車の維持費を節約しよう!

月々かかる自動車の維持費

日常生活を送るにあたって欠かす事の出来ない存在となっている自動車だが実際、年間でどの程度の維持費がかかっているのか、考えた事がありますか?

何となくは把握していると思いますがしっかりと計算して算出すると、その金額に驚かされる事になるかもしれませんよ。

ここでは一般的である660ccの軽自動車と2.0Lクラスであるセダン、4.0Lクラスである大型車に分けて計算してみたので参考にしてください。

まず、自動車税として軽自動車は年間で7200円、2.0Lクラスなら年間で39500円で4.0Lクラスの場合では66500円と定められています。

そして重量税はそれぞれ4400円と18900円、31500円となっています。

車検時に必ず支払わなければならない自賠責保険として、13980円、2.0Lと4.0Lは変わらずに16500円となっています。

車検に関して計算すると2年に1度の事となるので年額換算にすれば車検費用の半額に相当すると考えられます。

そのため、軽自動車の場合は18000円で2.0L以上は21500円となるのです。

以上、これが公的にかかる費用と考えられるという訳なのです。

 

軽自動車の維持費

軽自動車の維持費というのは普通車と比べると、非常に割安になるという事は知られているものですが、一体どのくらい安くなるのか年間で計算している人となると非常に少ないと思われます。

しかし女性の場合は几帳面な人も多い傾向にあるので家計簿のようなもので管理している人も多くいると思います。

それに対して男性の場合では、ほとんどの人が日常的な出費となる燃料とオイルだけの費用を思い浮かべるかと思われます。

これは男性だけに限らず管理を行っていないない女性にも当てはまる事が言えますが、運転席に座るとまず最初に目に付くのが速度計、回転計、燃料計、水温計、エンジンの油圧計などといったメーター類があると思うので、それらでいつでもチェックが可能だと思います。

しかし、オイルの交換時期などは給油所などでチェックしてもらわないとあまり気がつかないものだと考えられます。

また、これら日常的に消費していく維持費以外の税金や車検費用、保険料などは年に1度か2年に1度となるものなのでどうしても計算対象外になってくると考えられます。

私の場合でも軽自動車で通勤をしているのですが車検や税金や保険などはあまり気にしていなかったのです。

しかし、実際に計算してみると正直、年間にこれだけの維持費がかかっているのか!と驚きました。

そのため、これから自動車の購入を検討している方で軽自動車か1000ccクラスを選ぼうかと迷っている方はしっかりと考えてみるようにしましょう。

 

普通車の税金

普通車の税金について調べてみましたので参考にしてみてください。

コンパクトカーや軽自動車というのは最近の車社会では主流となってきているものですし営業車やデリバリー用の車もそのような車種を採用しているところも多くなってきているそうです。

しかし、家族が居たりと子供が居たりと2ドアの車種も様々あるコンパクトカーや軽だけでは不便といった人々は普通車を買い求める事となるという訳なのです。

普通車と言っても、どこからが普通車なのか?と言う基準についてですが一般的に見かける事が多いカローラやシビックなどが普通車に当たると言えるでしょう。

税率としては2000cc以上の車は普通車として計算されるものですし排気量が1つの区切りとしても使われる事が多いのです。

2000ccとなれば一般的に走っている車の中では排気量としてミドルクラスとされますがカローラやシビックなどは1500ccモデルもあるので一概には説明できないのですがこの辺でおよそ排気量税は40000円近くかかってくると言われているようです。

そして重量税についてだが、およそ1000キロ~1300キロ程度の車がほとんどとされており、安い部類には入りますがそれでもコンパクトカーや軽と比べたら費用もかさむものです。

それでもこのような言った車は荷物が軽自動車やコンパクトカーよりも多く積む事ができるし車内も広いから人気が無い訳ではないのです。

 

ミニバンの税金

ミニバンの税金について調べてみました。

ウチは家族が多い、アウトドアでキャンプやバーベキューに頻繁に出かける事が多い、荷物を多く積む事が多いので積載量の大きい車が欲しいなどといった方々にとってはオデッセイやステップワゴンやエルグランド、アルファードなどと言ったミニバンが人気となっているようです。

このミニバンについてですが、これらの欲しいと言った条件に当てはまる車であるので、そう言った人達から絶大な人気を集めているのですが半面重量が総じてあるものですし、排気量も大きな車体を動かすため、大きくなる傾向にあるものなのを覚えておきましょう。

ほとんどは2.4リッターのエンジンだったり、大きなエンジンともなると3.5リッターと言う車種も存在していると言われているので税金としては一般車の中では非常に高い部類にあたります。

そのような事情から、車検が来ると買い替えをすると言う方が多いと言われており、そういった事もこのクラスの車の特徴と言って良いでしょう。

エンジンの大きさや空間の広さと言ったメリットがある反面として、このように維持費が非常に高いと言うデメリットもあるのですがそれを差し引いたとしても快適な車で移動がしたい、荷物や人を多く載せたいという要望に応えてくれるのがミニバンとも言えるので維持費の大きさというデメリットを気にせずに乗っていると言うユーザーも決して少なくはないのです。

 

ハイブリットカーの維持費

ハイブリッドカーが環境に良いというのを知っている人も多いと思われますが今まではなかなか手が出ないという事が考えられていました。

やはり、その車両価格が非常に高かった事が理由として考えられるでしょう。

その点としては今回のハイブリッドカーへの重量税や取得税の免税や補助金制度などは購買意欲をかき立ててくれる事につながるかもしれません。

それでも、まだ残る価格差を維持費で補う事ができたとしたのならばハイブリッドカーへの買い換えはもっともっと進んでいく事と思われます。

しかし、ハイブリッドカーはハイブリッドカー固有である費用もかかるそうです。

ガソリン車と比べると、どれくらい維持費が安くつくのか?気になる方も多いと思われます。

燃費が非常に良い分、ガソリン代は安くなるので、それだけ維持費が安くなるという事になります。

ただし、乗り方によっても変わってくるそうです。

もともと、エコ運転に気をつけながら燃費の良い走りをしている方の場合は差があまり広がらないとも言われているようです。

少しずつの安全運転で近距離の走りを多くする人であれば燃料代も非常に違ってくると思いますので、維持費も安くなると思います。

ネットでそうした維持費を調べるサイトも多くあるので興味がある方は調べてみてはいかがでしょうか?

中には10年乗っていてもガソリン車との価格差を埋める事ができないという方もいるし、5年だけでも燃料代だけでハイブリッドカーの方が総合的に見て得になったという方もいるのです。

 

車の維持費を安くする方法‐自動車保険

車の維持費というものは年間で数十万で人によっては百万円を超えるケースもよくある事なのです。

年に1度だけ行われる自動車保険の更新は節約のチャンスと言えるでしょうか。

とくに5年以上自動車保険の見直しをする事なく自動更新している方の場合なら年間で3万円も節約できる事も珍しくはない事なのです。

自動車保険料というのは保険会社や保障内容により、様々で大きく変わるものです。

運転者が30歳を過ぎているのに保障対象年齢が若いままといった事になっていませんか?

ゴールド免許なのに申告していないなんて事もないでしょうか?もったいないですよ。

とくに生活に変化がないので保険料は変わらないだろうと思っていても、年齢や走行距離や無事故など安くできるポイントは様々あるものなのです。

また、自動車保険を見直す際にはロードサービスにも注目するようにしましょう。

昔はロードサービスは単体で契約するという必要があったのですが最近は自動車保険に無料で付帯している事も多いと言われています。

ロードサービスをJAFに依頼すればかなりの金額がかかりますし、それを無料にするため、JAF会員になれば1年で6千円の出費があります。

自動車保険会社によっては年会費もロードサービス料も無料になる所がありますのでそういった所を選べば年間で6千円節約できる事になるという訳なのです。

自動車保険料の見直しによって長期間見直ししていない方の場合で年間で5万円、平均を見てみても年間でおよそ1万円は節約できると言われているので見直ししてみては??

 

車の維持費を安くする方法‐ガソリン代

車の維持費の中で毎月の出費と言うとガソリン代が考えられます。

とくに最近の燃料の大幅値上げによって頻繁に自動車を利用する方にとっては大きな出費になっていると考えられるのです。

ガソリン代を安くする方法としてセルフスタンドを利用すると言う方法が良いでしょう。

ガソリンスタンドの激戦区なら安いスタンドを探すと10円/L以上も違ってくるので自宅や勤務先の近くや通勤路の途中に安いスタンドがないかどうかをチェックし、そうしたところを利用するのも良いでしょう。

例えば、燃費が10km/Lの車で年間の走行距離が1万キロだったとすると、年間でおよそ1万円の節約に繋がるのです。

また、ガソリンスタンドのカード会員などになるのも良い方法でしょうか。

プリペイドカードやクレジットカードの会員になれば地域や会社によっても異なるものですが2~3円/Lほど安くなるのです。

クレジットカードにはETCカードが無料で作れるといったカードもあるので利用しましょう。

ETCを車につける事によって高速道路の利用料金が安くなるケースも多いのです。

また、ETCを利用して高速に乗る事によってポイントが貯まったり時間の短縮にも繋がるので、月に1度でも高速道路を利用するならETCを取りつけて損はない事だと思います。

月に1度高速を使い、レジャーに出かけるとして考えても年間でおよそ2万円の節約になると考えられます。

 

車の維持費を安くする方法‐車検代

自動車の維持費の中でもっとも大きな負担となるのが車検代と考えられます。

車検はどこで受けても同じだと思っている方も多いかもしれないが業者によっても非常に大きい差が出てくるものなのです。

とくに車を購入したディーラーで、そのまま車検を受け続けているという方なら1度でも他の車検業者で見積もりをとってみる事をオススメします。

自分の自宅近くの車検店舗の料金を一括で比較できるサイトもあるので便利ですよ。

車検の時、悪徳業者にもなれば交換しなくても良いパーツを勝手に換えてしまうような問題もあるのです。

依頼する時には必ず交換部品がある場合なら事前に意思確認をする事とその部品は今どうしても交換しなくてはならないのか?など、しっかりと確認するようにしておきましょう。

私の場合はそれをしっかりと確認する事によって、そろそろ交換した方が良いと言われた部品を3年間交換せずに済んだ事もありました。

しかし、もちろん自己責任で行いましょう。交換しなければ車検に通らない場合は必ず交換してもらいましょう。

車検の業者を比較する事によって業者によっては1度の車検で3万円、年間ではおよそ1万5千円もの節約になるケースもあるのです。

車検料金の見積もりを行ってみて自分が思ったよりも高いと感じる場合ならば車検が切れる前に買い替えを検討するのも良いと思います。

中古でも燃費の良い車に乗り換えるとガソリン代や自動車税や自動車重量税、車検代などといった維持費も安くなる可能性は十分あるのです。

 

ガソリンカードでガソリン代の節約

最近は少し価格が落ち着いてきたとは言ってもガソリン価格は、またいつ上昇するかなんてわからないものです。

今ではレギュラーガソリンの価格は1L100円程度で推移しているのですが今後は産油国による減産が予定されている事からも、再び上昇していく可能性は高いと思われます。

ガソリン代の高騰は家計にとって非常に大きな痛手となります、可能な限り少しでも安く抑えたいものと誰もが思うでしょう。

そこで上手に活用すると良いのがガソリン代が安くなるガソリンカードでしょうか。

ガソリンカードは大きく分けるとガソリンスタンドを運営している石油元売各社が発行しているカードとクレジットカード会社が独自に発行しているカードの2つに分ける事ができます。

これらどっちのガソリンカードにしてもガソリン代が割引、または還元されるという仕組みになっているものです。

ここでは非常に得なガソリンカードについてガソリンカードを紹介します。

一言でガソリンカードといってもサービス内容や特典は様々あるものなのです。

車に頻繁に乗る人の場合ならもちろんの事、年間に数回だけ車で遠出するという方の場合でも計画の前の月に買い物を増やす事でガソリン代キャッシュバックのメリットを受ける事ができますよ。

また、ガソリン代が高騰すればする程にJCBドライバーズプラスカードのキャッシュバック額は増えていくと言われていますのでお得です。

現在、ガソリン代は少し落ち着いていると言っても今後、再びガソリン代が再度上昇することは間違いと考えても良いでしょう。

 

1年間にかかる車の維持費

車の維持費の中で最も費用がかかるのは税金、車検、保険の3つといえると思います。

ガソリン代は走らなければかからないものですが税金と車検、保険は車を持っているだけで必ずかかるお金なのです。

実際に車を所有して、見ると分かるかと思いますが。かなりかかります。

駐車場代は都市部などでは非常に高額になると思われます。

5~6万円もするところもあるそうですよ。

そのため、都市部で車を所有するのなら維持費はさらにかかってしまう事を覚悟しなければなりません。

私の場合、昔東京にいた頃は25,000円/月だったのです。

毎月の事なので、とても負担になっていました。

ただし、コンクリート敷きの駐車場より、砂利のところの方が安く借りる事ができると思います。

車検代は車の具合により、もう少しかかってくると思われます。

私の場合は車の購入はローンだと金利がもったいなく思ったので一括で購入する事にしたのです。

オイル交換や洗車設備は車を購入した店のアフターサービスとして無料で利用できるので助かりました。

購入する際は車体価格だけではなくアフターサービスの有無でも店を検討するようにしましょう。

毎年5月に支払う事になる自動車税は車の排気量により支払う額も異なるものです。

排気量がある大きな車ほど費用も高くなっていきます。

しかし、軽自動車は払わなくていいという特徴があります。

車を維持していく上で考えても、これは大きな金額の差になると言えるでしょう。

 

輸入車の維持費について

輸入車の維持費は高いというイメージを持っている人も多いと思います。

実際、どうなのでしょうか?やはり「維持費は高い」と言えるでしょう。

維持費が高い要因として考えられるのは下記の原因があるからだと思われます。

・パーツ代が高い、工賃が高い、修理代が高い、車検代が高い壊れるから修理代が掛かる、燃費が悪い、ハイオク指定が多い事などが考えられます。

パーツ代が高い事に関しては、まず車両価格が高い事が考えられるのです。

日本に輸出する輸入車には本国にあるような下級グレードをラインアップから外していたり関税の問題がある、販売台数が少ないなどといった理由から車両価格が高くなっている傾向にあるのです。

国産車を見ても分かる事だと思いますが価格の高い高級車と価格の安い軽自動車ではパーツの単価もまったく異なるものとなっているのです。

もともとの車両価格が高いからパーツ代も高くなるという訳なのです。

また、外国のパーツを日本に持ってこなければいけないので流通コストが掛かかる事となりその分価格が高くなってしまうという訳なのです。

工賃が高い事については車両価格が高い車には工賃も高くすると言った昔ながらの慣例もあるし、輸入車は特殊な構造をしているし、国産車では使わないような特殊な工具が必要だったりする場合が多いと言われているので工賃が高めに設定されているという訳なのです。

修理代が高い事に関して上記で書いたパーツ代と工賃が組み合わされる事となるので必然的に高くなってしまう事が分かるかと思います。

 

自動車保険のエコカー割引

エコカーを購入する事によって補助金が支給されたり減税されたりといった様々な特典があるものです。

最近、エコカーの需要はどんどんと高まってきているのですが地球に優しいエコカーを促進させるため、保険会社も一役買っている事が考えられます。

自賠責保険は自動車を持つと誰でも例外はなく強制的に加入しなければいけないのに対して自動車保険は任意での加入となっているものとなります。

しかし、軽い事故にあってしまった場合なら自賠責保険でも何とかカバーできると思いますが万一、対人事故などを起こしてしまった場合では自賠責保険だけで支払いきる事ができない不慮のものとなってしまう場合も多く起きていると言われています。

エコカーも、その例外ではないと言えるでしょう。

一見、アンチロックなどといった装備によってエコカーは安全だと思われがちだがそれでも100%安全を保証するものではないのです。

そこで、自動車保険を扱っている各保険会社ではエコカーに適用る事のできる自動車保険割引を販売しており話題となっているという訳なのです。

しかし、全ての保険会社がエコカー割引を実施している訳ではないので注意しましょう。

それぞれの会社によっては割引率も異なるので、まずオンラインなどから見積もりをしてみる事で自分の条件の良い保険が見つかるかと思います。

転ばぬ先の杖ということわざがありますがエコカーだから割引が適用される訳となるので、この特権をもって加入を考えてみても良いのではないでしょうか?

 

 エコカー減税って?

エコカー減税のが対象となる自動車は電気自動車を始めとして、ハイブリットカーやクリーンディーゼル、天然ガス車などといった国土交通省によって定められている排出ガス、燃費が基準に達している自動車となっています。

減税の内容については自動車所有の際、かかってくる自動車重量税、自動車取得税がこの制度の対象となっていると言われています。

エコカーを購入するというのはそれだけ環境に貢献するという事につながり、これら税金にかかる金額を抑える事のできる特権に預かれるのがエコカー減税という風に言えるという訳なのです。

認定を受けたエコカーなら自動車重量税と自動車取得税がおよそ50%~75%まで削減されたり、ハイブリット車に関して言うと自動車重量税と自動車取得税が全額免除されるという事になるので、かなりお得だと言えるでしょうか。

エコカー減税を見込み、新車の購入を迷っている方も多いと思いますが年数が経ってくにつれて減税された額を振り返ると、とても抑える事ができている事になるので、購入分の金額はある程度カバーができると考えられます

エコカー減税は今のところ、自動車取得税が2012年3月31日までで自動車重量税は2012年4月30日までの期間となっています。

また、予算も限られているものとなっているので新車購入はできるだけ早めに検討するようにしましょう。

しかし、この制度は延長される可能性も十分あると言われているようです。

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ