険料に還元しているためです。

 

セゾン自動車火災保険は20代でもお得!?

セゾン自動車火災保険とは事故を引き起こす確率が低い傾向にある40代や50代という世代の保険料が特に安く設定されています。
そうした事から沢山の人達から支持を集めている保険となっています。

非常に割安となる40代や50代の人達から人気なのはもちろん、保険料だけではなく、評価の高いコールセンターは満足度も高く人気です。
顧客満足度はおよそ90%を超えているデータもあり、自動車保険の継続率も非常に高い保険会社です。

免許を取った子供が運転するようになった時でも、契約者である親の年齢を基準として保険料が設定されていますので、いきなり保険料が上がる!という事がありません。
これは、継続して加入されている契約者を非常に大切に考えてくれている事が伺えます。
契約してからも細かくサポートしてくれる点も満足度が高い事に繋がっていると考えられます。

20代という若い世代の人達も保険内容を選ぶ時、非常に分かりやすく好感が持てた!という人が多いです。
無駄なくお得に保険の計画を立てる事が出来るから、満足されている人は非常に多くいます。
このように若い世代の人達でも、そう思われる人が多いので40代以上の方達に非常に好感を持たれている事も分かります。
安さだけで対応力の悪い自動車保険に加入している方は、セゾン自動車火災保険を検討してみてはかがでしょうか?

 

三井ダイレクト損保は20代でもお得!?

三井ダイレクトは料金のシステムが非常に分かりやすくて、かなり安い保険料で加入する事が出来るのが特徴の保険会社です。
最近の自動車保険というのは走行距離、免許の色などで保険料に違いが出る傾向があって、車をあまり使わない人の方が得をするように出来ています。

よく車を使う人の場合は事故を引き起こす危険性も高いと判断されてしまって保険料が高くなってしまう事が多いのです。
だから、長距離のドライブを楽しむ事が多い人やいつも遠くの職場まで車で通勤されている人の場合は保険料が高くて悩まされている人も多いです。

しかし、三井ダイレクトの保険なら、走行距離や免許の色で保険料が変わる事がありませんので、よく車を使う人でも安く加入する事が可能という訳なのです。
こうした嬉しい特徴がありますので、車を使用する頻度が少ない人より多く使用する傾向にある人にオススメの自動車保険と言えます。

さらに加入者用のサイトがあって、インターネットで契約内容の照会や変更などの面倒な手続きを簡単に行う事が出来ます。
契約内容を確認したい!と思われた時に書類を探さなければいけない!なんて事もありませんし、変更したい時でも保険会社に連絡をする手間がかかりません。

また、保険料を年払いか月払いかを選ぶ事が可能な点も三井ダイレクトの特徴の1つと言えるでしょう。
それぞれの生活スタイルに合わせながら支払い方法を選ぶ事が可能となっていますので、保険料の支払い関して悩まされる事もありません。

 

チューリッヒは20代でもお得!?

チューリッヒは通販型の自動車保険ですので安い保険料なのが特徴で、事故の際の対応力とロードサービスの充実度には評価が高いです。

事故の際の対応に関しては土日や祝日の場合でも20時までに受付を済ませる事が出来たら、その日の間に初期対応を行った上、当日中に報告してくれます。
さらに相手を怪我させてしまい、入院させてしまうような大きな事故の場合なら土日や祝日関係なく、出来るだけ早く直接会って話をしてくれるサポートもあるのです。

大きな事故の時のサポートは非常に安心する事が出来る対応の1つと言っても良いでしょう。
加害者というのは非常に大きい不安を抱えているものなので、電話での対応だけではなくて直接会い、色々とアドバイスをもらう事が出来るというのは心強いモノだと考えられるのです。
しかし、ほとんどの保険会社はこのような対応は土日や祝日は受け付けていません。

ロードサービスに関しても業界の中でもトップレベルを誇っています。
1年目からガス欠の際のガソリン代が10リットルまで無料で入れてくれたり、レッカーの移動距離も100kmまでは無料になっています。
さらに宿泊帰宅費用の金額も上限がありません。このように手厚いサポートがついています。

チューリッヒの保険では運転者や車の条件に応じてリスクを細分化して契約されている人に最適な保険料を出すため、事故を引き起こす確率が低い運転者の場合は安い保険料が算出されます。
それによって、保険料の払い過ぎを防止する事が可能なっている!という訳なのです。

 

アクサダイレクトは20代でもお得!?

アクサダイレクトはフランスを拠点としている世界でも最大級の保険運用グループの事です。
日本でもかなり早く直販型自動車保険の販売を開始した事で知られています。
週刊ダイヤモンドでの自動車保険のランキングで1位を獲得している実績も持っており、利用者達から非常に高い評価を得ています。

アクサダイレクトの1番の魅力のポイントは安い保険料の設定にあります。
とくに走行距離が短ければ保険料は他の自動車保険会社と比べてもかなり安いです。

さらに事故の時の対応に関しても充実しており、24時間365日いつでも受付が可能となっています。
サービスの拠点も全国でおよそ9500箇所以上もあり、指定の修理工場もおよそ950箇所あります。
ネットから見積りを行うと保険料は最大で10000円も割引されますし、ゴールド免許の割引や休日の運転者割引などといった各種割引サービスも充実しているのが人気の秘密です。

サイト上では手軽に保険料を算出する事が可能なサービスもありますので試してみる価値はあるでしょう。
保険料の安さを考えるなら、自動車保険を比較する時の対象として外せないのがアクサダイレクトと言っても過言ではありません。

保険料は人によって違いがあるものなので、一概には言えませんがアクサダイレクトは20代などの比較的若い世代の人達から口コミが沢山寄せられている傾向にあります。
しかし、アクサダイレクトも全ての人に対してオススメ!と言える訳ではありませんので、口コミなどもあくまで参考として見る事をお勧めします。

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ