車両保険に入るべきか?入るべきではないのか?

 47a07096ba

もし、事故を起こした場合、相手側に支払うリスクは対人・対物賠償を無制限にすることによってとりあえずは安心ということになります。

今回、解説する
車両保険は事故によって自分のクルマが壊れてしまうリスクを補償するものです。

車両保険については、どのように考えたら良いのでしょうか?

そして、車両保険をどう扱うか?によって保険料は大きく変わってくる部分もあったりします。
車両保険をつけると保険料は一気に跳ね上がります。

人によっては、「掛け捨てだし、そうそう事故を起こさないから車両保険はつけないでおこう」
と悩んでいる人も多いと思います。

その考え方は間違ってはいませんが、

  • 免許取り立ての人
  • あまり運転に自信のない人
  • 新車を購入した人
  • ローンやリースを利用している人

は、車両保険を検討したほうが良いと思われます。

免許取り立ての人と、運転に自信のない人は、事故を起こすリスクが高いので検討したほうが良いでしょう。ローンやリースで新車を購入した人は、ローン会社・リース会社から車両保険に入って下さいと言われることが多いと思います。

特に借金をしてクルマを購入する人は、手元に貯金がなくもし事故を起こしてしまった場合、自分のクルマの修理代が都合つかない人もいるでしょう。

逆に、小さな事故で数十万円の修理代で済むなら、保険を使うよりも自分の貯金からなんとかなる。と思っている人もいると思います。

 

車両保険で重要なのは… 

重要なのは、自分が事故を起こすリスクの度合いと、
事故を起こしてしまった場合、どの程度まで自分でカバーできるか?

によって車両保険に入るべきか?入らないべきか?が決まります。
多少の修理費用なら自分の貯金で対応できるのなら、車両保険は入らなくても良いと考えられます。
逆に、修理代が用意できず、さらにはクルマが長期間使えなくなると、生活や仕事などに大きく支障をきたすようであれば車両保険には入っておいたほうが良いと言えます。

 

新車の時だけ車両保険に入り、車検などで更新するときは車両保険は外してしまう。

という考え方でも良いと思われます。

 

ただ、新車だからという理由だけでむやみに車両保険に入るのも感心しない。
保険料は掛け捨てでタダではない。

なんでもかんでも安心という理由だけで保険に入ってしまうと、いつまでたっても自分に有利に保険を組むことはできない。

 

 車両保険の種類

車両保険の種類「エコノミー型」と「オールリスク型」
一口に車両保険といってもいくつかの種類があります。

大きく分けて「エコノミー型」と「オールリスク型」と呼ばれる2つの種類に分けられます。

※保険会社によって名称が違います。

 

タイプ\補償内容 車同士の衝突・接触 盗難 物体の飛来・落下 自転車との衝突・接触 電柱・ガードレールに衝突 当て逃げ
エコノミー型      ○      ○      ○      ×      ×      ×
オールリスク型      ○      ○      ○      ○      ○      ○

 

 オールリスク型とは

オールリスク型とは「一般車両保険」と呼ばれるもので上記の表にあるように

クルマ同士の衝突・接触事故、火災、爆発、台風などの自然災害、

自転車との衝突・接触事故、電柱・ガードレールにぶつかる自損事故、盗難、当て逃げまで

ほとんどの事故によるクルマの修理が補償されます。

当たり前ですが、そのため保険料は割高になります。

 

エコノミー型とは

エコノミー型とは、クルマ同士の事故、

飛び石などによる窓ガラスの破損、盗難、落書きなどに限定して補償されます。

エコノミー型の場合、車庫入れをして門などにクルマをぶつけてしまっても補償されない。

簡単に言うと、
割高な車両保険を補償範囲を限定することによって安く抑えているのがエコノミー型です。

 

車両保険の保険料

a0002_006850_m

車両保険の保険料一番気になるところが、車両保険の保険料。

おおよそになりますが、
ベースとなる自動車保険の約1.6倍程度でエコノミー型の車両保険がつけられ、約2倍程度でオールリスク型の車両保険がつきます。

補償の金額を考えると対物・対人賠償とは違い、何千万円も億も支払うことになることがほとんどない車両保険なのですがその割には保険料が高いと言えなくもない。

保険会社としては、大きな人身事故よりも発生する可能性が極めて高いクルマの
損壊事故を補償するためには、それなりの保険料をもらわなければならないということです。

車両保険に入る場合、自分のクルマの修理費がどれだけかかっても構わないのであれば車両保険は必要ないと言えます。

オールリスク型をつけて車両保険に入っているのであれば、
車両保険を外してしまえば保険料は約半分で済む。

ちなみに、高級車に乗る場合ちょっとした修理に数百万かかることはよくある。

もし、ムリをしてローンを組んで高級車に乗る人は、オールリスク型の車両保険の支払いまで考えてクルマの購入を考えるべきだと思います。

 

車両保険を安くするために

車両保険を安くするために「免責金額とは?」
次に車両保険を安くするために着目したいのは「免責金額」の部分です。

免責金額とは、自己負担金のことで、契約の際「5万円」とか「10万円」とか自分で金額を設定してもし事故などでクルマを壊しても、この金額は自分で負担しますよということです。

もしクルマをぶつけて修理費用が8万円かかったとしても、
免責金額を10万円に設定した場合保険金は使えずに全額自己負担となる。

修理費が、もし15万円かかった場合、
免責金額10万円を引いて5万円は保険金が出るということになります。

この免責金額を高く設定すればするほど、
保険会社にとっては支払いリスクが減るため保険料は安くなる。

ノンフリート等級とは?

ノンフリート等級とは保険金を請求するのはいいのですが、

気をつけなければならないのが保険金を請求すれば「等級」が下がってしまうことです。

等級(ノンフリート等級)とは、保険契約者の一種の格付けで、
保険の加入年数と事故を起こした回数(保険金を請求した回数)で20段階に分けられています。

新規契約時には「6等級」から始まり、
1年間無事故(無請求)だと1等級ずつ上がっていきます。

逆に保険金請求ような事故を1回起こせば、次回更新時3つ等級が下げられる。
そして、この等級によって保険の割引率(もしくは割増率)が決められている。

少額の修理代だったら、ヘタに保険金を請求して等級を下げてしまうより、
自分で修理代を負担した方が全体的に安く済むという考え方もあります。

当サイトでおすすめしたいのは、最低限10万円以上の免責金額はつけたいところです。もちろん、10万円より15万円、15万円より20万円の免責金額をつければ割引率が高いのであとは、財布との相談ということになります。

 

これだけは知っておきたい自動車任意保険の基礎知識




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ