車両保険保険料の値下げ

 

車両保険の保険料が値下がりすることってあるのでしょうか?

 
現在、あなたは車両保険に加入しているでしょうか?
もし、車両保険に加入しているのなら、車両保険の保険金額はいくらになっているのかご存知でしょうか?

 

対人賠償保険や対物賠償保険、人身傷害保険については、任意保険加入の際にいくらにするのか自分で選択することが多いので知っていると思われますが、特に保険代理店などで車両保険の契約をした場合、車両保険の補償金額を自分で設定することはあまりないので保険金額を知らない人の方が多いと思われます。

 
この章では、車両保険の補償される保険金額について、もう少し掘り下げて考えてみたいと思います。

 

車両保険で補償される保険金のことを「協定保険価額」と言いまして、車両保険で支払われる保険金額の上限のことを指します。
クルマが全損した時に支払われる車両保険が上限になりますね。
この「協定保険価額」というのは、「自動車保険標準価格表」と呼ばれる表を、保険会社は各社共通で利用しています。

 

ただし、「自動車保険標準価格表」には一定の値幅があり、現状のクルマの状態や、クルマの年式などを考慮に入れて、車両保険の上限は決定されます。
そのために、市場価格が100万円のクルマにあなたがいくら高い掛金を払うからといって200万円の車両保険の金額を設定することはできません。逆に言えば、車両保険を安くするために市場価格200万円のクルマに対し、50万円の車両保険金額を設定することもありません。
ということは、車両保険の補償金額に関しては、どこの保険会社を利用してもあまり差がないということになります。

 

協定保険価額=車両価格か?

と聞かれれば、厳密には違います。

 
新車の場合は、ほぼイコールなのですが、中古車になると価格にかなり開きが出てきます。
同じ年式、同じ走行距離、クルマの状態がまったく同じということはほぼありえないため価格にも開きが出るというわけです。
そのため、保険会社によって全損時の補償価格に開きが出ないように保険会社共通の「自動車保険標準価格表」というものが存在するわけです。

 
このような理由で、車両保険の保険金額というのは、だいたい「協定保険価額」と同じなのですが、注意すべきは「協定保険価額」は、あくまで「全損した場合の保険金の支払いの上限」ということです。
全損というのは、修理不能で廃車にするしかない状態か、修理できたとしても修理費用が車両保険の保険金の上限を上回る場合を言います。

 

 

 

・車両保険はどのように支払われるのでしょうか?
全損の時と分損の時に、車両保険で支払われる金額を整理しておきましょう。

 

→全損時の保険金額

まず全損時に満額保険金額が下りる場合です。

全損というのは、まずは修理不能の場合と、修理代が車両保険の上限を上回る場合を指します。

この場合は、「協定保険価額」を上限に保険金が支払われることになります。もし、相手方がある場合は、時価で損害金を提示することになりますが、不足分は自身の車両保険から補うことになります。
全損の場合は、車両保険に免責をつけていても、免責分は差し引かれません。
車両保険に「修理支払限度額」もしくは「全損時修理特約」などを設定している場合、もし修理費用が保険価額を超えていたとしても修理支払限度額もしくは修理費用実費が特約によって補填されます。

 

→分損時の保険金額

修理費用から免責金額を差し引いた金額が支払われることになります。

分損時は免責分は差し引かれるということになります。
「車両全損時臨時費用特約」という特約があるのですが、これは車両保険の対象となる事故で、契約車両が全損となった場合、保険金額の5%か10%の保険金が支払われます。5%の場合は10万円、10%の場合は20万円が限度です。

分損の場合は「車両修理時諸費用保険金」という特約があって、臨時費用として損害金の5%、10万円を限度として支払われます。
「車両全損時臨時費用特約」も「車両修理時諸費用保険金」も特約であるため付けておかないともらうことはできません。

 

 

車両保険についてのまとめ

新車を購入し、車両保険に加入した場合、クルマの原価償却に伴って車両保険も下がってくることになります。

次に修理せずに買い替えを考えている場合は車両保険を外すという選択肢も考えられます。

あとは、運転歴が長くなるにつれ、車両保険使う機会も減ることが多いため、車両保険の範囲を小さくしエコノミータイプに切り替えるという考え方も出来ます。

車種やドライバーの事故歴によって、状況は変わりますが、はっきり言えることは、無事故で保険を使わなければ間違いなく毎月の保険料は下がっていきます。
高い車種・新車に車両保険をつけると月々の支払いが高いなと思うことが多いのですが、できればつけておきたい車両保険。しっかりと一括見積もりをとって車両保険をつけた上で安い自動車任意保険を探すことが、月々の負担を減らすコツ。

しっかり補償と月々の負担をなるだけ減らすために、一度複数社から一括見積もりをとって検討してみましょう。
一括見積もりはこちらからできます>>>>

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ