車両保険 全損事故と分損事故

 

車両保険が適応される事故は、大きく分けて全損事故と分損事故にわかれます。

 

・全損事故とは?

修理不能な場合は、全損事故扱いになります。もしくは仮に修理したとしても修理費用が保険金額支払いの上限を超える場合、協定保険価額を超える場合は全損事故扱いとなります。クルマが盗難にあった場合も、全損事故扱いとなります。

 

・分損事故とは?

全損扱いにならない場合は、すべて分損扱いとなります。

要するに、協定保険価額が100万円の場合、保険金の上限は100万円ということになりますが、カスリ傷や部分的なヘコミ程度なら10~30万円程度の修理費用で修復可能であることが多いです。

この場合は、分損事故ということで、掛かった修理費用10~30万円が車両保険から支払われるということになります。

免責をつけておいた場合は、そこから免責分の金額が差し引かれ車両保険が支払われるため、免責分は自己負担ということになります。

 

全損の考え方としては、保険会社が上限金額を支払い車両自体を買い取るという見方もできます。全損の場合でも、なんとか修理してでもそのクルマに乗り続けたい場合は、「修理支払限度額」を設定しておくか、「全損時修理特約」という特約をつけておく必要があります。

 
全損事故と分損事故の違いについて

全損事故と分損事故で支払われる保険金の違いについて触れたいと思います。そのためには車両保険の保険金について知っておく必要があります。そのためには車両保険の保険金について知っておく必要があります。

車両保険の金額というのは、保険会社共通の「自動車保険標準価格表」という価格表を基準にして決められます。

この「自動車保険標準価格表」に記載されているのは、車種や型式・年式・仕様などによって、金額にある程度値幅をもたせています。同じクルマであっても走行距離などクルマの状態によって同じ値段がつかないからですね。

そして、一度決定した保険金額は、保険の更新時までは同じ金額が適用されます。長期契約でない限りは、1年間であることが多いです。

自家用車の車両保険は、(イコール)=協定保険価額と解釈していただいて構いません。

そして、クルマが全損した場合の保険金の支払いは、契約している車両保険が全額支払われることになります。

車両保険の保険証券には、車両保険の保険金額が記載されているはずなので、全損時には、その記載されている金額が支払われると判断していただいて構いません。

 

あと混乱しやすいのですが、一口に全損といっても、単独事故などで利用する車両保険から判断する全損と賠償事故を起こした場合の加害者側からみた全損は少し考え方が違うということです。

仮にあなたがクルマを運転していて、加害者に後ろから追突され、クルマが被害を受けた場合、加害者側の保険会社は、事故発生時の時価で査定してきます。

当然、あなたが車両保険を契約した時よりも、査定金額は下がる可能性は極めて高いです。

そうは言っても全損の場合は、クルマの買い替えをしなければならないような状態なのですから、時価で査定されると事故に遭ったクルマと同等のクルマを買い換えることは困難だと思われます。ただ賠償保険では時価でしか査定してもらえないため、不足する分は自身の車両保険を使うことになります。

自損事故の場合は、全額自身の車両保険から支払われることになります。

ただし車両保険の契約が自損事故にも対応している一般車両保険の契約になっていなければ、車両保険からは支払われないため注意が必要です。

全損事故の場合、事故に保険金目的などの不正がない、かつ保険対象の事故であれば保険金は満額出ます。

「全損時臨時費用特約」というのを付けていれば、保険金がいくらであろうと関係なく、臨時費用保険金も支払われます。

あと「新車特約」を付けている場合は別にして、全損の場合は保険金と同じ金額の中古車に買い替えることになるはずですが、全額車両保険で費用を負担することになります。

「新車特約」とは、契約車両が全損もしくは、一定以上の損害を受けた場合、契約時に決めておいた新車の相当額を限度として、もう一度新車を購入する費用を保険で負担してもらえる、新車もしくは新車に近い高年式を対象とした特約を言います。

分損の場合は、保険金の上限よりも修理代が安くつく事故なので、修理代実費から免責金を差し引いた金額が支払われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ