自賠責保険の知って得する知識

自賠責保険って?

自賠責保険というのは車やバイクの所有者と運転者が必ず加入しなければいけない保険の事で強制保険とも言われているそうです。

これは被害者の救済を一番の目的としているもので対人賠償に限られているものなのです。

ここで言う対人というのは死傷した相手側の運転者や、その同乗者、または歩行者などを指します。

被害者の怪我や死亡だけに賠償金が支払われる事となり、加害者の怪我や自動車の破損にたいしては賠償金は一切支払われる事はないのです。

もしも、事故を起こした加害者に賠償金を支払う能力がないような場合でも、被害者は自賠責保険により、一定の額までは賠償金を受け取る事が可能なのです。

たまたま事故にあってしまった被害者が賠償金をもらえずに泣き寝入りするのを未然に防ぐためとなっていると考えられます。

自賠責保険には限度額があって、対人賠償だけの支払いなのでこれだけでは十分な補償とは到底いえないものなのです。

そこで、これを補うために任意自動車保険が必要と考えられるという訳なのです。

また、自賠責保険では他人を事故に巻き込んだ加害者に過失がなかったとしおても賠償責任が発生するのが一般的なもので無過失責任と言われています。

簡単に言えば、普通に自動車を運転していたとして何のミスもない場合でも相手が怪我をしてしまった場合には賠償する必要があるという事とあるのです。

被害者に100%過失があった時ならまた別となりますが今までの事例で被害者に全ての過失があったと認められた事故はほとんどないと言われています。

 

自賠責保険と任意保険の違い

もしも、自賠責保険に加入していない場合、車の運転は国において自動車損害賠償保障法に基づいて運転をする事は認められていなのです。

したがって、もしも自賠責保険に加入していない時に運転をして交通事故を起こしてしまうと自賠責保険から支払われる相手への賠償金や治療費などは全部自己負担になってしまうのは当然の事なのです。

車を運転するにあたり、自賠責保険は国の定めた強制保険となっているので必ず自賠責には加入する必要が出てきます。

普段、毎日車を利用している方なら自賠責保険の重要性も非常に分かっていると思いますが自賠責保険だけでは不安なものなのです。

自賠責保険はあくまで対人賠償だけの補償しかカバーしてくれないものなのです。

それ以外の交通事故での補償を求められた場合は自分自身で支払わなくてはならないので車に関わっている方や車を運転する人にとっては自賠責保険だけではどうしても不安になるものだと思われます。

現代では自賠責保険と合わせ任意保険の加入も考えないようでは車の運転も怖くてできないような気がします。

自賠責保険に加入していないと、こうした罰則や免許停止処分によって社会的な制裁も受けなくてはならなくなってしまう事も考えられるので自賠責保険に加入しているなら時間もお金も余分に掛らないという事になります。

 

自賠責保険の料金が変わるって本当?

2011年から自賠責保険が値上げされたそうです。

実は自賠責保険は2008年に平均で24.1%の大幅値下げが実施されていてもともと、これを2013年には元の水準に戻す予定としていたので、今回の値上げも突然の値上げという訳ではないのです。

今回の値上げ幅は全体的に11%程の値上げといわれていますが、2013年頃には15%程度の値上げが実施され、元の水準に戻すそうです。

自賠責保険の保険料の値上げは予定されていたものといえるので、逆にどうして2008年に20%以上の大幅な値下げがされたのかの方が気になるものです。

2008年に実施された値下げというのは、これまでの運用が順調に推移していったので契約者に保険料値下げという形をとって還元できるという事から実施されたといわれていますが値下げを決めた年の春にリーマンショックが勃発してしまって運用成績が急速に悪化した事は間違いないと言えるでしょう。

現在の特別会計にどれだけの余裕があるかないかなんて知りませんがこれから長期間にわたり、震災の復興と除染に多額の資金が必要となってくると考えられるので自賠責保険料が元の水準に引き戻される程度であれば文句も言えないような気もします。

 

自賠責保険はコンビニで支払える?

自賠責保険は陸運局で購入する事ができますし、車検を取り扱っている様々な整備業者でも購入可能となっています。

また、自動車保険を取り扱っているような保険代理店でも購入できるし、最近ではローソンなどといったコンビニでも購入できるようになってきているのです。

整備業者などで車検を依頼すれば手数料だけでも数万円とかかってくるものですし、ユーザー車検で通る車検の場合では、自分で仕事を休んででも自分自身で行った方が節約可能なのも事実だと思います。

しかし、仕事をしていると、どうしても保険代理店や整備業者が営業している時間に行く事ができなかったり、と困ったりする人もたくさんいるでしょう。

そういった方々に便利なのがコンビニで購入できる自賠責保険だと考えられます。

コンビニで自賠責保険を購入するには、まずタッチパネルに車の必要事項を記入する必要があります。

そのため、車検証が必要になると思います。

タッチパネルに必要事項を記入したのならば、レジに行き代金を支払いましょう。

そしてレジの所でプリントアウトされた自賠責保険の用紙を受け取って終わりです。

とても手軽で難しい作業ではないし、タッチパネルで親切に教えてくれますので便利ですよ。

 

自賠責保険の補償って?

自賠責保険では他人の死亡や怪我に対して保険金が支払われる事になります。

加害者である本人や車などの物の損害や自賠責の支払い限度額を超えた分に関しては一切補償がないものなのです。

これをカバーするために任意自動車保険が必要になってくるという話なんです。

自賠責保険では1件の事故あたり、補償限度額はないとされており、保険加入期間に複数回事故を起こしたとしても補償内容は変わらないものなのです。

例えば自動車事故を2回起こしてしまって相手に怪我を負わせてしまった時、事故1度ごとに120万円まで保険金が支払われる事となり、合計240万円が補償額となるという訳なのです。

また、被害者が複数の加害車両で死傷してしまった場合は加害車両の台数分の補償があると考えられます。

例えば、歩行者が自動車Aにはねられてしまって、その後に自動車Bにもう1度はねられてしまった時とすると自賠責保険から死亡で3000万円×2の6000万円、ケガで120万円×2の240万の支払いとなって支払額ももちろん2倍になるという訳なのです。

※この例では自動車Aと自動車Bに過失がある場合としています。

また、自賠責の保険金の請求期限には時効があるので2年を超えてしまうと支払われなくなるので注意しましょう。

 

自賠責保険の名義変更について

自動車を購入する際、店で保険加入の手続きを済ませてしまう事がほとんどなので購入する側は何も考えなくても良い事になるので自動車を個人間で売買したり譲渡したりする場合は保険に関した処理も自分自身で行なわなければならなくなるものです。

こうした場面で戸惑う事の1つとして自賠責保険の名義変更が考えられます。

自動車を譲り受けたとしても自賠責保険の名義変更までしていない場合に事故をおこしてしまうと一体どうなるのでしょうか?

自賠責保険には被害者救済という目的があるので自賠責保険の名義人以外の運転者が事故をおこしたとしても保険の期限が切れていない限りは保険金は支払われるようになっているものなのです。

また車の登録番号が変わったとしても車台番号から自賠責保険に加入している車かどうかは特定できるものなので。

こうした自賠責保険の特性が車を譲り受けたとしても自賠責保険の名義変更まで行なわないでいるという状況を逆に生んでいると言えるような気もします。

しかし普通の感覚であれば所有者が変わったのに自賠責保険の名義がそのままというのは気持ち悪い事だと考えられます。

保険は、どれにたいしても契約内容に変更があった場合は実態にあった形に直しておくのは当たり前の事なので名義変更は忘れずに済ませておくようにしましょう。

 

自賠責保険と車検

車検と自賠責保険には一体どういった関係があるのか?

自賠責保険は保険だが国で強制されている強制保険とも言われているので車の所有者の意思に関係なく車が路上を走るためには絶対加入していなくてはダメな保険といえるのです。

自賠責保険は車の所有者にかかってくる保険ではなくて車の車両の方にかかる保険と言えるので車を誰が運転していたとしても、もしその車が事故にあい、損害が発生した場合は自賠責保険が適用される事となり支払われます。

任意保険の場合では加入者でなければ支払われない事になるのですが自賠責は、その車両にかけている保険になるので誰が運転していても補償されるという訳なのです。

自賠責保険は強制なものですが国は全ての車両が自賠責保険に加入している事を確認するため、車検を通す時に次回の車検までの期間有効な自賠責保険に加入している事をパスするための条件としているのです。

通常の場合は車検を通す際、自賠責保険も次の車検までの分を購入するのが一般的な事で強制保険で必ず徴収される費用なので自賠責保険を車検費用の一部として考える人も多いとされています。

強制保険は国民保険のように、まるで税金に近いタイプの保険と考えても良いでしょう。

 

自賠責保険の解約

自賠責保険というのは任意保険と異なり強制的に加入しないといけない強制保険となっています。

任意保険の場合は車の持ち主がもしもの時のために加入するものです。

しかし、自賠責保険は加入するのは車の持ち主ではなくて車に対して加入する事と言えます。

とは言っても保険料金を支払わなければいけないのは、もちろん車の所有者となるのですが。

つまり自賠責保険は車に対してかける保険となるので自賠責保険が満了するまでの間に車を手放したり売却したりしてしまった場合でも自賠責料金の返金はされないので注意しましょう。

車を手放したからと言い、自賠責保険の解約もできないものなのです。

自賠責保険の解約ができるのは一体どういった場合なのか?

それは、車がもう誰にも所有される事なく運転されない状態になった場合でしょうか。

つまり、車を廃車した場合に自賠責保険の解約がされる事となり、最後の車の所有者が手続きする事によって返金されるというものなのです。

自賠責保険の解約に必要な手続きとしてはあまり難しいものではありませんので、少しの時間がある方であれば自分で解約手続きを行った方が節約にも繋がり、時間もかからないので負担も減らせるかと思います。

解約手続き自体は陸運局や保険代理店などで行う事ができるの便利な場所で行う事ができると考えられます。

 

自賠責保険の加入について

自賠責保険というのは車が路上を運行する場合ならば絶対に加入しなくてはいけない保険の事で強制保険とも言われているものなのです。

自賠責保険って何だ?などというドライバーでも車検を通す場合には絶対に自賠責保険を購入しているはずなのです。

車検費用の内訳をみると自賠責保険24か月分という項目が必ずあるはずなのです。

自賠責保険は車のナンバープレートを登録すれのと同時に加入する事になるのです。

自賠責保険は車の所有者にかかる保険ではなくて、どちらかというとその車に対してかけられる保険となるので車の名義が変わったとしても自賠責保険はかけっぱなしで還付されたりような処置もないものなのです。

また、自賠責保険は保険だが任意保険とは異なり、保険料は国が設定しているもので一律となってるようです。

例えば普通自動車の場合は年式やモデルや事故歴などには関係なく、一律で設定されているのです。

自賠責保険に加入する方法としては難しい事ではないですよ。

新車で車を購入したとしても中古で車を購入した場合にしても、または友人から車を譲り受けた場合にしても、その車にナンバープレートがついている限りは自賠責保険にはすでに加入している事になるのです。

 

自賠責保険 返金の手続き

廃車手続きをする時に、もしも自賠責保険の有効期間が1か月以上残っているのなら保険会社に手続きをすれば自賠責保険の残存期間に応じた返戻金を受け取る事が可能かもしれませんよ。

自賠責保険の還付手続きでの返戻金額は自動車税などのような月割り計算ではなくて保険規約に基づいた計算となるそうです。

自賠責保険の還付手続きを行う前に軽自動車協会で廃車手続きを完了させておく必要があると言われていますよ。

廃車の手続きが完了後は保険会社に連絡して自賠責保険解約と還付手続きを行うようになります。

その時は返戻金を受け取るための振込先がいります。

口座番号などの情報を記入する事になるので通帳や銀行印を持参しておいた方がスムーズに進められるかと思うので用意しておきましょう。

保険会社の還付手続き書類に不備がないのなら手続きも無事終わりとなります。

一般的には還付手続き完了の1週間か2週間後ぐらいに口座に返戻金が振り込まれる事となります。

還付手続き完了後というのは軽自動車協会で廃車の手続きをした日ではなくて保険会社によって自賠責保険解約の手続きをした日になるので覚えておきましょう。

自賠責保険の返金に必要な書類には登録事項証明書のコピーと自賠責保険証の原本、そして登録事項証明書に記載されている所有者の認印がありますので忘れないようにしましょう。

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ