車両保険に入るメリットとデメリット

車両保険の免責金額って?

car-831928_1920

車両保険の保険料を左右するものに免責金額というものがあります。

この免責金額というのは交通事故を起こして自動車の修理代がかかった時に自己負担する金額の事です。

例えば免責金額を10万円に設定しており、交通事故の修理代が50万円かかった場合なら10万円を自己負担し、残りの40万円が保険会社から支払われるという事になります。

つまり、免責金額を10万円と設定した場合は保険会社は10万円を超えた分しか払わないという仕組みになっているのです。

ただし、一般的に車と車の事故で互いに過失がある場合はまず事故を起こした相手の対物保険金が自分の車両保険の免責部分に充当されるので免責金額を全額支払う事も少ないかもしれません。

したがって免責金額0円で完全に保障してもらうより、ある程度の免責金額を設定しておいた方がコストパフォーマンスは高いと言えるでしょう。

免責金額は高く設定すればする程に保険料も安くなっていくのである程度の免責金額を設定しておけば保険料も安く抑える事ができるでしょう。

 

 

車両保険の基礎知識

自動車保険を安くするために車両保険をつけない人もいるようです。

しかし、車両保険はつけた方が良い場合もあるので自動車保険の見積りの段階ではつけておき、申し込み時に外すという事もできますよ。

自動車保険で基本になってくるのはの他人の身体や物への保障と自分と搭乗者への保障でしょうか。

車両保険はこのような自動車保険の基本となる保障に付加して付ける保険となっています。

したがって、自動車保険の保険料を安く済ませたい場合は車両保険に入らないという事も可能という訳なのです。

新車や高級車の場合は盗難の恐れも考えられるので車両保険をつける事がオススメです。

普通、車両保険は車種ごとに料金クラスが設定されているものです。

車両保険の特約は補償範囲を狭くして保険料を安く抑えるためのものと言えるでしょう。

車両保険の付帯についてはしっかりと検討してから決めるようにしましょう。

自動車保険の見積りを申し込む時は必ずどれかを付帯させ、見積りを取るのが良いでしょう。契約の際に外す事も出来るので。

 

車両保険は必要?

車両保険というのは車を購入した際に必ず加入する自賠責保険を補う部分の任意保険の1つと言え、車が接触事故などで損害を受けた際に修理代などの保険金で支払うための自動車保険となっています。

一般的には自動車保険に車両保険を付帯すれば保険料が高くなってしまいます。

保険料は車種や等級により異なるもので車種ごとに料率が決まっているから高級車であればある程に車両保険金額も高くなって、その結果として保険料が高くなってしまう仕組みになります。

また、事故を起こしてしまうと等級が低くなってしまい、その分保険料の割引が減って保険料が高くなってしまうのです。

しかし、車両保険には4つのタイプがあって、それぞれ補償内容を細かく設定する事で保険料は大きく変わってくるのです。

また、保険会社ごとの車両保険特約を利用する事によっては非常に得になる事もあるでしょう。

つまり、車両保険を見直しする事によって自動車保険の保険料が節約できるという事になるのです。

 

 

車両保険に加入すると保険料が高くなる?

車両保険は事故で被害を受けた自分の車を守る保険となっています。

事故の場合のリスクや車の修理費用などを考慮して車両保険を選ぶ事が最も重要となってくるのです。

そのためには自動車一括見積もりなどを利用して複数社を比較すれば簡単に自分に合った車両保険を見つける事ができるでしょう。

自分は車をぶつけないし保険料が高くなるからと言って車両保険に加入していない人は多いそうです。

しかし、自分が全く悪くなくても多くは過失割合をとられて割合によっては相手から回収できる金額が変わってくるのです。

車の修理代だけで考えても相手へは保険で支払っていても自分の車には自己負担分が発生してしまう事も、また、過失割合でもめる事で交渉がうまく進まない事だって考えられるのです。

こうした時に車両保険があると過失割合分はカバーされて自費を使う事も一切なくなります。

また、過失割合にこだわらずに済むから示談交渉もスムーズに進むでしょう。

他にも、もらい事故や当て逃げ時でも補償されたり、車のローンがある場合もローン残高を車両保険でまかない、次の車を購入する事だって可能となります。

とくに車両価格の高い車は国産車よりも修理代が高くついたり盗難のリスクも非常に高いものなので是非加入しておきたいものです。
インズウェブ自動車保険一括見積もり
 

 

 JA車両保険の値段

JAの車両保険というのは他社の車両保険の費用と比べると安い傾向にあります。

これはどうしてかと言いますとJAの車両保険は対物保障とセットで加入する事によって大きな割引をしてもらう事が可能だからです。

自動車保険に加入する人の場合は対物保障には加入する事になるのでJAで車両保険に加入する人は全員がこの割引を享受できるという訳なのです。

他社の車両保険と比べてもJAの車両保険の安さは一目瞭然となっています。

せっかく同じ車両保険に加入するのなら安いに越した事はないでしょう。

値段が安いからといって補償内容が悪い訳でもないですし、安心して自動車に乗る事ができる保険と言っても過言ではない程に内容も充実しているのです。

ただし、JAの車両保険やその他の保険に良いイメージを抱いていない方も大勢いるようです。

それは一昔前のJAの保険は対応が遅いという印象が強く、車両保険に対しても同じような思いをしている方が多いのです。

確かに、そのような時代もあったのですが、現在はJAの保険はしっかりと構築されているので安心できますよ。

また、値段が安いという事も注目を集めているのですがJAの車両保険には魅力がいっぱいあるので、そうした意味でも加入者が多くなってきていると言えるでしょう。

 

車両保険はつけるべき?

自動車保険に車両保険をつけるかどうかにより、保険料にも大きく差が出てくるものです。

車両保険は車が事故によって損害を受けた場合、修理代金が支払われる保険の事です。

車両保険は契約する車により、補償される金額が変わってくるものです。

新車で加入すると補償は厚くなるが保険料も高くなるのです。

一方、中古車の場合では保険料は安くなるが修理補償の金額は低くなって古い車だと車両保険に入れない事もあると言われています。

対人保険と違って必ずしも必要な保険ではないのですが、万一に備えての補償があった方がいい場合は加入し、その分保険料が安い方がいい場合なら未加入と自分に合わせて考えるのが良いでしょう。

初心者の人は最初だけ加入したり、保険更新時に追加する事もできます。

また、自分でガードレールにぶつかった自損事故でも車両保険がおりる保険などの保険会社によって補償も異なります。

そのため、加入の際には金額だけではなく補償内容もしっかりとチェックしておくように心がけましょう。

 

 

車両保険が適用されないケース

車両保険に加入するかどうかは人それぞれの自由と言えます。

しかし、運転技術の過信やお金の節約だけを理由として加入しないのはリスクが高いと思います。

エアロパーツやホイール、タイヤなどといったドレスアップパーツやカーナビやオーディオなどの高価な社外品を装着する際は保険会社、もしくは保険代理店に品目と価格を申告して保険証券に記載してもらうようにしましょう。

車両保険に加入する際が既にこれらを装着している場合はもちろん、保険加入後にしばらく経って装着した場合でも速やかに申告するようにしましょう。

申告せずに車上荒らしに遭ってカーナビを盗まれたとしても補償されない事もあるし、自損事故で高価なホイールやエアロパーツの交換が必要な場合も純正のホイールやバンパーの価格しか補償されなくなってしまいます。

こうしたケースは意外に多くあるそうなので注意しましょう。

また、一般車両保険に加入するよりも金銭的負担が小さいという事で車対車+限定A、いわゆるエコノミー車両保険に加入している方も多いと思います。

これは故意に車両を傷つけた場合以外のほとんど全ての車両災害を補償する一般車両保険に対して自損事故が補償されない車両保険となっているのです。

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ