輸入車・外車の維持費

輸入車の自動車保険は高い?

輸入車は保険が高いという声が聞こえてくる事も多いものです。
しかし実は、これは輸入車の誤解の1つと言えるでしょうか。

自動車保険には自賠責保険と任意保険があるのは知っていると思います。
自賠責というのは強制保険とも呼ばれているものの事で加入が義務づけられている保険となります。

これは、車検時に収める必要があるものなので維持費に関わってくると考えられるのです。

しかし、保険料金自体は輸入車も国産車も同じに設定されているのです。
自賠責保険料、12カ月、13カ月、24カ月、25カ月、36カ月、37カ月で見てみると、 自家用乗用車17940円、19010円、30680円、31720円、43170円、44190円となります。

沖縄県や離島など一部の地域については上記保険料とは変わってきます。
しかし、輸入車の保険料が高いと思われているのは任意保険の車両保険に起因していると思われます。

一般的に高そうなクルマは輸入車で保険料も高そうと連鎖的に考えてしまうだけなのです。

国産車でも高級車になれば保険料も高いと思われている傾向にあるそうです。

実際は車両保険料は車両価格と車両料率クラスによって定められているものなのです。

中でも車両料率クラスが保険料が決まる大きな要素となっている事が考えられます。
車両料率クラスは車両ごとに1~9に分かれており、基本的に高級車やスポーツカーは7~9の高いクラスでファミリーカーなどは低いクラスに入っている事になっています。

 

外車の自動車保険

外車や輸入車は自動車保険に加入する事が出来ますが、ほとんどの自動車保険では国産の自動車に比べると割高になる傾向にあると言われています。

とくに高額になる保険料は車両保険と言われており、予想している以上の保険料に驚く方も多くいると言われています。
昔の保険とは違う型式別料率クラス制度の導入によって車両保険を除いた、その他基本的な保険料はとしては国産車と比べても差が出ないような設定にされていて車両保険を付帯しない自動車保険契約は昔より随分と負担感が軽くなっているようですよ。
基本的に高級車と言われる外車や輸入車に関しては特に車両保険にまつわる盗難をはじめとして、その他保険会社側の保険金の支払いリスクが高いとされる事が多いので車両保険に限っては多くの外車でこのような料率が高く設定されているそうで車両保険を付帯している外車の保険料は非常に高額になっているそうなのです。
また、車両保険料率の高さに加えて車両価値が高額という点も外車の保険料の高額傾向に影響があると言えるでしょう。
保険会社によっては一部の車種では車両保険に加入する事がまったく出来ないケースもあるので、車両保険加入を考えている場合は十分に注意する必要があるいかと思われます。
特に、年式が古かったとして少価値の高い車種や特殊な価値、価値を特定しづらい輸入車やプレミア価値のある輸入車などはこのような傾向も強くなると考えられます。

 

外車の維持費ってどのくらい?

外車は維持費にかかる費用が国産よりも高くなるケースが多いものです。
保険代やガソリン代などは国産と変わりませんがメンテナンス費用が数倍も高くなってしまう事が多いので外車は維持が非常に大変なものなのです。
外車の場合は部品を海外から取り寄せなければいけなかったり、工賃や技術料が高くなってしまうので修理で考えると非常に高くなってしまうのです。
また、車検代も非常に高額になってくるかと思います。
外車の中古車の場合は購入費用は非常に得だと思われますが修理する時には高額な修理費用がかかる事は覚えておきましょう。
修理するお金がなくて車を手放さなければいけないなんて事にもなりかねません。
外車を購入するのならば、できるだけ新車を購入してお金に余裕のある時に購入する事が外車と上手く付き合っていくポイントだと考えられます。

国産の場合では無理してローンを組んでも修理が少ないので大丈夫だと思いますが外車の場合では無理して購入してしまうと後あと大変な事になってくるのでその事だけは注意しておくようにしなければならないと考えられるという訳なのです。

 

外車の自動車税って高いの?

外車と国産車比較した場合、外車は高くつくと思っている人の中には税金が高いと勘違いしている事も多いおと言われています。それは、大型高級車の噂だけを聞いているからだと思います。
実際は自動車税は自動車の種類や用途、排気量などで決められているものですので同じクラスであれば払う金額は同じになるものなのです。

大きな差があるとすると外車と国産車というのではなく車種の違いを比べている事になると言えるでしょう。
車の購入時に必要となる税金は自動車税と自動車取得税、自動車重量税が挙げられます。

その中でも自動車税と重量税というのは車検に関わってくるものなので維持費の面からも見逃す事ができない点だと思います。
それで一体車検はどうなのでしょうか?

法定費用というものは外車も国産車もまったく同じ条件となります。

そのため、車検費用に差がつくのは点検整備代だと考えられます。

不良箇所を直す整備も加えれば外車の場合はBMW3シリーズあたりでおよそ20~30万円かかると言われています。

同等のクラスの国産車の場合で考えると、およそ10~20万円だと思われます。
そしてベンツやBMWの所有者達を悩ましているのがブレーキと言われています。

ローターを削ってでも確実に止めるという考えで設計されているのでブレーキパッドの摩耗は仕方のない事だとしてもローターの交換が必要となる事が多いのです。

低年式車なら冷却系統のトラブルも非常に多いもので特にウォーターポンプの異常は語り草となっている程と言われています。

 

輸入車の修理費って?

車を保有していれば維持費が必ず必要となってくるものです。
その維持費だが年々と高くなっている傾向にあるそうです。

愛車の整備ブックやメンテナンスブックを見た事はあるでしょうか?

車には年数経過や走行した距離に応じ、定期交換部品が定められているものなのです。
それはタイミングベルトやスパークプラグなどが挙げられるでしょうか。

それに自動車には消耗していく部品も様々使用されているものなので。

バッテリーやブレーキパッドやタイヤなどがこれに考えられます。

タイヤは自身で溝のチェックや目視点検が可能となっているものなのです。

しかし車には外してみないと点検できない部品も多く装着されているものですよね?
1年点検や車検時は使用状況や使用年数によって様々な部品の交換が必要となるものです。
新車で購入すると3年間のメーカー保証がついているので、この期間中に車が壊れても負担はないものです。

最近は車検後にも保証を付けるサービスを売りとしているインポーターも多いそうですよ。

フォルクスワーゲンのウォルフィーサポートが有名だと思います。

新車購入時に補償内容にしておくと5年間は修理費が発生する事もなくなるので安心して乗る事が可能でしょう。
車の構成部品は2万点、3万点もあるそうです。

その内のほとんどは消耗や劣化したりしていくものなのです。

 

外車って壊れやすいの?

外車や輸入車というのは壊れやすいという話をよく聞きます。
電装系が弱い、水が漏れる、オイルがよく漏れるなど様々聞きます。

確かに国産車と比べると壊れるというイメージがあるものだと思います。
外車ディーラーの敷居が高いと思うのは人それぞれの観点もあると思うので仕方がない事でしょうか。
しかし、燃費が悪い、対応が悪いと感じているのは、もしかしたら誤解かもしれませんよ。
今、日本に正規輸入されている外車は日本の排ガス規制をクリアした車ばかりとなっています。

フォルクスワーゲンやメルセデスベンツ、アウディなど様々ありますがほとんどのインポーターはエコカー減税対象車を導入しているそうですよ。

国産車よりもエコな外車を多く輸入しているのです。

国産車より、環境性能が良い外車も多くあるのが現状なのです。
そして、故障時などの際の対応についてだが顧客満足度はトヨタよりも評価の高い輸入車メーカーも存在しているのですベンツやBMW、アウディはトヨタよりも高い評価になっているそうですよ。

外車が壊れやすいというより、壊れる原因が車以外にあるのではないでしょうか?
例えば、VW車は2010年末時点陸運局に登録されているのは60万台以上だが、その内の3割~4割はのVWオーナーは正規ディーラーによってVW車に必要なメンテナンスを受けていないのが現実と言われています。

VWの専門メカニックが必要な整備をしていないのです。

 

外車の買取で得する方法

車を購入する際は目当ての車の情報を調べたり、様々なディーラーから見積りを取り、検討している事でしょう。
では車を売る時はどうでしょう。

今まで大事に乗ってきた車の査定価格を比べた事のあるオーナは少ないそうです。

車を売る時こそ、査定見積りを比べてみる事が重要なポイントと思います。
そのため、複数の買取業者で査定を受ける必要があるのですがネットの普及に伴ってオンライン査定が主流となっており、非常に便利な時代になっています。
買取店に足を運ぶ必要もなくなり、簡単に査定を受ける事が出来てしまうのです。

そして、買取査定を受けるのならば外車、輸入車の買取に強い業者を選ぶようにしましょう。
すこしの手間をかけるだけで愛車の買取価格は10万円UPどころか相場よりも15万円以上高値で売る事も不可能ではない事なのです。
今まで大事に乗ってきた愛車が高値で売る事が出来たのならば嬉しいものです。

さらに高値で売る事が出来ると次の車を安く購入する事にもつながります。
複数の買取業者で見積りを取ってみたら査定価格が15万円もの開きがあった、という方も珍しくないと言われています。一括査定は本当にオススメです。

 

高速道路と燃費

高速道路での燃費向上運転のポイントについて紹介します。
まず、空気圧を見てみましょう。空気圧が適正値よりも低い場合なら燃費は悪くなってしまうのです。

ほうっておいても外気温などの影響で空気圧は変化するものなのです。
さらに空気圧が適正でなければハイドロプレーニング現象やスタンディングウェーブ現象などが起こりやすくなってしまうので燃費アップと事故防止の両方をしっかりと考えた上で空気圧を確認するように心がけましょう。
空気圧が高ければ路面に接するタイヤの面積は少なくなるので燃費面で考えると良くなる気もしますが適正値より高すぎれば加速やブレーキの効果が悪くなってしまい非常に危険となります。

適正空気圧としては自動車の側面やドア周囲に記載されている場合が多くて自分で計測する機会も1000円程で売っているようです。

また、ガソリンスタンドなどでも空気を入れてもらう事ができるので遠方に出かける前には必ず確認しておきましょう。

また、高速道路では速い速度を出しがちになるものですが100㎞オーバーで走行する場合は燃費はどんどん悪化していくのです。

車種によって違いもあると思いますが時速80㎞で安定した速度を保って走行する方法が燃費がよくなる速度と言われているそうですよ。
また、暑い時期などではエアコンをガンガンかけがちと思いますが風量を強くしたり設定温度を最低温度まで下げるような事は余分なエネルギーを消費させてしまうので燃費も悪くなってしまいます。

 

オイル交換で燃費は上がる?

エンジンオイルの種類というのは車種の分だけあると言われているようです。
そのため、自分の車に最適なオイルを使う事が燃費向上の第1歩となると考えられます。

エンジンに負担をかけないという点においても車に合っていないオイルを使うのはさけるようにしましょう。
オイルを語る場合に硬い、やわらかいと表現される事があると言われていますがこれはオイルの粘度について表現していると考えましょう。

オイルの粘度が柔らかい、つまり粘りっ気があるならエンジンへの抵抗も少なくて燃費も向上するというのです。
その逆でオイルが硬ければエンジンへの負担も高くなってしまうので燃費が悪化するのです。

冬になれば柔らかいオイルを使用するのは氷点下でエンジンの始動時に負担がかかるのを少しでも軽減する必要があるからだと考えられます。

それでは、常にオイルを柔らかいものを使用すると燃費は向上するのかという話になりますが。

残念ながらオイルは車を選ぶものなのです。

高出力のエンジンに適しているオイルと軽に代表されるような低出力エンジンの車では使用するオイルもまったく別ものとなるのです。
高出力エンジンにはそれぞれに合ったオイルを使う事によって適正な燃費を維持する事が可能となり、逆に値段が安い小燃費オイルを使用したとしても燃費が下がってしまいエンジンの調子良くないと感じる事もあるでしょう。

 

アイドリングは燃費が良くなるの?

アイドリングストップはガソリンの無駄遣いを減らしてくれる方法です。

と言ってもバスなどのように止まる度にエンジンを止める必要もないと思われます。

実際には30秒未満の停止にエンジンを止めたとしても再起動で使うガソリン分となるようですよ。
例えば最近もよく見かけまですが休憩中の社用車で寝ている営業マンなど、エアコンを付けてるせいかエンジンがかけっぱなしの状態をよく見かけます。
こうした事はもちろん禁止だと思います。

自分が払うガソリンじゃないから平気なのでしょうかね?

サボるのならせめてエアコンもクーラーも止め、ガソリンぐらいは節約してほしいものです。
営業者の燃費も運送会社並みに計らないとならない時代はすぐに来ると思われます。

サボって寝ているのは関係ないがせめてエンジンは止めてガソリン消費を抑えてほしいものです。
営業マンではない人でも日常的に車を使っている人は長い信号が目の前で赤に変わった時や開かずの踏切で待っている時はアイドリングを止め、少しでもガソリン代の節約を考えるようにしたいものです。
ガソリン値上げの前日、ガソリンスタンド前での行列する映像がニュースで流れたりするのでうが、ずっとエンジンかけっぱなしで待っている人もいるのです。

前車や給油作業の具合を見ながら時々エンジンを止めた方が良いかと思います。
待ってる間に無駄遣いしていることにな一体何のために値上げ前に並んでいるのか謎です。

ガソリン節約を考えるのなら、いかに無駄遣いを抑えるかが重要なポイントなのです。

 

燃費と天候

道路状況と重複するような箇所もあるかもしれませんが、燃費と天候は非常に大きな関わりがあるものですよ。
例えば、炎天下でのドライブする場合はエアコンを使用する事によってガソリンの消費は進むものです。
冬の場合はヒーターの使用で同じようにガソリンの消費が進行するものなのですが車を動かすエネルギーがガソリンを燃焼する事によって各機能を動かすシステムとなっている限りは、こうした消費はしかたないものと考えられます。
燃費に関わる天候状況で特に言いたいのは雨天時、降雪時についてでしょうか。
降雪時の雪というのは根雪になる事が少なくてわりと解けやすくて水溜りような状況を作るものです。

ここでタイヤが受ける抵抗というのは雨天走行とあまり大差なく燃費も通常走行時より悪化する結果となってしまうという訳なのです。
気温が下がって圧雪路となりやすい地域は雨天時ほどの濡れた路面からの抵抗は受けないのですが圧雪された路面はスケートリンクのような状態となって、さらに走行する車により、至る所に轍が発生する傾向にあります。
こうした状況に対応するためにスタッドレスタイヤなどを履く事が今では常識となっていてスタッドレスタイヤは冬専用帯としてトレッドパターンも通常のタイヤよりも深く刻まれるから耐久性もあまりないと言って良いでしょう。
例を挙げるならばスタッドレスタイヤと夏用タイヤを夏に同じだけ距離走行すればスタッドレスタイヤの方が柔らかいゴムを使用しているから消耗も激しくてタイヤの寿命も一気に縮まるものだと考えられます。

 

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ