軽自動車と普通車の自動車保険料の違い

4fcd6e6823913-crop

軽自動車がバカ売れている理由の一番は「維持費の安さ」です。税金にしろ燃費にしろ普通車に比べて安いのが軽自動車のメリットです。自動車保険料も軽自動車と普通車では変わるので具体的に調べてみたので紹介します。

軽自動車は普通車に比べて15%ほど自動車保険の料金が安いと言われています。保険料は人によって全然違うので15%と言われてもパッときません。そこで、同じ保険会社で同じ条件でプリウス(普通車)とタント(軽自動車)で見積もりをとってみました。

トヨタ プリウス(普通自動車)

自動車保険料は年間50700円
※下記は条件の詳細です。

条件項目 自分の条件
目的・利用用途 家庭用
年間の走行距離 7000キロ以下
ドライバーの年齢 26歳
ドライバー限定 なし
ドライバーの年齢上限 26歳以上
対人補償 無制限
対物補償 無制限
人身傷害搭乗中 3000万円
車両保険 なし
自損事故 1500万円
無保険車傷害 2億円

 

ダイハツ タント(軽自動車)

自動車保険料は年間31800円
※下記は条件の詳細です。

条件項目 自分の条件
目的・利用用途 家庭用
年間の走行距離 7000キロ以下
ドライバーの年齢 26歳
ドライバー限定 なし
ドライバーの年齢上限 26歳以上
対人補償 無制限
対物補償 無制限
人身傷害搭乗中 3000万円
車両保険 なし
自損事故 1500万円
無保険車傷害 2億円

なんと同じ保険会社に同じ条件でプリウス(普通車)とタント(軽自動車)の見積もりをとった結果軽自動車の方が18900円も保険料が安くなりました。割引率にして30%以上です。

おそらく、この保険料の違いは車種別によって決まる料率クラスによるものです。
軽自動車は料率クラスとプリウスの料率クラスの差が保険料の違いになったのです。

⇒料率クラスに関してはこちらの記事を参考にしてください。

軽自動車は車種別に料率クラスが別れていないのもポイントですね!!
料率クラスは自動車保険の割引の中でも、そこまで影響力はないのですが、ここまで差があったのはびっくりです。

自動車保険の見積もりをやってみると保険会社によっても大きく保険料金が変わるのでずっと同じ会社で自動車保険を更新している人は一度、ほかの会社の自動車保険の見積もりをしてみてください。




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ