車種によって違う自動車保険!

自動車保険は車種によって違う

自動車保険の保険料というのは同じ内容の保険サービスだったとしても車種により、支払う保険料が大きく変わっていくものです。

軽のように小型の車両は保険料も少ないなどとは逆で車両が大型になっていく程に保険料は高くて高級ブランド車なら保険会社にしてみるとハイリスクな車種となって保険料も跳ね上がってしまうのです。

新車を購入するにあたり、車種に伴った自動車保険料の金額のプランを立てる必要があると考えられます。

※車両の重量や大きさにより、保険料も大きく違ってくるので注意しましょう。

車両保険はさらに細分化されて車名や型式、ナンバー、走行距離、安全性に関する装置の有無、盗難に関する装置の有無に分けられます。

こうした車両の価値や修理や経費により細かい規定があると言われています。

また、特に外車や稀少性の高い車の場合ならば車両保険が高くなる傾向にあるそうです。

なお、自動車保険の保険料は自家用より、企業での業務用の方が非常に安くて複数車を一括で契約すれば1台あたりの割合を非常に安くする事も可能なのです。

損保会社により、保険料やサービスにも違いがあるので新車購入前には車種についても購入予算のプランに入れておくようにしておきましょう。

車のグレードや年式などは年々変化するものなので車種による自動車保険料の違いを調べるなら自動車保険の一括見積もりを利用すると分かりやすくて便利だと思います。

 

自動車保険が安い車種って?

ここでは自動車保険の安い車種について紹介したいと思います。

興味のある方は参考にしてみてください。

自動車保険の保険料は車種により料率が定められているものです。

したがって、ヴィッツの料率やパッソの料率というものが決められているという事になるという訳なのです。

軽自動車に関しては安全装置関連のあるなしにより少しの違いがあるようですが一律の料率となっているそうです。

一般的は排気量が大きくて、そして高額になるほどに自動車保険料も高くなると言われています。

そのため、軽自動車は安くて高級車や高級外車は自動車保険料も高くなってしまいがちなのです。

自動車保険料を安くしたいのなら、なるべく小排気量の自動車を選ぶようにしましょう。

また、最近の流れとして安全性の高い自動車では保険料が比較的に安くなっている傾向にあると言われています。

21歳未満で新規によって自動車保険に加入する場合は保険料が高くなってくると言われています。

そのような場合、高級外車や排気量の大きな車を手に入れ自動車保険に 加入してしまうと非常に高額な保険料となってしまうと考えられます。

自動車保険料が高いという事で保険に加入しないという場合もあるそうですが、もしも事故を起こした時の補償をしっかりと確保するためにも任意保険に無加入にならないように注意しましょう。

 

車両保険の車両料率クラス

 

例えば軽と高級車を比べた場合で事故になった時なら高級車の方が部品代や修理代などで高くつくから、その分保険料も高く設定されている事となります。

いかにも修理代が高くなりそうな高級な車と、そうでない車ではどうやって分類されているのでしょうか?
これは過去にどのような車種が、どの程度の頻度、規模で交通事故を起こしていて、その時に保険会社がどれくらいの保険金を支払ったのかというのを考慮した上で車種を9クラスに分類された車両料率クラスを元として判断される事となっているのです。
この車両料率クラスは1年ごとに見直されると言われています。
つまり、簡単に説明すれば交通事故を起こしやすい車や外車などの修理費が高くつくような車は高い保険料を支払う必要があり、事故を起こしにくい車や修理費が安く済むような車の場合は安い保険料で済むと言う事になるのです。
車両クラスが9の車は車両クラス1の車と比べると、およそ4倍も保険料が高くなってしまうようになる事がわかっています。
車両クラスだけでもここまで保険料に差が出てくると車を購入する前、自分の車がどの車両クラスに当てはまるのかをしっかりと確認しておくのが得策だと考えられます。
そうでなければ、いざ車両保険に加入しようと思った場合、保険料の高さに驚いてしまうと思います。

 

車両料率クラスはどのように決まっているの?

自動車保険料の計算は契約者の等級や年の他にも車種も大きく影響してくるものなのです。
例えば時速300kmもスピードを出す事のできるスポーツカーの場合は保険料が高く設定されており、ファミリー向けなどのコンパクトカーは保険料が安く設定されているという訳なのです。
2台の車には車両の価格に差があるから当然と思うかもしれません。

しかし、車両価格だけではなく車の危険度を表している車両料率クラスが大きく影響してくるという話なのです。
自動車の分類にはメーカーや車種があるものですが、それよりも細かい分類として型式が決められているのです。
例えばニッサンのキューブといったように同じ車種でもANZ10、AZ10、BGZ11などといったように別の型式が振り分けられている事になります。
型式は車のタイプや年式によって異なるものです。

自動車保険では、この型式別に設定されている料率クラスを保険料算出の目安としているようです。
車両料率クラスは対人賠償保険、対物賠償保険、傷害保険、車両保険という4つの項目で設定されているので覚えてくようにしましょう。
スポーツカーなどといったタイプは事故のリスクが高いから数字が大きくて逆のコンパクトカーの場合は事故のリスクが低いと考えられるので数字が小さくなって保険料に差が出るという訳なのです。

 

ホンダフィットの自動車保険プラン

ホンダフィットの自動車保険プランの例を紹介したいと思います。
あくまで一例なので参考程度にしておいてください。

・SBI損保の場合

年間保険料が44490円。
対人賠償、対物補償は共に無制限。
人身傷害の時、3000万円。
搭乗者傷害の時、1000万円。
車両保険、あり(一般)免責5-10万円。

※26歳以上補償、証券不発行割引、ネット割引など。

・三井ダイレクト損保の場合

年間保険料が45690円。
対人賠償、対物補償は無制限。
人身傷害の時、3000万円。
搭乗者傷害の時、1000万円。
車両保険、あり(一般)免責5-10万円。

※35歳以上補償、eサービス割引、ネット契約割引など

・セコム損保の場合

年間保険料が58120円。
対人賠償、対物補償は無制限。
人身傷害の時、3000万円。
搭乗者傷害の時、1000万円。
車両保険、あり(一般)免責なし。

※35歳以上補償、本人と配偶者限定、証券不発行割引、ネット割引など。

・イーデザイン損保の場合

年間保険料が62030円。
対人賠償、対物補償は無制限。
人身傷害の時、3000万円。
搭乗者傷害の時、1000万円。
車両保険、あり(一般)免責なし。

※証券e割、ネット割引など。

 

トヨタプリウスの自動車保険プラン

トヨタプリウスの自動車保険プランの例を紹介したいと思います。
あくまで一例なので参考程度にしておいてください。

・SBI損保の場合

年間保険料が50690円。
対人賠償、対物補償は共に無制限。
人身傷害の時、3000万円。
搭乗者傷害の時、1000万円。
車両保険、あり(一般)免責5-10万円。

※26歳以上補償、証券不発行割引、ネット割引など。

・三井ダイレクト損保の場合

年間保険料が58420円。
対人賠償、対物補償は無制限。
人身傷害の時、3000万円。
搭乗者傷害の時、1000万円。
車両保険、あり(一般)免責5-10万円。

※30歳以上補償、eサービス割引、ネット契約割引など。

・イーデザイン損保の場合

年間保険料が69330円。
対人賠償、対物補償は無制限。
人身傷害の時、3000万円。
搭乗者傷害の時、1000万円。
車両保険、あり(一般)免責なし。

※30歳以上補償、証券e割、ネット割引など。

・セコム損保の場合

年間保険料が73800円。
対人賠償、対物補償は無制限。
人身傷害の時、3000万円。
搭乗者傷害の時、1000万円。
車両保険、あり(一般)免責なし。

※30歳以上補償、本人と配偶者限定、証券不発行割引、ネット割引など。

・そんぽ24の場合

年間保険料が72220円。
対人賠償、対物補償は無制限。
人身傷害の時、3000万円。
搭乗者傷害の時、1000万円。
車両保険、あり(一般)免責5-10万円。

※本人と配偶者限定、ネット割引など。

 

トヨタヴィッツの自動車保険プラン

トヨタヴィッツの自動車保険プランの例を紹介したいと思います。

あくまで一例なので参考程度にしておいてください。

・SBI損保の場合

年間保険料が32470円。
対人賠償、対物補償は共に無制限。
人身傷害の時、3000万円。
搭乗者傷害の時、1000万円。
車両保険、あり(一般)免責5-10万円。

※26歳以上補償、証券不発行割引、ネット割引など。

・三井ダイレクト損保の場合

年間保険料が35560円。
対人賠償、対物補償は無制限。
人身傷害の時、3000万円。
搭乗者傷害の時、1000万円。
車両保険、あり(一般)免責5-10万円。

※eサービス割引、ネット契約割引など。

・イーデザイン損保の場合

年間保険料が45410円。
対人賠償、対物補償は無制限。
人身傷害の時、3000万円。
搭乗者傷害の時、1000万円。
車両保険、あり(一般)免責なし。

※30歳以上補償、証券e割、ネット割引など。

・セコム損保の場合

年間保険料が40320円。
対人賠償、対物補償は無制限。
人身傷害の時、3000万円。
搭乗者傷害の時、1000万円。
車両保険、あり(一般)免責なし。

※証券不発行割引、ネット割引など。

・そんぽ24の場合

年間保険料が47070円。
対人賠償、対物補償は無制限。
人身傷害の時、3000万円。
搭乗者傷害の時、1000万円。
車両保険、あり(一般)免責5-10万円。

※ネット割引など。

 

日産マーチの自動車保険料相場

現行マーチの自動車保険料相場について。
あくまで例なので参考程度にしておいてください。

23歳で等級が7なら20%引きで運転者年齢条件が21歳以上補償の場合、
車両保険なし年間保険料なら年間で56820円となります。
エコノミー車両保険付き年間保険料なら年間で77420円となります。
フルカバー車両保険付き年間保険料なら年間で122100円となります。

34歳で等級が13なら50%引きで運転者年齢条件が26歳以上補償の場合、
車両保険なし年間保険料なら年間で25810円となります。
エコノミー車両保険付き年間保険料なら年間で36100円となります。
フルカバー車両保険付き年間保険料なら年間で58410円となります。

45歳で等級が18なら60%引きで運転者年齢条件が35歳以上補償の場合、
車両保険なし年間保険料なら年間で19630円となります。
エコノミー車両保険付き年間保険料なら年間で27550円となります。
フルカバー車両保険付き年間保険料なら年間で44730円となります。

なお、補償内容は対人無制限、対物無制限、人身傷害で5000万円
保険料は保険会社はもちろん、補償内容や年齢、等級、車種などによって大きく違いがあります。
保険会社によっては上記の例よりも安くなる場合があるかもしれません。

ネットなら無料で複数の保険会社に一括で見積もりが可能で便利なサイトも多くあります。
面倒な電話勧誘や訪問は一切ないそうなのでオススメですよ。
各保険会社の見積もりを簡単に比較する事ができますので価格の違いが明確に分かるのです。
契約もネットの中で行えるので非常に簡単です。

 

日産セレナの自動車保険料の相場

日産セレナの自動車保険プランの例を紹介したいと思います。
あくまで一例なので参考程度にしておいてください。
・SBI損保の場合
年間保険料が48310円。
対人賠償、対物補償は共に無制限。
人身傷害の時、3000万円。
搭乗者傷害の時、1000万円。
車両保険、あり(一般)免責5-10万円。

※26歳以上補償、証券不発行割引、ネット割引、車両保険140万円など。

 

・三井ダイレクト損保の場合
年間保険料が50350円。
対人賠償、対物補償は無制限。
人身傷害の時、3000万円。
搭乗者傷害の時、1000万円。
車両保険、あり(一般)免責5-10万円。

※eサービス割引、ネット契約割引など。

・イーデザイン損保の場合

年間保険料が68310円。
対人賠償、対物補償は無制限。
人身傷害の時、3000万円。
搭乗者傷害の時、1000万円。
車両保険、あり(一般)免責なし。

※証券不発行割引、ネット割引など。
・セコム損保の場合
年間保険料が64370円。
対人賠償、対物補償は無制限。
人身傷害の時、3000万円。
搭乗者傷害の時、1000万円。
車両保険、あり(一般)免責なし。

※証券不発行割引、ネット割引など。
・そんぽ24の場合
年間保険料が74430円。
対人賠償、対物補償は無制限。
人身傷害の時、3000万円。
搭乗者傷害の時、1000万円。
車両保険、あり(一般)免責5-10万円。

※26歳以上補償、ネット割引など。

 

トヨタカローラの自動車保険プラン

トヨタカローラの自動車保険プランの例を紹介したいと思います。
あくまで一例なので参考程度にしておいてください。

・SBI損保の場合

年間保険料が70060円。
対人賠償、対物補償は共に無制限。
人身傷害の時、3000万円。
搭乗者傷害の時、1000万円。
車両保険、あり(一般)免責5-10万円。

※証券不発行割引やネット割引など。

・三井ダイレクト損保の場合

年間保険料が77840円。
対人賠償、対物補償は無制限。
人身傷害の時、3000万円。
搭乗者傷害の時、1000万円。
車両保険、あり(一般)免責5-10万円。

※証券省略割引、ネット割引など。

・イーデザイン損保の場合

年間保険料が102790円。
対人賠償、対物補償は無制限。
人身傷害の時、3000万円。
搭乗者傷害の時、1000万円。
車両保険、あり(一般)免責5-10万円。

※子供運転者年齢限定特約やeサービス割引、ネット契約割引など。

・セコム損保の場合

年間保険料が121560円。
対人賠償、対物補償は無制限。
人身傷害の時、3000万円。
搭乗者傷害の時、1000万円。
車両保険、あり(一般)免責なし。

※証券不発行割引とネット割引など。

・そんぽ24の場合

年間保険料が117840円。
対人賠償、対物補償は無制限。
人身傷害の時、3000万円。
搭乗者傷害の時、1000万円。
車両保険、あり(一般)免責5-10万円。

※ネット割引など。

 

ホンダフリードの自動車保険プラン

ホンダフリードの自動車保険プランの例を紹介したいと思います。
あくまで一例なので参考程度にしておいてください。

・SBI損保の場合

年間保険料が46010円。
対人賠償、対物補償は共に無制限。
人身傷害の時、3000万円。
搭乗者傷害の時、1000万円。
車両保険、あり(一般)免責5-10万円。

※証券不発行割引とネット割引、車両保険210万円など。

・三井ダイレクト損保の場合

年間保険料が52990円。
対人賠償、対物補償は無制限。
人身傷害の時、3000万円。
搭乗者傷害の時、1000万円。
車両保険、あり(一般)免責5-10万円。

※30歳以上補償、eサービス割引、ネット契約割引など。

・イーデザイン損保の場合

年間保険料が63670円。
対人賠償、対物補償は無制限。
人身傷害の時、3000万円。
搭乗者傷害の時、1000万円。
車両保険、あり(一般)免責なし。

※30歳以上補償、証券e割、ネット割引など。

・セコム損保の場合

年間保険料が66430円。
対人賠償、対物補償は無制限。
人身傷害の時、3000万円。
搭乗者傷害の時、1000万円。
車両保険、あり(一般)免責なし。

※30歳以上補償、本人と配偶者限定、証券不発行割引、ネット割引など。

・そんぽ24の場合

年間保険料が69680円。
対人賠償、対物補償は無制限。
人身傷害の時、3000万円。
搭乗者傷害の時、1000万円。
車両保険、あり(一般)免責5-10万円。

※本人と配偶者限定、ネット割引など。

 

マツダデミオの自動車保険プラン

マツダデミオの自動車保険プランの例を紹介したいと思います。
あくまで一例なので参考程度にしておいてください。

・SBI損保の場合

年間保険料が30080円。
対人賠償、対物補償は共に無制限。
人身傷害の時、3000万円。
搭乗者傷害の時、1000万円。
車両保険、あり(一般)免責5-10万円。

※26歳以上補償や証券不発行割引、ネット割引など。

・三井ダイレクト損保の場合

年間保険料が33930円。
対人賠償、対物補償は無制限。
人身傷害の時、3000万円。
搭乗者傷害の時、1000万円。
車両保険、あり(一般)免責5-10万円。

※eサービス割引、ネット契約割引など。

・イーデザイン損保の場合

年間保険料が42290円。
対人賠償、対物補償は無制限。
人身傷害の時、3000万円。
搭乗者傷害の時、1000万円。
車両保険、あり(一般)免責なし。

※30歳以上補償、証券e割、ネット割引など。

・セコム損保の場合

年間保険料が3,570円。
対人賠償、対物補償は無制限。
人身傷害の時、3000万円。
搭乗者傷害の時、1000万円。
車両保険、あり(一般)免責なし。

※本人と配偶者限定、証券不発行割引、ネット割引など。

・そんぽ24の場合

年間保険料が43920円。
対人賠償、対物補償は無制限。
人身傷害の時、3000万円。
搭乗者傷害の時、1000万円。
車両保険、あり(一般)免責5~10万円。

※本人と配偶者限定、ネット割引など。

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ