車両保険を見直して自動車保険を安くしよう!

車両保険料ってどのくらいが普通なの?

自動車保険に加入している人の中でも車両保険をつけるか?つけないのか?悩む人はいると思います。もちろんですが、車両保険をつけると自動車保険の保険料は高くなります。補償が手厚くなるので、当然のことなんですけど!!

車両保険は事故相手がいなくても、車両に問題が起きた時や修理費などの時に役立ちます。
車両保険の相場は約20000円くらいです。エコノミータイプや一般車両タイプと大きく別けて2つありますが、一般車両タイプで20000円くらいが相場になります。といっても、各保険会社によって異なるので、あくまでも相場だと思ってください。

この額よりも高いところもあれば安いところもあります。
車両保険に加入するくらいですから、保険料の事はあまり気にしない方がいいですね!むしろ、自動車保険の保険料をできるだけ抑えたいって人は車両保険に加入しないと思いますので!!管理人的には車両保険のエコノミータイプに加入するくらいなら車両保険自体入らない方が良いと思っていますので!!
相場を気にして加入を迷っているくらいな車両保険は入らない方がいいかもしれませんね!!自分の愛車がお気に入りって人は加入しますし、手厚い補償を受けたいって人は間違いなく加入した方がいいと思います。

 

車両保険に加入している人ってどのくらいいるの?

自動車保険に加入している人の中で車両保険に加入している人はどのくらいいるのでしょうか?基本的に車両保険に加入すると保険料は高くなるので、ユーザーにとっては悩むところですが、車両保険の加入率は50%近くあります。自動車保険に加入している人の半分が車両保険に加入しているということになります。
保険ですので、これくらいの加入率は一般的です。特に新車を購入して車両保険に加入する人は多くいます。中古車でもプレミアがついているような車に乗っている人も加入しています。また、車両保険の加入率は近年で上昇しているデータもあります。

といっても、対人賠償保険70%、対物賠償保険70%、搭乗者傷害68%という加入率に比べれば、まだまだ車両保険の加入率は低いのです。車をどうみるのか?っていうところがポイントになっていて、車(車両)自体に愛着がある人は、車両保険の加入率が高い傾向にあります。また、車両保険に加入しないほとんどの人が保険料を安く抑えたいっていう人です。

最近ではダイレクト系の自動車保険で保険料を安く抑えるという傾向にあるので、車両保険には入らないって人も多いようですね!!逆に安いんだから車両保険も加入しておこうっていう人もいると思います。

また、軽自動車に乗っている人は車両保険の加入率はやや低めのようです。おそらく、どうせ軽だし!っていう考え方からくる数字だと思います。

結論から、車両保険に加入する人は経済的余裕と車両に対しての愛着の2つです。どちらもあるって人はやはり車両保険には加入すべきですし、どちらもないって人は車両保険に入る必要はないのかもしれませんね!!特に経済的に余裕がある人は車両保険に入っておくべきだと管理人は思います。

 

車両保険の必要性って?

自動車保険には車両保険がありますが、これの必要性については保険料というのは車の時価で決まるものです。
そのため、新車の方が中古車と比べると保険料は高くなりますし、新車でも高級車になるとさらに高くなります。
あまりにも高級な自動車や反対に古い中古車の場合は車両保険をつけるのが断られてしまうケ-スもあるようですね。

さらに、自動車の時価のみならず車種によっても保険料は大きく異なってくるようです。

若い人が好む傾向にあるスポーツカーなどといった車は保険料が高くなってしまう事が考えられます。

そこで、自動車を買った時に車両保険に加入する必要があると考えられる人は新車を買った、または運転が上手くない、という事に該当する人の場合は車両保険は必要と思って良いでしょう。
非常に高い保険料を支払ってまで車両保険で修理を行う必要があるのか?という事が大きなポイントとなります。

自動車保険の車両保険には2つあって、1つは損害全部を補償してくれるもの、そしてもう1つは当て逃げや相手がいない事故の場合は補償されないものとなっています。
仮に車両保険ナシで1年で4万円だとするとエコノミータイプの車両保険を追加すれば車両保険が無い場合と比べてもおよそ1.5倍から2倍と言われており、オールリスクの場合では車両保険が無い時と比較するとおよそ2.5倍程度保険料は高くなると言われています。

 

車両保険に加入するメリットについて

自動車保険の保険料を出来るだけ安く抑えたい!と思う方は多いと思いますが、そうした時に1番に節約対象となるのは車両保険でしょう。

自分の自動車の修理代を補償する車両保険ですが、加入しておくかで保険料は大きく変わってきます。

それでは車両保険に加入するメリットは一体なんなのでしょう?
仮に自分は安全運転を心がけるために事故を起こす心配はないし、相手側がぶつかってきた時も相手の保険で車を修理してもらえるから良い!と考えて車両保険を外すのは少し危険と思います。

と言うのも、相手の自動車が絶対に任意保険に入っているとは限らないためです。
相手側が任意保険に入っていない場合は、もらえるはずの修理費用を回収する事が困難になってしまうのです。

このような場合でも自分が車両保険に加入しておけば自分の保険から修理の費用を出してもらう事が出来て、修理費用の取りはぐれを避ける事が出来ます。
また、オールリスクの車両保険の場合は自動車同士の事故、単独での自損事故、盗難や一部の自然災害での損害も補償してくれるのです。

このような補償の内容の広さから得る事が出来る安心感が重要!という考えを持つ人には車両保険はメリットがある保険と言っても良いと思います。

 

車両保険はどういった事故の時に役立つの?

対物賠償や対人賠償などの賠償責任の保険は事故の相手はもちろん、相手の自動車などへの損害を賠償するための非常に重要な保険となっています。

自分の自動車に対する損害に備えるのなら車両保険に入っておかなければいけないでしょう。
車両保険には一般車両保険とエコノミー+A、そしてエコノミーという風に3つの種類に分けられており、一般車両保険は他の自動車との事故の他に自損事故や当て逃げ、さらには転倒や転落や盗難、そして台風や洪水や火災、爆発や落書きなど非常に広い範囲で損害に備えれます。

ほとんどのリスクが補償対象になりますので、この3つの中で保険料は最も高くなります。
この一般車両保険の補償範囲から自損事故、そして当て逃げと転落や転倒を省いたのがエコノミー+Aとなっています。

他の自動車との事故で起こる損害だけを補償してくれるエコノミーの順で保険料はどんどんと安くなっていくようです。
あくまで自分の自動車のための保険となっていますので入っていなかったとしても他人に迷惑をかける事はないと思います。

保険料を出来るだけ安く抑えたい!といった理由から車両保険に入る人も多いと言われています。
安心を選ぶか保険料の節約を選ぶか悩みどころと思いますがローンで自動車を買った場合や生活での自動車の重要度が高い時、さらには高級車や外車に乗っている人の場合は車両保険に入っておく方が良いでしょう。

 

災害における車両事故でも車両保険は適用されるのか?

車両保険を付けておくと災害に合った時に補償してくれるので安心です。

自動車保険が補償の対象となる災害として挙げられるのは台風や落雷などといった自然災害の他に火災、爆発などの人的災害も車両保険でしっかりと補償してくれるのです。

こうした災害の中でも発生の頻度や被害の大きさで考えると台風が最も大きいと思われます。
また、それぞれの地域にもよるが日本では台風で規模の大きい被害が毎年のように発生しているものです。

大きい台風ともなれば日本全土に非常に大きな被害を及ぼすものもある台風は、家屋だけではなく、重要な愛車にも大きな損害を与えてしまうものです。
台風と言いますと水害により、水浸しになって自動車が使用出来なくなってしまう損害が多く思われますが、暴風などで近くのお店の看板や瓦が飛んできて自動車に当たる事もあります。

また木が倒れてきて自動車が押し潰されてしまう事故などもニュースでよく見られます。
こうした時でも車両保険から保険料が払われる事となるのです。

さらに集中豪雨などで起きる土砂崩れで、自動車をダメにする事もあるのですが、これも保険の対象事故として扱われるので安心の内容になっています。
自然災害も以前は、そんなに頻繁に起きるものではない!といった認識がされていましたが、 起きる災害の種類も増加している近年では広く災害に備える事が出来る車両保険を付ける事はしっかりと考えておきたいと思います。

 

軽自動車でも車両保険にはいっていたほうがいい?

車両保険というのは事故などによって自分自身の自動車が損害を受けてしまった場合に補償される保険となっています。

交通事故に限らずに火災や台風などの自然災害や盗難などで損害を受けてしまった時も補償される事となり、装備品などといったものも補償対象になるので安心です。
任意保険の中で自分の自動車に対する補償が行われるのは車両保険だけと言われているのです。

最近は軽自動車も車の種類により、値段が小型の自動車よりも高いものも珍しくはないのです。
そうした高級な軽自動車を新しい自動車で買う場合は事故での損害額も非常に大きくなるし自動車に対する愛着もあると思いますので車両保険を付けた方が良いと思います。
車両保険タイプを選ぶ事や免責金額の設定というのは予算と兼ね合う事によって決める事になります。

新車にしても中古車にしてもローンで軽自動車を買う場合は車両保険に入るべきだと思います。
もしも事故によって自動車が全損し、廃車になってしまうと自動車がなくなってローンの払いが残ってしまう事にもなりかねません。

車両保険に加入しておくと最悪の場合でもローンの残金は車両保険で支払う事は出来ると思います。

廃車までは行かなくても修理にかかる費用のために再度ローンが不可能な事を考えると車両保険に入っておく方が得策だと思います。

 

車両料率クラスってなに?

仮に軽と高級車を比べると事故を起こした場合、高級車の方が部品や修理にかかる費用は高くなりますので、その分として保険料も高く設定されています。

修理代が高くなる傾向にある高級車と、そうではない自動車はどのように分類されているのでしょうか?
過去にどのような車の種類が、どれぐらいの頻度、または規模で交通事故を引き起こして、その時に保険会社がどれぐらいの金額を払ったのか?などといった様々な事を考慮して車種を9つのクラスに分けた料率クラスと呼ばれるものを基準にして判断しています。

料率クラスは1年度に見直されるようになっています。
これは、つまり簡単に言えば交通事故を引き起こしやすい傾向にある自動車や修理にかかる費用が高くなる自動車は高い保険料を払う必要があります。

事故を引き起こしにくい傾向にある自動車や修理にかかる費用が安く済む自動車の場合は安い保険料で済みます。

車のクラスにより、保険料に差が出るとなると自動車を買う前に自分の自動車がどのクラスに該当するのか?保険会社にしっかりと確認しておく事を勧めます。

そうしておかなければ、車両保険に入ろう!と考えた時に保険料が高く、戸惑ってしまうケースも出てくると思います。

 

新車だと車両保険に入っていた方が良いと言われる理由って?

車両保険というのは保険料を占めているる割合が非常に大きいので契約の満期が近づけば、車両保険を付ける、または外すかで悩まされる人も多いと思います。

今乗っている自動車は修理したとしても乗り続けるなら、車両保険は付けておくようにしましょう。

その逆で修理するなら新たに買い換える!と言う人の場合は車両保険は不要と考えても問題ないです。
しかし、自動車を買い換えるつもりでも事故の相手が任意保険に入っていない人、対物補償が出来ない人の場合でも運が悪かっただけと割り切れる人かそんな事態が起きても確率的に低い事だ!と考える事が前提となるでしょう。

新車を買って車両保険を何年まで付けるかは修理するぐらいであるなら新たに買い換える、または自動車古くなるまでという事になるかと思います。
さらに、もう1つの判断の目安として挙げられるのは車両保険の保険料が下がってしまった時と対物賠償なら、時価が上限となるので保険料を負担してまで維持すべきと思えない程に下がってしまった時は車両保険を外しても問題ないと思います。

しかし、額が低くなるまで乗り続けている自動車は修理する程度なら買い替える!と考えている人も多いと思います。

 

中古車でも車両保険に入っていた方がいいの?

どれだけ車両保険を継続させたいと思っていても、自動車が古くなってくると車両保険をかける事が出来ないケースがあるのです。

これは保険の対象となっている車両の価値がつかないぐらい古くなっている時に限られます。
とくに通販型自動車保険の場合は、自動車の状態を直接的に確認して金額を設定する保険会社ではないので、古い車である事によって保険の引き受けが出来なくなってしまうケースもある事は覚えておきましょう。

しかし、これが代理店型の保険会社となると、非常に多いケースで古くなった自動車でも車両保険を引き受ける事が出来ますので古くなった車を修理して乗りたい!と考えている人は通販型ではなくて代理店型を検討するのが良いと思います。
実際、中古車の市場では10年落ちを越えているようなク自動車もたくさんあります。

11年目の自動車でも車両保険を付ける事が出来るものもあるし、15年落ちや20年落ちという古い自動車でも掛ける事が出来る自動車もあるのです。

古い車の取り扱いに関して通販型と代理店型とで大きい違いがあるのは実際に自動車の状態を見て検討する事が可能かどうかという点です。

さらに通販型の場合は自動車の希少価値は加味しないから、こうした点でも判断が大きく変わってくると思います。

 

車両保険って車種によって料金が変わるの?

自動車保険に入っていると無事故で等級も上がっていたのに更新の際の保険料が高くなってしまうケースがあると言われています。

これは型式別料率クラスの見直しが挙げられ、聞き慣れない言葉かもしれませんが型式というのは車検証にも載っている自動車保険の用語で車種の事を表しています。

料率クラスというのは保険料を決める事となる要素で、損害保険料率算出機構という機関が決めていてそれぞれの保険会社共通で計算として利用しているのです。
保険料が高くなる理由については、全く同じ車種に乗っている人が事故を引き起こすと、事故が多い自動車と判断されてしまって保険料は高くなってしまいます。

料率クラスは対人賠償と対物賠償、そして搭乗者と車両保険という風に分けられており、それぞれクラスが1から9に区分されています。
クラス1と9の差ではおよそ4倍にも上り、クラスが1つ上がる度におよそ1.2倍の差が出てくるそうです。

無事故なのにも関わらず保険料が上がった!という人の場合は納得できないと思います。

実際、更新する際にクレームが増える場合も多いと言われているのです。

しかし、見方を変えれば自動車の買い替え時に料率クラスを確認し、保険料を抑える事が出来ると言えます。

 

車両保険の免責金額の設定はどうしたらいい?

車両保険の金額を左右するのは免責金額と呼ばれるものもあります。

この免責金額とは交通事故を引き起こしてしまって車の修理代がかかる場合、自己で負担する金額の事を言います。
仮に免責金額を10万円に設定していたとしましょう。

そこで交通事故を起こしてしまって車の修理代が50万円かかったとします。

この場合では10万円分は自分で負担する事となり、残り40万円は保険会社から保険料として出ます。
免責金額を設定した場合に保険会社は、その設定した金額を超えた分しか支払わないという事になります。

しかし、車同士の事故を起こして互いに過失があるなら、事故を引き起こした相手側の対物保険料が自分の車両保険の免責部分に当てられます。

そのため、免責金額を全て支払う事なんてほとんどないと言っても良いでしょう。
したがって免責金額を0円で全て保障してもらうより、ある一定の免責金額を設定しておく方がコストパフォーマンス的に見ても高いと思われます。

免責金額は高く設定する程に保険料もかなり安くなってきます、そのため一定の免責金額を設定しておけば保険料を安くする事は出来るのです。

数万円ぐらいの修理代なら、保険を使用しなくて自分で支払ってしまった方が安く済むケースもあるのです。

 

 車両保険に入っているのと入っていないのでは保険料どれくらい変わるの?

車両保険の保険料というのは対人賠償や対物賠償みたいに、自分自身で保険料を設定する事は不可能です。

その分として補償される範囲や内容を自分自身で選択する事が可能になっています。
そのため、自分自身が希望したとしても、仮に200万円の値打ちしかない自動車に600万円の保険をかけるような事は出来ません。

300万円の価値がする自動車が盗まれたからと言って、保険料を600万円も払ってくれ!という事は不可能という事になります。
それでは、自動車の価値は一体どうやって決まるのかと言いますと契約される車両の年式、または種類による時価で、それぞれの保険会社が設定する事になっています。

仮に300万円で買った新車も2年、3年と時間が経っていくと自動車の価値もどんどんと下がっていきます。
そうなってくると新車の時に300万円の価値があると見られれば300万円までの保険料は払われるが、3年後に自動車の価値が下がり200万円の価値と判断されると保険料も200万円までしか払われません。

自動車の価値により、払われる保険料も払う保険料も異なるというのが今回の話です。

 

車両保険の種類って?

車両保険の一般タイプは契約している自動車が車や物と衝突した、または接触した、物の落下や飛来、さらには盗難や浸水や火災など様々な損害など、自動車と関わる多くの部分の損害を補償してくれる保険となっています。

自分自身のミスによって車庫入れなどに失敗し、自動車を傷つけてしまうような自損事故や当て逃げなどの場合も保証してくれるので、まさに万能な車両保険と言っても良いでしょう。
広い範囲にわたって補償してくれる代わりとして、支払う事となる保険料も高い特徴を持っています。
次にエコノミーの車両保険は節約という意味で一般タイプの節約版というイメージになります。

他の車との事故の際の損害のみ補償してくれて、当て逃げや盗難や自損事故で起きた損害は補償されません。

エコノミーは保険料こそ安いですが、人気の車種や高級車に乗っているような場合、盗難などにあっても補償されませんので気をつけましょう。
そして限定Aというのは盗難、落書き、物の飛来や落下、さらには浸水や火災などといった交通事故とは別の災害での損害を補償してくれる保険となっています。

走行している間に小石などで受けた損害なども補償してくれるのですが自分のミスでの損害や他の車との事故は対象外となります。

限定Aは補償される範囲をトラブルや災害だけに限定させて、その分の保険料を安くしています。

限定Aの「A」というのはアクシデントという意味があると言われています。

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ