【ビックリ!!】軽自動車の任意保険料はココまで安くなる!!

軽自動車で通販型自動車保険だと安くなる!!

軽自動車の保険を比べる時は大手はもちろん、通販型の企業も参加しているサービスを利用するのをオススメします。
数年に1回は保険会社で見直しが行われるものですが、最近では70歳以上の運転者が事故を起こす確率が増えてきており、ノンフリートの等級や特約とは別で区分を設けているなどといった対策も行われています。
このように変更点などといった保険料に対する影響も懸念されている傾向にあります。
これは会社側が損益から見直しを行うのですが、それで保険料が高くなってしまう事を考えたら通販型の方に切り替える流れも高まるとも言って良いでしょう。

出来るだけ保険料を安くしたい場合は、通販型や直販の保険を選びたい!と考えるものですが、
実際は専門用語も非常に沢山あって分かりにくくて、それぞれの損保会社でも異なるので比べるのにも非常に時間と手間がかかってしまうものです。

その際に比較サイトが役立つという訳なのですが、一括で条件を打ち込めば的確な情報を短い時間で得る事が出来ます。
そして比較する事自体が非常に楽になりますので、やっぱり自分自身で調べるよりも有効な手段と考えられるのです。

軽自動車の保険を比べる時のポイントとしては、保険料が安い!という事は重要と言えますが、普通車と同じで保障内容や事故の際の対応についても重視して徹底的にこだわって選ぶのが大事です。

 

軽自動車の維持費ってどのくらいなの?

 
自動車を持つと沢山の費用がかかってくるものです。
1つ1つで考えると安いモノだ!と思えてしまいますが、総合的に見ると高い金額になってしまいます。
自動車を1年間の維持費で見てみると平均で40万円から50万円かかると言われています。
これはガソリン代やオイル交換代、自動車税や任意保険、点検や車検の際の費用、さらには高速道路の料金やタイヤ、駐車場など全て見た場合です。

最近では軽自動車の性能がかなり良くなってきている事から、普通自動車から軽自動車に変える人が増加している傾向にあります。
車を持つ事によって、家計を圧迫してしまっている場合は、軽自動車の導入を検討してみるのも良いでしょう。

中でとくに大きく変わるのは税金に関してで自動車税は軽自動車の場合が7200円で普通車の場合では29500円となっています。
さらに自動車の重量税に関しては軽自動車の場合が7600円で普通車の場合が30000円なのです。

これだけ見ても分かるように年間で、およそ3万円以上違ってくるので非常に大きい差と言えます。
この他にも保険料にしても軽自動車の方が断然安くなりますし、小さいのでタイヤ代も安く済むのです。
さらに最近の軽自動車は燃費も非常に良くてガソリン代もあまりかからないのです。

そして高速料金も軽自動車は普通車よりも安いので、総合的に見ると5万円以上安くなるのは確実でしょう。
実際、計算すると1年間の維持費が40万で軽自動車に変えて5万円のマイナス程度では、あまり大きな差があるように感じませんが実際に乗り換えると実感する事が出来るでしょう。

 

軽自動車の任意保険料の相場ってどのくらい?

任意保険料が軽自動車の維持費で高い!と思われた事がある人も多いでしょう。
それぞれの保険会社の費用の違いを知らなくて高い任意保険料をずっと払っているとすると、せっかくの軽自動車にあるメリットを少なくしてしまっている恐れがあります。

同じ保険会社では普通車よりも軽自動車の方が安い事は確実なのですが、どの会社も同じ価格設定になっている訳ではないのです。

その中でも通販型と代理店型の保険料の差というものは非常に大きいもので、軽自動車でも全く同じ車種で保障の内容でも保険料が変わってくる事もよくある事です。
軽自動車の任意保険に関してが気になる場合、もしくは維持費を出来るだけ安く済ませたい!
と考えている人は1度一括見積もりを利用して、それぞれの保険会社を比較する事をお勧めします。

軽自動車の保険料は普通車よりも絶対に安い訳ではない!という根拠もなく思っている人も多いです。
こうしたイメージを持っている人が実際に一括見積もりで比べてみると、実際の保険料の違いの差に驚く事でしょう。

軽自動車の保険の相場というものは一概には言えません。
それでも相場を知りたければ一括見積もりサービスなどを利用する事をオススメします。
更新の時期が来たら一括見積もりサービスを利用して保険料の最も安い所を確認してみて、見直しや改善を行なっている人も増加していると言われています。

 

なぜ任意保険は各社(複数社)に見積もりするべきなの?

自動車保険の一括見積もりを利用するメリットの1つとして、見積り資料でそれぞれの会社の保険料や内容などをしっかりと比較、検討する事が可能な点があります。
軽自動車の保険を選ぶ際に、非常に役立つでしょう。

自動車保険は年齢や住んでいる地域や車の種類、さらには車の使用目的、走行距離や免許の色、安全装置が有るか無いか?などの加入条件により、異なるものです。
さらに、それぞれの保険会社で顧客のターゲットも違うもので、ゴールド免許でも割引を適用する所もあれば割引がない所もあります。

そうしたように、割引に関してやリスク細分の内容にしても会社によって違うのです。
自分に合った保険を見つけるには全く同じ加入条件で、それぞれの会社から見積もりを行って比較してみるしか方法はありません。

1社や2社程度であればまだ良いが、沢山の会社から見積もりを行うのは時間と労力がかかってしまいます。
そこで活用できるのが一括見積もりサービスで、保険選びのためのサービスと言っても過言ではありません。

軽自動車と言っても、保険料の差を無視する事なんて出来ないと考えられます。
軽自動車の保険の場合も、相場をよく知る事によって保険料を節約する事が可能となります。
新規で加入する際、または保険を更新する際は、1度自動車保険の見積りを行い、比べてみる事が重要です。

 

任意保険は毎年お得な保険会社が変わるって本当?

任意保険の費用を安くしておきたい場合は、普通車よりも軽自動車に乗る方が良いです。
普通自動車と比べて排気量も低いのですが、最近の軽自動車は大きめのタイプも出てきていますし、見た目も非常に良いものが多いです。

軽自動車の大きいメリットは沢山あり、自動車保険に関しては自賠責保険は1500円程度の差で大した事はありませんが、
任意保険の場合は普通車と比べると20%から30%は安くなる傾向にあります。

自家用の軽自動車の車税は7200円で、普通自動車は排気量により異なるのですが1番安い1000cc以下でも29500円と設定されているのです。

燃費は最近では普通自動車の中でも燃費の良い自動車が増えてきているので、乗る車の種類にもよるが軽自動車はリッター30キロ以上も走る車も出ています。
車の維持費でガソリン代が占める割合は非常に大きいものなので費用を抑えたい人は軽自動車に乗り換えるのを勧めます。

軽自動車も任意保険に加入しないといけないのですが、普通車と比較すると保険料は安いので良いですよ。
補償の内容や車の種類でも保険料は大きく違ってくるので、自分の保険料を見直して軽自動車の方が圧倒的に安く済む場合は乗り換えを検討してみても良いでしょう。

 

軽自動車と普通車だと自動車保険料ってどのくらい違うの?
軽自動車の任意保険の保険料は、およそ2万円ぐらい4万円の範囲で収まる事が多いです。
一般的な普通車の任意保険料金が大体7万から8万程と言われているので、軽自動車の保険料は普通車のおよそ60%程度となります。

しかし、普通車と言っても沢山の種類があるし、等級や年齢の条件や契約する会社により、軽自動車レベルの安さで見積もりが出るケースも十分にあります。
実際、日産のマーチで排気量が1000ccのモデルであれば保険料は約4万円程で計算される事もあるそうです。

こうした保険料の違いというものは、その車が9つの段階に分かれている車両クラスのどこに当てはまるのか?で変わります。
普通車の任意保険が大体で7万から8万と言ったのは車両クラスで言えばクラス4ぐらいの車を想定しての事で全く同じ普通車でも高いクラスの車と比べると、差は大きく開いてしまいます。

軽自動車の任意保険の費用が一般的に安く抑えられているのは車両保険の金額自体が低いのももちろんあるのですが、
もう1つ、軽自動車の場合は長距離運転する機会が少ないと考えられるためです。
そうした事から、事故を引き起こす危険性が比較的低いと判断されて、安く設定されている事も考えられます。

 

軽自動車でも車両保険に加入するべき?

車両保険というのは事故などによって車が損害を受けてしまった時に補償してくれる保険の事です。
交通事故だけではなく、火災や台風や盗難などで損害を受けてしまった場合でも補償される事となり、装備品などといったモノも全て補償の対象となるので安心です。

任意保険の中で自分自身の車に補償が行われるのは、この車両保険のみになります。
新車にしても中古車にしても軽自動車を買う場合なら、車両保険には是非加入するように検討して下さい。
もしも、事故によって車が廃車になってしまうと車がなくなり、ローンの支払いだけが残ってしまう事にもなりかねません。
車両保険に入っていると、最悪のケースでもローンの残金は車両保険で清算する事が出来るので随分と差があります。
全損までは行かないようなケースでも、修理の費用のために再度ローンを組む事が不可能な事を考えると車両保険に加入しておく方が安全と言えます。

軽自動車が使用出来なくなると仕事や通勤などといった事に支障が出てしまう場合も、車両保険に加入しておくと安心です。
また、車両保険と一緒に代車特約を付けておく事によって、もし事故で自分の軽自動車が使用できなくなってしまっても代車を手配してもらえます。

ローンでの購入などといった特別な場合なら分かりますが、普通の人の場合も車両保険は加入した方が良いのか?と迷われる人も多いでしょう。
簡単に言うとすると、もしも事故を引き起こしても自分の車の修理費用を用意する事が出来る人は車両保険はとくに必要ありません。

 

軽自動車に料率クラスがないって本当?

最近の自動車保険はリスク細分型のタイプが主になってきていて、事故を引き起こしやすい車や人ほど保険料は高くなってしまう仕組みになっています。
スピードの出る車は事故の確率も上がりますので保険料は高くなり、車両保険なら高級車は事故を引き起こした際の部品や修理にかかる費用が非常に高くなってしまうので保険料も高くなるのです。

こうして自動車保険は事故が起きる確率が高い車、または修理代がかかる車の保険料は上がってしまうが、車種での保険料の違いは料率クラスで定められているものです。
料率クラスというのは、今までどのような車種の車がどれぐらいの頻度で事故を引き起こしていて、保険会社がどれだけの保険金を払ったのか?といったデータを元として9つに分類されているものです。
数値が大きければ大きいほど、保険料も高くなるようになっています。

軽自動車は車両保険の料率クラスで見ると低い所に分類されていますが、搭乗者傷害保険の料率クラスでは高めに設定されています。
車の価格は安いものの、もしも事故を引き起こしてしまった場合、搭乗者が犠牲になってしまう確率が高いのです。

一般的に高級車やスポーツカーなどは保険料が高くなって、軽自動車は保険料が安くなる仕組みになっています。
車の維持費にかかる保険料の割合は非常に大きくなるので、維持費を抑えたいと思っている人の場合は料率クラスも見ておく事をお勧めします。

 

 

20代で軽自動車だと任意保険料ってどのくらい?

普通車と軽自動車とでは任意保険料に差が出ます。
軽自動車の保険の大体の相場は料率クラスで最近の人気となっている車で見比べてみると、普通車のおよそ15%割引程度となる事が多いです。

軽の正確な任意保険料を知るようにするには普通車と全く同じ要領で、見積もりを行って同じ条件で複数の保険会社を比べるのが良いです。

軽には4ナンバーの軽四輪貨物車と5ナンバーの軽四輪乗用車があり、軽としてくくられているのではなく、保険料も違いがある事を覚えておきましょう。

4ナンバーの場合で20代という若い世代の人の場合はリスク細分型ではなく、代理店系の保険会社を選ぶのが良いケースもあります。
30代以上の人で、とくに35歳以上の場合はリスク細分型、いわゆる通販型保険を選ぶ方が保険の費用を安く済ませる事が出来る傾向にあります。

契約する際、年齢の条件や特定の限定条件などといった取り決めがありますので4ナンバーの保険加入の場合でリスク細分型を選ぶなら年齢の条件や限定条件を付ける事が必要と考えられます。
年齢が若いと、その分保険料は割高になってしまうという事になります。

 

30代で軽自動車だと任意保険料ってどのくらい?

普通自動車と軽自動車で自動車保険の費用には違いがあるものです。

軽自動車の相場を大まかに計算すると、普通車の大体15%割引といった所です。
しかし、これはあくまで大体なので正確な保険料を知るためには普通車と同じように見積もりを行い、同条件で複数の保険を比べてみる事が必要となります。

軽自動車には4ナンバーである軽四輪貨物車、そして5ナンバーの軽四輪乗用車と分けられています。
これらは、それぞれ保険料にも違いがありますので、見積もりをする際にも気をつけましょう。

4ナンバーに乗っている人の場合で20代なら、リスク細分型を選ぶのではなく、代理店タイプの保険会社を選ぶ方が安く済むケースが多いです。
そして30代を超えている人で特に35歳以上の人の場合は、リスク細分型、もしくは通販型タイプの保険を選ぶ方が安く済むケースが多いです。

この理由としては契約する際、様々な条件の取り決めが必要となり、4ナンバーでリスク細分型を選んだ場合であれば、これらの条件を付加する事が必須となったのです。
つまり、年が若いと保険料が高いという事が言えて若い年齢条件を付けれる事によって、保険にかかる料率も高くなりますので負担も増えてしまうという訳なのです。

 

軽自動車だとお得な自動車保険会社ってあるの?

軽自動車は車の維持費が安いのが1番の特徴と言えますが、ここ最近見直されているようです。

新車の販売台数はどんどん落ち込んできており、軽自動車に関しても2006年頃がピークで、それ以降は低迷しているます。
しかし、登録車が全体的に落ち込んでいる!という程の下げ幅ではありません。

新車販売数の中で軽自動車を購入される率は高まってきているそうです。
ただし軽自動車の保有率は地方ではわりと高いのですが都市部ではそこまで高くありません。

軽に乗られる人が増えていると感じるのは地方の事だと考えられます。
軽自動車の保険の相場に関しては21歳以上の人の場合はおよそ2万円から5万円台で収まる事が多いです。

月払いの保険料で見てみると毎月およそ2千円から3千円ぐらい済みますので、普通自動車の任意保険の約6割が軽自動車の保険の相場と考えられます。

軽自動車が安いのは何も保険に関してだけではなく、自動車税では7200円で重量税も8800円と安いです。
さらに自賠責も2万5千円ぐらいと言われていますので普通車のマーチなどの車種と比較すると、差はかなり大きいものとなります。

 

軽自動車で加入するなら通販型と代理店どっちの任意保険がお得?

軽の任意保険を比べて見ると通販型タイプの保険会社の安さが非常に目立って見られます。
通販型タイプの保険が安くなる理由は明確に分かっています。

それは代理店の場合かかる経費や支店の経費などといったコストが省略されていて、直接的に取引を行う事が出来るためです。
その中でも代理店にかかる手数料は保険料のおよそ2割に相当すると言われているので、この差は決定的なものと言って良いでしょう。

代理店業界のおよそ9割が副業代理店とも言われており、通販型の場合は、この代理店のコストを省く事で適正な値段を示しているとも言えます。
通販型にしても代理店型にしても金融庁が認可、または監視する同じ保険事業で、販売形態の他に違いがある訳ではないという事を覚えておきましょう。

昔は保険金の出し渋り問題などで代理店系の大手の保険会社が金融庁から是正を受けた事もありましたが、通販にしても代理店にしても問題がある場合は金融庁が放って置く事はないのです。

代理店型のメリットとして挙げられるのは、あくまで保険のプロ達からアドバイスを受ける事が出来る点でしょう。
しかし、問題はそうした代理店のほとんが副業で行っているアマチュアの代理店だという事なのです。
インターネットで代理店探しが重要だ!とよく言われていますが、これにはこうした背景があったという訳なのです。

代理店探しをする心配がなくて、全ての契約者が均一なサービスを期待する事が出来るのが通販型の保険のメリットで満足度調査の結果などでも結果が出ています。

 

NBOXの任意保険相場(平均)って?

NBOXというのは2011年に販売開始された新型の軽乗用車であるNシリーズの1つ目のモデルの事です。
今までのホンダにはなかった軽トールワゴンとなっています。
軽乗用車として最小のエンジンルームで、センタータンクレイアウトでの低床設計が、広い室内と簡単で多彩なシートアレンジを可能としました。
さらに低床、大開口のテールゲートで荷物の積載に関しても非常に高い利便性を実現しているのが特徴です。

N-BOXかN-BOXカスタムを買うか?または別の軽を購入するか?を検討するのであれば、自動車保険に関してもどう違うのかを考えないといけません。

一般的にスポーツタイプの自動車はリスクが高いとされており、保険料も高く設定されています。
その結果として、保険料も高くなってしまうものです。
しかし、それぞれの税金の優遇や高速料金の安さなどといった軽自動車独自とも言える優遇措置、それと同時に保険の特別扱いで軽には型式別保険料率の設定がないという事が考えられます。

これは、N-BOXとN-BOXカスタムを比べても、さらには他の軽自動車とで比べても違いはそんなにないのです。
さらに軽から軽といったように条件が同じモノであるなら保険料にも差は出ないでしょう。
しかし、軽から普通車に乗り換えるのであれば、買い替える車両の料率クラスによって保険費用にも違いが出てきてしまいます。

 

 ミライースの任意保険相場(平均)って?

ミライースというのは2011年に販売開始されたミラをベースとして作られた5ドアハッチバック型の乗用車の事です。

ミライースなどといった経済的とも言える軽自動車を買うと、安さに目が行くのが保険です。
しかし、自動車保険の中で最も重要なポイントは、もしも事故を起こしてしまった場合の対応にあります。
まず、24時間365日対応している事故の受付があるかどうかも重要です。

受付のみであれば、どこの保険会社でも行って貰えると思いますが、正常な判断をする事が困難な当事者には、専門のスタッフが的確にアドバイスをしてくれる事が最も重要となるのです。

必要であればレッカーや代車の手配も行ってくれると良いでしょう。
さらに初期対応のスピードも大事ですし、双方に連絡を入れる、状況の確認、先の流れなどといった説明が安心感を与えてくれる事となるのです。
また、治療費の支払いなどといった事も一体どうなっているのか不安にならないように、途中経過の説明をしてくれる事も必要と考えられます。

こうした対応に差が出る部分がサービス拠点の充実さにあると言っても良いでしょう。
営業店ではなくて事故対応をスピーディーに行うためには、出来るだけ近くに拠点があるのが理想的と言われています。
故障などといったロードサービスとは異なり、地元の業者に依頼する!などという訳にもいかないので。
それぞれの保険会社には特徴があるものですが、安さだけを気にしていると、いざという時の重要な点を見落としてしまう事にもなりかねませんので、注意して下さい。

 

ムーヴの任意保険相場(平均)って?

ムーヴというのは2012年にマイナーチェンジを受けた事によって、販売開始されたのが現行モデルとなっています。
非常に経済的な軽自動車と言え、せっかく購入するのであれば通販などを利用してリスク細分化などといった安い保険に加入するのも良い事です。
実際にそう考えている方も多いと聞きます。

しかし、そこで注意しておきたい事があり、それは自分で申し込む保険の場合は十分な説明を受ける事が出来ないという点です。

結果的に必要な特約を付けずに、いざという時に苦労してしまう事もあります。
どのようなサービスに定評がある会社でも、契約していない内容は保障はもちろん、賠償もしてくれません。
つまり、全てべ契約する際の自分自身の責任になってしまうので注意が必要なのです。
そこで、付けておいた方が良い特約を紹介したいと思いますので、興味のある方は参考にして下さい。

弁護士費用特約はオススメで、これは事故の相手との交渉を弁護士に委任する時に必要な費用を補償してくれるものです。
また、ファミリーバイク特約もお勧めで、この特約を付けておけば対人対物事故、または自分の怪我に対して保険料が払われます。
この特約の優れている点は友人から借りた原付でも適用され、年齢条件も適用されない点なので単独で加入するよりも安く済みます。

最後に等級プロテクト特約がオススメで、これは1度目の事故に関しては等級が据え置きされて、次の年の等級も下がらずに保険料も上がらないのです。

 

 MRワゴンの任意保険相場(平均)って?

MRワゴンといった軽自動車の場合では、保険を決めている料率クラスがありません。
これは昔に軽自動車が二輪車と同じ扱いとして分類されてきた事にあるのですが、現実にターボ仕様のスポーツタイプの車やオフロードタイプの自動車にしても、さらには低燃費車にしても同じ扱いにされるものです。

旧規格車、または安全装備などといった差で違はありますが、車両保険に関しては車両価格の違いが反映されるのです。
軽自動車の保険料というのは安い!と言われる事が多いですが、必ずしもそうではありません。

仮に料率クラスがある普通自動車の場合ではクラスが「1」の車も存在しているのです。
また、料率クラスがない軽とを比べると軽自動車の方が高くなってしまう可能性も十分にあるのです。
しかし、価格が安い軽は車両保険に加入しなくても良いのか?と言いますと、そうではないです。
小さい車体が特徴の軽は損害も大きくなってしまい、普通車と比べると全損に近い損傷を早く受けてしまう事も考えられるのです。

内容がしっかりとしている保険に加入しておかなければ、代替を行う事も出来ません。
もしもローンで買っている場合は、車は無くなったのにローンをずっと払い続けていく事になってしまうのです。
補償の範囲や免責金額などといった事を工夫してやる事によって、
意外に安く保険料を設定する事が出来るケースもありますので、色々と調べる必要はあると言っても良いでしょう。

 

 

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ