【こんな人は通販型!!】通販型自動車保険が適している人・補償・車種は!?

通販型自動車保険と代理店自動車保険ってなにが違うの?

自動車保険は主に通販型と代理店型に別れています。保険の内容や補償などはほとんど変わりませんが、通販型と代理店型の大きな違いは保険料に出ています。通販型の方が代理店型の方よりも保険料は安くなります。

これは代理店と通販型の仕組みによって保険料の差がでているのです。

【通販型】

保険加入者→保険会社

【代理店型】

保険加入者→代理店→保険会社
保険加入者と保険会社の間に代理店が入ることで手数料といて料金が発生するため加入者の保険料が少し高くなるということになります。
だったら、絶対に通販型の方が良いって思う人もいますが、代理店はいわゆる保険のプロということなので間に入って加入者にあった最適の保険会社を見つけてくれるっていう分には重要な役割をしています。
ある程度の知識がないと通販型自動車保険に加入した場合「こんなはずじゃなかった・・・」なんていうこともあるので、知識を持った上で通販型に加入しないと失敗例も多くあるようです。

 

通販型自動車保険のメリットって?

通販型の最大のメリットは保険料と柔軟性だと言えます。通販型の自動車保険は仲介役(代理店)がいないため保険料が代理店型と比べて安くなります。保険料を少しでも安く抑えたいって人は通販型にメリットがあるのは間違いないでしょう。
平均額で通販型と代理店型の自動車保険の差額は3万円だとも言われています。加入者の条件によって異なる場合が多いのであくまでも平均的な差額なので、誰でも当てはまるかというわけでもありませんが、代理店をかまさないだけで、大きな保険料の差があることを知っておきましょう。
そして、通販型の自動車保険は柔軟性も評判が高いです。通販型=ダイレクト系とも呼ばれており、インターネットで申し込めてインターネットで解約できるという柔軟性があります。また、条件の変更などもネットの管理画面を使って操作できるので変更の際にはかなり役立ちます。
最近の流れでは自動車保険は通販型の方が圧倒的に人気が上昇しています。ほとんどの人は保険料の安さに魅力を感じているのでしょうが、柔軟性も長けているんですよ!!

 

通販型自動車保険のデメリットって?

通販型の自動車保険のデメリットといえば、事故対応なんて世間ではよく言われています。代理店型と比べて通販型は事故対応が悪いなんていう評判もよくネットでは話題になっています。実際のところどうなのか?という話ですが、交通事故を起こして保険を使う場合、通販型だと自動車保険会社に連絡を入れます。そして、連絡後に自動車保険会社が対応してくれるんです。
代理店の場合、事故が起きた場合は代理店の方も動いてくれます。要は事故を起こしてしまった保険加入者の手間が代理店のおかげですごく省かれるんです。そして、代理店はいわば保険のプロですから、事故対応の処理はお手ものなので、円滑に対応してくれるんです。また、代理店のポジション的に保険加入者の方を助けるという節があるので、それが手厚い事故対応につながっているとも言えます。
通販型自動車保険だと保険を使う場合でも動いてくれるのは自動車保険会社の担当者だけです。保険会社的には自分の会社のお金はあまり使いたくないですから、すべて担当者に任せておくと保険加入者はもっと手厚く補償が受けることができたっていうパターンもあります。
知識がないと通販型自動車保険はデメリットが大きくなるっていうのは間違いありません。特に初めて自動車保険に加入する人などは通販型は避けたほうがいいのかもしれませんね!!

 

通販型自動車保険の評判ってどうなの?

通販型自動車保険の最大とも言える特徴は保険料の安さにあるでしょう。

一体どうして通販型自動車保険は保険料が安いのか?この理由を知るには保険料の仕組みから知っておかなければなりません。
自動車保険の保険料というものは純保険料と呼ばれるもの、そして付加保険料と呼ばれるものの2つの要素に分けられます。

純保険料というのは契約者に対し、保険料を払うための原資となっているものです。

付加保険料とは保険料の支払いの他に必要となる宣伝費や人件費、さらには代理店への手数料などの経費で会社の運営に対して充てられるものとなっています。
この2つの内、安さの決め手となっているのは付加保険料の方でしょうか。

通販型自動車保険の場合は電話、またはネットで契約を行なうので店舗を持つ必要がないのです。

したがって、店舗運営で発生する人件費や代理店への手数料などの費用を抑える事が出来ているのです。

このような費用の削減によって付加保険料を抑え、安い保険料を実現させているという訳です。

通販型自動車保険はネットを利用して保険料の見積もりから加入までを行う事が可能なので、いつでもどこでも自分の空いた時に手続きを行う事が可能です。

 

通販型自動車保険の会社一覧

ここでは通販型自動車保険の保険会社の一覧を紹介したいと思います。

興味のある方はぜひ、参考にしてみてください。
まずはアクサダイレクトですが、この自動車保険は安心を低価格で契約者全員にアシスタンスサービスを提供しています。

ネットから申込みを行う事で保険料を最大で10000円も割引いてくれます。
次にアメリカンホームですが、ここも通販型自動車保険で82年に日本で初めて損害保険の通販タイプの認可を取得しました。

そして97年には通販型自動車保険の販売を始めて、それ以降は200万人を超える程の利用者がいます。
イーデザイン損保は日本国内にある損保の大手である東京海上グループから生まれた新たな通販型自動車保険となっています。

業界の中でも最高水準と言われているネット契約での割引が10000円で、安いだけでは困るので信頼感が高い自動車保険を選びたい人にはオススメです。
またSBI損保も人気で、とある自動車保険料のランキングでも1位を取った実績を持っています。

低価格でありながら、評判も高い保険会社と言えてネットから手続きを行うと保険料が最大で6000円割引かれます。
最後にセゾン自動車火災保険ですが、この保険会社は有名な損保ジャパングループの1つで保険会社選びに満足したい大人達を対象として丁度良いバランスを実現させる事が出来ると人気です。

 

通販型自動車保険の保険料って?

保険料が安いとされている通販型自動車保険は一体どれくらいの割安感があるのか?気になる方も多いと思います。

とある自動車保険比較が行った保険への意識の調査では代理店タイプの保険に加入している人の内、およそ半分もの人が保険料を高い!と思っています。

それに対して通販型自動車保険に加入している人の中で保険料が高いと感じている人達はおよそ四分の一なのです。
さらに保険料を安い!と思っている人達の割合に関しては代理店タイプの自動車保険はたったの5%程度しかいませんでした。

しかし、これに対して通販型自動車保険の場合はおよそ30%という結果となり、このように保険料に関して大きな差が見られているのが特徴です。

代理店型に加入している人で今よりも保険料を安くさせたいと思っている人は通販型の自動車保険を検討してみるのも良いでしょう。

 

 

通販型と代理店でロードサービスの内容は変わるの?

通販型自動車保険は事故を引き起こしてしまった時に担当者が来ないのが困る!と代理店型の売り文句があります。

しかし、実際に事故を引き起こしてしまった時に代理店型の自動車保険の担当者が駆けつけてくれたとしても、特に出来る事なんてないようです。

警察を呼び、その後は保険屋同士の話し合いとなるので電話で連絡を行うと全く問題ないでしょう。

知識が浅い人に介入されてしまう方が誤ったアドバイスなどで後々トラブルになってしまう事もあるそうです。
通販型自動車保険の事故への対応の担当者はプロと言えます。

通販型保険に入っている人同士が事故に遭うのが最もトラブルが無いとも言われています。

最近は代理店型自動車保険より、通販型自動車保険に入られる人の方が増えているようです。
通販型は本人が直接的に契約する事となりますので余分な人件費がかからなくて代理店への手数料がないので保険料も安くなっています。

代理店タイプの場合は手数料を取られてしまう事になりますので担当者が非常に優秀でないなら無駄に高い保険料を払っていく事になるのです。

通販型のメリットとして挙げられるのは保険料が安い事はもちろん、最新情報を提供してくれたり、事故対応も万全で無料ロードサービスが付いている事でしょう。

反対にデメリットとして言えるのは、申込みに関しても契約内容に関しても、変更に関しても全て自分自身で選ばなければいけない事でしょう。

 

通販型の自動車保険が安い理由って?

通販型自動車保険は安いのが最大の特徴で、一般的な代理店型の自動車保険のように経費がかからないので安くなっています。

しかし、通販型自動車保険はコマーシャルに非常に力を入れており、費用をおしみません。
代理店型タイプの自動車保険のコマーシャルは通販型と比較するとかなり少ないと思います。

稀にラジオなどで代理店型の自動車保険の宣伝を聞く程度だと思います。

それでは一体どうして安いのか?と言いますと事故を起こすリスクが高い人とは契約をしない事にあります。
一括見積りサービスを利用してみると分かると思いますが、1年以内に事故を引き起こしたという項目を選択して見積りを実行しようとしたら見積もりを取る事が出来る保険会社はほとんど出てきません。
私の場合は、その状態で見積りを取ってみると自動車保険会社はたったの2社しか出てこなかったです。

そこで、条件を変えてやり直してみると見積りが出来る保険会社は10社近くに増えたのです。
こうやって通販型は事故を起こすリスクが高い人の受け入れに関しては積極的に行っていないのです。

優良と見られる利用者を集めて保険料の支払いが少ないので、安い保険料を実現させる事が出来ているという訳なのです。

 

 

通販型の自動車保険の事故対応が悪いって本当なの?

安い保険料で自動車保険の契約を行う事が可能だとして通販型自動車保険が人気を集めています。

しかし、このような通販型自動車保険は事故を起こしてしまった際の対応が悪いと耳にする事も多いものです。

実際、事故を起こしてしまった際の対応は悪いのでしょうか?気になっている方も多いと思うので紹介します。
事故を引き起こしてしまった際の対応とは通販型自動車でも、代理店型自動車保険でも各保険会社で異なってきます。

そのため、一概に通販型自動車保険の対応が悪い!という事は言えないのです。
しかし、通販型自動車保険は事故を引き起こしてしまった際のやりとりは全部ネットからのメールや電話になってしまうので、伝えたい事がしっかり伝わっていない場合など情報伝達で困ってしまうケースはあります。

その他の部分は事故を起こした現場にスタッフが急行してくれるといったサービスも行ってくれているので非常に困る!なんて事態は発生しないと考えられます。
ネットでの口コミや評判でも事故対応に関する意見が多く見られますが、あまりに左右されないようにしましょう。

それでも、万が一の時が不安だ!という方は事故対応に評判のある自動車保険を選ぶと良いでしょう。

 

通販型自動車保険はネットで契約できるの?

通販型自動車保険というのは一体どのような保険の事を言うのか?興味のある方も多いと思いますので紹介します。
テレビコマーシャルなどでも馴染みがある所として挙げられるのはソニー損保やチューリッヒ、さらにはアメリカンホームダイレクトなどでしょうか。

これらの保険会社は全部通販型自動車保険となっており、ダイレクト型の自動車保険とも言われています。
ダイレクトという名前の通りで代理店などといったように仲介を通していなくて、本人が直接的に保険会社と契約を行う事が出来る保険となっています。

ネット、または電話から資料請求を行って自分自身で比べて検討し、保険を契約する事が可能となっていますので仲介の手数料や人件費などを省く事が出来ています。

それによって保険料を安くする事が出来ている部分が人気を集めています。

保険が自由化された事に伴い、通販型の自動車保険が認められて以来は需要が高まっている保険です。
資料の請求や契約、万が一事故を起こしてしまった時の対応も全部ネットかコールセンター、または書類での対応のみとなるので注意してください。

さらに最近では日本国内の保険会社の多くが採用しているリスク細分型の保険となっているのですが、これを初め開始したのも通販型保険会社と言われているのです。

 

口コミが良い通販型自動車保険会社ってどこ?

自動車保険に必要な保険料を安くしたい人は通販型の自動車保険を選ぶのが最も手っ取り早いと言えます。

それぞれ車の種類や車を使用する目的などでも異なりはありますが代理店から通販型の保険に移すだけでも3分の2ぐらいに保険料を安くする事が出来ると思います。
さらに通販型を選んだ事によって保険料が想像していたよりも安くなった場合に厚くしておきたい補償があるなら、その補償だけを大きくする事も可能です。

今までずっと疑問も持たず、ディーラーに自動車保険の更新を依頼してきた!という人は見積もって比べてみる価値はあると思います。
しかし、自動車保険の中で最も重要とされている機能は事故を引き起こした際の対応、そして保険料がスムーズに払われるかどうか?という点にあるのです。

保険料が高いか?安いか?よりも、それ以上に重視しなくてはいけない保険会社選びの基準と言っても過言ではありません。
自動車保険ランキングなどでも評価が高くなっている保険会社は保険料が安いから上位になっている!というものではなくて事故の対応に関して満足度が高いから上位になっていると言われています。

保険を選ぶ時点では安さだけに注目しがちなのだが、事故対応の良さや保険料の支払いに関する部分を忘れてしまうと正しい自動車保険選びを行う事が出来ないでしょう。

 

通販型自動車保険のシェア1位ってどこの会社?

自動車保険というものは最近主となっている通販型と以前主流だった代理店型の2つに分けられます。

近年では通販型の方の認知度はかなり上がっています。

代理店を通さずに保険会社と本人が取引する事が出来る1番のメリットとして言えるのは保険料が安い事でしょう。

通販型の中でも非常に沢山の保険会社が競争している事を知っている人も多いと思います。
シェアで言うとソニー損保、三井、アクサという順番になっているようです。

通販型はリスク細分型と呼ばれる仕組みを取り入れている会社が殆どであり、ソニー損保の保険の場合は車が走った距離の分だけと言われており、保険料の走行距離によって保険料が安くなる場合もあるのです。

車の使用目的に合わせながら保険料は変わっていくので、条件が合いさえすれば保険料が安くなる場合もあるのです。
通販型と代理店型を比べると、どう頑張っても保険料には差が現れてしまうでしょう。

やっぱり通販型はダイレクト自動車保険とも言われているだけあって本人が直接的に保険会社と契約を行う事になりますで代理店に払う中間料も省かれています。

そのため、保険料が安くなっているという訳なのです。
自分で直接契約を行うのは面倒だ、または万が一の事故の対応が心配だ!という方も多いものです。

しかし、通販型は面倒な手続きも事故の対応に関する不安も少ないと言われています。

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ