自動車保険の選び方のポイント

自動車保険の選び方というのは人それぞれで異なるものだと思います。

値段を見て選ぶ方もいるなら保障内容やサービス内容で選ぶ人もいると思います。

中には1度契約した自動車保険を更新しているだけの方もいるなら、毎年のように見直しては新しい保険に契約しなおす方もいるのです。

しかし、もっと自動車保険を理解する事ができれば自動車保険の選び方も分かって来るのではないでしょうか?

自動車保険の選び方にはポイントがあり、一番大事なポイントとしては保険料金の安さではないのです。

万が一の事故の際、どれだけ親切で適切なサポートを受けられるかどうかだと考えられます。

とくに体の損傷を伴うような事故ともなると保険会社の対応が重要なポイントとなってくるのです。

契約者側も手厚いサポートを受ける事ができて、しかも相手への対応がしっかりとしている保険会社は信頼できる会社だと思います。

そのような信頼のできる保険会社を選ぶべきという訳なのです。

保険料の安さだけで選んでしまって、いざ事故を起こしてしまった時の対応が悪く、負担が大きくなってしまったという方も多くいるそうです。

そのため、決して保険料の安さだけで選ばないように注意しましょう。

自動車保険についての知識が不足したまま、値段だけで保険料を選ぶのは危険という話なのです。

最近ではネットで契約を行えば保険料金が割引になったり、非常に魅力的な自動車保険も増加しています。

しかし、もしも事故を起こしてしまって初めて保険会社の人と話をするというのは不安なもの。

ネットで自分で選んで契約するのは手軽な方法と思われますが代理店を通して自動車保険のプロの意見を聞きながら自分に合った保険を選ぶのは、もしもの時の事を考えると、やはり慎重で有効な方法と言えますし自動車保険を良く知るチャンスにもなると思うのです。

 

通販型自動車保険の特徴

通販型というのはコストを抑える事によって保険料が安くなるというものです。

ネットで申し込めば最大で10000円は割引される事があるのも通販型自動車保険の特徴と言えるでしょうか。

申し込むにはパンフレットを取り寄せたり、ホームページなどで保険内容の確認や見積もりをとる必要があるでしょう。

しかし、デメリットもあるものです。

デメリットとしては更新日を忘れてしまいがちになる事があげられるでしょうか。

メールでのお知らせ機能などはありますが迷惑メールに入ってしまったり気がつかなかった時などに慌てないように注意が必要となるかと思われます。

車種によってはネットの申し込みができないケースもよくあるそうです。

それらを調べるためにはネットの見積り画面に入力できるか確認できるかどうかで簡単に分かるものでしょう。

サービスは1事故専任対応などを設けている会社も多くあるのですが担当者がつかない損保会社も多くあると言われているのでしっかりと確認してから加入するようにして下さい。

しかし、事故対応は通販型も代理店型も、どちらも24時間365日となっているし、同じ補償内容を得られると思っておいて良いでしょう。

通販型では少し心配と思う方なら、事前に電話やメールで質問をしておくようにしましょう。

損保会社によってはチャットですぐに返答してくれるような会社もあるそうです。

通販型と代理店型のどっちでもリスク細分化型である自動車保険を選ぶのは可能とされています。

保険料だけ見ると確実に通販型の方が安くて良いのですが自動車保険に関した様々なアドバイスなどを受けたいよいう方の場合は代理店型の方が良いかと思われます。

高級車などは通販申し込みができない事も多いそうなのでそのような方の場合は代理店加入する必要があるでしょう。

 

代理店型自動車保険の特徴

損害保険の代理店の場合は受け取る手数料が20%程と言われています。

中間のコストがかかる事となるので その分保険料に上乗せされるので通販型と比べると高くなってしまうのです。

デメリットとして、このようにコストがかかる分、保険料に影響がある事が挙げられますが、逆にメリットとしては更新時には書類やパンフレットが郵送されてくるので更新忘れが少ない事が考えられます。

更新時忘れが心配と思われる方の場合は代理店型の方がオススメです。

しかし、代理店はあくまで自動車保険の契約代行と言えます。

したがって、事故などが起きた際の対応は代理店が行う訳ではないのです。

損害保険会社にはプロの代理店と副業の代理店があると考えられます。

プロである直営店の代理店は全体の1割程度しかないので契約手続きに関して任せて行えるけど事故対応は別となってしまうのです。
代理店で自動車保険に加入しようと思うのであれば直営店の代理店を選んだ方が良い選択だと思われます。

副業代理店は自動車修理工場や個人の損害保険代理店などの事を指すと考えて良いでしょう。

事故対応は通販型同じで24時間365日対応となっているそうです。

事故の際の対応も、どちらでも違いはないようです。

通販型と代理店型のどっちでもリスク細分化型の自動車保険を選ぶ事はできます。

保険料だけ見るなら通販型が安いが保険に関するアドバイスを受けたいという方は代理店型がオススメでしょうか。

高級車は通販申し込みが行えない事もあるので、そうした場合は代理店で加入するようにしなければなりません。

 

 

自動車保険一括見積もりのメリット&デメリット

自動車保険の一括見積もりサイトを利用する方も多いと思いますが、メリットとして同条件で他社での見積もり内容も同時に比較する事が可能という点が挙げられます。

同じ条件で価格の異なる内容を掘り下げて調べていけば会社ごとの違った特徴が浮かんでくるのが分かると思います。

保険商品の特約などを省いて分かりやすい保険内容によって価格勝負に挑む保険会社や他社では特約事項に入っている事を全てスタンダードプランに織り込んでいるせいで他社と比べると価格が少し高めに設定されている保険会社なども様々あるのです。

自分にとって基本的な補償内容は押さえながらも価格の面で契約をしたいのか?

それとも価格よりも保障重視で契約をしたいのかで契約先の保険会社も決まってくるかもしれませんね。

また、デメリットとしては保険内容や保険用語をしっかりと把握していない限り、保険見積りの内容も比較する事もできないと思います。

自動車保険各社のサイトでは基本的な保険用語である免責などといったものや自動車保険会社独自の保険用語を詳しく解説されているのでそれを参考にしながら各社の見積もり内容を比較していく形になるのです。

さらに年齢や自動車を運転するのは夫婦だけ、または自分だけだというような条件があるのなら、さらに保険料が安くなる事もあるでしょう。

このようなポイントを見逃してしまうと保険料を無駄に払っている事にもなりかねないのです。

自動車保険をしっかりと理解した上で一括見積もりサイトを利用するようにしましょう。
インズウェブ自動車保険一括見積もり
 

 

 自動車保険の事故対応

自動車保険の事故対応についてですが通販型と代理店のどっちを選ぶかどうかによって対応など、様々異なってくるものです。

代理店の場合なら直接担当者と会って話をする事が可能だし、担当者がつくから、もしも事故が起きた時にも安心する事ができるでしょう。

しかし、通販型と比べると保険料は少し高くなってしまいますので最近は通販型が伸びてきていると言われているのです。

しかも、通販型は24時間の電話サポートがついているのが基本となっており拠点数の多い会社の場合なら事故の時もすぐに駆けつけてくれるし、ロードサービスも非常に充実しているのが特徴となっているのです。

インターネット上での口コミや評判では事故対応が良かった、悪かったなどの意見がよく見られるものですが通販型を選ぶなら自分の住んでいる場所の近くに拠点がある場合なら問題もないでしょう。

自動車保険の補償内容も重要なポイントとなるので様々な会社を比較検討する必要が絶対にあると思います。

自動車保険の一括無料見積もりを上手く利用する事で自分に合った自動車保険を簡単に見つける事ができるので非常にオススメですよ。

自動車保険は自動車事故での賠償や損害を補償してくれるので車のオーナー向けの損害保険と言えると思います。

内容としては対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害保険、搭乗者傷害保険と自損事故障害保険、無保険車傷害保険、車両保険というものがあるので、自分のカーライフに合わせて組み合わし、加入するのが一般的な方法となるのです。

 

自動車保険の保険料

自動車保険の保険料はやはり安いに越した事はないでしょう。

しかし安い、悪いと言うだけでは自動車保険の意味はないと言えます。

仮に保険料が安かったとしても自動車保険の格付けが上位であるならとくに問題もないと思えます。

しかし保険料が安く、自動車保険の格付けが低いのであれば契約は考え直した方が得策でしょう。

基本の保険料が高かったとしても、様々な割引などを利用し、保険料を安くする事は十分に可能なのです。

年齢の制限や家族限定などだありますが、これらはその一種と言え、これだけでも何%かの割引になる事ができるのです。

また、運転免許証がゴールドの場合はさらに自動車保険の割引を受ける事ができるのです。

ゴールド免許というのは5年間の間、無事故で無違反というのが原則となるので誰でも受けられるというものではないのです。

シートベルト違反だけでもゴールド免許は取り消されてしまう事になってしまうので自動車保険の中では受けるのがなかなか難しい割引だと考えられます。

年齢制限や家族限定は条件を満たせさえすれば誰でも割引を受ける事が可能なのです。

自動車の設備による自動車保険の割引であれば、もっと簡単に受けれますよ。

割引の対象となる自動車を購入するだけで自動車保険の保険料が割り引かれる事になるのです。

自動車保険の割引の対象となる自動車の装備も、ほとんどが標準装備として最初からついているそうですよ。

そのため、わざわざオプションでつける必要もなくて簡単な自動車保険の割引だと言えるのです。

最近では自動車保険の保険料が高いと言って任意の自動車保険に加入する人が減っていると言われているのです。

これは非常に危険な事だと思います。

こうした無保険車が増加している事によってトラブルも多くなっているのです。

各保険会社は様々な割引を適用し、自動車保険の加入者の増加を図っているのです。

 

 

自動車保険料の支払い方法

今までの自動車保険の保険料支払いとして、年払いが一般的なものとなっていました。

しかし、最近では分割払いも可能になった損害保険会社も多くなってきている傾向にあるそうです。

今まで支払いの基本は年払いだったので月払いは割り増しになるのです。

しかし、ボーナスが出ない、1度に支払うのは負担といった様々な理由から月払いの利用者も増加していると言われています。

とくに保険料が高ければ高い方ほどに分割払いが多くなっているようです。

初めて保険に加入する方の25%の方がクレジット払いを利用しているというデータもあるそうです。

自動車保険を安く済ませたい方なら、年払いの方がオススメですよ。

もし、お金を借りて一括払いをするつもりであれば自動車保険会社の月払いの方が良いでしょうか。

キャッシング手数料と月払い割り増しを比べてみればすぐに分かる事だと思います。

また、クレジットカードで支払うのならクレジット会社の規約に基づいてリボ払いや分割払いも可能となりますが、回数によっては手数料も高くなってしまうので注意しましょう。

保険料の支払い方法は主に銀行振込とコンビニ払い、クレジットカード払いの3種類が挙げられます。

自動車保険の新規加入、継続加入などの支払いはしっかりと期日を守り損害保険会社に入金しなければいけません。

入金確認ができていなければ補償も受ける事ができないので注意しましょう。

振込みやコンビニを利用して支払う場合は翌日や翌々日確認になる事も多いそうです。

そのため、早めに保険料の支払いをするようにしましょう。

クレジット払いにしておくと支払い忘れがなくなるので万一の補償がされないなどといった危険は回避する事ができるでしょう。

 

 

自動車保険のロードサービス

今から保険会社のロードサービスを検討しているという方なら保険会社別のロードサービス比較を行ってみるのが良いと思われます。

ロードサービスと言っても保険会社により、その内容も様々なものとなっています。

年会費は多くの会社が0円と設定していると言われているのです。

また、サービス拠点についての話としましては、これもほとんど全国に拠点がある会社がほとんどとなっているので、差はないといって良いかと思います。

しかし、一体どういった項目のロードサービスを受けるのか?

また、そのロードサービスに対して一体どのくらいの料金がかかってくるのか?

または無料でできるのか?という事に関して言うと、やはり差は出てくるものだと思います。

それ程の大きな差というものではないのです。

例えば車レッカー移動させなければいけない場合にある会社では30キロまでは無料となっているのに対して、もう1つの会社の方では50キロまで無料となっている場合も珍しくはない事なのです。

あなたが今後、絶対にレッカー移動を利用するかどうかは分かりませんが、やはり万一の事を考えると、この場合は50キロまで無料の会社の方が得だと言う事は言わなくても分かる事だと思います。

自動車保険を選ぶ際にロードサービスの内容を見て選ぶというような方なら、こうした事のようにロードサービスの細かい点までもしっかりとチェックして選ぶ事が非常に重要なポイントとなるかと思います。

 

自動車保険の事故直後の初期対応ポイント

どの保険会社でも事故対応は24時間365日というパンフレットやウェブサイトに書いてあるのを見た事がある方も多いと思いますが、それは当たり前のサービスと言え、今時やっていない保険会社を探す事の方が困難な事だと思います。

事故処理体制の違いを見極めるポイントとしては事故直後の初期対応に注目してみましょう。

事故のスピーディさ、円満な解決において重要だとされているのは事故発生時の適切な指示や対応をどれだけしっかりとしてもらえるのかどうかという事になると思います。

事故の時に相手方や病院、修理工場などに電話をかけて治療費の手配や代車の手配をするという初期対応を、たとえ土日でも行っているかどうかは、その会社の事故処理に力を入れているのかどうかを見極める1つのポイントになるかと思われます。

例えば土曜日に追突事故を起こしたとしましょう。

相手が見るからにややこしそうな人だったとして、現場で今すぐ代車を持ってこいや念書をこの場で書けなどと詰め寄られたら一体どうしますか?

もし、加入している保険会社が24時間365日なのは受付だけだったとしたら、保険会社に連絡しても私はただの受付スタッフなので月曜日まで対応できないと言われるかもしれません。

幸いにもプロの代理店で自動車保険に加入していて、代理店と連絡がついたのなら適切なアドバイスをしてくれる事もあるかもしれませんが、これがダイレクトの自動車保険で土日は受付だけの会社なら悲惨な目にあってしまう事にもなりかねません。

こうしたように既存の国内損保でプロの代理店経由で加入しているなら土日の初期対応体制はそこまで重要ではありませんが、ダイレクトの自動車保険の場合では特に重要なポイントとなってくると考えられます。

 

自動車保険の等級の仕組みを把握しておこう!

自動車保険というのは、もしも万一事故を起こしてしまった時、その補償をするための保険として加入するものの事です。

しかし、事故ばかり起こしていて保険金を何度も受け取っている方と事故をまったく起こさず保険金を受け取っていない方がまったくの同じ保険料なら不平等になるとは思いませんか?

そこで自動車保険では等級と呼ばれる階級を決めているのです。

この等級が上がると保険料を割引しますというのが自動車保険の等級の考え方となっているという訳なのです。

自動車保険の等級というのは最初の契約時の初期保険加入の際は6等級からスタートし、1年間無事故なら、毎年1等級上がっていく仕組みになるのです。

逆に事故を起こしてしまえば3等級下がってしまう仕組みになっています。

等級の割引率で説明すると1等級上がり、7等級になると20%の割引になり、16等級程にもなるとおよそ50%以上の割引をしてもらえるようになるというのです。

事故を起こしてしまった際は3等級下がってしまう事になるので例えば最初の6等級から3等級下がってしまうとおよそ30%も保険料が割増になってしまう事になるのです。

この等級は20等級まで用意されており、18等級以上は60%割引のまま、それを超える事はありません。

一体どうして20等級でも60%割引なのかと言えば事故を起こすと一気に3等級も下がるので長年無事故だった方を優遇しようという処置と言えるでしょうか。

なるべく等級を下げないようにする事が保険料を安く抑えるポイントとなりますが万が一事故を起こしたとしても事故とカウントされないケースも別であるそうです。

 

 

自動車保険のリスク細分化を把握しておこう!

リスク細分化型の自動車保険というのは自動車の運転におき、リスクの少ない方には保険料を安く、そして一定期間の走行距離が長い方にたいしては保険料を高くするといったリスクに比例した保険の事を言います。

この保険は1997年から日本で認可されて導入されたものです。

テレビCMなどでは35歳の主婦の方で車にほとんど乗らないというような例や60歳の人で週末にしか車に乗らないという例が示されており、保険料が通常の自動車保険料と比べると最大で4割も安くなるように宣伝されているようです。

リスク細分化型自動車保険は走行距離の他にも運転免許証がゴールドだったり、車にエアバッグなどの安全装置が付いていたりすれば保険料が安くなる様に設定されているようです。

しかし、CMなどには示されていない10代や20代の若者にとってはリスクと言った面では非常に危険度が高くて通常の自動車保険よりも逆に高くなってしまう事もあるので注意が必要だと思われます。

また、逆に高齢者でも危険度が増すので保険料がアップしてしまうのです。

そこで、テレビやラジオのCMだけでは判断をせずに必ず自分の生活スタイルに合わせた保険を選ぶべきだという事になるのです。

このようなリスク細分化型の自動車保険には日本国内のノンフリート特約などといった特約が無いケースも多いそうです。

自動車保険を見直す場合は通常の自動車保険であればノンフリート特約である等級が次の自動車保険に引き継ぐ事が可能となるので保険料だけを考えるのではなく、こうした特約についてもしっかりと考えておきいものと思われます。

近頃ではリスク細分化型の自動車保険にロードサービスが付加されている保険も増加してきているそうです。

 

 

 

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ