通販型自動車保険はこんな人がお得!

どんな人が通販型自動車保険を選んで得するの?

代理店を通さずにネットや電話などによって自動車保険を販売する直販通販型自動車保険は販売コストを抑えられる事ができるために保険料が大手損保と比べると非常に安く設定されているというのは確かな事なのですが理由はそれだけでもないのです。
そもそも自動車保険の保険料というのは事故を起こす、それぞれのリスクに応じ、保険料を設定するものです。
<a href=”http://hanaya-rin.net/”>通販自動車保険会社</a>はさらに細かくリスクを算出する事によって事故を起こす可能性が低い人の場合は保険料を安く設定しているという訳なのです。

例えば年齢や性別や使用目的、走行距離、車種などといったものを統計的に事故の危険性が低い人の場合は保険料を安くしているという訳なのです。
1年間の走行距離が1万キロ以上の方の場合は、それだけ多く走る、つまり事故の可能性も高くなるという事になるので通販型自動車保険によっても必ず安くならない可能性があると言われています。

そのため、大手損保の自動車保険と保険料を比べてみると良いかと思われます。

年間走行距離の短い方で使用目的が日常使用ならば、どこの通販型自動車保険会社でも安くなる事が予想できますが、中でもソニー損保やアクサダイレクトがオススメと言った所でしょうか。
また、20代前半の方や65歳以上の人の場合は統計上事故のリスクが高いと言われているそうです。

したがって、この年齢にあてはまる人の場合では必ずしも通販型自動車保険で安くなるとは限らないという事になるのです。

 

そもそも通販型自動車保険って?

通販型の自動車保険は代理店を一切持っていない保険会社の事です。

したがって、保険会社と自分との間がダイレクトに繋がるといった販売形式をとっているのが特徴と言えるでしょうか。

基本的には通販型の自動車保険では電話やファックスやネットなどを通じながら連絡をするというのが一般的なものとなっているという訳なのです。
自動車保険の契約するにあたり、自分と保険会社との直接的な交渉となってくるので全てを任せるという訳でもいかなくなってしまうのです。

そのため、事前に見積もりなどを行ってもらう事によって複数の保険会社から自分のカーライフスタイルに最も合った保険会社を自分で選ぶ必要が出てくると考えられるのです。
複数の保険会社に対して同時に見積もりを出してもらう事のできるサイトなども様々あるので積極的に活用するようにしましょう。

最近では通販型の保険会社では特約などの、様々な独自性を出している傾向にあるようです。

したがって、保険料もそれぞれで異なってくるく場合も多いのです。
通勤や通学の際に車を利用する人の場合では、それだけ車を運転する機会が多くなるから事故の可能性が高くなるという事となり、通販型自動車保険でも必ず安くならない場合が考えられます。

しかし、通勤や通学の距離が短ければ走行距離などの兼ね合いによって必ず高くなってしまうとも限りませんので通販型自動車保険を検討してみる価値は非常に大きいものだと思います。

 

 

通販型自動車保険のメリットって?

通販型自動車保険のメリットとしては大きく分けると3つに分ける事ができます。

・保険料が安い事。

今までの自動車保険では自動車販売会社やディーラーが代理店となり、保険契約を行う仕組みとなっていました。

そのために保険会社では代理店に対し、仲介手数料を払わなければいけない必要があってその分として保険料が割高に設定されているという事なのです。

その点、通販型自動車保険は代理店を介さずに中間マージンの発生はしません。

また、通販型自動車保険のほとんどは店舗や営業所を持たないので店舗の維持費や人件費がかからずに保険料を安く抑える事ができているという訳なのです。

・乗り換えが容易な事。

代理店を介していれば担当者が保険の契約や更新手続きの度に自宅を訪れる事となります。

担当者は顧客のため、非常に親身になって対応してくれるものですが、その分、自動車保険の乗り換えや解約を言い出しにくいという部分が考えられます。

とくに知り合いなどの紹介で加入している場合や今後の付き合いを考えればなかなか乗り換えられないという場合も多く聞きます。

しかし、通販型自動車保険は基本的にネットや電話を介して手続きを行うものとなっているので人付き合いのわずらわしさは一切ありません。

条件に応じ、簡単に乗り換えも行えるので常にベストな保険を選ぶ事が可能という訳なのです。

・比較、見直しが簡単な事。

通販型自動車保険は性質上、ネットで見積もりや比較を行う事が可能となっています。多くの場合では保障内容をクリックで選択していくだけと簡単になっているので操作も非常に楽ですよ。

保険料計算のボタンを押すだけで自動で保険料を算出してくれるのです。

 

通販型自動車保険のデメリットって?

ダイレクト、通販型の自動車保険自体にはデメリットはないと言えます。

しかし、加入手続きを自分1人でやらなえkればいけない事が、デメリットと言えるかもしれませんね。

代理店経由の場合なら加入手続きも代理店のサポートを受ける事ができるので申し込み内容が自分が考えていたものと違ったなどの失敗はないでしょう。
しかし、通販型の場合では申込書を入力、記入する際、アドバイスをくれる人がいない事となるので注意が必要だと思われます。

下手をすれば事故が起こった時に保険会社に連絡すれば契約した内容では保険が適用されないなんて事にも繋がりかねません。
等級制度といい、自動車保険に加入して1年間無事故の場合では1つ等級が上がってその分の保険料が安くなる制度があります。

全保険会社共通のデータベースがあり、等級を偽って申し込んだとしても発覚するものですし、トラブルになりかねないので正しい等級で申し込みをするように。
車両保険は保険料が比較的高いから加入を躊躇する人も多いと言われています。

また、自損事故は可能性が低いので加入しなくても良いと判断をしている人も多いそうです。

実際、事故の過失割合は10対0になる場合は少ないとされており、どんなに相手が100%悪いような場合でも1割~3割は、こちらの過失と認定されるものなのです。

その1割~3割に相当する部分は相手は賠償してくれない部分となるので自腹で直す必要が出てくるという訳なのです。

その時に、威力を発揮するのが車両保険という訳なのです。

これを踏まえた上で加入するかをしっかりと検討しましょう。

 

自動車保険の通販型と代理店型の違いって?

通販型と代理店の大きな違いと言うと、手間と保険料が考えられます。

代理店型の自動車保険というのは車を購入した時にディーラーのもとで加入する事です。

この時のメリットとしては面倒な手続きをディーラーが請け負ってくれるという事だと思います。
しかしデメリットとしてはディーラーを仲介した分保険料が高くなってしまうという点でしょうか。
一方、最近主流となってきている通販型自動車保険は自分で保険会社を探し、加入するものの事です。

この時のメリットとしては保険料が安く済むという点が挙げられます。

さらにに最近では自動車保険の一括見積もりサービスなどといったサイトも普及してきており、保険会社を決めるのに手間もかからなくなりました。
しかしデメリットとしてはディーラーのもとで加入するのと比べると情報料が少ない事が考えられます。

ディーラーのもとで加入すると、わからない事はその場で聞く事もできるからこれができない通販型の場合は少し不安な気もします。
しかし、それを差し引いたとしても保険料が安くなるメリットの方が圧倒的に強いので主流になりつつあるようです。

今の保険料に不安を抱えている方や新しく自動車保険に加入しようとしている方、自動車保険の更新によって保険の見直しを考えているという人の場合は自動車保険一括見積もりサービスを利用してみるのが良いでしょう。
現在代理店型で加入している人の場合でも試しに一体どれくらい安くなるかを知っておくのも良い方法だと思います。

 

通販型の自動車保険って等級引き継ぎできるの?

現在大手損保の自動車保険に加入しており、通販型自動車保険へ乗り換える場合でも、等級は引き継がれるものなのです。

また、現在通販型自動車保険に加入しており、他の通販型自動車保険へと乗り換える時でも等級は引き継がれる事となります。

同じで現在通販型自動車保険に加入しており、代理店を通して大手自動車保険などに乗り換える場合でも等級は引き継がれるものなのです。

自動車を買い替えた場合でも等級は引き継がれる事になるのです。
自動車保険の等級というのは、はじめて自動車保険へ加入した時は6級となります。

つまり、誰もが6級からなのです。

そして、1年間、無事故なら1等級昇進していく仕組みになります。

無事故の年が続けば1等級ずつ昇進していくという訳なのです。
そして、等級が上がるにつれて自動車保険料も安くなっていくというものなのです。

保険金を支払わなかった優良な顧客では保険料を安くして優遇しているのです。
事故を起こせば3等級降格となるので注意しましょう。

例えば加入してから2年間無事故だったが3年目に事故を起こした場合は6等級から8等級に上がってしまい、そこで事故によって3等級下がって5等級になるのです。
ただ、盗難や災害などによって自動車が被害を受けて保険金が支払われた場合などは事故とは扱われずに等級は下がらないのです。

 

通販型自動車保険の事故対応って大丈夫なの?

通販型自動車保険会社も顧客の不安要素として事故時対応にあると認識されてるから、どんな通販型自動車保険でも365日24時間対応をしているのが一般的でしょう。
サービスセンターが全国に配置されている訳ではありませんから大手損保といったように代理店の人が事故現場へすぐに駆けつけてくれるとはいきませんが基本的には事故時、保険会社の担当者がとれる対応は限られているものと考えておきましょう。
したがって担当者が現場に急行できない時でも病院やロードサービスや修理工場などへの適切な手配は迅速に行われる事となるので担当者が駆けつけるという事はあまり重要視しなくても良いかと思われます。
通販型自動車保険会社では全国の都道府県に提携している自動車工場を持っており、事故時に修理が必要な場合はロードサービスや修理工場の手配、代車の手配をしてくれるので安心です。
通販型自動車保険会社の場合は事故時に1事故1専任担当者制、もしくは1事故専任チーム制を取っている所が非常に多くて、専任された担当者やチームが最後まで対応してくれるという訳なのです。

示談交渉にしても選任の担当者まちはチームが示談交渉の進行状況の報告なども含めて解決までしっかりと対応してくれるのです。

事故際の担当者も示談交渉の担当者にしても人身事故のスペシャリスト、物損事故のスペシャリストが対応してくれる事になるので安心して任せる事ができるのです。

 

ダイレクト自動車保険って大丈夫なの?

最近、自動車保険の保険料の安さによって、シェアを広げていっている通販型自動車保険だが、多くの方が安いけど大丈夫なのか?と不安を持っていると言われています。
結論を言うと安いけど大丈夫なものなのです。

まず保険に限らずに人が満足できるものは世の中にはないと言えるでしょう。

人それぞれで求めているものも異なるので当然かと思います。
自動車保険の場合で言うと保険料は少しでも安い方がいい、保険料が少し高くても充実している補償がいい、様々な相談ができる自動車保険がいい、充実したロードサービスが受けられる所がいい。などと人それぞれで自動車保険に求めるものも違うという事なのです。
しかし、ここで注意したいのは保険料が高いから安心、保険料が安いから不安とは限らないのです。
実際、自動車保険の事故対応満足度ランキングなどでも最近は通販型の自動車保険を扱っている保険会社が上位を占めているのです。
さらに保険料やロードサービスによって他社と差別化を図らなくてはいけない時代と言えるでしょうか。

通販型自動車保険は代理店を通さず、契約する事となるので人件費や代理店手数料等も一切かからないために保険料に反映されているものなのです。

代理店がいないから細かいサービスなどは受けられない可能性も考えられますが逆に考えると保険会社と直に繋がっているから事故後の保険金支払いなどが短縮される事も考える事ができるでしょう。

 

ダイレクト自動車保険の保険料が安いのはなぜ?

ダイレクト自動車保険というのは今までの保険のように代理店を通さず、保険会社と顧客が直接契約を結ぶ自動車任意保険の事と言え、保険の自由化によって始まった販売形態と言っても良いでしょう。
途中の代理店を省く事で保険料も割安になっているという事になるのです。

一般的な保険の販売形態としては保険会社⇒代理店⇒顧客、ダイレクト保険の販売形態としては保険会社⇒顧客となっているのです。
ダイレクト自動車保険は事故後の対応などによって顧客の満足度が下がったと言われる事もありましたが最近ではこうした満足度も向上してきており、顧客満足度でもソニー損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、アクサダイレクト、SBI損保などといったダイレクト保険が上位にランクされるようになってきているのです。

ただし、それでも代理店である場合であれば細かい事まで相談に乗ってくれる事もあるので、あくまで自分に合った販売形態を選ぶように心がけましょう。
最近は最大で20社の自動車保険を簡単に手軽に無料で一括見積りしてくれるサイトが様々出てきています。

もちろん各損保のネット割引も適用されるので非常にオススメですよ。

安い自動車保険を探している方は是非一度利用してみてください。

 

ダイレクト自動車保険なら「三井ダイレクト」?

三井ダイレクトの自動車保険は保険料が非常に安い事で知名度が上がったといっても良いでしょう。

ダイレクト系自動車保険ならではのコスト軽減などにより、さらに多くの方に安い保険料を実現する事ができている自動車任意保険となっているのです。
三井ダイレクト損保はリスク細分型自動車保険を扱っているから細かく保険料が設定できるので自動車事故を起こしにくい優良ドライバーや事故を起こしてしまった時に死傷する確立が低い安全装置などが付いている被保険自動車などといった場合は保険料も割安となるから良いのですが、その逆の場合は保険料が高くなってしまうと考えられるでしょう。
ただし、各損保によりリスク細分型自動車保険の保険料の設定というものは細かく区分されているものなので三井ダイレクトの自動車保険の保険料が全ての場合で他の損保と比べると必ず保険料が安い自動車保険となる訳ではないので注意するようにしましょう。
したがって少しでも安い自動車保険を探している方なら三井ダイレクトだけでなく、他の複数の自動車保険の見積もりを取ってみて比較検討する事が重要となるでしょう。
被保険自動車の使用目的が日常、レジャー使用やゴールド免許者の場合は三井ダイレクトがオススメだと思います。

 

ダイレクト自動車保険なら「アクサダイレクト」?

アクサダイレクトはダイレクト販売の最大の強みとも言える中間コストを削減する事によって低価格で保険料を提供する事を可能としており、ユーザーの生活スタイルや車の使い方などの要素を反映したリスク細分型によって、それぞれのユーザー達に合った保険料を提供している保険会社となっています。
ネット上の申込みや契約更新によっては最大で4500円の割引があったり、主に車を運転する人の免許の色や年、運転する目的などによって保険料を設定できるので自分に必要な補償を自分に合った特約で保険料を安く提供できるのです。
もちろん、保険料が安かったとしても国内初の自宅での故障においても対応している無料アシスタンスサービスを全契約者へ提供しているなどの事故の際のサポートやロードサービスも非常に充実しているから安心と言えるでしょう。
自動車保険は比べる事によって自分に最適な保険を選ぶ事ができて保険料は確実に安くできると思われます。
アクサダイレクトの自動車保険を検討、見直しする際は一括見積もりで複数社の自動車保険を一覧比較すれば非常に便利だと思われます。

一括見積もりによって賢く自動車保険を選ぶようにしましょう。
アクサダイレクトの自動車保険なら価格重視や補償重視などといったようにユーザーに合わせた様々な保険が提供可能なのです。

 

ダイレクト自動車保険なら

独自基準によるリスク細分型を行っており、これまでと同じ補償内容を確保しながら車の使用目的や車種や運転する人の年や性別や居住地などといった様々な条件によってリスクを細分化して無駄を省いた、低い保険料を提供しているのが特徴と言えるでしょうか。
さらにネット契約をすれば10%割引や2台目割引などといった様々な割引サービスがあるので、さらに保険料を安くする事もできるのです。
24時間年中無休で受付、1事故1名の専任担当などといった事故対応や全国100所以上の修理工場と提携している無料ロードサービスなどのもしもの時にも安心な保険料を安く提供するだけではなく丁寧な対応が期待できる自動車保険となっているのです。
自動車保険は比べる事によって保険料が安いだけでなく、自分に必要なもので安心する事のできる保険を選ぶ事が可能なのです。

自動車保険を検討、見直しする際は一括見積もりを活用して複数社の自動車保険を一覧で比較するのが非常に便利なのでオススメですよ。
独自の基準によってリスクを細かく設定して保険料を設定しているのが最大の特徴となります。

車を運転する人の居住地域や免許証の色、年や性別、車の目的などの条件を選べば基本的な補償はもちろん、様々なサービスを設定できるという訳なのです。

 

 

 

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ