【車保険の変更】今より安くしたい人必見!!

車保険の変更の流れって?

 
自動車保険会社の変更って意外と簡単って知っていましたか?ケータイ電話とか切り替えるのって大変なイメージがありますが、自動車保険ならネットで変更することができるんです。
今の車保険よりも良い(安い)保険を探すのだって5分~10分あればできます。
車保険の一括見積もりサイトっていうのがあってそういったサイトを利用すれば簡単に今より安い車保険を見つけることができます。しかも、無料で!!
車保険って基本的に1年間の契約で、継続更新をするのにも今加入している保険会社に手続きが必要です。と言っても、ネット上でできるので5分くらいの作業なんですが、変更する際も同じようなことをすればOKです。
要するに、いま契約している会社の継続契約をしなければいいだけのことなんです。
そうすると、自動的に満期日が終われば自動車保険の契約が切れます。
それと同時に新しい自動車保険会社をあらかじめ決めておいて、満期日から始まるようにしておけばいい話なんです。

電車を乗り継ぐくらいの感覚でできるので、今の保険料に不満がある人は是非やってみてください!

 

車保険の他社見積もりってどうやってするの?

車保険の他社の見積もりは、一括見積もりサイトを使えば簡単に見積もりを発行できます。
インズウェブなどの車保険一括サイトは無料ですし、最大で22社も一括で見積もりが取れるので、安い自動車保険会社を探すならかなり役に立ちます。

ちなみに、自動車保険の一括見積もりサイトで一番見積が取れる会社が多いのはインズウェブです。

いちいち、各自動車保険会社のホームページに入って見積もりを取るよりも、インズウェブなどを使って見積もりをとった方が比較もしやすいですし、何よりも作業時間が減ります。

一括見積もりサイトは一度自分の条件を入力するだけで、選択した各保険会社に一括で送信してくれるので手間はかかりません。
そして、見積内容がメールで返ってきます。そこで、保険料を見比べて選ぶだけなので簡単なんです。

 

車保険の契約内容っていつでも変更できるの?

車保険の契約内容はいつでも変更することができます。代理店型の自動車保険だとそういうわけにはいきませんが、ダイレクト系の自動車保険だとネット上で変更手続きができるのでかなり簡単です。

住所変更や車種変更、契約内容の変更などネット上でできるので、自分の条件が替わった時点ですぐに変更できます。
こういった柔軟性があるのがダイレクト系の自動車保険の特徴だと言ってもいいでしょう。

契約内容を変更するだけで保険料は変わりますので、最低でも年に1回は確かめてみましょう。それと同時に他者の自動車保険はどうなのか?っていうのを確かめるとなお良しです。車保険の保険料は毎年変わるので、去年まで一番安かった保険会社が次の年では違うっていうことはざらにあります。

自分の今の条件だとこの保険会社が一番安い(お得)だって思っている人は大きな間違いですよ!!
毎年、自分の条件にあった保険会社はコロコロと変わっているんです。

 

車を買い替えたら車保険も変えなければならないの?

今まで使用していた車を売って新しく自動車を買った場合は保険会社や代理店に車両を入れ替える報告をしないといけないでしょう。

基本的に自動車の購入を決めてから納車をするまでは、ある一定の日数があるので、その間に新たな自動車に保険が適用されるよう手続きを行っておくのが良いです。
入れ替え手続きに関しては新たな自動車の車検証などといった車の内容が分かる書類が必要となるので用意してください。

納車する前なら、車検証は手元にないと思うので売買契約書などといった代わりを用意する事となります。
車両入替が可能な車種はある一定の範囲が定められており、バスや二輪、原付や営業用の車などの場合では入れ替えを行う事は不可能です。

自動車の入れ替えを行なえば保険料は異なってきます。
ノンフリート等級が全く同じだったとしても、車種や型式が変わると保険料も違ってくるという訳なのです。

さらに車両保険に入っている場合は車両保険の金額も異なってくるので、保険料の異動も起きるという訳なのです。

自動車保険の保険料というものは車の種類はもちろん、型式別で定められている車両料率クラスと呼ばれるものによっても異なってくるのです。

乗る自動車が変わると料率のクラスも異なってくるので保険料も異なってくるでしょう。

 

車保険の変更時期って?いつでもできるの?

自動車保険というのは一度でも入ると変更を行う機会はなかなかありません。

自分の周りの環境が変わる、他にも保険料が安い自動車保険や新たな保障を組み合わせた保険が出てきた時も変更を行わずにそのままの状態で今の保険に加入し続ける人が非常に多いです。
保険業界も競争が激しくなっていて沢山の保険が新たに販売されていて保険料も変えられてきているのです。

今加入している保険より、全く同じ保障にも関わらず保険料が安い保険が売られているケースもあるのです。

最近ではエコカーと言われている自動車を対象にしている保険商品、または割引サービスも出てきてます。
自動車保険の内容を変えるタイミングは特に基準はないのですが、例としては言えるのは家族が増えた減ったなどで保険が適用になる人が変わる事があれば、それに伴い自動車保険も変えていく必要が出てくると思います。

保険料を支払う事自体が厳しくなってきているなら、保険料の未払いを避けるようにするための変更も必要になってくると言えるでしょう。
任意保険は基本的には1年毎に更新していくものとなっているので、この時期に合わせて変える人も多くいるようです。

この場合、更新を行うまでに様々な保険社を調べておく事で変更を行う際もスムーズになるのでオススメです。

 

車保険会社の変更メリットって?

自動車保険というのは利用する会社はもちろん、割引サービスが有るか無いか、特約などによって補償の内容や費用に大きな差が出てくるものです。

条件を絞り込む事によって保険料を安く抑える事が可能なので、自動車を購入する際に入った自動車保険のままでは損している可能性も出てしまいます。

今入っている保険が、本当に自分に合っているのか見直す事が重要となります。
自動車保険会社を変更する事で生まれるメリットとして挙げられるのは保険料が安くなる事でしょう。

事故を引き起こした時に補償の対象となる範囲を家族、もしくは26歳以上など年齢を限定させたり、走行の距離を想定して契約を行う時に設定を行うなどといったように保険料を安くさせる方法は多くあるものなのです。
様々な自動車保険会社が提供しているものにロードサービスが挙げられますが、無料のレッカー移動の距離、宿泊に関する費用が払われる範囲には異なりがあるものです。

自動車保険を見直して乗り換えを行う事によって、手厚いサービスを受ける事が出来る場合もあります。

事故を起こした際、一緒に乗っていたペットのケガまで補償してくれる特約や事故とは別の傷害に対しても補償してくれる特約などといったように、各保険会社は色々な特約を用意しているものです。

 

車保険会社の変更デメリットって?

自動車保険の任意保険の場合、加入している保険会社を別の会社に変える事が可能です。

その時に等級も引き継ぐ事が可能なので損をしてしまう心配はないです。
一般的に保険会社を変える時、前の保険会社に事前連絡をする義務はないです。

今契約している内容で、他の保険会社と契約を行うのであれば契約者の同意があるなら構わないのです。
無断で保険会社側が保険契約を継続するのは法律的に違反になっているのです。

しかし、契約が自動的に更新されるようになっているなら、連絡をせずにいると自動的に更新されてしまうので、そうした場合は事前に連絡を入れておくようにしましょう。
等級の事を詳しく説明するとなると、今まで無事故等級なら車両入替えが出来る車種の場合、保険会社が別の所になっても等級はそのままの状態で引き継がれる事となるのです。

割増された場合の等級は消えずに今の等級がそのままの状態で引き継がれるという事を覚えておきましょう。
ただ、前の契約の満期日の次の日から8日以上経っている場合は前の契約の等級を引き継ぐ事が出来なくなってしまいます。

それによって6等級からの始まる事となるので、無事故を継続してきた人の場合は損をしてしまうケースもあります。

 

車保険の名義変更ってどうやってするの?

自動車の名義を変更するのに必要となる書類は、それぞれのパターンによって違いがあるものです。

自動車免許証や住民票などといったように変更を確認する事が可能な書類と保険会社側が用意してくれる名義変更の書類が必要となります。
等級は配偶者、または同居している親族なら引き継ぐ事は可能になっているのです。

父が契約者で20等級なら、同居している子供に名義を変更すると、そのままの状態の20等級を引き継ぐ事が出来るという訳なのです。

子供が同居していないなら、等級を引き継ぐ事は不可能です。

結婚して名字が変わってしまった場合は公的証明で旧姓から新しい苗字へ変更した事を確認する事が出来る書類が必要となるので用意しましょう。
親子間の名義の変更をするのは同居の親族なら、誰でも出来ます。

親から子に自動車保険の名義を変えたい場合、同居している間に変更の手続きをするようにしましょう。

子供に等級を引き継がせたい時は同居している間に保険者の名義を子供に変えておく事によって

子が被保険者となるので例え家を出て行っても等級を引き継ぐ事が出来て保険料が割引きされます。
流れとしては、まず最初に自動車保険の名義変更の手続きを行う事となります。

親から子の名前に変えて、別居後、または婚姻した後に住所や苗字を変えましょう。

車検証の名義の変更に関しては同じ所で継続して契約するなら必要はありません。

 

離婚後の車保険の名義変更と方法について

離婚した後に自動車を片方の名義にする場合、または、そのままの状態にしておく時があると思います。

一般的に結婚している間は主人の名義であった自動車を妻の方に変えるケースがほとんどでしょう。
普通車か軽かによって、自動車の名義を変える方法と場所は違いがあります。

それでは、一体どうやって普通車と軽を見分けるのか?と言うと、それは自動車のナンバープレートを見る事が重要です。

ナンバープレートが白色の場合は普通車で、黄色なら軽という風に分類されています。

その他にも自動車検査証を見ると普通車か軽を区別する事が出来ます。
今まで夫の方の名義で自動車保険に加入していたが、離婚をした事によって自動車を自分しか使用しなくなったという場合もあると思います。

そうした場合、離婚の際の保険の名義を変える事で注意しなければいけないのは、
すでに離婚、または別居されているなら等級の引き継ぎを行う事が出来ません。
等級を引き継ぐ事が出来るのは配偶者、または同居している親族の間だけになります。

したがって同居していて婚姻関係がある間に保険の名義を変えておいた方が良い事になります。

この時期を逃してしまったのであれば、新しく6等級から始めるしかないでしょう。

 

車種を変更したら車保険を見直してみよう!

自動車を購入しなおした場合、すぐにでも保険会社に連絡をとって車両入れ替えの手続きを行わなければいけません。

もし、車両入れ替えの手続きを忘れてしまったら新たな車は保険に加入していない状態になってしまうのです。

当然の事ながら、その時に事故を引き起こしてしまったとしても保険料は支払われないのです。

そうなってしまうと困ってしまうのは避けられません。
自動車が販売されているお店で車両入れ替えの手続きを代行してくれる所もあり、代行をしてもらうなら車両入れ替えの手続きが出来たかを確認してもらうようにしましょう。

さらに車両保険に加入している場合、新たな自動車と前に乗っていた自動車で事情が変わり、保険料が違ってくるケースもあるのです。
自動車が変わった時の他にも年齢条件を家族限定にするなど変えて、保険の変更を行う場合もあると思います。

とくに車の使用者を限定し、保険料を安くしている場合は注意が必要です。
また、子供が免許を取ったから子供にも自動車を使わせたい、もしくは結婚したから配偶者が運転する事にもなる、
友達に自動車を貸す時に保険が適応されるのかどうか?といった点では場合により、保険料が高くなってしまう事もあります。

 

住所変更したら車保険を見直してみよう!

引越しを行うと転出届けや転入届け、電気やガス、さらには免許や自動車の住所変更などといったように手続きが多いものです。

自動車保険を住所変更する事は必要な事だが、ついつい後回しにしてしまって忘れてしまう方もおられます。
自動車保険の住所変更に関しては手続きをしないといけませんが、そんなに難しく考える必要はないものです。

保険の手続きと聞くと印鑑を用意し、様々な書類を用意しなければいけないものです。
しかし、代理店で保険に加入している場合は電話1本だけで手続きを行う事が可能となっています。

ネットで公式サイトから手続きを行う事も出来るようです。

通販型自動車保険では、ネットから公式サイトに必要事項を記入して指示通りに進めていくだけなので簡単です。
自動車保険の住所変更をしていても、保険料が支払われない!なんて事はないので安心してください。

住所が違っていたとしても契約者は同じで、自動車の所有も車台番号で確認をする事が出来るのです。
しかし、事故を引き起こしてしまった際、無駄とも言えるような手続きが必要になってしまう事もあるので、出来るだけ早く変更しておく方が望ましいです。

自賠責保険は保険に加入している本人にかけている保険なので手続きをする必要はないです。

 

 車の任意保険の変更ってどこに連絡すればいいの?

自動車保険の任意保険の名義を変えるのは一体どうすればいいのでしょうか?疑問に思われる方も多いでしょう。

自動車を所有していて任意保険に加入している人の中には名義は妻になっているけれど実際は自分の方が使用する事が多いし、支払いも自分で払っているので自分に名義を変更したい、子供に等級などを引き継がせた!と思っている人も多いものです。

ここでは、このように考えられている人達のために任意保険の名義を変える方法について紹介します。
まずポイントとして挙げられるのは名義の変更を行って等級を引き継ぐ事が出来るのか?という点に関してですが等級の引継ぎをする必要がなくて条件を変更するなら新規扱いと同じなので問題ないでしょう。
これが問題になるケースは等級などといった今の契約の条件をそのままの状態で家族に名義を変える事が可能か、または個人で契約されていたものを条件は同じで法人契約に変える事が出来るかと言う点だと思います。

こうした場合では、その範囲は決められているものなのです。
まずは家族の範囲についてだが配偶者の間の変更というものは別居、または家計に一切関係なしで変更をする事が出来ます。

しかし、親子であるなら、条件は狭められているので注意して下さい。

 

誕生日を迎えたら車保険の年齢変更をしよう!

18才になってすぐに車の免許を取り、マイカーを手に入れたが自動車保険の費用の高さに驚かれた方も多いでしょう。

保険料を節約するためには家族限定や本人限定などといった条件や車両保険に入る場合は免責金額を設定する事や補償の範囲を狭くする事が重要になってくると考えられます。
親と同居していて車を1台持っている場合は、その保険の等級を引き継ぐ事が出来るのです。

親が契約されている自動車保険の等級が高いほど、安く自動車保険に入る事が出来るという訳なのです。
自動車保険の契約というものは基本的に、1年ごとに更新をしていくようになっています。

忘れがちになってしまうのが契約している期間内で迎えた誕生日と言われており、その際は21歳以上や26歳以上などといった年齢条件を付ければ保険料を安くする事が出来るので忘れないようにしましょう。
21歳や26歳などといった節目と言える誕生日を迎えた時はすぐにでも年齢条件を変えれば、保険料の割引を受ける事が出来るので手軽です。

自動車保険の内容はいつでも変える事ができるので、年齢条件に当てはまる誕生日を迎えたのであれば、忘れないようにして保険会社に連絡を入れるのが重要という訳です。

 

車保険って途中変更しても大丈夫なの?

保険の期間内でも等級を引き継がせた上、保険会社を変える事はでき、この事を中途切替と言います。
しかし、今まで加入していた保険の解約日と新しく加入する保険の開始日を合わせなければいけません。

解約した日から新しく保険を開始する日が8日以上空く、または期間が重なってしまったら等級を引き継がせる事が出来なくなってしまうので、手続きは慎重に出来るだけ早く行わなければいけないのです。
また、保険料を一括で払う場合、仮に1ヶ月足らずで保険を解約した場合でも残りの11ヶ月分は返金されてきませんので注意しましょう。

短期率と呼ばれる係数によって1ヶ月分の保険料を計算して差額を返金する仕組みなっている事をしっかりと覚えておきましょう。
大手のソニー損保の場合は1ヶ月内の短期率が25%に設定されていますので、支払いをした保険料の75%しか返戻金として戻ってこないという事になります。
さらに一般的に1年契約で満期の時期、他の保険会社に変える場合は事故がなかったのなら等級は1つ上がります。

しかし、途中切り替えの場合では上がらないので注意しましょう。

このような事をしっかりと考えてから中途切替を行うかどうかを決めるのが良いです。

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ