今よりも車の保険料を安くする方法と手順

車保険会社を見直すとなぜ保険料は安くなるの?

必要な補償を受ける事が可能な自分にとって最適と言える自動車保険は、それぞれの環境によって常に変わっていきます。
したがって車の乗り方が変わったのであれば、自動車保険を見直すようにして下さい。

例えば、通勤に自動車を使用しなくなった、免許がゴールドになったなどといったように見直しをするタイミングは様々あります。

また、それぞれの保険会社で保険料も違ってきます。
見直しを行う事をしなくて毎年とりあえず更新しているようでは、自分の知らない間に余計な保険料を払ってしまっている事もあるのです。

そのため、加入されている保険の内容のみならず、保険会社も変える事まで視野に入れて考えて、なるべく沢山の会社から見積もりを取るのが重要となるのです。
自動車保険を定期的に見直しするのは、自分に最適な保険を探すのに必要不可欠な作業とも言えます。
運転する人が変わる、車両を入れ替えるなどの場合で申告する事を怠っていると最悪の場合で事故を起こした時に補償を受ける事が出来なくなってしまう事も考えられるのです。
このように自動車保険の見直しが必要な理由はカーライフの変化にあり、車の乗り方が変わると同時に適している自動車保険も変わってくるという事を覚えておきましょう。

 

車保険会社を比較するとなぜ保険料は安くなるの?

自動車保険を選択する時、出来るだけ沢山の保険会社から見積もりを取って保険料はもちろん、補償の内容などを比べる事が重要と言えます。
保険料を安く済ませたい!と思っている人には、自動車保険を見積もり比較する事は大きな効果を生みます。

知名度の高いズバット自動車保険が行った自動車保険に対する意識調査というものがあります。
それによれば、自動車保険に加入する際に比べた、または検討をした人でおよそ26%以上の方が保険料を安いと思う!と答えていました。
それに対して比べる事、検討をしなかった人は比率は5%程度にとどまったのです。
これは保険料を安い!と思われている人の割合に5倍以上の差が出てしまっている事になります。

しっかりとした補償を用意しながら保険料を安く済ませるには、沢山の保険会社から見積もりを取るようにして実際に見比べて考える事は必要不可欠でしょう。

日本国内で大手保険会社が扱っている保険と直販型の自動車保険の保険料を比べてみると2倍程度の差が出てしまう事も決して珍しい事ではないのです。
安い保険料をウリとしてシェアが拡大している直販型の保険に対抗するために東京海上ホールディングスが通販型のイーデザイン損保を設立したりと、保険会社の競争は激化している時代と言えます。

 

 車両保険をやめると保険料は安くなる!

自動車保険というのは、たとえ契約期間の最中でも途中で解約する事は可能です。
しかし、車両保険だけは途中で外す事は不可能となっています。

自動車保険を外すとなれば、保険料を一時払いで払っていたなら、解約返戻金は一体どの程度戻ってくるのかを気になる方も多いと思います。

解約返戻金は一時払いから経過した分だけ差し引くと良いのだが、実際に戻ってくる金額は経過期間で案分するよりも戻る金額は一般的に少なくなる傾向があるのです。
一時払いは支払いは特になるのですが、保険を解約する時を考えると月払いで支払いをしている方がお得になるのです。
しかし、きっちりと案分で返還されなかったとしても、ほとんどの場合で近い金額は戻ってくるでしょう。

保険料を安くしたい場合は誰もが保険金額を下げれば良いだろう!と考えるものです。
しかし、実際に変更した場合、仮に対人賠償の無制限を1億円に変えても数百円から千円ぐらいしか安くならないのです。
このように危険性を考えても、対人賠償は必ず無制限にしておくようにしましょう。

これと同じで対人賠償を無制限をから1千万円に変更したとして、わずかな違いにしかなりません。
対人賠償と対物賠償、さらには搭乗者傷害などの保険は自動車保険の中で最も重要と考えられます。

 

保険料の支払いを月払いから年払いに変えると安くなる!

自動車保険の保険料の支払いに関してですが、ほとんどの会社で月払いか年払いで選ぶ事が可能となっています。
この場合、当然の事ですが年払いで払った方が月払いの総合と比べると安くなり、大体5%ほど得になるそうです。

保険料を節約したいという場合は一括で支払いをしてしまった方が良いでしょう。
しかし数万円の保険料を1回で払う事が出来ない人もいると思いますので、無理はせずに月払いを選ぶ事が出来る保険会社で検討する事をオススメします。

月払いや分割払いと言っても、それぞれの保険会社で対応も様々ですので、その辺りも考えながら保険会社を選ぶ必要があると思います。

仮に月払いと言えば12回に分けて保険料を支払いをすると思われるのが一般的ですが、保険会社によっては分割の回数が違う場合もあるのです。

さらにイーデザイン損保みたいに月払いや分割払いをなくて、クレジットカードで一括で払ったものを、カードの支払いの基準で分割払いするといった形もあるのです。
そのため、このような保険会社に契約して分割払いを利用する場合は、クレジットカードを持っている事が必要条件となるのです。
支払い方法に関して、悩んでいる方はじっくりと自分自身の状況を考えて検討してみてください。

 

各社の自動車保険の割引制度を利用すると安くなる!

車に標準装備、またはオプションで付けられる安全装置、ABSやエアバッグなどといったモノや家族限定や年齢制限などといった契約の形で保険料を割り引く事が出来る制度があるのです。

この制度を上手く活用すれば自動車の保険料をかなり安くさせる事が可能となるのです。
保険料を安く済ませたい人は、自分自身の車の確認はもちろん、運転者などを考えて自動車保険を安くさせる工夫を行う事が必要不可欠となります。

自動車保険の割引は、保険会社に共通しているモノもあれば一部の保険会社だけにあるもの、割引の内容が少し違うものなどといったように様々な形があります。
また、保険会社によっては扱っていない割引制度もあるので、確認しておく事が大事です。

ABS割引というのはアンチロックブレーキシステムを装備している自動車の保険料を割り引いてくれるサービスとなっており、対人賠償、対物賠償、搭乗者傷害保険に適用される事となります。
エアバッグ割引というのはその名前の通り、エアバッグが装備されている車の保険料が割引かれるというもので搭乗者傷害保険に対して適用される事となります。

安全ボディ割引というのは衝突安全基準に合った自動車の保険料が割引かれる制度で搭乗者傷害保険に対して適用されるものです。
他にもゴールド免許割引、運転者の年齢限定割引などといったように内容により、保険料が割引きされる制度には様々あります。

 

 

不要な特約を外すだけで自動車保険料は安くなる!

一般的に必要と考えられている自動車保険の特約とは保険料を安くさせる効果がある特約、そして運転環境の観点から付けておけば有意義な特約と言われています。
保険料を減少させる効果がある特約として、挙げられるのは見積もりの条件を入力する時に運転者の限定特約や年齢条件などでしょう。

自動的に付けられる特約は、その多くが重要な特約だと考えられています。
そのため、保険料を安く済ませたい!と思って、無理矢理外す必要なんてないです。

使っている自動車が新車の場合は車両新価保険と呼ばれる特約を付けておけば、車の全損や故障になってしまった場合でも新しく自動車を取得する場合の費用補償を持つ事が可能となるのです。
そこそこ良い自動車を持っており、自動車への愛着が強い傾向にある人は、代理店型の保険を検討して車両保険に関わる特約を考えてみるのも良いと思います。

それとは逆に自動車に対しての補償をそこまで重視していない場合は、このような特約は必要ないと言えます。
特約よりかは車両保険をカバーさせて、人身傷害保険の保険料を出来るだけ高くさせた方が保険としての価値はもちろん、安心感も高くなると思います。
不要な特約を外す場合は、しっかりと考えてから行いましょう。

 

運転者の年齢条件・範囲を変更すると保険料は安くなる!

自動車保険の年齢条件というものは保険料にかなり影響してくるものです。
年齢条件は車両保険のみに影響するのではないが、実際の事故を引き起こすリスクを反映しているので、
保険料構成比が高い車両保険はこれによって大きく変化してくるという訳なのです。

保険料が1番高くなる区分は全年齢で、その他は年齢区分が上がれば上がるほど保険料が安くなるようになっています。

隣り合わせの年齢区分で見て、保険料に最も差が出るのは全年齢と21才以上の間だと言われています。
全年齢とは18才~20才までの運転者を補償の対象とする年齢区分ですが、
仮に21才以上の保険料が10万円程度の場合、全年齢では10万円なんて軽く超えてしまいます。
契約する車両により、保険料が15万円以上になってしまうケースもあるのです。
単純に月払いをしていても毎月1万円超えてしまう事になるので非常に大きいものだと言えます。

21歳以上の保険料が大体10万円程と考えると30歳以上や35歳以上の補償の場合は65000円程度になり、差は大体2倍以上出てしまう事になるのです。

最近は若い世代の方達の自動車離れが進んでいると言われていますので、年代ごとの事故リスクも変わってきています。

 

車種によって車の保険料は安くなる!

自動車は排気量、駆動方式などといった事を基準として法律により、細かな型式に分けられているものです。
全く同じホンダのフィットでも10種類ぐらい型式に分けられています。
このように全く同じタイプの自動車の場合でも型式が違う事が多くて、その差が保険料にも関わっているという事なのです。

型式ごとの料率を定めた型式別料率クラスでは最低のランクと最高のランクを比較すると保険料はおよそ4倍ほど違ってきます。
そのため、保険料が安くなる型式の自動車を選ぶのも保険料を節約する事に繋がるでしょう。

自家用の普通自動車と小型自動車の保険料は自動車の型式別に設定された型式別料率クラスで計算式が異なる事を覚えておきましょう。
型式別料率クラスというのは、それぞれの型式の損害率に応じて9つの段階に分けられています。
この数値が大きい程、保険料も高くなっていく仕組みになっているのです。

料率クラスが1つ上がるだけでもおよそ20%上がるので料率クラスの1と9を比べると保険料に4倍という大きな差が生まれるという訳なのです。
車種が影響してくるのは何も型式別料率クラスだけではなく、ある特定の車種などの場合は割引きを受ける事が出来るケースもあります。
保険会社により、エコカー割引などといったサービスがある事があるのでチェックしましょう。

 

各車保険会社の見積もりをとって一番安い保険料の会社を探す!

自動車保険に必要な保険料を安くするのに必要不可欠なのが、見積もりと言われています。
いくつかの保険会社から見積もりを取り、保険料を実際に見比べてみるという事は、自分に最適な自動車保険を探すにあたって非常に大切な事になるのです。

さらに自分自身で見積もりを取って、いくつかの保険会社の見積もりを見ていると自動車保険の補償の内容についても理解度が深まってきます。
最初は各補償が一体どういう時に役に立つのか?分からない!という方も多いものですが、
興味を持って自分自身で積極的に調べるようになってきたら、自動車保険に関して詳しくなってくるでしょう。
この点も自分自身で見積もりを取る事によって生まれるメリットと言っても良いでしょう。

実際に見積もりを取ると分かる事ですが、全く同じ条件で見積もりを取っても同じ保険料になる事はないです。

前々から通販型の保険は安いという認識が高いですが、最近では代理店型の自動車保険も変わってきており、
契約する内容によっては通販型と変わらない金額になる場合もあるそうです。
一括見積もりはネットを利用すると無料で行えますし、見積もり依頼を行うと様々な特典をもらえる場合もあるのでオススメです。

 

 走行距離を短くすると保険料は安くなる!

1年間での走行距離により、保険料が安くなる!という事は色々な自動車保険のコマーシャルでもよく使われるフレーズなので知っている人も多いでしょう。
年間の走行距離をリスク細分として、保険料に差を出している保険会社の中で有名な所はソニー損保でしょうか。
しかし、これと同じリスク細分を導入されている自動車保険は様々あり、チューリッヒ自動車保険やアクサダイレクト、さらにはセゾンなどが挙げられます。

自動車を運転する機会があまりない人や車を使用する目的が家庭用だけといったように、あまり使わない人の場合は走行距離で割引かれる自動車保険を利用するのが、保険料も安くなってお得になります。

仕事はもちろん、生活スタイルなどが変わった事によって前と比較すると運転する距離が短くなっている人なども、このような保険会社で見積もりを取ってみる事をオススメします。

ソニー損保の自動車保険を利用されている方も非常に多いと思いますが、ソニー損保の場合、走行距離区分が無制限を含めると7つもあるのが特徴です。
一般的には細かに分けられている方が保険料も安くなりやすいと言われています。
しかし、最終的な見積もりとなると、他の様々な要素も関わって決まるものなのです。
一括見積もりを上手く利用して、いくつかの会社で比べてみましょう。

 

 運転者を限定するだけで車の保険料は安くなる!

運転者を家族だけに限定させる特約がありますが、これは対象となる車を運転する人を本人と家族だけに限定する事によって基本補償や車両損害の保険料を安くする事が出来る特約となっています。

この家族限定特約を付けておいた場合、一体保険料はどの程度安くなるのか?と言うと、それぞれの保険会社で違いはあるものの、大体が3%から5%ぐらいと言われています。
この特約は運転者の範囲を家族だけに限定する事によって事故を起こす危険性を少なくした結果として保険料が割引かれているものです。
したがって、家族以外の人が運転して事故を引き起こしてしまっても補償の対象にはならないです。

家族の他の人も運転する可能性がある場合は家族限定特約を付ける必要はないでしょう。
逆に運転する人が、家族以外にいない!という方の場合は付けていないと損をしてしまう特約と言えます。
自分の環境に合わせて付けるかどうかを考えましょう。

また、運転者を限定させるのは単純に年齢もあり、運転を行う人の年齢に対して条件をつける事によって保険の適用範囲を狭めて安くさせる事が出来るのです。
年齢が若い人ほど事故を起こす確率が高いデータがありますので補償される年齢を上げれば、その分保険料が安くなる仕組みになっています。

 

 

車両保険の免責金額を変えるだでけ保険料は安くなる!

車両保険というのは自動車保険の費用の中の大きな部分を占めているものです。
この車両保険を外せば自動車の保険料は半分ぐらいになるでしょう。

こうした事からも、保険料のおよそ半分が車両保険と考えられます。
保険料の半分を占めてしまうとは言っても自動車本体を補償してもらう事が出来るのは安心でしょう。

車両保険の適用範囲や免責金額を工夫すればかなり保険料を安くさせる事が可能となります。
保険が適用される範囲については、一般的に一般車両保険かエコノミー+限定A、エコノミーという3種類があるものです。

1番補償範囲が広いのは一般車両保険となりますが、これは支払う事になる保険料も非常に高くなるのです。
そこまでしっかりとした補償なんて必要ない!という人はエコノミー+限定Aにするか、エコノミーに変えるだけでも保険料は安くなると考えられます。

また、車両保険の免責金額も保険料に対して大きな影響を与えているものです。
免責を0円にすると負担も当然大きくなってきますし、現実的に見て過失の割合が10対0という事は稀ですので免責金額は5万円から15万円に設定しておく方が総合的に考えて保険料を安く抑える事が出来るのに繋がると思います。

 

 

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ