軽自動車と料率クラス

a0002_009324-crop

料率クラスは対人、対物、傷害、車両の4つの視点から1~9までのランクで格付けされています。簡単に言ってしまうと「車種の安全性」っていうことです。数字が低ければ低いほど安全な車として認識されるので保険料が安くなるんです。

軽自動車に車種別の料率クラスは有りません。軽自動車であればどんな車種も同じ料率クラスになるので車種によっての保険料の違いがなくなるんです。

しかし、エアバッグなどといった安全装備による保険料の変動はあります。これは普通車でも軽自動車でも一緒で、保険料に反映されるポイントなのです。ちなみに、軽自動車でも旧規格と現規格ので保険料が違うのは安全装置の点で現規格の方が安全だとされているからです。

料率クラス
1 2 3 4 5 6 7 8 9
高い←安全性→低い
安い←保険料→高い

普通車では車種によって料率クラスが違うので、
自動車保険料は最大で4倍も違う場合があります。

普通車の場合は、同じ車種に乗っているドライバーが事故をおこしてしまえば、その車種は事故が多いと判断されるので料率クラスの中の「車両」という項目で安全性が下がることになり、保険料が上がってしまうんです。

だから軽自動車の事故が増えれば、軽自動車の料率クラスが上がって無事故でも保険料が上がってしまいます。もちろん、軽自動車の事故が減れば、料率クラスも見直され勝手に保険料が下がっていく場合もあります。

ちなみに、料率クラスは年1回見直しされます。

軽自動車は普通車よりも保険料が安いのは嘘!?

軽自動車が普通車よりも保険料が安いと言われる理由も料率クラスがあるからです。

普通車は車種によって料率クラスが違いますが、軽自動車の場合は車種関係なく軽自動車として一括りにされるんです。もちろん、軽自動車よりも料率クラスが低い普通車もありますので、一概に普通車よりも軽自動車の方が保険料は安いということはありません。

こういった風に軽自動車は、車種別によって保険料の変動がないという部分で軽自動車の方が保険料は安いと言われているだけなんです。

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ