車両保険ってそもそもどのような保険なのでしょう?

 

まずは、自動車任意保険の基礎として任意保険は大きく3つに分かれているということを覚えておきましょう。
 

 

1つめは、もしあなたが交通事故の加害者になってしまった場合の相手の「人」や「物」に対して賠償する保険ですね。

「対人」とか「対物」とか呼ばれる保険です。「対人・対物」に関しては、もし大きな事故を起こしてしまった場合、相当に大きな金額になることもあるので必ず無制限で加入することをおすすめする人が多いですし、当サイトでも無制限で加入しておくことをおすすめします。
 

2つめは、事故を起こしてしまった場合、被害を受けるのは相手のクルマや人だけとは限りません。運転者であるあなた自身やあなたのクルマに乗っている同乗者もケガなどをする可能性も十分にありえます。

その場合に補償してもらえる保険ですね。

 

そして、3つめが当サイトの主旨でもある車両保険です。
 

車両保険とは、あなたのクルマに掛ける保険で、壁にクルマをこすってしまったり、相手のクルマにぶつけてしまった時にあなたのクルマに対して支払われる保険です。

 

 

1つめ、2つめの保険に関しては、あなたが加害者になってしまった場合にご迷惑おかけしましたということで、相手に損害を与えた分だけお支払いしますという保険なのですが、車両保険をかけていない場合には自分のクルマは自腹で直さなければなりません。

 
このようなケースの場合、車両保険に入っておけば車両保険を使い自腹を切らずにクルマを直せるというのが基本的な考え方です。
自動車保険の最も大切な意味は、万が一に事故を起こしたの相手に対する補償を賠償できるように備えておくということになりますが、事故の際に自分のクルマを修理し数十万~数百万の出費はかなり厳しいという人は多いと思います。

 

そのような場合に、車両保険はかなり心強い保険というわけです。

 

 

→車両保険はなぜ高いのか?

 
実際のところ、車両保険をつけるのか?つけないのか?でかなりの保険料が変わってきます。

なぜ任意保険の基本である補償が無制限であることの多い「対人賠償保険」や「対物賠償保険」に比べ、、何億円も補償してもらえることはほとんどない車両保険の保険料が高いのかというと、あくまで確率の問題だと言われています。

一回の事故で、何十人もの死傷者が出るような大事故は確率的にはかなり低いのに比べ、自分のクルマをヘコましたりするような小さな事故は年間でもかなりの件数が存在するからですね。

あと、車両保険はクルマの本体にかける保険ですから、高級車ほど保険料は高くなる傾向にあります。

 

一口に車両保険といっても契約内容に幅があり、補償の範囲にもかなり幅があります。10万円以下では補償されないといった免責金額を設定することができますし、自損事故、すなわち自分で壁に衝突した場合は補償から外すといったこともできますし、2回目以降の事故の場合は、自己負担金額を設定することで車両保険の保険料を安くすることも可能です。

 

車両保険をつけると保険料が高くなるため、車両保険自体を外してしまう人もかなりいますが、車両保険の契約内容を見直すことによって料金がかなり変わってくることを覚えておきましょう。

 

車両保険というのは、火災保険などと同じく損害保険にあたりますが、クルマを運転している人にとっては、車両保険のほうが断然利用する可能性が高いということを頭に入れておかなければなりません。
当然、安全運転をするなど事故を起こさないように充分に注意を払い運転することは大切なのですが、どれくらいそしてどこまで保険によって補償されるのか?

 

しっかりと把握しておくことが必要ですよ。

 

 

 

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ