見積もりすれば安くなる車の任意保険

なぜ見積もりだけで安くなる?

自動車保険の保険料というものは毎年ごとに変わっていくものです。
これは契約者が1年間無事故だった、車両料率が変わった、ゴールド免許になった、
各保険会社の補償内容の改善や新たな特約が出来た事、新たな割引制度が出来た事などといったように様々でこの他にも多くの理由から毎年ごとに保険料は変わっていくものなのです。

もちろん、保険料が安くなるだけではなく、急に高くなる事もあります。
良い意味でも悪い意味でも毎年自動車保険の保険料は変わっていくという事になります。

そうとすると今契約されている自動車保険会社が前の年は自分の条件で1番安かったとしても、次の年も1番安くなる!とは一概に言えないのです。
保険料が変わるパターンとしては保険会社の補償と金額が変わるパターン、そして契約者自体の条件が変わってしまうパターンに分けられます。

契約者の条件が変わってくると今まで加入していた保険会社の場合では何も変化なかったけれど、他の保険会社では割引対象の範囲に合う条件になるから安くなるというような事もあるのです。
保険会社の補償や料金が違ってくると自分自身の補償の内容が変わっていなかったとしても保険料は変わってくるという事を覚えておきましょう。

 

任意保険はどこを比較すればいいの?

98年に自動車保険は自由化されて、それによって以前までは条件が全く同じ場合はどんな保険会社に入ったとしても同じ保険料だったが、割引や特約などは各保険会社によって様々ある上、保険料もそれぞれでバラバラになっています。
さらに契約者の細かなニーズに合った様々な特約があったり、
様々な割引を用意するなどで前より契約者ごとのリスクに応じた補償内容で契約を行う事が出来るようになったのは良い部分と言えます。

しかし、残念な事に、その分として非常に複雑になってしまったのです。
自動車保険に素人と言えるような知識しか持っていない人にとっては、分かりにくくなってしまいました。
面倒と思って保険会社を比べたり、いくつか複数の保険会社から見積もりを行わず、自動車を買ったディーラーや代理店に任せて任意保険を契約されている人が多いのが現状と言われています。

保険は人生を生きる中で自分はもちろん、他人を守るために非常に大事なものだし、知らない事で損してしまうのは意外に多いのです。
また、保険料を複数の保険会社で見積もりを行って比べてみると、安い保険会社を見つける事が出来ます。
専門家と言えるような知識まで勉強する必要はありませんが、少しは自動車保険を理解してから加入する方が良いと思います。

 

車両保険は必要なの?

車両保険を外してしまって自動車保険を契約している人も多いと思いますが、車両保険は必要なのか?と疑問に思う人も多いでしょう。

仮に年齢が若い人は、どうやっても自動車の保険料が高くなってしまうものです。
それによって保険料を安くするためとして車両保険を外す人が多いのですが、20万円~30万円ぐらいの安い中古車に乗っている場合はまだ良いが新車や修理代が高くなる輸入車などの車両を乗る場合は事故を起こして修理する事を考えると、非常に実費負担が大きくなって大変だと思います。

事故を引き起こす確率は低くても車両保険に加入していなかったために、ローンを組み修理代を調達する事となりますと、自動車のローンも返済していたら毎月の返済負担はかなり重くなるでしょう。

さらに自動車の運転をほとんどしないという事によって、車両保険を外している人も多いが、少しでも運転する機会がある場合は事故を引き起こす確率は0とは言えないのです。
そう考えたら車両保険が必要じゃない!と言う人は事故を起こしてしまった場合でも、
自動車の修理代を自分で用意する事が可能な人か乗っている自動車が古く、修理するぐらいなら、新たに乗り替える考えを持っている人ぐらいだと考えられるのです。

 

運転者限定をすれば任意保険は安くなる!

自動車保険の任意保険料を安くさせる方法には様々ありますが、運転者を家族限定にしてやれば割引きが適応される事となります。
これは、ほとんどの任意保険で利用する事が可能な特約となっていますので紹介したいと思います。

保険と聞くと人に対してかけるものだ!と考えられがちだが、自動車保険は個々の自動車を対象としている事を覚えておきましょう。
これは、つまり運転者に限定がないと誰でも自動車保険が適用されるという事になるのです。

仕事で使用する事になる自動車などは、頻繁に運転者も変わりますし、自分の自動車を友人に貸すようなケースもあるものです。
こうして不特性多数の人達が自動車を運転する事になりますと、運転の技術もバラバラですし、事故などを引き起こす確率も高くなると見られているのです。

運転する人を限定する事によって事故を起こすリスクが低くなるという訳なのです。
そこで家族の間で利用する場合、自家用車は運転手を限定しておくとリスクを軽減させる事の出来る特約を設けて保険料を安くしているのが運転者限定特約となっています。
運転者の限定には本人限定と家族限定、そして本人と配偶者限定の3つに分けられていますので、この中から自分の車の使用状況に合わせながら選択するようにしましょう。

 

 任意保険で見直すべき補償内容って?

自動車の任意保険とは内容を自分自身の自由に好きに変える事が可能となっていますので、必要と考えられる補償の内容も人それぞれで異なります。

仮に自分だけしか、その自動車に乗らない!という場合は搭乗者保険を付ける必要はないです。
他の人が自動車を運転する事が必ずない!という場合では他車運転特約も必要ありません。

必要な補償を考えるために良いのは自動車保険を一括で見積もり出来るサービスを利用する事だと思います。
各保険会社がオススメするプランが3つ程あるので、きっと参考になるでしょう。

他にも自分自身で調べる事によって、自動車保険の補償内容の勉強にもなるのでオススメです。
自動車保険の補償内容とは自分の条件に合わせながら変える事が可能になっているので、自動車の使用目的をしっかりと考えながら保険を組んでいくようにしましょう。

しかし、付ける補償が多くなるほど、それに比例して保険料も高くなってくるので、その点には注意するようにしましょう。
最初の間は多くの補償を付けると保険料も高くなると思うが、事故を引き起こさず継続して保険に加入していると、等級が上がっていって基本的な保険料も安くなっていくように出来ています。

 

車の任意保険見積りって何を準備すればいいの?

自動車保険に入っていると満期のおよそ2ヶ月前に契約している損保から更新の知らせが届くかと思います。
この知らせが保険の見直しをする時期の合図と言っても良いでしょう。

契約の内容や等級、保険料はもちろんの事、記載されている内容をしっかりと確認したら、他の保険会社の補償内容を見直してみるちょうど良いタイミングと言っても良いのです。
今加入している保険の満期の翌日である次の保険が開始される45日前までに次の損保を契約すると保険料が安くなるのでお得です。

それぞれの保険会社により、早期契約割引という割引が用意されている場合もあるので、じっくりと補償の内容を見て自分が定めた損保に早割がある場合は利用する事をオススメします。
見積もりに必要なのは保険証券と更新案内、そして念のためとして車検証となります。

ネットで契約をする場合では、保険証券などを提示しなければいけない事はないです。
見積もりをする際、必要事項に入力するだけで非常に簡単です。
等級、または自動車の情報が詳しく分かっていると手続きもスムーズにいくでしょう。

代理店の場合は必要な書類はとくにないと言われていますが、今加入している保険会社名と証券番号だけで良いです。
念のためとして満期案内がある場合は持参する事をオススメします。

 

見積もりには自動車保険証券が必要?

自動車保険の加入や見直しを行う際、必要になる書類として挙げられるのは車検証と保険証券、そして運転免許証が基本となります。

もしも紛失してしまったなら、すぐに再発行の手続きを取るようにしましょう。
中には再発行の手続きだけで数週間かかってしまう書類もあるのです。

必要な書類の準備が間に合わなくなってしまうと保険に加入する事が出来ない状態のまま、自動車を運転しなければいけない!なんて事にもなりかねないのです。

保険証券というのは契約者側の情報や等級、免許の色や適用される範囲、補償される金額、さらには車の種類や使用する目的などといった項目が記載された保険の加入を証明する書類の事となっています。

任意保険の保険証券は自賠責とは異なり、携帯する事を義務付けられていないものですが、
自動車保険の見直しを行う際や契約を変更する時に必要になりますので、自分で決めた場所に大事に保管しておくようにしましょう。

最近は保険証券の発行を断る事によって、保険料が割引れるサービスもあるのでオススメです。
この場合は保険証券に代わる書類が送られてきますのでしっかりと保管するようにしてください。
さらに通販型自動車保険の場合は、それぞれの保険会社の公式サイトに契約者のページが用意され、契約の内容などをしっかりと確認する事が可能となっているのです。

 

 複数社を一括で見積もるメリットって?

自動車保険の一括見積もりサイトは様々ありますが、これを利用するメリットとしては全く同じ条件で他の会社の見積もり内容を同時に比べる事は可能という点でしょう。

同じ条件で値段が異なる内容を掘り下げて調べると、保険会社ごとに様々な特徴が浮かんできます。
保険商品の特約などといったモノは省いて、シンプルで分かりやすい内容で勝負に挑んでいる所や
他の保険会社では特約として扱っている補償を全部スタンダードとして織り込んでいる事で価格が少し高く設定されている所もあるのです。

自分自身にとって基本的な補償の内容は押さえながらも費用の面で契約をするのか?費用よりも補償内容を重視して契約をするのか?で契約先の保険会社はある程度決まってくるでしょう。
デメリットとして挙げられるのは保険の内容や専門用語をしっかりと把握しない限りは保険見積りの内容を比べてみる事が出来ない点でしょうか。

自動車保険の公式サイトでは基本的な専門用語や保険会社独自の用語なども詳しく解説されている事もありますので、
それを参考にして複数社から見積もり取って比べていきましょう。
さらに、自分自身の年齢や車を運転するのは夫婦だけ、または本人だけといった限定の条件がある場合は保険料はさらに安くなるケースもある事を覚えておいてください。

 

なぜ満期時が任意保険の見積もりにいいの?

自動車保険というものは毎年1度は更新するのが基本的だと言われています。
そこで見積もりを行う時期というものは一体いつ頃からが良いのか?気になる方も多いと思います。
更新の見積もりは何時でも行えるという訳ではなく、今加入している保険の満期日が3ヶ月あるケースなら、見積もりを行う事が出来る保険会社は少なくなってくるのです。

自動車保険を更新する際の見積もりに関して言うと、およそ2ヶ月程前が適切とされています。
その逆に満期日までに余裕がないなら、これも問題になってしまうと考えられます。
保険の満期日と同時に新しく契約を始める事が出来る可能性もあるためと言えます。

ネットの一括見積もりなどを利用して見積もりを取る場合は、数日で見積もりが届くきます。
そして、そこから検討していき契約する流れになると考えられますますが満期日までに余裕がないようでは困ってしまう事になります。

満期日の大体1ヶ月前であれば十分に間に合うと思いますが、2ヶ月前ぐらいなら一括見積もりも受け付け出来るので、余裕を持ちながらその時期から見積もりを出すのがもっとも良いと思います。
このように自動車保険を更新する際の見積もりには、およそ2ヶ月前を目安にするのを勧めます。
車を買って初めて自動車保険に加入する場合は、必要な情報があると見積もりを行う事は可能となるでしょう。

 

免許がなくても任意保険の見積もりはできる?

自動車保険は代理店を経由して加入するかネットを利用して通販型から加入する方法に分けられます。
これらは、どちらから加入する場合にしても加入者と契約車の情報は必要不可欠となるのです。

新車、または中古車を買った時は納車される日に保険が有効になっていなければ、納車後すぐに車運転する事が出来ないので事前から保険加入する必要があるという訳なのです。
任意保険に加入していなくても、自動車を運転する事は可能なのですが事故の備えとして保険が有効になってから乗る事を心がけましょう。

自動車保険に加入する際は、複数の保険会社に見積りを取って実際に比べて見るのが一般的な方法でしょう。
最近では色々なサイトでも掲載されている複数の保険会社を一括で見積りできるサービスも増えてきているので非常に便利です。

どのような契約にしても車検証や免許、すでに保険に加入されている場合は今の保険証券があると自動車保険の見積り、または契約を行う事は出来るようになっています。
免許がなかったとしても試算の段階なら確実な情報でなかってもかまいません。
年式、型式まで分かっているなら、そこが保険代理店なら試算をしてもらう事は可能だと思います。

 

 任意保険と自動車共済って違うの?

自動車保険を選ぶ際、選択肢の1つとして共済を考えた事がある人も中にはいると思います。
しかし、共済と保険は何が違うのかをあまり分かっていない人も多いのが現状です。

自動車保険というのは保険業法と呼ばれる法律に基づき、認可を得ている損害保険だけが扱う事が可能なので保険という言葉自体を保険会社の他で使用する事は出来ないのです。
したがって、共済の場合は自動車保険とは呼ばずに自動車共済、もしくはマイカー共済などと呼ばれます。

保険という言葉は不特定多数の人達を対象としている言葉なのですが、共済の場合は特定の地域や職業などといった団体に限定された人達を対象にしている制度となっています。
さらに損害保険側は保険業法を根拠法にしているが、共済の根拠法としては様々挙げられるのです。

共済には損害保険の契約者保護機構みたいに保険会社側が経営破綻してしまった時に、契約者保護を行ってくれる事はないです。
ある一定条件を満たしていると共済は設立する事が可能なので、根拠法がないと言って違法ではないので、その点は勘違いしないようにしましょう。
根拠法がある共済は共済事業に関し、法律で定められている上、事業自体に各監督官庁が厳しくチェックをしているのです。

 

 任意保険を見積もったら絶対に契約しないといけないの?

自動車の維持費を節約するためとしては「保険の窓口インズウェブ」や「保険スクエアbang!」
などが有名な自動車保険を一括で見積りする事が可能なサイトを利用して、見積りをとるのがオススメです。
今紹介したサイトでは15社以上を一括で見積り可能ですし、見積り自体も初心者の場合でもおよそ15分程で完了させる事が出来て手軽で便利です。

しかし、一括見積りを行うと契約しないといけないのか?心配になられる人も多くいると言われています。

その点は安心しても大丈夫で、たとえ契約しなかったとしても問題はないのです。
保険満期前になると勧誘のメールが送られてくる程度で済むでしょう。

個人的な経験から意見を言わせてもらうと、過去にネットで金額を表示する事が出来なかった保険会社が
見積りが到着してから電話で見積りを見ていただきましたか?といった電話が1回だけかかって来た事があるぐらいでしょうか。

保険料の差がない場合はそれで良いし、差がある場合は検討して見ても良いと思いますので、自動車保険を見直しするのは、自動車の維持費を節約するのにオススメの方法だと言えます。
自動車保険は毎年ごとに見直しする事が可能なので、自動車の維持費を節約するのにはチャンスが多いと思いますし、金額的な面で考えても良いのです。

 

満期日はまだだけで車の任意保険は見積もりできる?

もしも自動車保険の満期日が過ぎてしまったとしてもオンラインで契約を行う事が可能な保険会社があるので活用しましょう。
ここでは、数ある中からオススメの2社を紹介したいと思いますので、気になる保険会社が見つかったら見積もりを取ってみる事を勧めます。

まずはアメリカンホームダイレクトで、ここは満期日が明日だ!という人も満期日が過ぎたという人でも見積りや申込みを行う事が可能となっています。
しかも、ネットから契約を行うとおよそ10%保険料が割引されるのでお得です。
さらに無料のロードサービスはもちろん、ホテルやレジャー施設などを特別の価格で利用する事が可能な特典も受ける事が可能です。
保険期間が開始される日が満期日の次の日から8日目以降になるなら、7等級以上の等級を引継ぐ事が出来ないので注意しましょう。
ネットから見積りして、契約した時はアメリカンホームダイレクトの保険料がおよそ10%割引きされますのでオススメです。

次に紹介するのは三井ダイレクト損保で、ここは事故に遭ったユーザーの方に安心を届ける事を一番に考えている良心的な保険会社となっています。
経験のある専任スタッフ達が最後まで責任を持ちながら、スピーディーに事故の対応を行ってくれます。
満期日を過ぎてしまっても6日以内までなら大丈夫な点も特徴です。
また、契約をした人全ての方にロードサービスがセットで付いてきます。

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ