【ガチ評判】自動車保険の評判を元に順位を付けたらこうなった!!

自動車保険の評判ランキング

自動車保険には非常に沢山の会社があるのですが評判のランキングなどといったモノを見ていると人気の自動車保険を知る事が可能となります。

評判のランキングなどで頻繁に1位に挙げられる保険会社はSBI損保でしょうか。

この保険会社はおよそ9割以上もの人達が保険料が安くなった!という意見を寄せています。
自動車の種類も多少は関わっているのですがSBI損保は他の保険会社と比較すると最も安いと考えられます。

もともと通販型タイプとは安いものですが、その中でも群を抜いて安いのです。
公式サイトでも安さを前面に押し出しており、安いだけではなくてロードサービスなどといったサポート体制も万全に行うと言っています。

安いからと言って決して初期設定がない訳ではないので安心しましょう。
リスク細分型になっているのでセッティングするのが難しいと思われる人もいるようですが、SBI損保は3つの基本補償プランを提案し、それぞれに合ったタイプのプランを軸にして必要と考えられる特約を付けて組み上げていく方式を取っています。
そのため、リスク細分型が初めて!という人も組み立てやすさに配慮されているので分かりやすいです。
興味がある方は保険選びの1つに入れて検討してみてはいかがでしょうか?

 

加入者の満足度の高い自動車保険って?

以前から聞く事の多い保険会社や新しく出来た会社、さらには国内や外資系などといったようにテレビのコマーシャルなどでも非常に沢山の自動車保険を知る機会があるものです。
しかし、保険加入者の満足度が高い保険は一体どれなのでしょうか?このように評判が気になる人も多いと思います。

保険料の安さに特徴を持っているのが、いわゆるダイレクト系の保険会社なのですが、安いだけではなくてサービス面でも高く評価されています。

その理由として契約をインターネット上で行う事が可能なだけではなく、契約してからも契約者の要望に応じた手段でやり取りを行う事が出来たり、契約者1人1人に契約者用のホームページが設けられているなどといったように、ユーザ側の目線に立ってサービスに尽くしている事が、このような結果に繋がっていると言えます。

ダイレクト系タイプの自動車保険の中で特に人気が集まっているのはSBI損保やエース損害保険、さらにはイーデザイン損保、
三井ダイレクト損保などでしょうか。

代理店系にしてもダイレクト系にしても、保険を利用する時は担当スタッフとのやり取りが必ず発生するものです。
その時に満足する事ができる対応なのかなんて、実際に事故に遭わないと分からないものです。
そのため、ネットのランキングなどを調べて、上手な保険会社選びを行う事をオススメします。

 

事故対応に定評のある自動車保険会社は?

ここでは事故対応に定評のある自動車保険会社を紹介したいと思いますので、興味のある方は参考にして下さい。

事故の際の対応に定評がある自動車保険会社として挙げられるのはイーデザイン損保です。
安い!という点ではもちろん人気があるのですが、ネットで見られるランキングなどでは他の保険会社が安すぎるので上位ではありません。

しかし車の種類や契約の内容により、違いが出るケースもありますので一括見積もりサイトなど利用して
1000円から2000円ぐらいの差であるのならイーデザイン損保がオススメできます。
イーデザイン損保は東京海上グループなので事故の際対応には非常に定評があります。
実際、満足度の調査などではかなり高いランクに位置づけされる事が多いです。

また、セコムも非常に評判が良くて、このセコムには代理店型と通販型があるのが特徴です。
代理店型にすれば費用も高くなりますので安さのランキングには上位に入りませんが通販型の場合はかなり安いです。
信用もあるので非常に良い保険会社と言えます。
事故の際、セコムの警備員がすぐに駆けつけてくれたり、様々な特約などがあるので、そこで判断する事を勧めます。

良い保険会社というのは人それぞれの環境や条件によって違いがありますので、一概には言えません。
自分に合った保険会社を知るには色々と調べるだけではなく、実際に確かめてみない事には分からない事も多いものです。

 

保険料が安いと評判の自動車保険会社って?

ダイレクト型の自動車保険というのは保険料が安い傾向にあります。

この理由は保険会社と契約者側と直接取引をする事となりますので、代理店への費用がかからない事です。
これが圧倒的に安い保険料を実現させる事が出来ている1番の理由と言えます。

しかし、ダイレクト型の保険会社の中には、削減するべきではない事故処理の際の費用まで削減している所もあるのです。
もしも、安い保険料は良いが事故の際の処理体制まで費用の削減しているような所を選んでしまったら、事故を起こした際に痛い思いをするのは自分自身という事をしっかりと認識しておくようにしましょう。

自動車保険を検討している人は、どうせ事故なんて引き起こす事はないだろうから安い方が良い!と聞きます。
しかし、自動車保険の1年での事故の発生率はおよそ10%前後となっています。
これは10台契約している人がいると、その内の1台は1年の間に事故で保険を使っている人がいるという事になるのです。

これを多い!と感じるかどうかは人それぞれの感覚なので何とも言えませんが、自分自身は安全運転をしているつもりでも事故に巻き込まれてしまうケースもあります。
ダイレクト型の自動車保険は非常に様々ありますが、中でも人気なのはSBI損保やチューリッヒなどでしょうか。

 

ロードサービスの評判が良い自動車保険会社って?

ダイレクト系の自動車保険は、事故や故障した際のレッカー移動などといったサービスを無料で行ってもらえる事がウリの1つです。
これは保険会社が運営しているからという訳ではなく、保険会社が提携しているロードサービスに全契約分を包括し、委託をしているからです。

ほとんどの場合で自動車保険契約ではないので、保険証券や契約にロードサービスの内容が記載されません。
あくまでサービスとして提供されるものだと覚えておきましょう。

チューリッヒはインズウェブ、またはNTTイフなどといった一括見積りサイトで申込みを行うとテレビのコマーシャルなどで宣伝されている無料ロードサービスが受けられませんので注意するようにしましょう。

JAFを基準に考えたら1番数が少ないと言われている三井ダイレクトでも3000箇所とJAFと比べると大きく上回っています。
そのため、基本的に問題ないと思って良いでしょう。
それよりも無料のレッカー距離数の方を重要に考える事が大事です。
一般的に無料距離数を超えている場合の1キロあたりの単価に関しては500円から600円程度と言われています。
この場合、10キロ超えてしまうと5000円から6000円の自己負担となってしまうので注意が必要です。
無料の距離に関してだとチューリッヒが100キロまでで、SBI損保は50キロ、さらにソニー損保やアクサ損害保険は35キロとなっている事を参考にして下さい。

 

10代に評判が高い自動車保険会社って?

自動車保険の任意保険は21歳になったら、21歳未満不担保にしておく事で保険料をかなり安くさせる事が出来ます。

しかし、18歳~20歳の場合は統計で若い人の方が事故を引き起こしやすいと言われています。
自動車はもちろん、バイクなどの車両を運転する時にリスクが高いと見られて必然的に自動車保険も高くなってしまいます。

車両保険を付けないようなリスク細分型の保険で考えたとしても1年間でおよそ20万円を超えてしまう事も珍しいモノではないのです。
男性ドライバーの場合では事故が発生する確立が高い傾向にもありますので男性が加入する時は保険料が割高になってしまう可能性も考えておきましょう。

そのため、1年間で支払う保険料が高くなってしまい、新車や中古車を購入する際、または譲渡などで保険の代理店などで任意保険に加入する手続きを行った際に驚かれる人も非常に多くいます。
20歳以下の保険を安くさせる方法は、特約やサービスなどを自分の必要最低限に留めておく事が重要となります。

10代から評判の高い自動車保険会社は人によって異なります。
したがって、インターネットの一括見積もりサイトを利用して調べてみる事をオススメします。

 

20代に評判が高い自動車保険会社って?

20代の人達は自動車保険の任意保険の費用が最も高いと言われているようです。

というのも事故の危険性が他の年代と比べると高いからという事が考えられます。
任意保険の保険費用とは、年齢が若ければ若い分だけ高く設定されてしまいます。

そのような20代の人達が上手く任意保険の選ぶ際、ポイントとしては充実している補償内容よりも、もしもの時に事故を引き起こしてしまった場合を優先的に考えて選ようにしましょう。

事故を起こした後の車の修理、または廃車になってしまった場合の補償や対人を無制限、または対物を無制限にする。
さらに既婚者の場合なら、人身傷害補償を付けておいたり、独身の場合は搭乗者傷害保険を付けたり、車両保険も一般車両保険にしておく、などで保険料を無理なく支払える程度にしておいて自分に必要と思われる補償だけを付けていくようにしましょう。

独身なのか既婚なのか、1人暮らししているのか?親と同居しているのか?などの様々な環境も考えた上で保険料を支払っていくように経済的に負担がかからない範囲で検討しましょう。

任意保険を見直す事があるなら、独身でも人身傷害補償を付けておくなどで不足だったと考えられる補償を付けて充実させていく事も出来ます。
20代に評判が高い自動車保険会社は人それぞれで、違いがありますので見積もりサイトなどを利用して調べてみましょう。

 

30代に評判が高い自動車保険会社って?

30代は結婚、または女性の場合は出産などといったように生活環境が変化していく時期と言えます。
人により、長期的にローンを組んだりで住宅を購入される方もいるでしょう。
結婚して夫婦共働きというのも最近では珍しくありません。
このような30代の方が任意保険を選ぶ際のポイントとしては下記のようなものが挙げられます。

まず、人身傷害補償保険という特約を付ける事をオススメします。
20代で免許を取ったのであれば30代では等級もある一定は上がっていると考えられるため、保険料に関しても安くなってきていると思われます。

さらに既婚していて、子供がいる場合であれば人身傷害補償保険に歩行中の傷害補償も付けておく事をオススメします。
この場合、夫婦それぞれで車を持っているのなら等級が高い人の保険に付けるのが大事です。

対人、または対物賠償保険に入っておく事も重要で
車の任意保険料の支払いに関して余裕がある人の場合は対人と対物賠償保険は両方とも無制限で入っておくのがオススメです。
30代に評判が高い自動車保険会社は一概には言えません。
というのも人によって、最適な保険会社は違うためです。
自分に合った保険を選ぶためにも、ネットの見積もりサイトを利用して調べてみる事が大切です。

 

40代に評判が高い自動車保険会社って?

40代の自動車保険に関して、内容を重視して考えた場合は非常に多くのポイントが出てきます。
環境的に最も変化していく年代なので、非常に沢山の人がこの年代で家庭を持つ事になります。
そのため、子育てや教育の資金などの支出が出てくる事も考えられます。

さらに、この年代では家を購入する確率も非常に高い年代と言えるので住宅ローンの支払いが発生する世帯も多いです。
そうした事も特徴の1つと言っても良いでしょう。

40代は独身時代、または子供が生まれる前と比較すると家計の支出がかなり増加します。
そのため、生命保険に関しても言えますが、まさに責任世代の入り口にある年代と言っても過言ではありません。
万が一の事故を起こすリスクに備えて、補償をしっかりと作っておきたいものだと考えられますが保険料は可能な限り抑えなければいけないので、矛盾に陥ってしまう方も多いものです。

しかし、運転歴に関しては長くなってきていると考えられ、安定した運転を行う事が出来るようになっています。
事故を起こすリスクについても若い時と比較すると大きく改善されていると言えます。
自動車保険の年齢条件も安いモノが付けられるので保険料に縛られる事なく補償を付ける事が出来ます。
40代に評判が高い自動車保険会社を知るにはインターネットを活用し、調べる事をオススメします。

 

50代に評判が高い自動車保険会社って?

50代の人は子供がいる人は子供も成長してきていて子供も運転する事になる時期に入ります。
そうなってくると運転を行う人も異なってくるので保険も変えていく必要が出てきます。

50代で車を運転する、または所有している人、子供も運転する家族にとっては運転者が増加する事になる分、事故を起こすリスクも高くなりますので、それに比例して保険料も高くなるのです。
等級の高い人に合わせる事となりますので基本的には年齢の高い父親に合わせて保険料を計算する事が重要になります。
ゴールド免許で等級が高いと割引される金額も非常に高くなるので、この辺はしっかりと比較して計算するのが良いでしょう。

父親の運転というものは安心出来ても子供の運転に関してはまだ怖いものがあると思います。
そのため、ただ安い保険会社に入る!といった決め方をするのではなく、ロードサービスなどといった対応力が高い保険を選ぶのも検討に入れましょう。

保険会社は様々ありますが、セゾン自動車火災は50代などの年代が高い人達を主なターゲットにしている保険会社です。
一般的に事故の確率が低いと見られるこの年代に特化する事によって保険料を安くするサービスの向上を図っているという特徴があります。
1番事故の確率が低いと言われている40代~50代の人達ならお得になる保険料の設定になっていますのでオススメですよ。

 

 60歳以上の人に評判が高い自動車保険会社って?

60歳以上の人で自動車保険に入る事を考えている人も多くいます。
60歳以上という高い年齢なら、年金暮らしを始めている人も多くいると思います。

退職していても退職していなくても、老後の資金の事を考えて出来るだけ出費を減少させたいものです。
日常での出費は自動車保険の費用も含まれるものです。
60歳以上で保険に入る場合は、一体どのような割引サービスを活用して出費を抑える事が出来るのか見てみたいと思います。

最近、外資系を含めた沢山の自動車保険が、新たな割引プランを設定している傾向にあります。
それには新しく顧客を集めるという目的があると考えられます。
例を挙げるとセコム損害保険の場合ではネット割引されるプランがあり、これはネット経由で契約を行うと受ける事が出来るようになる割引プランとなっています。

さらに、日新火災の場合では補償される範囲の年齢を他の保険会社よりも細分化した60歳以上70歳未満というプランも設定されているのが特徴です。
60歳以上の人でもこのプランに入って補償の範囲を制限してやる事によって、車の保険料は非常に抑える事が出来るのです。
高齢者が活用する事で得になる割引プランは、この他にも非常に様々あるものです。
60歳以上になって自動車保険に加入を考えている方は、まず自分自身に合った割引を設定している保険に見積もりをとりましょう。

 

 

通販型自動車保険(ダイレクト系)で評判の良い保険会社って?

代理店を通さずにネット経由、または電話などで自動車保険を販売しているのが直販通販型自動車保険で、最近ここに加入する人が増加している傾向にあります。

景気が低迷している中で節約を考える人達が大手の保険会社から乗り換えているのです。
しかし、直販通販型の保険に乗り換える事で全ての人の保険料が安くなる!という訳ではないので注意しましょう。

通販型タイプの自動車保険の保険料が安いのには、代理店を通さない事で費用が安くなる!という点だけではないのです。
自動車保険は契約する人が事故を引き起こす危険性に応じ、保険料を設定している仕組みになっています。
通販型タイプの保険はさらに細かい項目によってリスクを算出し、保険料を決めているものです。
そのため、事故を引き起こす確率が低い人の場合は安くなり、事故を引き起こす確率が高い人は割高になってしまうケースがある仕組みになっています。

通販型の保険で評判の高い保険会社として挙げられるのはソニー損保やチューリッヒ、イーデザイン損保などでしょうか。
しかし、保険は人によって安い高いかが異なりますので、自分に合った保険会社だとは限りません。
保険選びをしている方は、口コミや感想は参考程度に留めておくように気をつけましょう。

 

 代理店系の自動車保険で評判の良い保険会社って?

代理店型タイプの自動車保険は基本的に保険商品の販売代行が中心となっている代理店タイプとディーラーや修理工場などといった所が保険の窓口になっている兼業代理店タイプとに分けられます。

代理店型は対面式で契約を行う形になりますので、担当者が提案した補償の内容で自分に合う保険を検討する事が可能な点がメリットと言えます。
さらに一般的なロードサービスも受ける事が出来ますし、夜間や遠方の場合では基本的に不可となっていますが、担当者によって事故の現場へ直接来てくれる事もあるのです。

デメリットとして言えるのは代理店への手数料がかかる分 保険料は高めになってしまう事でしょうか。
また、保険の見直しなどといった相談をする際でも時間がかかってしまうのが難点です。
さらに保険会社を変える際、担当者に変更する事を伝えなければいけません。

ダイレクト型に関しては契約自体が通信販売になっているので、何時でも何処からでもネットを経由する、または電話1本で申し込みを行う事が出来るので、そうした手軽さが最大のメリットになります。

代理店型とダイレクト型の中で1番気になる点は、事故を起こした際の対応力や交渉力と考えられます。
しかし、代理店型にしてもダイレクト型にしても他の保険会社や外資系の交渉力とはさほど違いはないです。
代理店型の保険で評判の高い会社は人それぞれで違いがあるものだと考えられます。
したがって、自分に合った保険会社を調べるためには見積もりサイトで実際に見積もりをとってみる事をオススメします。

 

 

 

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ