軽自動車の任意保険を安くするコツ

軽自動車の任意保険料の相場

維持費が安いのが最大の特徴と言っても良い軽自動車は、この数年でまた見直されているようです。

新車の販売台数自体は除々落ち込んでいると言われており、軽自動車も2006年をピークとして低迷している傾向にあるのですが、登録車全体の落ち込み具合程の下げ幅ではないのです。

新車販売数全体の中で軽自動車の購入率は高まっているという事になるのです。

ただ、軽自動車の保有率自体は地方では比較的高いとされているが都市部の方ではそれ程でもないようです。

最近、軽自動車に乗る方達が増加していると感じるのは地方に対してという事と言えるでしょう。

軽自動車の任意保険の相場についてだが21歳以上の方であれば2万円~5万円台でおさまると思われます。

月払いの保険料でいくと2千円~3千円程度で済む事になるので、普通車の任意保険のおよそ6割程度というのが軽自動車の相場と言えるのです。

さらに軽自動車が安いのは任意保険だけではないのです。

自動車税は7200円で重量税は8800円、自賠責も25000円程とされているので普通車のマーチなどと比べてもその差は非常に大きいものだといえるでしょう。

何かと費用がかさむ車の維持に関して徹底的に節約したいとお考えの方は軽自動車を選ぶのが一番良いのではないでしょうか??

 

軽自動車の自動車保険を安くするには?

私の家は6人家族と多く、これまではずっとミニバン1台で何とか乗り越えてきたのですが、やはり子供の成長に伴い、どうしても車が2台必要な場合が増えてきたのです。

例えば息子のバスケットボールの試合と娘のテニスの試合が重なったりしてしまって、どちらにも車を出さなければいけない事もたまにあるのです。

何往復するなどしてどちらもこなしてみたり、他の保護者の方に代行してもらったりと、今までは何とかやり過ごしてこれたのですが、最近さすがに限界を感じ始めたのです。

そこで軽自動車をもう1台買い足そうって事になったのです。

私の家にはもう1台車を駐める分のスペースは十分にあるので、そこは何とかなりそうです。

という訳で軽自動車を購入する事は決めたのですが保険の問題があります。

もちろん、2台目の軽自動車も保険に加入しなくてはいけないものなのです。

当たり前の事ですが自賠責保険というのは車の購入時に一緒に加入しなければいけない事なのですが、それはまあ良いとして問題は任意保険だと思われます。

私は車を一括で購入したので良かったです。

今から毎月、軽自動車の保険料も支払っていかなければならないので毎月負担になります。

2000ccの車と比べると軽自動車の保険料は60%程度とされており、非常に格安と言われています。

それ聞いて安心した方も多いのではないでしょうか??

今までの出費にプラスされる訳なので、もちろんガソリン代も増えるものですし。

 

通販型の保険は出し渋りになる?

ネットでよく見かける通販型の評価には下記のようなものがある。

・代理店型というのは保険会社と加入者の間に代理店が仲介できるのですが通販型というのは直接のやり取りになるから保険金の出し渋りの心配がある。という事。

これは根拠のある意見なのでしょうか??

一体何を根拠に仲介が無けいのなら出し渋りになると言えるのか?

仲介者がいないと良からぬ事が行われるはずという前提自体が不自然と思います。

こうした指摘が当たっているのかは事実関係によって確かめるしかないでしょう。

2005年から自動車保険の不払い問題というのが続いたそうです。

その端緒を作った、特約を中心として不払い案件が非常に多かったのも一部営業停止の処分を受けたのも、全て代理店型大手各社だったのです。

この事実関係によって通販型は保険金の出し渋りをする傾向があるという指摘は根拠が無いと言えると思います。

出し渋りの事を言うのなら保険料の高い代理店型の方が心配が大きいという事になると言えるのです。

2005年の2月金融庁による富士火災海上保険の検査によって自動車保険の特約の不適切な不払いが見つかったと言われています。

これが契機となり損保各社で自動車保険の不当不払いが次々に発覚していったのです。

通販型各社の事案も0ではなかったそうですが不当な不払い事案の多くが従来型の自動車保険を販売する大手各社のものという結果だったのです。

 

軽自動車の維持費

車を持っていると様々なお金がかかってくるものです。

1つ1つで考えると安いのかもしれないが総合的に考えるとかなりの額になるものなのです。

自動車の維持費というのは年間でおよそ40万円~50万円かかると言われています。

ガソリン代はもちろんの事、オイル代や自動車税、任意保険や12カ月点検、車検費用や高速道路、タイヤ、駐車場など。

近年、軽自動車の性能は非常に良くなってきているから普通自動車から軽自動車に乗り換える方が増加していると言われています。

もしも車を持っている事によって家計を圧迫しているぐらいなら一度、軽自動車を検討してみてはいかがでしょうか?

自動車税は軽自動車なら7200円で普通車(1200cc)29500円となります。

かなりの差がある事が分かると思います。

自動車の重量税としては軽自動車7600円で普通車(1-1.5トン)30000円となります。

これは2年に1度車検によって確実にかかってくる費用です。

これも普通と軽を比べるとかなりの差があるものです。

これだけで1年で3万円以上も違ってくるのです。

その他にも保険料も断然、軽自動車の方が安いし、やはり小さい分タイヤ代も安くなります。

また、最近の軽自動車は燃費も非常に良いのでガソリン代もそんなにかからないのです。

高速道路の料金にしても軽自動車の方が安いから全部合わせて考えるとおよそ5万円以上は安くなるかもしれませんよ。

実際に計算すると年間維持費が40万で軽自動車にしてマイナス5万円だとするとそんなに大きい違いには感じないかもしれないが実際に乗り換えてみると実感すると思います。

 

軽自動車にかかる税金について

自動車を自分で購入した事がある方であれば誰でも、車にたいしては税金がかかっているのは知っている事だと思われます。

税金には様々な種類があって、その中には車の買取を依頼する事によって還付されるという税金などもあるそうです。

良い買取店なら還付されるべき税金についても内容や金額の提示がしっかり行われるものですが中には何も提示せずに買い取ってしまう業者も存在するので気をつけましょう。

金額の大小に関係なく、還付されるべきものは自分で把握しておいて請求していくためにも自動車税についてはしっかりと知っておく必要があると思います。

車にかかる税金というのは大きく分けると3種類に分けられます。

ここではその内の2つ紹介したいと思います。

この自動車取得税というのは名前の通り、自動車を取得した際に発生する税金の事を言います。

これは車を売却したとしても特に還付される事はないものなのです。

あくまで取得する事に対しての税金で、車に乗っていた期間がたとえ1日で売却したとしても自動車取得税が返ってくる事はないものという事を覚えておきましょう。

2番目の税金としては自動車重量税が考えられます。

この税金は自動車を新しく取得する時や車検の際に車の重量に応じて課される税金の事を言います。

これは車を廃車にする時に車検が1ヶ月以上残っている場合は残った期間について還付を受ける事が可能なものとなっていますが売却した時は戻ってこないものです。

そのため、もしも車の売却を考えているの方は特に考える必要のない税金と思います。

ただ、車を廃車にする事も念頭においているという方は多少の還付があるという事は知っておくようにしましょう。

 

 

軽自動車のメリットについて

高級車となると毎月の車の出費は想像以上の多額な費用がかかるでしょう。

1リッター6L~7L程度しか走らない高級車というのは常にガソリンが減る事を意識しなければならないと思います。

また税金や車検や維持費も非常にかかるものなのです。

そのため、半年程で高級車を手放す事として軽自動車に乗り換える事にした、という人も珍しくはありません。

私もその内の1人です。

私は軽自動車に対してはそこまで抵抗はなかったので、とにかく安くて快適に乗れるなら良いと思ったので最初、スバルの新古の軽自動車を購入したのです。

リッター15L位にまでありガソリン代は前より全然かからなくなって、税金も安くなったし維持費も普通車と比べても1年で20万円~30万円の節約に繋がったのです。

軽自動車と言うと女の子が乗る車だというのが一般的だったから、気にはなっていましたが格好をそこまで気にしなければ軽自動車も捨てたものではありませんよ。

最近は男性、女性関係なく軽を購入する方は増えてきていますし。

費用の面では全く気にならなくなって最後まで乗りつぶす事ができましたよ。

今はミラの軽を乗っていますがガソリンタンクも普通車並みで40L入る大容量タンクで室内も広々なので遠出をしても、あまり疲れないから凄く良いですよ。

見た目もスポーティータイプなので格好良いです。

結論を言えば現在の軽自動車は乗り心地はもちろんの事、維持費、燃費や税金などといった面で抜群に良くて、男女を問わず一般庶民が乗る車と言え、高級車や普通車と比べると、経済的に非常に楽になるのでオススメです。

 

軽自動車のデメリットについて

軽自動車のデメリットとして挙げられるのは加速の問題が挙げられます。

軽自動車にはパワーが少ないと言われています。

確かに全ての軽自動車に対して言ってしまえばパワーがない考えて良いでしょう。

660ccのエンジンとなっているので、普通に考えると普通車には適わないのは当然の事なのです。

しかし、実用性という意味としてのパワーで考えるなら軽自動車は充分なパワーを持っていると考えられます。

軽自動車で走る道は様々あると思われます。

市街地、高速道路や坂道などが考えられます。

私自身も長い間、軽に乗ってきたのですが法廷速度内での走行をしていて加速やパワーに対してとくに不自由を感じた事はないものです。

したがって、一般の方が普通に乗る分には問題ないレベルと言って良いでしょう。

ただ、確かに軽自動車でパワーがないと思う事は1点あります。

それは長い坂道のカーブでの加速や高速道路で本線に入る時が考えられます。

やはりこのような時は軽自動車はスピードがのるまで時間がかかってしまうので少しパワーがないように感じる事もあるものです。

もう1つのデメリットとしては軽自動車は新車にしても中古にしても値段が高い事でしょうか。

その理由はただ1つで軽は「高くても売れるから」と言えるでしょう。

実際、様々な中古車屋を見てみると新車販売から1年以内で走行距離1000km未満なら、ほとんど新車と同じ程の値段で販売されていたのです。

ワゴンRやムーブ、ライフなどといった人気車はとくに値段が下がりにくいと言われていますよ。

 

軽自動車と普通車の保険料の違い

任意保険を安くする方法としては軽自動車にする事が有効的ある事が考えられます。

軽の任意保険料というのはおよそ2万円台~4万円台でおさまると言われています。

一般的な普通車の任意保険がおよそ7万円~8万円なので軽の保険料は普通車の約60%程に落ち着くと考えられるのです。

ただ、普通車と言っても様々あるものですし、等級や年齢条件や契約する保険会社などによっては軽自動車並みの4万円台で見積もりが可能なケースもあるそうだがそういったケースは稀な例と考えましょう。

実際、日産のマーチで排気量が1000ccのモデルの場合は保険料は4万円台で算出される事もあるそうです。

この保険料の違いというは、その車が9段階に分かれている車両クラスのどれに属するのかで非常に大きく異なるでしょう。

一般的な普通車の任意保険がおよそ7万円~8万円と言ったのは車両クラスに当てはめればクラス4あたりの車を想定しての事になります。

同じ普通車にしても高いクラスのものと比べれば、その差は何倍にもなる事も十分に考えられるのです。

軽の任意保険が安く抑えられてるのには車両保険金額が低いという事も理由になりますが、もう1つ理由として軽自動車であれば長距離走行をする機会が少ないという事が考えられ、事故リスクが低いと判定されている事もあると思われます。

ただ、最近の軽は性能や乗り心地も非常に良くなってきているので軽で長距離運転する方も珍しくはないのです。

 

 

軽自動車の燃費について

軽自動車の燃費は年が経つにつれて、どんどん良くなってきていると言われています。

同じ車種の軽自動車だったとしてもグレードによっては大きく燃費も異なるのです。

最近の軽自動車なら環境性能も非常に良くなってきており、1Lあたり15km~25kmのものも多くなってきています。

普通車のパジェロがおよそ10km~15km程度なので当然、軽の方が燃費が良い事になります。

ただし重量が異なるためか、やはり軽自動車は小さいエンジンで車体を走らせているものなのでエンジンに多少無理をさせてしまうかもしれません。

ターボはその典型的な例と言えて、軽自動車のターボ機能を多用していると加速を得る事ができる代わりに燃費がガクッと落ちてしまう事になるのです。

これから軽を購入しようと考えている方は環境やガソリン代の事をしっかりと考えて、やはり燃費の事が気になるかと思われます。

軽の燃費の見方で1つ覚えておいて欲しいのがカタログなどに載っている燃費カタログ燃費といって実燃費は異なるのです。

カタログより大体5km~10kmは落ちると考えておくようにしましょう。

これは、何故ならカタログに載っている燃費はメーカーの用意したテスト用の道路を一定の速度で走り続けた燃費で計算されているので、燃費がよくなって当たり前という訳なのです。

 

軽自動車の自賠責保険について

軽自動車は自家用の乗用車と比べると自動車税もかなり安く済むものですが自賠責保険の保険料も自動車税ほどではないにしても安くなると言われてますよ。

このような維持費があまりかからない所が軽の最大の魅力と言って良いでしょう。

こうした軽自動車に対し、税制などといった軽減措置が講じられるのは軽自動車が車の普及により生じる社会的損失をできるだけ抑える事を目的とした車であるからといえるでしょうか。

ちなみに軽自動車の仕様は乗車定員が4人以下で最大積載量350kg以下、車体の長さは3.4m以下で車体巾は1.48m以下、エンジン排気量は660cc以下となっているものの事となります。

もちろん、軽も自家用の乗用車と同じように車検を受けなければいけなくてその度に自賠責保険を更新するものとなります。

自賠責保険への加入は自動車の購入時に行なわれるもので、車検証と加入している自賠責保険証明書が更新の時に必要となります。

古くなってしまって、もう乗る事のない軽自動車は廃車手続きとして永久抹消登録をしなければなりませんが、この場合は自賠責保険の有効期限が残っている場合、保険料の払い戻しを受ける事ができるそうです。

そのため、廃車手続きの時点で保険の期限が残っているのなら自賠責保険の解約手続きも行うようにしましょう。

自賠責保険の払い戻しは自分から申請を出さないと返納されないので永久抹消登録を行う際は自賠責保険の期限を確認しておく事が重要なのです。

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ