【ネットで簡単試算】アナタの自動車任意保険は安くなるのか!?

自動車の任意保険を安くするためには?

自動車の任意保険が高いって思う人は少なくないと思います。特に年齢が若い人(18歳~26歳)の人は多いのではないでしょうか。任意保険は若ければ若い人ほど保険料は高くなるし、年齢が若ければ経済的に安定していない状況の人も多いので、保険料で悩む人の多いのです。
さて任意保険を少しでも安くするためにはどうすればいいのか?
まずは、任意保険の会社自体を見直してみるということが最優先になります。要するに、今と全く同じ条件で他の保険会社だと任意保険の保険料はいくらなのか?っということを確かめる必要があります。
一括見積もりサイトで行えば無料で確かめることができますし、10分くらいの作業があればできます。
いま加入している任意保険会社の中で補償を変更したり、割引を確かめたりするよりも、他の会社で見積をとってみるほうがよっぽど合理的で保険料を安くすることができます。
自動車の任意保険の保険料は毎年変更するので、年配の人でも毎年自分の条件で一番保険料が安い会社を探しているって知っていましたか?それくらい他社と比べることは重要なことなんですよ!!

 

 任意保険の対人賠償は無制限にしておいたほうがいい?

任意保険に加入している人のほとんどが対人賠償はつけていると思います。しかも、無制限で加入していると思います。任意保険の対人賠償の加入率は70%以上あります。残りの30%の意味がよくわかりませんが・・・任意保険に加入しているなら対人賠償を無制限で加入する事は基本です。
自賠責保険でも対人賠償の補償はありますが、3000万円が限度になっています。人身事故を起こして3000万円以内で抑えることができると思いますか?人の価値はお金には換算できませんが、億単位で賠償請求が来ることは間違いありません。死亡事故や後遺障害が残る事故になると、間違いなく自賠責保険の3000万円で足りません。それ以上になりますが、どれくらいなのかは判断できません。
だからこそ、任意保険の対人賠償は無制限にしておくのです!!無制限以外なら加入する意味はないと言ってもいいでしょう。
また、対人賠償に関しては無制限以外に設定したとしても、任意保険の保険料はそんなに変わりません。対人賠償に関しては無制限のままにしておき、どうしても保険料を安く抑えたい時は他の補償を変更した方が合理的なんです。

 

任意保険の対物賠償は無制限にしておいたほうがいい?

任意保険の対物賠償も無制限にしておきましょう。自賠責保険でも対物賠償は120万円が限度になっています。車の事故を起こしておいて120万円以下の賠償の交通事故などあまりありません。また、相手の車との交通事故だけでなく、標識や信号機などの公的なモノを破損した場合なども賠償請求されるので、120万円では抑えることができません。
【高速道路の電光掲示】
約1,000万円~
【道路標識】
約500万円~1,000万円
【信号機】
約500万円~
【電信柱】
約100万円~
【ガードレール】
約30万円~(1スパン)

上記は対物事故で多い、賠償になります。もしかして、無制限じゃなくても3000万円くらいでいいのでは?と思う人もいるかもしれませんね。確かに、1つだけなら無制限じゃなくても賠償範囲を指定してもまかなえそうな気もします。
しかし、対物賠償の落とし穴はココだけじゃないんです。万が一、営業目的のモノを破損させた場合…この場合はかなり賠償金額もかなり高くつきます。これに関しては、相場なんてものは事故前にわかるものではありません。そして、営利目的のモノを壊した場合、例えば看板や店舗などに対して事故をおこした場合、通常営業できていたが、交通事故のせいで営業できなくなってしまったというパターンもあります。
こういった場合は、通常なら運営できていた店舗の営業売上も負担しなければなりません。こういった修理が1日で終わるわけありませんので、1ヶ月、2ヶ月かかる修理も場合、3000万や5000万円でまかなえるはずがありません。

 

任意保険で加入していて役立つ特約って?

任意保険というのはその名の通り、任意で加入する事が出来る自動車保険の事を言います。

ただし、任意にも関わらず日本でも自動車を持っているおよそ80%以上の人達が任意保険、または任意共済に入っています。

このように、ほとんどの人が自賠責と任意保険の2つの保険にしっかりと加入しているものなのです。
自賠責は相手が死傷してしまった場合にのみしか補償はされないです。

つまり、相手の物に対する賠償とは任意保険に入っていないなら、全部自分自身で支払わなければなりません。

保険が自由化されるまでの間は、それぞれの保険会社が同じ商品を提供していたのですが自由化してからは各保険会社とも独自の商品、独自サービスを出しています。
任意保険には保険会社が独自で多岐にわたるサービスを扱っているものです。

仮に自動車が故障した際、助けられる事となるロードサービスにしてもレッカーを受ける事が出来る距離が15kmまで、35kmまで無料などとそれぞれの保険会社により、サービスの内容はかなり違ってくるのです。

さらに保険会社により、車両保険を付ける事が条件でロードサービスが付くケ-スもあると言われています。

基本の保険料に少し保険料を足して特約を付ければ幅広い補償はもちろん、サービスを受けれます。

 

 人身傷害保険の詳しい補償内容について

人身障害補償保険とは契約されている自動車に乗っている搭乗者が自動車の事故によって怪我、または後遺障害を負う死亡した場合などに契約の保険料の範囲で損害額が払われる実損払いの保険となっています。

人身傷害補償は自分の過失分も含め、入院や通院した治療の日数に関係なく、契約された保険料の範囲で実際に必要となった治療費や休業補償や慰謝料などを全て補償してもらう事が可能です。
さらに人身傷害補償は契約した自動車に乗っている時のみならず、被保険者と家族は契約した車両とは別の自動車に乗っている時に起こした事故や歩行している間の事故で死傷してしまった場合なども補償対象となります。

相手側が任意保険に入っていない場合、自賠責の範囲でしか補償してもらう事が出来ない可能性も高いのですが、そうした場合でも不足した分を全て補償してもらう事が出来るので安心です。
また、一般的には相手側と示談が成立しなければ保険料を受け取る事が出来ないのですが、人身傷害補償の場合なら示談が成立する前でも保料を受け取る事が可能なのも特徴です。
人身傷害補償は自分自身の過失に関係なく、実際に治療にかかる費用が払われ、補償される範囲が広いのでまさに万能な補償と言っても過言ではありません。

 

 搭乗者傷害保険の詳しい補償内容について

搭乗者傷害保険とは保険に入っている自動車に乗られている搭乗者が交通事故によって怪我を負ってしまう、または死亡してしまった時に過失が有るか無いかに関わらずに補償される保険となっています。

搭乗者は運転されている運転者はもちろんの事、助手席や後部座席に乗っている人も含めた車に乗っている人全てとなります。
この搭乗者障害は自分側に過失がないような事故の場合でも搭乗者が怪我をする、または死亡すると補償対象になりますし、保険を請求しても等級は下がりません。

つまり、自分が100%悪くて怪我をしてしまった場合でも保険料が払われるという事になります。
さらに搭乗者傷害は加害者から損害賠償金や自賠責、それぞれの傷害保険とは関係なく払われる事となり、請求した場合でもわりと簡単に保険料の支払いが行われる特徴も持っています。
相手側の保険でこっちの治療費などを賄う事が出来る場合は自分が加入している保険は使用しないという人もいるようですが、搭乗者障害は乗車している間に怪我をすると積極的に請求するようにしましょう。

搭乗者傷害が払われるのは正規の乗車用構造装置がある所に乗っている人となっているので、違法な乗り方をしているような場合では保険料は払われません。

 

 自動車の任意保険はなぜ見積もりすると安くなるの?

自動車保険の保険料とは毎年変わっていくもので、契約者が1年事故を起こさなかった、車両の料率が変わる、ゴールド免許になった事などが考えられます。

さらには、それぞれの保険会社の補償の内容の改善、新しく特約が出た事や新しい割引制度が出来た事など、非常に様々あって非常に多くの理由から毎年保険料は変わっていくようになっています。
保険料が安くなるだけではなくて急に高くなってしまうケースもあると言われているのです。

良い意味にしても、悪い意味にしても毎年保険料が変わっていくという事は覚えておきましょう。
そうとなると今契約している自動車保険が前年は自分の条件で非常に安くても、翌年も同じようにいくとは一概には言えません。

保険料が変わってしまうケースは保険会社の補償、そして金額が変わるものと契約者自体の条件が変わる場合とに分ける事が出来ると思います。
契約者の条件が変わると今まで入っていた自動車保険では特に変わりはなかったけど、別の所では割引きの対象範囲に合う条件になるために安くなる場合もあります。
自動車保険会社の補償はもちろん、料金などが異なってくると自分の補償内容が変わっていない場合でも保険料は大きく違ってくるという事をしっかりと覚えておくようにして下さい。

 

 通販型の自動車任意保険の方が代理店と比べて安い?

通販型自動車保険の1番のメリットというのは保険料、そして柔軟性と言っても過言ではありません。

通販型は仲介役である代理店がないので、保険料にしても代理店タイプと比較するとかなり安くなっているのです。
保険料を出来るだけ安く抑えたい!と考えられている人の場合は通販型の方が良いでしょう。

平均の金額で通販型自動車保険と代理店型の差額を考えるとおよそ3万円程度あると言われているのです。
加入する人の条件により、違いがある場合も多いので平均的な差額とは言えます。

誰にでも当てはまるものではないですが、代理店を通していないので保険料に差が出ている事を覚えておいてください。
そして、通販型自動車保険の方は柔軟性も評判が高く、優れているようです。

ダイレクト型とも言われているように、ネットから申し込みを行う事が出来てネットで解約までできる柔軟性を持っているのです。

さらに条件を変更する事もインターネットの管理画面を利用して操作する事が可能なので、変更をする際は非常に役立つと思います。
最近の流れで多いのは自動車保険を通販型に乗り換えている人が増加している事でしょうか。

沢山の人が保険料の安さに魅かれて加入を決めているようですが、実は柔軟性も見逃せません。

 

自動車任意保険の乗り換えの流れと方法とは?

どのような自動車保険に入る場合でも見積り書がない事には比べる事が出来ないものです。

見積もりは、それぞれの保険会社の公式サイトからでも行う事も可能ですが複数の会社の見積もりを取り、比べたいならば一括見積りサービスを利用するのがオススメです。

これを利用すれば、それぞれの保険会社に個別に見積もりを依頼する面倒がないので非常に便利ですよ。
自動車保険を乗り換えるためには中途解約をし、新しく保険に加入し直す方法と更新の時に新たな所に乗り換える2つの方法があると思います。

ここでは更新の時に乗り換える方を話したいと思いますので参考にして下さい。
更新の時に乗り換えるなら、まず更新の日付をしっかりと確認するようにしましょう。

この日付を指定し、乗り換える先の保険を見積もり取ったり申し込みを行うのです。
保険証券に載っている保険期間は日付のみならず、補償の開始と終了時間が設定されているので、この時間も重なる事がないように申し込みを行うと良いでしょう。

今入っている保険は放っておいて補償が無くなるようになっていれば良いが、保険会社によっては契約者自身が申告をしないと自動的に更新されるようになっている所もあるのです。

 

保険会社によってロードサービスって違うの?

通販型自動車保険は事故、または故障した時のレッカーなどといった無料ロードサービスがウリとなっています。

これは自動車保険会社が運営しているものではなくて、保険会社が提携しているロードサービスの業者に保険会社が全ての契約を包括し、委託をしているものなのです。

自動車保険の契約自体ではないので保険証券、または契約の約款にロードサービスの内容が載っているものではなくて、あくまでサービスとして提供されているものとなっているのです。
チューリッヒ自動車保険は一括見積りサービスから申込みを行った場合はテレビのコマーシャルでやっているみたいな無料のロードサービスは受けられないので注意するようにしましょう。

無料のロードサービスがどうしても必要な人はチューリッヒ自動車保険の公式ホームページから加入しなければいけません。

しかし、その際の保険料は一括見積りから申し込みをするのよりも高くなってしまいます。
他の保険会社では拠点数で言うとJAFを基準に考えたら1番数の少ない三井ダイレクトでも3000箇所とJAFを上回っています。

無料の距離で見てみるとチューリッヒが断トツで多くて100キロまで無料となっています。

それに続いてSBI損保は50キロまで無料で、ソニー損保とアクサは35キロまで無料となっているのです。

 

 他人の車でも自動車任意保険は加入できるの?

人の自動車を運転している間に事故を引き起こしてしまった場合、事故を引き起こした自動車の任意保険が運転者を限定してない契約であれば、その自動車の車両保険を使用する事が出来るのです。
しかし、個人で契約されている自動車であればほとんどの場合で家族限定などといったものが設定されていると思います。

他の人が運転した時点で無保険状態になってしまうので注意しましょう。
しかし、運転者が自分の自動車の任意保険がある場合、または主人が自動車保険に入っていて任意保険が運転者本人以外なら、この車両保険を使用して他の人の自動車の損害を補償する事が出来るようになるのです。
これは、沢山の任意保険に付いている他車運転危険担保という特約を使用する事が出来るためです。

他車運転危険担保特約と言うのは人の自動車を運転していて、引き起こした事故を自分自身の任意保険で補償するというものになっています。

車両保険を付けていると車両保険でカバーしている補償を適用する事が出来るようになっています。
しかし、車両保険がエコノミーの場合は自分自身でぶつけるなどの傷は保険で直す事が出来ないのです。

あくまで契約されている任意保険が補償される範囲内でだけ使う事が出来るという訳なのです。

さらにそれぞれの保険会社により、長期にわたり借りて乗っている人の自動車で起こした事故は、この特約では補償されないケースもあると言われているので覚えておきましょう。

 

 免許更新でゴールドになったらすぐに保険会社に連絡すると安くなるの?

ゴールド免許と言うのは運転免許を持っている期間が5年以上で5年の間事故ナシ、違反もナシの優良な運転者に与えられる免許の事です。

このゴールド免許の有効な期間は5年となるので良いです。

保険会社にとってはゴールド免許を持っている人は事故を引き起こす確立が非常に低くて、保険を払う可能性も低いと判断されますので、およそ3%から15%保険料が安くなると言われているのでお得です。
保険の加入や更新をする際は免許の色を伝えるようにして下さい。

とくに更新の際は前年の免許の色がそのままの状態で継続されてしまう事もありますので、新しくゴールド免許になったなら、その旨を保険会社に伝えるようにしてください。
運転免許の更新の手続きは期限の前後1ヶ月で行う事が出来るようになっています。

この更新の手続きのタイミングでの不公平がないようにするために、保険期間初日の免許の色はゴールドではなかったとしても割引きが適用される場合もある事を覚えておきましょう。

更新してからゴールド免許になるけれど今はブルーの免許だ、今はゴールド免許だけれど更新してからブルーの免許になるという場合も条件を満たせさえすればゴールド免許の割引きを受ける事は可能となっています。

 

自動車任意保険は走行距離を指定すると安くなるの?

 
自動車を利用する時は日常での買い物だけで、1年間で考えたらそんなに距離を走っていない人も多いと思います。

こうした運転者は保険料の基準に1年間での走行距離を取り入れている保険を利用すれば、距離の短さによっては保険料を安くする事が可能となります。
車を使用する頻度とはまた別で車の走行距離の積算を、一体どれぐらいその自動車を使用したのか?という点を計る尺度として考える場合があると言われているのです。

車を運転すればする程に事故を起こす確率も高まるので、日常的にあんまり自動車を運転しない人の場合はよく自動車を利用する人と比較すると何だか不公平に感じてしまう事もあると思います。

そのような運転者に勧めたいのが走行距離による割引きを用意している自動車保険という訳なのです。
最近は通販型自動車保険会社でよく提供されていて3000キロ以上や5000キロ以上などといったように、1年間の走行距離で運転者を区分しているのです。

走行距離が短い運転者程に保険料を安くさせる事が可能となっているのです。
走行距離での割引きがある自動車保険は、1年間での走行距離を契約者が事前に予想しておいて契約した際に申告する形になるのです。

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ