【お得な保険選び】自動車共済と自動車保険

共済のメリット&デメリット

そもそも共済というのは相互扶助を目的として運営されている制度の事。

特定の地域や職業などといった団体に属している組合員を対象とした助け合い制度となっているのですが最近ではJA共済や全労災やコープ共済などといった自動車共済には出資金を支払えさえすれば誰でも申込みが可能となっているのです。

民間の自動車保険と比べると自動車共済のメリットは一体どんなものがあるのか。

最大のメリットとしては何と言っても掛け金が安いという事が挙げられるでしょうか。

民間の損保会社は営利を目的としているのに対し、共済は非営利を目的としているので組織織自体の利益は追求していないという訳なのです。

そのため、広告などといった営業経費も最低限に抑える事ができており、一般的に掛け金が割安になっていることが非常に多いのです。

組合員から集めた掛け金によって補償を行なっているので支払う補償が少なかった場合には余った掛け金が年度末に加入者へ戻ってくるという仕組みになっているのです。

共済の中には無許可で運営されているものもあると言われていますがJA共済や全労災やコープ共済などの各都道府県共済は国の監督下で、非営利目的という事なので民間の保険会社と比べれば安心感があるという点もメリットの1つとし挙げられます。

共済は営利を目的としていないので掛け金が安く済むというメリットがあるという事なのです。

一方で、民間の保険会社と比べれば補償の最大額が少ない傾向にあるというデメリットもあるので覚えておきましょう。

 

JA自動車保険はお得

JA共済が提供する自動車保険のJA自動車共済というのは民間損害保険会社が提供している自動車保険と比べると非常に得なポイントが様々あります。

そもそもJA共済というのは母体が農協であり、自動車保険の他にも生命保険や火災保険なども扱っているのが特徴でしょうか。

JA共済の自動車保険であるJA自動車共済は損保の自動車保険と比べると一体どのあたりが異なるのか?

JA自動車共済は損保の自動車保険と同じで無事故期間が長くなれば長くなるほどに掛け金が割引になる無事故割引というものがあって20等級であれば最大の割引率がおよそ62%と一般的な損保の最大割引率である60%より少しだけ有利と言えるでしょう。

また、民間の自動車保険からJA自動車共済に乗り換える際は無事故期間を引き継ぐ事ができて乗り換えた始めから無事故割引を受ける事が可能なのです。

JA自動車共済は契約期間中に事故を起こしてしまったとしても1度だけなら割引等級が下がらない、等級据え置き特約があるのです。

民間損保の自動車保険の場合では等級プロテクト特約と言われているものになります。

民間損保では契約条件が非常に厳しくて等級プロテクト特約には一般的に入りにくくなっているのですがJA自動車共済では特に制限がないので比較的入りやすいでしょう。

そして得な制度にセット割引があるのも特徴です。

例えば自賠責共済とセットで契約を行うと対人賠償の掛け金が7%割り引かれたり、車両保障と対物賠償をセット契約した場合では掛け金が7%割引になったりするというものなのです。

 

県民共済の自動車保険

県民共済の自動車保険は自動車保険の事で悩んでいる方にオススメな保険だと思います。

自動車保険には県民共済以外にも損保ジャパンや東京海上日動やアメリカンホームダイレクトなど様々ありますが、そのような自動車保険とあまり変わりがないからと言えるでしょう。

つまり、他の自動車保険に入ろうが県民共済の自動車保険に入ろうがほとんど同じという事が言えるのです。

コマーシャルなどでそれぞれの会社のメリットを伝えている所も多いものだが、それらは呼び方は違うだけで、ほとんどがどの会社も持っている保険という事が言えます。

しかし、県民共済の自動車保険だけの補償もあります。

その補償は県民共済が扱っている自賠責共済とセットで加入をすれば割引される制度の事で自賠責共済セット割引と言われます。

その他、農業用貨物車割引や車両、対物セット割引などもある。

それぞれを説明すれば自賠責共済セット割引は自動車保険の対人賠償掛金がおよそ7%割り引きになり、農業用貨物車割引は正組合員か個人と同居の親族が契約している場合に限って農業などで利用する自家用軽四輪貨物車や自家用小型貨物車や2t以下である自家用普通貨物車を対象として掛金が7%割り引かれる制度です。

車両、対物セット割引は車両保障と対物保障を同時に契約する事によってそれぞれの掛金が7%割り引かれるというものになっています。

 

全労済の自動車共済保険

全労済には一般の自動車保険と同じような自動車共済保険もある。

事故受付後は全国84ヵ所の共済サービスセンターによって、およそ約800名のスタッフ達が示談交渉サービスを行ってくれますよ。

他人の自動車を借り、運転中に事故を起こしてしまった際は借りた車の自動車保険契約の有無に関係なく支払いされるので貸主に迷惑をかける事もないでしょう。
※ただし、一定の制限があるので注意しましょう

事故の際、相手方の修理費用が時価額を超える場合で、さらに全労済が認めた場合であれば50万円を上限として過失割合に応じて補償されるのです。

相手方が6ヵ月以内に修理した場合に限るようなので覚えておきましょう。

人身傷害補償は自動車事故で被共済者が被った損害を自身の過失のあるなしに関係なく契約補償額の範囲内で示談を待たずに全労済がまとめて補償されるという訳なのです。

また、自分、または家族が単独事故で死傷してしまった際や歩行中に当て逃げをされてしまって怪我をした場合などでも幅広い補償を受ける事が可能で示談を待たずに損害額の共済金を受け取う事ができるので事故による怪我の治療に専念できるというような安心感があるのです。

もしも自動車事故によって他人を死傷させてしまった場合、自賠責保険を超える分について過失割合に応じて賠償金が支払われることになります。

車や家屋や電柱など他人の財物に損害を与えてしまって被共済者が負担する法律上の損害賠償責任も補償してくれますよ。事故相手の車や物を壊してしまった際、過失の割合に応じて賠償金を支払ってくれるので安心でしょう。

 

私学共済の自動車保険

私学共済の特徴として挙げられるのは民間事業者の保険より有利な側面があるという事が考えられます。

例えば、生命保険や医療保険や年金保険や自動車保険などといった様々な保険が私学共済の場合では、とても良い条件で用意されているのが特徴なのです。

これは助成金があるという点が理由となっていると考えられるという訳なのですが給付金や手当金は民間の保険と比べても非常に条件が良いといわれていますよ。

個人的にはこのような保険に加入できなくなった部分は残念だと思っています。

しかし、このような各種保険をカスタマイズすることができない所が私学共済のデメリットと言えばデメリットだと考えられます。

少なくても、私が加入していた共済ではそう言えたのです。

つまり、パック商品で販売されている形となるので、いらない保険も場合によっては加入しなければならないという事なのです。

たとえるならツアーで旅行するのか、自由気ままに旅行をするのかというような違いがあるでしょう。

もう少し加入者側に選ぶ権利があっても良いのではないかと思いましたが、条件が良い分だけ、そのような弊害が現れるのも仕方のない事なのかもしれません。

 

共済組合の自動車保険

共済組合の自動車保険について調べてみました。

興味のある方は参考にしてください。

そもそも共済組合というのは厚生労働省の認可によって設立された非営利団体の事を言い表しており、自動車保険の事は自動車共済と言われるそうです。

共済組合による自動車共済保険には全労災のマイカー共済が1番有名なものと考えられるでしょうか。

また、自動車共済とは関係がない事かもしれませんが共済組合の自動車共済として全労災の「こくみん共済」や全国生協連合会の「けんみん共済」なども人気を集めているといわれていますよ。

マイカー共済の特徴としては共済掛金が安い上に無事故割引によって掛金が最大で何と60%も安くなるという複数台契約の割引特典がある事や他車運転中の事故補償があるなど様々なものとなっています。

しかし、こういった共済に加入するためには出資金である1000円を出して組合員になる必要があるのです。

組合員に入ってしまえばその分月々の掛金が少なくなるのでオススメの自動車保険だと思います。

 

JA自動車保険(共済)のメリット・デメリット

JA自動車保険のメリットとしては掛け金が安い事や自賠責保険とセット加入すればさらに割引になることが挙げられます。

JA自動車保険のデメリットとしては事故時の対応が悪い事でしょうか。

管轄外での事故の場合は特に大変なものだとよく言われています。

まとめて説明するとJA自動車保険の最大のメリットは掛け金の安さにあります。

JAはその大きい組織力から自賠責保険も取り扱っているのでセットで加入すれば、さらに割引になり非常にお得という訳なのです。

その反面としてデメリットがあり、対応の悪さが挙げられます。

JA自動車保険に加入して事故を起こしてしまったときの対応に困った経験がある方も多いのではないでしょうか??

投稿にもとくあるものとして、そもそもJAは幅広い事業を展開しているものです。

メインの青果物などといった販売事業から金融事業や共済事業、ガソリンスタンド、冠婚葬祭などの幅広い事業を取り扱っているものなのです。

そのため、人事異動よって全く異なる職種に異動する可能性もあるそうです。

その辺がJAの専門性に欠ける部分に繋がっているような気がするのです。

一般の保険会社の方の場合はメイン事業は1つなので、まさにその道のプロフェッショナルの集まりと言えるので安心できます。

その辺が対応の差になっているのでしょうね。

それとJAの特徴的な部分が組織構成にあると考えられます。

当たり前のことですが一般の保険会社の場合では全国何処で事故をおこしたとしても加入している保険会社の担当者が最後までしっかりと面倒をみてくれるものです。

 

 

自動車保険と自動車共済の違い

自動車保険は保険業法という法律に基づき、認可を得た損害保険会社だけが取り扱いできるものなので保険という言葉を保険会社以外で使う事はできないのです。

そのため、共済では自動車保険とは言わず「自動車共済」や「マイカー共済」などといった呼び方になっているのです。

保険は不特定多数の人を対象にしている言葉になりますが共済は特定の地域や職業などの団体に限定された人を対象としている助け合いの制度の事になるのです。

また、損害保険会社が保険業法を根拠法としているのに対し、共済の根拠法は様々なものとなっているのです。

しかし、一方で根拠法のない共済である、いわゆる無認可共済といわれるものも多く存在していると言われいます。

また、共済には損害保険契約者保護機構などのように保険会社が経営破綻した場合、契約者保護を行うセーフティネットのようなものはないので注意しましょう。

一定の条件を満たしていると共済は設立する事が可能なので根拠法がないからと言い、違法という事にはならないので勘違いしないようにしましょう。

根拠法のある共済というのは、その共済事業に関して法律で定められている上、共済事業に対して各監督官庁がチェックが行われているものなのです。

無認可共済は共済事業に関して特に法律による定めがないので、当然監督官庁によるチェック機能もないという訳なのです。

 

共済と保険会社の違いって?

自動車保険を扱っている保険会社は様々ありますが、その中でJA共済や全労済などは厳密には保険会社と言えず、共済と呼ばれる公益事業となります。

保険会社が利益を上げるため、経営している企業であるのに対し、共済は加入者同士の相互の助け合いを理念としている事業となるのです。

詳しく説明すると共済は職業や居住地域などを同じとする人達が資金を出し合って、怪我や事故が起こった場合、その資金で治療費などを補助しようという仕組みになっているのです。

したがって全国共済農業協同組合連合会は農協=農業協同組合、全国労働者共済生活協同組合連合会は生活協同組合というのように、それぞれの組合員同士の助け合いを理念としている基金的な事業だといえるという訳なのです。

そのため、JA共済や全労済に加入するのには出資金を出しJAや生活協同組合の組合員になる必要が出てくるのです。

また、共済は法律との関係も保険会社とは異なるようです。

通常の保険会社の場合は保険業法に則り、活動しているものなのですがJA共済は農業協同組合法で全労済の場合は消費生活協同組合法といったように、それぞれ異なった法律に基づき、事業活動を行っているという訳なのです。

JA共済や全労済などのように根拠となる特定の法律を持っている共済と逆で根拠となる法律のないものは無認可共済と言われている事を覚えておきましょう。

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ