【20代だけの車保険】自動車保険を安くするコツ!!

20代の自動車保険料が高い理由!?

自動車保険はなぜ年齢が若いと保険料が高いのか?そんな疑問を持っている20代の人は多いと思います。
自動車保険は18歳以上、21歳以上、26歳以上という風に20代までは枠が区切られていて、この歳の区間では保険料が高くなってしまいます。

もちろん、26歳以上よりも21歳以上の方が保険料は高くなりますし、21歳以上より18歳以上の方が高くなります。
ちなみに、保険料が大きく変わるのが26歳以上からだと言われています。年齢の区切りは26歳以上の次が30歳以上になります。

18歳以上の場合、年間で30万円だったとします。21歳になると年間20万円になると思ってください。そして、26歳以上になると15万円くらいまで保険料が下がります。等級割引などもあるので加入年数が長ければもっと割引された保険料になります。

26歳になって初めて自動車保険に加入した人は実感がないかもしれませんが、18歳から加入していて26歳になった人なら、保険料がかなり安くなったと実感できます。それほど、18歳以上と26歳以上では保険料が大きく変わってしまうんです。

自動車保険会社は年齢が若ければ若いほど、事故の確率が高いだろうっていう判断をしてしまうため、保険料は高くなってしまいます。これはドライバー個人のことを言っているわけじゃなくて、相対的にみた数字から判断しているので10代、20代のドライバー個人がどれだけ安全運転を心がけても変わることはありません。

要するに、保険会社は若いドライバーは「事故する確率が高い」っていうイメージを持っている(統計上)ので必然的に高くなってしまうんです。

 

20代の自動車保険料の平均(相場)っていくらくらい?

20代の自動車保険料といっても21歳と26歳では変わってきます。10代から21歳の時にも保険料は大きく変わりますが、その変化と同じくらい21歳と26歳は違ってきます。20代の自動車保険料でまとめるなら平均は年間10万円~15万円といったところです。

18歳~20歳 年間保険料20万円前後
21歳~25歳 年間保険料15万円前後
26歳~29歳 年間保険料10万円前後

補償内容や等級によって個人差はあると思いますが、だいたいの保険料としては上記のようになります。
保険会社によっても1~2万円くらい前後があるので、20代だから15万円前後は妥当だな・・・って思っても保険会社が違えばそこから数万円も安くなるパターンがあるので、他の自動車保険会社から見積をとってみて自分で比較すると安くなることも多々あります。

20代で何度も事故を起こしているっていう人は他の保険会社に加入できないパターンもあるので、そういった場合は、いま加入している保険会社でいいと思いますが、21歳以上で無事故で15万円以上年間保険料を支払っているって人は他の会社に見積をとってみることをオススメします。

 

21歳から自動車保険が安くなる!!

自動車保険は年齢によって大きく保険料が変わります。毎年誕生日を迎えるごとに安くなるわけじゃなくて、保険会社の共通規定で21歳、26歳、30歳という風に節目で保険料がガクッと安くなるんです。ですから、この節目の誕生日を迎えた人は自動車保険の契約条件を変更することを強く勧めます。

21歳、26歳、30歳の節目の前に18歳以上という節目もあります。18歳以上は簡単に言ってしまえば、どんな年齢の人が乗っても補償しますよ!っていう契約ないようです。だから、とても保険料が高くなります。

この節目を迎えるごとに保険料が大きく変わっていくんですど、一番保険料が変わるのが18歳以上から21歳以上になった時です。
自動車保険の割引額でいうならば、この節目が一番大きく変わります。ビックリするくらい保険料が変わるので21歳を迎える人は要チェックですよ。

21歳で自動車保険が安くなる理由は保険者の対象が年齢無制限から年齢指定できる歳になるからです。これが21歳で保険料が安くなる最大の理由といっていいでしょう!

 

26歳から自動車保険が安くなる!!

自動車保険では20代で2回安くなる時期があります。それが21歳と26歳です。どの自動車保険会社でも年齢条件の節目に21歳以上と26歳以上があります。18歳以上から21歳以上に変わる時には保険料は大きく変わりますが、それと同じくらい21歳以上から26歳以上に変わる時にも保険料は安くなります。

26歳以上の次は30歳以上なので、ここで20代で大きく保険料が安くなる時期は終わります。
また、26歳以上の場合、ほとんどのドライバーが20代前半もしくは10代の時から保険に加入しているというパターンが多いことから等級が上がったり、ほかの割引対象に該当したりと割引の数が多くなるのも26歳で自動車保険が安くなる理由の1つだと言えるでしょう。

会社によって年齢条件の節目が異なることがありますが、18歳、21歳、26歳という条件はどの保険会社も共通していえます。
割引額に関してはその保険会社ごとに少し異なりますが、大きく変化するという事はないので気にしなくても大丈夫だと言えます。

あとは補償内容や会社独自の割引システムにって自分の条件で安い保険会社が決まっていくので、一括見積りサイトなどを使って今の自分の条件で多くの自動車保険会社に見積をとってみるとさらに保険料は安くなりますよ!

 

親と同居しているなら等級引き継ぎが保険料を安くするコツ!!

自動車保険には等級と呼ばれる割引システムがあります。簡単に言ってしまえば、よく事故を起こすドライバーと事故を起こさないドライバーを分けるための割引システムです。

等級は無事故で1年を終えると1つ昇格して、割引率も高くなります。しかし、事故を起こせば1つ降格してしまいます。
当然、何年も無事故だとどんどん昇格して言ってかなり高い割引率になるので保険料は安くなるんです。

20代のドライバーだと自動車保険に加入したとしても無事故でも数年なのでそんなに等級による割引は受けることができません。特に初めて自動車保険に加入した人などは等級割引は受けることができないと思ってください。

しかし、この等級割引は親から引き継ぐことができる仕組みになっているんです。
親の等級をそのまま子供自身が引き継げるっていうわけじゃないですが、等級が高い(割引率が高い)親の等級を譲渡してもらうことで等級があがるので20代なのに保険料がほかの人よりも安くなるんです。

例えば
父親が等級20
子供が等級6(新規)
だとすると、【父親が等級20+子供が等級6(新規)】よりも【父親が等級6+子供が等級20(新規)】の方が保険料は総合的にみて安くなります。父親の保険料は上がってしまいますが、子供の保険料が大きく安くなるおかげで結果的に2つをまとめると後者の方が安くなるのです。

 

自動車保険は年齢制限で安くなる!

自動車保険会社は年齢が若いと事故する可能性が高いドライバーだと判断するのが一般的です。運転技術=運転歴だと判断しているので若い人の自動車保険料は必然的に上がってしまうのです。

実際の事故統計からみても人身事故を起こす割合は16歳~25歳未満が一番多くなっていて、もっと細かく見ると10代のドライバーの事故率の発生数は郡を抜いてかいのです。だからこそ、自動車保険会社は年齢条件という項目を作ってあるていどの年齢制限を作って保険料を管理しているんです。

保険会社によっても年齢制限の節目は異なりますが、ほとんどの会社は【全年齢(18歳以上)、21歳以上、26歳以上、30歳以上】という4つ分割されています。

自動車保険で言うところの年齢制限の節目は21歳と26歳と30歳です。この歳になった場合は自動車保険の見直しをすることが保険料を安くするための秘訣といってもいいでしょう。

また、親の車を子供が運転するケースがありますが、その場合は年齢制限を下げなければいけないのか?という疑問がありますが、こういった場合は年齢制限を変更するのではなくて、子供特約などの各保険会社の特約を使った方が保険料をできるだけ安く済ませることができます。

保険会社によって異なりますが親の車を子供が運転するケースの場合に役立つ特約は「子供特約、臨時運転者特約、家族限定特約」といった特約になります。

 

 20代がお得な自動車保険会社ってどうやって選べばいいの?

20代で自動車保険会社を選ぶならどの会社がいいのか?といった疑問は多くの20代ドライバーが抱くと思います。
まず、どのような基準で選ぶのかが重要になってきます。20代のドライバーで一番多いのは「一番保険料が安い」
です。

20代はかなり保険料が高いのが一般的なので、それをできるだけ安く済ませることができる保険会社を探すというのは妥当な考え方ですね!!しかし、20代だからこそ事故のことなどわからないから補償内容が充実したプランや保険会社を選ぶという考えの人も多いようです。

これに関しては個人個人考えが違うと思いますので、自分が自動車保険に対して何を一番重要視するかを考えて、その基準を元に選ぶのが一番いいと思います。

20代のドライバーの保険料が安い会社でいうと、1番は「SBI損保」2番目が「アクサダイレクト」3番目が「チューリッヒ」です。この3つの中ではチューリッヒが一番高くなります。「SBI損保」と「アクサダイレクト」関してはほとんど差はありません。

なんにせよ、保険料で選ぶのであれば通販型(ダイレクト系)になります。上記で挙げた3社とも通販型の自動車保険なので保険料だけで選ぶなら通販型だけを比較してみましょう。

 

最低限の自動車保険の補償内容

自動車保険は補償内容(プラン)によって保険料が変わってきます。手厚い補償にすればそれだけ保険料は高くなりますし、補償を限定すれば保険料は安くなります。

保険ですから保険料が安いに越したことはありませんが、最低限の補償は確保した上で安い保険にしたいたいのが普通だと思います。そこで自動車保険の最低ラインの補償内容について紹介したいと思います。

自動車保険の基本である対人賠償と対物賠償に関しては無制限にしておくのが基本だと言えます。対物は○○千万以下などと限定する人もいるようですが、ガードレール、電柱、信号などの破損を考えると○○千万以下ではカバーできないケースもあるので無制限にしておくことをオススメします。対人賠償に関しては無条件で無制限にしておきましょう。
これは基本です!!

自動車で人を乗せることが多い人は搭乗者傷害保険をつけておきましょう。名前の通り、万が一車で事故をした場合搭乗者の通院などの治療費をカバーしてくれる補償です。

絶対に1人でしか乗らないという場合だとつける必要はありませんが、友達と家族となど、たまにだけど人を乗せるケースがあるだろうと思う人は加入していた方がいいです。

他にも保険会社によって自分の運転ライフに役立つ特約があるので、特約もチェックしながら自分に当てはまっている補償があれば加入するのも重要になります。

 

通販(ダイレクト)型と代理店型どっちを選ぶべき!?

今や自動車保険は2つに別れています。
通販型(ダイレクト)と代理店の2つに大きく別けることができます。

もともとは代理店型が日本では一般的で、自動車保険に関しても保険を扱ってくれている会社から保険を紹介されて加入するっていうのが普通でした。しかし、最近では直接保険会社に自ら連絡をとって契約する形(通販型)がかなり普及してきました。

当然ですが、通販型と代理店型を比べた時に保険料は通販型の方が安くなります。仲介役がいない方が安くなるので当然ですよね!!

【通販型】
自動車保険会社→契約者

【代理店型】
自動車保険会社→代理店→契約者

代理店は契約者との仲介料で成り立っている会社ですから、その仲介料がない通販型の方が安くなるのは当然で、しかも保険の代理店の仕組みは、毎月代理店の仲介料をとっているので、一度代理店に紹介されたから一度だけの出費ということではなく、契約者がずっとその自動車保険会社に契約しているかぎり、仲介料金はずっと続きます。

とはいっても、代理店は保険のスペシャリストが集まる会社なので保険の仕組みや補償の内容・コツなどを知っているので代理店の人に任せておけば問題なく保険の契約がきまります。

一方、通販型は自分で保険のプランを組まなければならないので、知識がないと補償内容に少し不安があります。
どちらを選ぶかは契約者の問題ですが、少しでも保険のことを知った上で加入しておいた方がいいと思いますので、どうせなら保険の勉強を兼ねて通販型を選ぶほうが個人的にはオススメです。

 

 イーデザイン損保は20代でもお得なのか!?

イーデザインは東京海上グループの通販型自動車保険です。20代の人にもけっこー支持を得ている通販型の自動車
保険なので一括見積りサイトなどを利用する際は見積をとっておくべき会社の1つです。

特徴としては保険料が走ったぶんだけで決まります。
基本的に自動車保険は契約者が年間だいたいどのくらいの距離を走るのか?その走行距離に応じた保険料の算出の
仕方をしています。契約者からすれば「そんなのその年によって違うしわからない・・・」となるかもしれませんが、
イーデザイン損保は走行距離区分という考えかたをせずに、ドライバーが走った分だけを見て保険料おw算出して
くれます。

「3,000km以下」「3,000km超5,000km以下」「5,000km超10,000km以下」「10,000km超」という風に4つの区分に
当てはまった処の保険料の対象になります。

クチコミから見ても事故対応と対応サービスは「良い」という声があるので、満足度の高い通販型自動車保険の
1つと言えるでしょう。それでいて通販型の自動車保険なので保険料も高くありません。

20代の人にもオススメの自動車保険の1つですね!

 

 ソニー損保は20代でもお得なのか!?

CMでお馴染みのダイレクト系自動車保険「ソニー損保」。多くの年代から支持されている保険会社で、20代の人にも人気の保険会社です。なによりも実績がすばらしいですね!11年連続で売上ナンバーワンのダイレクト自動車保険会社です。

事故対応もかなり評価が高くて、24時間365日体制で対応がかなりスピーディーという口コミが多いですね!自動車保険の口コミサイトなどを見てもソニー損保の事故対応は◎っていう意見が多いです。

保険料も安くて、年間走行距離も走ったぶんだけで計算してくれるので、契約者からしても嬉しいですね!!自分のカーライフに合わせた保険料の設定なので合理的です。また、ロードサービスが充実しているというのも評価が高い理由だと言えます。バッテリー上がり、パンク、レッカー、宿泊帰宅費用などさまざまなロードサービスがあります。ロードサービスの種類はほかの保険会社と比べても特別スゴイというわけじゃありませんが、何よりもその対応の早さが評価されています。

保険料も安くて事故対応、トラブル対応もしっかりしているっていうのは通販型(ダイレクト)の自動車保険では郡を抜けて1番ですね!!補償の内容に関してはどの年代でも同じなので、あとは保険料がどのくらいなのか?を確かめるだけです

1度自分の補償内容で見積をとってみてください!!

 

 SBI損保は20代でもお得なのか!?

SBI損保の最大の特徴は「保険料の安さ!!」です。なので、20代の契約者も多く人気の自動車保険会社になっています。
SBI損保の調べによるとSBI損保に保険を乗り換えて安くなった人の割合が97%!!驚異の数字です。それくらい、通販型自動車保険の中で保険料が安い保険会社です。

その理由の1つに走行距離にかかわらない保険料の仕組みがあります。基本的に自動車保険は契約者の走行距離を基準に保険料を決めていきますが、SBI損保は走行距離は無視して保険料の仕組みを作っているので、長距離運転をする人でも保険料は安くすみます。

保険料だけではなく、ロードサービスも充実していて、SBI損保のGPSナビという機能を使って、契約者が事故を起こした現場などを即座に調べて対応することができるのです。これにより、事故対応、トラブル対応のスピードが上がっていてロードサービスの満足度が高くなっているんです。

もちろん、24時間365日対応なので、充実した事故対応だと言えます!!

20代で自動車保険選びで悩んでいるなら、とりあえず見積をとっておくべき会社がSBI損保ですね!!SBI損保で見積りを取ると保険料が安いのでSBI損保で決めてしまう人も多いみたいですが、しっかり自分の補償プランとカーライフと照らし合わせて契約していきましょう!

 

セゾン自動車火災保険は20代でもお得なのか!?

セゾン自動車火災保険といえば「おとなの自動車保険」というプランがかなり人気です。このおとなの自動車保険の対象車は40代・50代のドライバーなので、20代のドライバーには大きなメリットがないかもしれません。

40代・50代専用の自動車保険会社というわけではありませんが、得するドライバーは年配の人が多いみたいですね!
この年代からはかなり満足度も高いのでオススメできますが、20代のドライバーには不向きだと言ってもいいでしょう。
そもそも年配層をターゲットにした補償プランになっているので、20代だとほかの自動車保険会社の方が魅力が大きいと思います。

しかも、どちらかというと保険料よりは充実補償という魅力なので、保険料で悩んでいる20代の人に適していません。
保険会社で選びで悩んでいる20代の人はセゾン自動車火災保険の見積を取る必要はないと思います。

 

三井ダイレクト損保は20代でもお得なのか!?

三井ダイレクト損保は、「三井住友海上」や「あいおいニッセイ同和損保」 などを傘下に持っている損害保険会社です。かなり規模が大きい保険会社(グループ)になっています。

比較的に保険料も安くて、補償内容・事故対応も良いという評価があります。走行距離やゴールド免許などの視点から保険料を決めていないので、長距離運転者・何度か事故したことがある運転者などはけっこー狙い目の保険会社になります。

口コミなどでもロードサービス・事故対応・トラブル対応に定評もあって、加入者の満足度は高いです。保険料の月払いなども助かるっていう意見も多いですね!!

ご契約者さま専用「クルマ生活応援サービス」っていう契約者が利用できるサービスがあって、国内や国外の宿泊施設やレジャースポットなどの優待割引などもあるので、車でよくお出かけする人にはかなり充実したサービスだと思います。

自動車保険の一括見積りサイトなどでもオススメ度が高いので、見積をする際は忘れずに見積りしておきた自動車保険会社の1つですね!

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ