知って得する車の修理費相場!

自動車の修理費用ってどのくらい?

自動車ディーラーは一番安心感がある修理先と言えるでしょう。
しかし、修理費用も一番高い事が多いと考えられるのも事実なのです。
自社工場、または提携先の板金工場などでの修理となるものなのですが自社工場で板金塗装を行わない場合は提携先の板金工場に持ち込んだ方が安くなるとも言われているようなのでしっかりと選ぶようにしましょう。
地元の修理工場はもちろん自社工場で修理を行われる事になると思います。
普段行っている作業を依頼するという事になるので話も非常に通りやすくて予算に合わせ、リサイクル部品を使用したりして安くできる事も十分に考えられるでしょうか。
ただし、ディーラーの店構えと比べ、女性の場合は1人では入りにくいといった印象があるものだと考えられます。
大手チェーンでは地元修理工場と同等か、もしくは店によっては少し安いくらいで修理をしてくれる所が多いと言われています。
しかし、チェーン加盟店の中での作業内容や仕上がりの質には差が出てきてしまうそうなので注意しましょう。

もともとがガソリンスタンドだったのか整備専門工場だったのか、板金塗装工場なのか、またはポリマー屋だったのか?などによって作業の完成度には差が出てくる事が多いと言われているようです。

 

車の修理代の相場って?

自動車事故や物損事故など、車を修理する機会は少なくないものだと思います。
その修理費にいくらぐらいかかるのかというものは気になる方も多いのではないでしょうか?
どのような修理に、一体どのくらいの費用がかかるのかを事前にしっかり知っておくように心がけたいものだと考えられます。
車の修理代金の相場を知っておくと高額な修理代金に驚く事は間違いないと思われます。

どういった修理にいくらぐらいの修理代金が必要なのかを事前い知っておく事が得へとつながるという訳なのです。
例をあげるとマフラー交換などでおよそ5000円と言われており、飛んできた石によってつけられたキズ修理の場合は15000円、フロントガラスを交換した場合なら、およそ18000円が妥当といった所でしょうか。
タイヤのパンク修理なら1本で2000円程で擦ったキズはミラーの場合では5000円、フロントのバンパーに出来てしまった擦りキズなら10000円以上かかると言われています。
当然の事ですが、こうした金額は国産車で考えているので外車の場合は修理費はもっと高価なものとなるでしょう。
工場ごとに金額も異なるので修理費用がわずかにでも抑えられる所に持ち込みたいものですが、しっかりと修理が受けられるか判断する事が大事だと思います。

車を修理しないといけない時はディーラーに持っていけば少し修理費用が割高となってしまう事も考えられるのでしっかりと検討するようにしましょう。

 

ディスクブレーキって?

ディスクブレーキについて調べてみましたので興味のある方は参考にしてみてください。

ディスクブレーキというのはホイールと一体になって回復するディスクを両側からパッドで圧着しており、この際の摩擦力によって制動トルクを発生させて、それによって車輪を制動するというものの事です。
ドラムブレーキによく見られる自己倍力作用が、ほとんど発生しないと言われているものなので摩擦力はパッドを圧着する力、パッド摩擦係数に比例した値が得られるという事になるという訳なのです。
ディスクブレーキの長所としては制動力が非常に安定している所や放熱性に非常に優れている所でしょうか。

さらにウォーターリカバリーが早い所や自動調整機構がとても簡単である事もディスクブレーキ長所として挙げられると思います。
その反対にディスクブレーキの短所としてはブレーキパッドを押し付ける力を大きくする必要がある事が考えられる、パッドの摩耗が早いと言われている事や砂利や泥の影響を受けやすい傾向にある事などでしょうか。
このような長所と短所をしっかり理解したうえで役立ててくれたら幸いです。

 

ドラムブレーキって?

ドラムブレーキについて調べてみましたので興味のある方は参考にしてみてください。

小型乗用車やトラックや大型トラックの後輪にたいして使用されているものが、いわゆるドラムブレーキというものです。
これはブレーキドラム、ホイールシリンダーやホイールシリンダーカップキット、ブレーキライニング、ブレーキシューとも言われています、シューホールドスプリングなどによって構成されているブレーキの事となっています。

ディスクブレーキと比べると安価に制作できるとされているものなのです。
車検時にはホイールシリンダーからのブレーキオイル漏れの確認や ブレーキシュー、またはブレーキライニングの残量や摩耗の状態の確認、機能点検を実施して内部を清掃、給油する事が行われると言われています。
それぞれのメーカーによっては自動調整機能が付いているタイプというのも販売されていると言われています。

ホイールシリンダー内部が錆びついた場合ではブレーキの引きづり、せりなどと言われる事が発生してしまう事となり、検査に合格しなくなってしまうのでしっかりと確認しておきましょう。

 

自動車のタイヤ交換

一般的にタイヤを交換するためには馴染みの店を選ぶ人が多いと思います。

ガソリンスタンドやカーディーラーやタイヤ専門店、オートバックスなどといったカーショップなど、他にも様々な所でタイヤを取り扱われているものなのです。
最近ではネット通販で購入する事も可能となっているので、それを自分で取り付けたりカーショップに持ち込む人も増加してきていると言われています。
以前では商品を購入して取り付けだけ頼むといったうような持ち込みは嫌われていた傾向にあったのですが最近ではハッキリと持ち込みOKとホームページに書いてあるような店も多くみられます。
ネットで購入したとしてもタイヤの取り付け店の紹介までしてくれるような店もあると言われています。
自分で交換した場合は古くなってしまったタイヤの処分に非常に困ってしまうものですが取り付けを依頼すれば有料となりますが廃タイヤの処分まで行ってくれる事もあるので、そうしたところなら非常に助かるものだと思われます。

何と言ってもプロに付けてもらえるという安心感があるので良いでしょう。
また、出張交換を行っているところもあり、近くにそのような店があるのかどうかを調べてみるのも良い方法だと思います。

メーカーとグレード、サイズにより、大きく変わってくるものなのです。

ブリヂストンやダンロップやヨコハマなどといったメーカーは有名な分、価格も高いもの。

しかし、その分、車の乗り心地も良いものとなるでしょう。

 

輸入車の修理費用は高いって本当?

 

車修理や板金塗装業者は奥が深いもので作業する業者により料金が高いだけでしっかりとした修理を行ってくれなかったり、無駄に時間がかかってしまったりと、客の負担となり跳ね返ってくるという事が多くあるのも事実と言われています。
しかし、もちろんその逆もあって料金も安いのにクオリティの高い業者も存在するのです。
どうすれば失敗しないのか?

それは修理、板金塗装業界をしっかりと把握しておいて、自分の状況に合った業者を選ぶようにする事でしょうか。
外車は故障が多いものだ、維持費がかかるというイメージが大きく定着しているかと思われますが、やはり外車はカッコいい、オシャレに乗りたいと外車を愛用している方が多いと思われます。
そういった愛車のメンテナンスを的確にアドバイスしてくれて、なるべく安価に提供出来るように心がけているという訳なのです。
そのためには早めの診断を行う事が大切なのです。

実際に3万円の修理が無理をして走行してしまっていると何十万と言う価格になってしまうような事にもなりかねません。
楽しいドライビング生活を送るためには万全の安全チェックが必要だという事なのです。
ドライバーがセーフティーでも車に故障があるなら意味がないので。

安全ドライビングには故障を無くす事が重要でしょう。

 

車のエンジンオイル交換にかかる費用

 

エンジンオイルというのは車のメンテナンスの基本中の基本と言えるでしょうか。

単純なメンテナンスだけど怠っていればエンジン破損になりかねない重要な整備の1つなのです。
ここでは整備士の時間工賃を6000円として計算しています。
工場によってはさらに高い所もあるのであくまで目安として参考にしてください。

6000円~8000円位が整備士の時間工賃として設定が多い金額だと言えるでしょう。
エンジンオイルはエンジンの中を潤滑にするというだけではなく、冷却や密封などの様々な役割を果たしているものなのです。

熱による劣化なども考えられるので定期的に交換をしていかないといけないものなのです。
エンジンオイルの交換には一体どれくらい費用がかかるのか?

工賃というものが設定されており、整備指数は0.2という数字が設定されている事が多いとされています。

0.2時間に時間工賃を6000円で算出するとエンジンオイル交換の工賃が分かるという訳なのです。
つまり、0.2時間×6000円で1200円となります。

これがエンジンオイル交換の工賃となるという訳なのです。

これにオイル代を付加するとエンジンオイル交換費用がわかるという訳なのです。

オイル1リットルで1000円を4つ、+工賃1200円とすると5200円となります。

 

車のマフラー交換にかかる費用

マフラーは錆びてしまって穴が開いてしまうと車検に適合しなくなるので交換が必要だと考えられるものなのです。
わりと高価な部品なので交換費用はどのくらいになるのか、と気になる方も多いと思われます。
※ここではサイトでは整備士の時間工賃を6000円として計算しています。

工場によっては、これよりも高い所もあると思うのであくまで参考程度にしておいてください。

一般的には6000円~8000円程が整備士の時間工賃として、設定の多い金額だと言われていますよ。
マフラーに穴が開き、排気漏れを起こしている場合などでは車検に通らなくなってしまうのでマフラーを交換しなければいけません。
マフラーを交換するには錆びたネジを外さないといけないので、DIYでは歯がたたない事もあるそうです。

ネジの状態では酸素とアセチレンガスが使用できないとマフラーの交換はできないと考えられるのです。

ステンレス製のチューニングマフラーの方が錆びにくいのでオススメですよ。
プロに依頼すればマフラー交換費用は一体どれくらいになるのか?
一般的にマフラー交換費用の工賃は0.7時間となっている事が多いです。

これに時間工賃を6000円として計算するのならば0.7時間×6000円で4200円となります。

これがマフラー交換費用の工賃となるという訳なのです。

そして交換するマフラーの価格によっても違いが出てくるのは当然の事なのです。

 

車のバッテリー交換にかかる費用

車のバッテリーの寿命というのは、およそ2年~3年ぐらいと言われている。
しかし、4年や5年、それ以上使っていても大丈夫なケースもあるそうです。
それはカーナビやエアコンやステレオなどの使い方やバッテリーの性能や大きさや寒冷地などといった環境によっても使える長さが大きく変わってくるからと言えるでしょうか。
ランプ類が暗くなったりエンジンのかかりが悪くなってきているのならバッテリーが消耗している状態で、寿命も近くなっている事がわかるでしょうか。
そういった感覚的に分かりにくいと言う方の場合はガソリンスタンドやカーショップやディーラなどによって電圧などを測ってもらう事も可能ですよ。

実際に取り換える場合では何に費用がかかってくるのかと言うとバッテリー本体の代金と作業工賃の2点が考えられます。
作業工賃に関しては無料な所~3000円程度となっている場合が多いとされており、バッテリー代金も含め、事前にいくらになるのかをしっかりと確認してから依頼するように。
バッテリー本体を安く購入しようと思うのならホームセンターやオートバックス、イエローハットなどといったカーショップを利用すると平均的に4000円~5000円から販売されています。
オートバックスやイエローハットの株主優待券はオークションで売られているのでそれを購入して使用する事も可能です。

 

カーナビ取り付け費用の相場

カーナビにはインダッシュタイプとオンダッシュに分けられ、取り付け位置や取り付けスペースによって選ぶ事が可能となっているのです。
また、地図もデータ量に応じ、HDDナビやDVDナビなどといったタイプから選択する事が可能なのです。

・インダッシュタイプ

このインダッシュタイプというのはダッシュボードのDINスペースに取り付けるタイプの事を言います。

DINというのはドイツの工業規格の名称の事であり、カーナビの大きさはこの規格に合わせて決められているものとなっているのです。

2DINが縦100mm×横178mmで1DINが縦50mm×横178mmの大きさになるものと定められているそうです。

・2DINタイプ

これはダッシュボードの2DINスペースに取り付けるタイプの事です。

これ1台でオーディオ、ビジュアル(DVDやテレビなど)、ナビといった3つの機能を楽しむ事ができるものです。

別体のナビユニットは必要ないと考えられます。

ダッシュボードにスッキリと収まる人気のタイプとなっています。

取り付け工賃としては15000円~25000円程度と考えられます。

・1DINタイプ

これはダッシュボードのスペースが小さい車の場合の1DINスペースに取り付けるタイプとなっています。

別体のナビユニットが必要なくなるので見た目が非常にすっきりするという特徴があります。

取り付け工賃としては、およそ15000円~25000円でしょう。

※これらはもちろん、取り付け場所や機種、車種によって違いがあるものです。

 

ETC取り付け費用って?

 

ETC取付工賃について調べてみました。

ETCを取付けるのには、一体どれぐらいの費用がかかるのか気になる方も多いと思います。
まず、ETC設置に必要な費用としてはETCの機械とセットアップ料、取り付け費用の3点がかかってくると考えられます。
この他にETCカードが必要となるのです。

セットアップというのは車のナンバーや全長や幅や重さなどを登録する事となります。

車検証のコピーは最低必要となるので用意しておくようにしましょう。
取り付け自体は男性の場合は自分でも出来きる方もいらっしゃるかもしれませんがその際、面倒ならショップに頼むと3000円~5000円程度で行ってくれるでしょう。
ETCの機械本体はアンテナが本体と別体のモノの場合は少し高い傾向にあると言われています。
ETCカードについては、これはほとんどのカード会社が無料で発行してくれるものとなっています。
ETCを使用すればスムーズにゲートを通り抜けられるだけではなく早朝夜間割引や深夜割引、通勤割引、マイレージなどといった割引制度が非常に多くあるので遠距離を高速に乗って移動する場合であればETCをつけてもですぐに元をとる事ができると思われます。
ETC本体は1万円程度からあるそうで、最低限セパレートタイプであれば問題ないでしょう。

 

車傷の修理費ってどのくらい?

 

運転している時、あるいは駐車をしている時にできてしまった車の傷などありませんか?
かすり傷やひっかき傷程度なら自分でも直す事もで可能だと思われますが車の傷でも、どこかにぶつけてしまって凹みが出来てしまった場合などで考えると自分で直すのはちょっと無理なものだと思います。
業者に依頼すると、ほとんどの凹みは直してもらう事ができるでしょう。

あまりに目立っている凹みで、これでは直すのも無理だろうと思っていても車が戻ってくると凹んだ場所が一体どこだったのか分からなくなるほど、きれいに直っていて驚きます。
業者の凹み修理では板金塗装が一般的に行わるもんだと言われています。
まず、塗装を削って剥がして専用の工具を使用して凹みを修正していくのです。
その後パテを乗せて新しく塗装し直して表面を綺麗に仕上げれば修理の完成となります。
凹みの修理で1番気になるのは費用だと思います。
1回の修理で4万~6万円程度の費用は覚悟しておきましょう。

先ほど挙げたような多くの工程を経るため仕方のない事と言えますが、やはり痛い出費と考えられるのです。
しかし、最近こうした工程を経ずに凹みを直す事が出来る修理方法が注目を集めているそうです。

その方法はデントリペアと呼ばれるものでデントツールという工具を使用して、塗装をする事なくへこみを直す修理方法となっているのです。

このメリットは板金塗装で生じる工程の多くを省くので費用が大幅に節約できる所でしょうか。

1度の修理が1万~2万円程度の出費で済むと言われていますよ。

 

車のへこみを修理費用ってどのくらい?

車を修理しようと思った時に修理代金がいくらかかるのか気になる方も多いでしょう。

車の修理に関しては微細な傷や凹みにしても修理費用が高額になってしまう事も多いものです。
大きなキズともなると修理費はさらに高いものとなってしまうでしょう。

そうした車の修理費が初めに一体いくらかかるのかを知る事ができると腹づもりも決まるものだと思います。
そのため、愛車の修理費が一体どれくらいの費用になるのかを初めに見積もりをとっておく事を強くオススメします。

車の修理費は初めに見積もりをとっていれば大まかなコストを知る事ができるでしょう。
自宅近所に工場がある場合は無料で出張見積もりをしてくれる所もあるのでこれを利用しない手はないでしょう。
近くにこのようなところが無いという方の場合はネットを利用して無料で見積もりする方法も良いかと思います。

修理したいキズや凹み部分をカメラで撮ってアップロードするだけで修理にかかる費用を見積もってくれるところもありますよ。
写真に写らないキズや難しい修理を必要とする際は実際に状態を調べてもらい、しっかりと見立ててもらうようにしましょうね。
そして見積もりは1社だけで満足せずに他でも行うと、費用とサービスの差を比較する事ができるので便利ですよ。

 

フロントガラスの費用って?

フロントガラスの値段についてですが安いものから高いものまでピンキリあるものと言えます。
違いとしては自動車メーカーの純正ガラスか社外品輸入ガラスかという違いが出てくると思います。

その他に高性能断熱ガラスや中古ガラスなどもあるのです。
フロントガラスに飛び石などでキズやひび割れなどができてしまった場合は リペア、つまり修理や補修か交換という選択になってしまうものだと思います。
リペア専門の自動車ガラスの修理業者もいるのですが、ほとんどの場合は500円玉大以上のキズ、または15cm以上のヒビなどの場合では交換になってしまうと言われています。

リペアとしては15000円~30000円ほどが相場と言えるでしょう。
交換となればフロントガラスの値段が気になる所なのですが参考までにホンダの普通乗用車で純正フロントガラスが55000円のものが格安の社外品輸入ガラスの場合では27500円と、純正のおよそ半額になったりする事も珍しくはありません。
フロントガラスの価格の違いおいうものは一体どうしてこれ程の差があるのかと言うと自動車ガラスの仕入れと卸しルートにかかる流通費用が大きく異なる場合が多いと言われているようです。
社外品ガラスや輸入ガラスが安いために質が悪いという事ではないのです。
一定基準の規格を合格していないと車検に通らない事になってしまうので輸入ガラスなどは 米国規格、欧州規格などに合格しているものであり、日本のJIS規格以上の厳しい条件をクリアしているものとなっているので、もちろん車検にも対応しているのでオススメだと思います。

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ