車両保険を賢く選ぼう!

車両保険ってどんな保険?

車両保険について調べてみました。興味のある方は参考にしてみてください。

車両保険というのは自分の車が事故などによって損害を受けた場合、車の修理代を保証してくれる保険の事を言います。

事故だけではなく、火災や台風や盗難などによって損害を受けてしまっ時にも支払われる事になり、通常なら装備品なども補償の対象となるそうです。

一般的に自動車の任意保険と言えば対人保険や対物保険をイメージする方も多いと思われますがこうした保険は全部、他人の被害を補償するため保険と言っても良いでしょう。

つまり、このような保険に加入していたとしても自分の車の損害は補償されないという事になってしまうのです。

自分の車の損害を補償するためには、この車両保険に加入しなければならないという訳になります。

また車両保険と言っても、その中には様々種類があり事故の仕方によって、車両保険に加入していたとしても保険が降りないようなケースも考えられるのです。

車両保険はカバーする補償内容によって種類が分かれており、その種類により保険料にも違いが出てくるものなのです。

自分が必要としている補償内容と保険料をしっかりと見比べて、自分に合ったなものを選択するように心がけましょう。

※補償内容自体は、それぞれの保険会社によって違う事もあるので申し込みをする前に保険会社の担当者に連絡してしっかりと確認しておきましょう。

 

車両保険の種類

車両保険には下記のような4種類があります。

一般車両保険がベースとなる保険となり、残りの3つは特約により補償範囲を限定とするものとなります。

・一般車両保険について。

この保険の補償範囲は設定された損害を全て網羅しているものと言えるでしょうか。

つまり、衝突や接触はもちろん、墜落、転覆、物の飛来や物の落下、火災、爆発、台風、洪水や高潮など、そのほかの偶然な事故によって被保険自動車に生じてしまった損害、被保険自動車の盗難により生じた損害に対し、保険金が支払われるというものとなります。

保険料はわりと高くなってしまうのですが自分のミスによって起こした単独事故や当て逃げなどによる損害も補償される事になるので車両保険としてはオールマイティなものと言えるでしょう。

車対車特約付き車両保険はエコノミー車両保険とも言われており、補償範囲としては一般車両保険の範囲の内、相手自動車との衝突や接触により被保険自動車に生じた損害に対してだけ、保険金が支払われるものとなっています。

ただ、相手自動車の登録番号など、事故発生時の運転者か所有者の住所や氏名や名称が確認された場合に限るものとされています。

つまり、当て逃げなどで相手自動車があったとしても相手が確認できない場合は保険金は支払われないので注意が必要という訳なのです。

また、車両危険限定Aは補償範囲は一般車両保険の範囲の内、被保険自動車と他物と衝突や接触により被保険自動車に生じた損害か被保険自動車の転覆や墜落によって生じた損害を除いた損害が対象となるものとなります。

 

車両保険の保険金額について

車両保険の保険金額について調べてみました。興味のある方は参考にしてみてください。

車両保険の保険金額は対人賠償保険や対物賠償保険といったように自分自身で保険金額を設定する事ができないようになっているのです。

その分、補償範囲や保険内容を自分で選ぶ事が出来るようになっているのが特徴として挙げられるでしょうか。

そのため、自分が希望したとしても、仮に200万円程度の値打ちしかない車に500万円の保険を掛けたりという事は出来ないとされています。

200万円の価値の車が盗まれたので保険金500万円を払ってくれ!
なんて言っても無理という訳なのです。

それでは車の価値自体はどのように決まるのかと言いますと契約する車両の年式や種類による時価により、保険会社が設定するのだそうです。

例えば300万円で購入した新車でも2年3年と時間が経てば車の価値も下がっていくものだと思います。

そうなると新車時に300万円の価値があると判断されれたなら300万円までの保険金が支払われる事になりますが3年後に車の価値が下がってしまって200万円の価値しかないと判断されたのならば保険金は200万円までしか支払われない事になるという訳なのです。

車の価値により、支払われる保険金額も支払う保険料も違ってくるという話なのです。

 

車両保険は必要ですか?

車両保険というものは自分にとって本当に必要なのかと考えている方も多いと思います。例えば年齢の若い方の場合はどうしても自動車保険料が高くなってしまいがちなので保険料を安くするため車両保険を外す方というのも多いとされているが、2、3十万円程度の中古車に乗っているのならまだ良いが、新車や修理代が高くつくような輸入車に乗るのなら万が一事故を起こして修理する事になってしまうと、実費負担はかなりのものとなり非常につらいと考えられます。

事故を起こす確率はとても低いとしたと考えても車両保険に入っていなかった事でローンを組んで修理代を調達するという風になってしまうと車のローンも返済していた場合であれば月々の返済負担はかなりの額になってしまうと考えられます。

また、車の運転をほとんどしないからという理由で車両保険を外している方も多いと言われていますが少しでも運転するなら事故を起こす確率も0ではなくなります。

そう考えると車両保険が必要ではない人は万が一事故を起こした場合でも車の修理代ぐらい現金で用意できるという方か乗っている車古く、修理するような事になれば新しく乗り替えるつもりでいると思っているような方ぐらいだと思います。

車両保険は保険金額は自分で決める事ができませんが補償範囲はある程度自由に設定できるものとなっています。

免責をつけ、保険を使わずに自己負担する分を多くする事だって保険料を下げる方法の1つの良い方法だと思いますし、補償範囲を車対車の事故だけに限定する事も保険料を下げる事ができると思われます。

 

車両保険の選び方って?

車両保険の選び方には様々考えられますが車の価値や乗り方、予算などを元として考えていくのが一般的な考え方だと思います。

もちろん、しっかりと車両保険を掛けておいた方が安心ではあるが保険料にかけられる予算も限界があるとは思いますので、まずはいくらの保険料であれば支払う事が可能なのか?最低限補償してもらいたい金額はいくらくらいなのか?
というのを考えてみるようにしましょう。

車両保険にも補償内容によってタイプは様々なものに分かれるので自分の車の車種や乗る人や乗り方により、必要と思う内容で何パターンか見積もりを出してもらうのが良いでしょう。

同じような補償内容だったとしても保険会社により保険料が違ってくる場合がほとんどだと考えられますし、最近は一括で見積もりが取る事のできる非常に便利なサービスも多くあるので必ず数社から見積もりを取るように心がけましょう。

車両保険の選び方のポイントとしては補償が必要な事故や盗難へのリスクの度合いがどの程度あるかを考えましょう。

例えば人気モデルの車や高級車の場合では盗難のリスクも非常に高くなりますので盗難の補償のついた一般車両保険かエコノミー+限定Aなどを選ぶと安心できると考えられます。

運転技術にあまり自信がないようなか方の場合であれば電柱や車庫などに自分でぶつけてしまう事も少なくないと考えられるので自損事故も補償してくれる一般車両保険に入っておくのが良いかと思います。

しかし、免許取立ての場合や運転に慣れて気が緩んだ頃、自損事故を起こしてしまう人が多いとされているので注意しましょう。

 

車両保険の等級について

車両保険は等級が高くなればなるほどに保険料が安くなるものですが、事故などによって保険を使えば3等級も下がってしまうので注意しましょう。

はじめに保険に加入した時は6等級から始まって無事故で保険を使わずにいれば毎年、1等級ずつ上がっていく仕組みになっています。

等級が高くなるにつれ、保険料の割引も大きくなっていくのです。

これは無事故の期間が長ければ長いほど安全運転だと認められる事となり、事故を起こして保険を使う確率が低いと判断されるのが理由となっています。

車両保険の等級は、その人が一体どれくらい安全運転を行っていて、事故を起こさずに運転しているのかを表すためのものと言えるでしょう。

毎年上がっていく等級なのですが事故などによって保険を使ってしまえば基本的に、翌年の更新で1度事故について3等級下がるのです。

等級が下がってしまうと保険料は高くなってしまうという訳なのです。

しかも3等級下がった後も上がるのは1年に1等級ごととなるので下がった3等級を一気に取り戻す事は不可能なのです。

また、保険会社を変更したとしても等級は引き継がれる事になるので別の保険会社と契約して等級をリセットする事も不可能なのです。

等級による割引率にもよるかもしれませんが長い目で見るなら3階級下がる事で保険料も非常にアップしてしまう事と言えるので保険を使わず、自費で修理をした方が得になるケースもあるかもしれませんね。

等級が下がっていて保険料がアップすると損だからと言って少しの事故や傷なら、保険を使わないという選択をする人も実際に多いと言われていますよ。

 

車両保険の免責

車両保険の免責について調べてみました。参考にしてください。

この免責部分は基本的な事ではあるのですが、いざという事故の際に自己負担額に関わってくる事ですので、 しっかりと理解しておく事が必要となると思われます。

まず免責というのは保険会社から見て責任を免れるという意味にあたり、その部分は保険金を支払わない、または契約者側から見ると自己負担する金額という事になるものという事を覚えておきましょう。

通常では自動車保険は車両保険において、各社の引き受け条件に沿って免責金額が設定されていくものなのです。

具体的に言うと見積りやパンフレットに車両保険の免責として1回目は0万円、2回目以降は10万円、1回目5万円、2回目以降は10万円、免ゼロ特約付帯、5-10などという感じで表示されているものの事です。

この場合の「1回目」や「2回目以降」と言うのは現在の保険の契約期間中、事故によって保険を使う回数の事を表しているのです。

例えば一般条件、車両保険金額100万円で1回目5万円、2回目以降は10万円という条件の車両保険付帯だったとして単独事故を起こしてしまいガードレールにぶつかって自分の車の修理費用が15万円だった場合なら、それが1回目の事故ならば5万円を契約者が自己負担する事になり保険からは残りの10万円が支払われる事となるという訳なのです。

また、単独事故でなく相手にも過失のある事故だった場合は免責の部分は相手から支払われる場合も考えられるのですが一般的には自己負担する金額と認識しておくようにしましょう。

 

車両保険の相場って?

車両保険の保険金額というのは対人、対物賠償保険といったように自分で自由に金額を決められるものではないのです。

一体どうやって車両保険の金額は決まっているかと言いますと契約車両の年式や車種によって違ってくる時価額により、保険会社で設定している事となっているのです。

仮に80万円の時価額しかない車なら300万円の保険金額を設定する事は絶対に出来ないという事になります。

そして時価額なので、やはり車の価額も年々下がってくるものなのです。

つまり、その分だけ見ると保険料も下がっていくと言う事が言えるのです。

また、車両保険の金額を決める要素としてはもう1つ考えられます。

それは車両料率クラスというもので車種により9つに分けられているものです。

車両料率は「1」のクラスが1番安くて9クラスが最も高いとされていますが最も保険料が高くなるのは高級スポーツカータイプとされており修理代が高くて統計的に見ても事故を起こしやすい車ほど料率クラスは高くなり保険料も高くなるという仕組みになっているのです。

その反対として軽などは修理代もかなり安く済むので車両料率クラスは1となり、保険料も安くなるという訳なのです。

また、クラス1とクラス9とではおよそ4倍もの料率の違いが出てくるので一方2万5千円程の車両保険が車によっては、10万円ぐらいになってしまう事もあるのです。

 

エコノミー車両保険

エコノミー車両保険というのは他車との接触事故、または衝突事故の場合だけに補償される車両保険の事と言います。

当て逃げや自損事故や自動車以外の他物などとの接触事故や災害などでの損害は補償される事はなく補償範囲を限定する事によって保険料が割安になるというもの。

正式の名称は自動車相互間衝突危険車両損害保険、もしくは車両危険限定担保特約付き契約となっているのですが単に車対車と付記されている場合もあるという訳なのです。

また、自動車同士の事故でも事故の相手が特定されないと補償の対象外になってしまうので注意が必要です。

エコノミー車両保険の対象外としては下記のようなものとなっています。

自損事故、転覆事故、墜落事故、当て逃げ、イタズラ(落書きなど)、盗難、火災、台風、浸水、爆発⇒対象外、飛来、落下中の他物との衝、自転車との接触事故。

自動車事故のほとんどが自動車同士の事故と言われているのでエコノミー車両保険は非常に合理的な車両保険と考えられます。

簡単に説明すると車対車の事故による損害の時のみ補償されるものなのです。

つまり自分で電信柱にぶつかってしまった場合などでは、この特約で車を直す事はできないという事なのです。

相手側が車で、かつ事故の相手が特定できている場合だけ保険金支払いの対象となるので覚えておきましょう。

事故の相手が特定できている場合という条件にされているので相手が車だっとしても、仮に当て逃げなどによって相手が特定できない場合はこの保険では補償されないので注意しましょう。

 

軽自動車の車両保険

普通自動車では当たり前のように車両保険に加入していたとしても軽の場合は加入していないという人が多くいるようです。

もちろん、加入するしないは個人の自由となるのでどうこう言うつもりもないのですがここでは加入していない場合のリスクについて説明しましょう。

まず、車両保険というのは車に対する補償となっているので、これに入っていなければ車の修理などにお金が出ないという事になるのです。

したがって、もしも事故を起こしてしまった場合では人や物に対してお金が出るのに車に対しては1円も出してもらえないという状況に陥るという訳なのです。

それなら事故さえを起こさなければいいんだろうと思う方もいると思います。

事故を起こさなければ車両保険に限らずに他の保険にも世話になる事なんてないでしょう。

でも事故は起こそうと思って起こすもではありません。

故意に事故を起こそうとするのは当たり屋ぐらいと思われます。

事故というのは自分の意志とは無関係として起こってしまう事なので事故と言います。

故意に起こしたのは事故ではなく事件と言えるでしょうか。

自分の意志とは無関係にやってくるので事故はいつ起こるか分からないのです。

軽自動車に車両保険を付ける人が少ないのは軽自動車は近場に買い物に出かけるだけなどといった理由で利用される事が多い事から考えられるでしょうか。

だから、その程度の運転で事故を起こすはずなんて無いとみんな思っているという訳なのです。

しかしこれは大きな間違いと思います。

事故とは車に乗る事で誰にでも起こる確率はあるものなのです。

 

車両保険の相場って?

初めて車を所有したとして自動車保険に加入する方や自動車保険を新しい保険会社で更新しようと考えている方は多いと思います。

しかし、自動車保険や車両保険はドライバーの等級や保険車両の年式や車種により、全然異なってくるので一体相場がどれぐらいなのかというのは一概に言えないものなのです。

それでも最近ではネットでの見積もりサービスが普及した事によって簡単に保険料の見積もりを出す事が可能となっているのです。

自動車保険の各社の相場を自分の条件を入力して算出するのは一括見積もりサービスを利用すると非常に簡単に行なう事ができるのでこのサービスは非常にオススメですよ。

ちなみにインズウェブがオススメだと思います。

インズウェブというのは最大で20社の自動車保険の保険料を無料で簡単に比較が行えるサービスとなっているので保険内容を比較しながら保険料が安い会社だけを見つける事ができるのです。

私の場合もインズウェブを利用しましたが、このおかげで年間の保険料が今までの半額程度になったのです。

見積もり後のしつこい電話勧誘も一切ないから今の保険に満足していない方や保険の相場を知りたい方の場合であれば無料となっているので試しに利用してみてはどうでしょうか?

車両保険の見積もりを一括見積もりサービスで出す際は車検証や免許証を手元に置いておくと良いです保険会社によっては見積もり結果が郵送やメールで送られてくる場合があるのですが通販タイプの自動車保険の場合なら、全部ブラウザ上で確認が行えるので便利です。

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ