自動車保険見積もりサイトを使って「安い自動車保険」を見つけよう!!

自動車保険の見積りサイトって?

自動車保険の見積もりサイトはけっこーあります。有名なサイトではインズウェブ、カカクコム、楽天の3つです。インズウェブはこの中でも最大22社も一括で見積もることができるので、できるだけ多くの自動車保険会社を見積もりたいって人はオススメです。

どのサイトも一度自分の情報を入力すれば、あとは各保険会社のチェック項目を入れるだけなので、多いに越したことはありません。
楽天は自動車保険の見積をすると楽天ポイントが加算されます。どの見積もりサイトも特典やキャンペーンはありますが、楽天ポイントという点では楽天サイトから見積もるのがいいかもしれませんね!!
全てのサイト、見積もりはメールで届くようになっているので、その後に比較してどの保険会社にするのか決めていくという流れになります。だから、各会社から書類が届くっていうことはありません。メールも後に迷惑メールが届くということもありません。どのサイトも大手会社が運用しているので、そういった個人情報の漏れは心配ありません。それでも心配という人はフリーアドレスを取得して登録をしましょう。

 

自動車保険の見積りって時間かかるの?

自動車保険の見積りサイトはどのサイトも自分の条件を入力するだけでです。5分~10分あれば、自分の保険登録情報を入力できるので、時間も手間も対してかかりません。一度入力した情報は自分が選んだ保険会社に送信されるので、一回の入力で色んな保険会社に見積を発行することができます。
そのあとに保険会社から見積が上がってくるので、自分が見積を出した会社からの見積書を見比べて決めていくだけです。

メールで見積がくるので、自宅に書類が届くことはありません。見積がメールで返ってくるのは各会社の都合なのではっきりと言えませんが、見積を送って1日以内にはメールが届きます。
1社1社見積もるよりもはるかに時間の短縮と手間がかからないので、各保険会社のホームページから見積を取ろうとしている人は一括見積もりサイトを利用したほうが合理的ですよ!!

 

自動車保険会社をネットで見積り時の流れって?

自動車保険会社のネット見積もりの流れは、個人の情報や条件などを入力します。その次にメールが届きます。そして、見積もり内容が発行されます。これを自動車保険会社では1社1社行わなければなりません。一番時間と手間を食うのが、自分の情報を入力する時です。自動車保険の知識のある人は、最低でも5社以上は各会社から見積をとって比較するので、このパターンでいくと5回も同じ情報を入力することになります。
自動車保険の見積もりサイトを使えば、一度だけ情報を入力するだけでOKです。あとは、どの保険会社にその情報を送るのかチェックを入れるだけになります。もちろん、できるだけ多くの会社から見積を発行したほうが、自分に合った保険会社が見つかると思うので、興味がある!!どうなんだろう?って思う保険会社からも見積をとったほうがいいですよ!!手間はチェック項目を入れるか入れないのかだけですからね!!
自動車保険の見積もりサイトはできるだけ、保険会社を多く扱っているところがイイですよ!!調べによると、インズウェブの見積もりサイトが圧倒的に多くの保険会社から見積りがとれます。楽天やカカクコムは14社と12社なので、インズウェブの22社は業界でナンバーワンです!!

 

自動車保険の見積を取るときに必要な書類って?

自動車保険を代理店型で加入するのか、またはネットを使用して通販型から加入する方法に分かれます。

これらはどちらから加入する場合にしても加入者、そして契約車の情報は必要になるので用意しましょう。

新車、または中古車を買った場合は納車する日に保険が有効になっていなければ納車されてからすぐ乗る事が出来ない事態に陥ってしまう事もありますので、事前に保険に入っておかなければいけません。

任意保険に加入してなくても自動車を運転する事は可能なのですが、もしもの事故に備えて必ず保険が有効になってから自動車に乗るようにして下さい。

自動車保険に加入する際は、様々な保険会社から見積りを取り、比べて見る事が重要です。
新規契約を行う場合に必要な書類は車検証と運転免許、そして自動車のナンバーや所有者の他に車検証に載っている型式や初度登録年月となります。

運転者の情報に関して言うとは免許の色や免許を取った日を伝えなければいけません。
継続契約の場合は保険証券が必要となり、被保険自動車、または記名被保険者に何らかの変更点があるならば車検証や運転免許が必要となるので用意しましょう。
保険会社を乗り換える際は車検証と免許、旧保険証券が必要となります。

乗り換える場合でも新規契約扱いになりますが旧保険と補償の内容を比べる事となります。

どのような契約の形にしても車検証や免許、また保険に加入している場合は今加入している保険証券があると自動車保険の見積りはもちろん、契約も行う事が可能となります。

 

自動車保険を見積りするだけで特典があるって本当?

自動車保険とはそれぞれの保険会社ごとで基準が異なるものですので、しっかりと見積りを取ると自分にとって最も安い保険、つまり自分に合った保険を選択する事が出来るようになるでしょう。
最近では見積りを取るだけでマックカードなどといった嬉しい特典を貰う事が出来る所もあるようです。

ちなみに、こうした特典は見積りをとるだけで貰えて、見積りも無料となっているのでオススメです。

無料でマックカードなどといった特典が貰えるのは本当に嬉しいものです。
貰うためには見積もりサービスでいくつかの質問が出てきますので、これに答えていくだけと手軽です。

この際、必要となるのは運転免許と車検証、そして保険証券となっています。

もし車検証が手元になかったとしても自動車の型式と初度登録年月が分かると大丈夫です。
そして利用規約に同意し、見積りの依頼をするだけで見積り自体はおよそ10分~15分程度なので忙しい人でも大丈夫だと思います。

進行の途中でメルマガに登録しますか?といった項目がありますので、不要な人の場合は外しておきましょう。
メールアドレスは普段使っているアドレスにしておきましょう。

メールで見積りを送ってくる保険会社もありますので見積りのメールを見落としてしまうといけませんので。

 

自動車保険の見積をするだけで保険料が安くなるのはなぜ?

自動車保険は保険が自由化された事で、非常に様々な補償のプランを提供する事が可能になりました。

保険会社により、こうした条件の人の場合はこの補償と料金、この条件の人の場合に得な保険プラン!などといったようにそれぞれの保険会社のプランは特徴が違います。
その他にも沢山ある補償プランに自分が希望する条件が当てはまる人、少しだけだが当てはまる人、全く当てはまらない人、逆に損してしまう人など様々です。
補償の内容だけではなく、保険料にも言える事です。

とある保険会社の場合、ゴールド免許の人は保険料を安くする!としていて、とある保険会社はゴールド免許ではなく、1年の走行距離が短い人は保険料を安くする!となっているとします。

自分自身の条件と合わせながら得と考えられる保険会社プランにすれば保険料は安く出来る仕組みになるのです。
しかも、このような保険会社のサービスの内容、または補償のプランは毎年ごとに変わっていきますから、前の年までは保険料が安かったけど、今年は高くなっていた!という事も起きます。
自動車保険は、それぞれの保険会社ごとに、このような条件の人の場合は保険料を安くする!という風に言っているようなものですので、自分の条件にしっかりと照らし合わせながら自動車保険を自分で決める事が保険料を安くさせるために重要な事と言えます。

 

 自動車保険の見積って通販型の自動車保険じゃないとできないの?

自動車保険は販売の形式により、種類が違ってくる場合があるものです。

ここでは1つの販売方式となっている通販型自動車保険に関して紹介します。
通販型の自動車保険と言うのは、まさに通販を利用して契約を行う形の自動車保険となっています。

最近は通販型はネットを利用して契約するのが主となっているようです。
通販型のメリットとして挙げられるのは他の販売形式での自動車保険と比べると料金が安い所だと思います。

さらにネットを介して契約の申し込みを行う事となりますので時間、もしくは場所の制約を受けないのが特徴と言っても良いと思います。
さらにアドバイスや質問をする事は出来ないの?と疑問に思う人も多いですが、そうでもありません。

電話を通して質問、または説明を受ける事は十分に可能ですが、別の販売形式となっている代理店型と比較すると自分自身で判断しないといけない要素は非常に多いです。

そのため、自動車保険に関してわりと詳しい人用の契約方式になっていると思います。
自動車保険の見積って通販型の自動車保険じゃないとできないの?と疑問に思う方も多いですが代理店型の自動車保険もお店に行けば見積もりをしてもらう事は可能です。

 

自動車保険の見積をしてみるメリットって?

非常の沢山の人が自動車保険を比べて検討してみたいけれど、電話や訪問をかけられる事やダイレクトメール沢山届いうのでは?と考えて踏み切れていない人が多いようです。

保険が自由化してから、今まではどこで見積もりを取ったとしても補償の内容や保険料はほとんど変わらなかった自動車保険が保険料に関して一定の料率を基準に行う必要がなくなり、それぞれの保険会社の違いを自由にする事が可能になったのです。
自動車保険の一括見積もりサービスがありますが、このサービスはこのような背景から誕生した見積もりサービスと言っても良いでしょう。

一括見積もりサービスを利用する最大のメリットは短い時間で沢山の自動車保険を見積もり取る事が出来る所だと思います。

これにより、手軽で簡単に同じ条件の自動車保険の見積もりを一度に多く見比べる事が出来るようになります。
自動車保険の見積もりを実際に取ると自動車保険の相場というものも分かるのでオススメです。

保険の内容は全く同じだったとしても保険料は大きく差が出る場合もあります。
さらに、今加入されている自動車保険に必要がない特約が付いているケ-スもありますが、こうした点も見直す事が出来ます。

今まで保険料を沢山支払い過ぎていた!と後悔する程に安くなる場合もあります。

 

 どのタイミング(時期)で自動車保険の見積もりをすればいいの?

自動車保険の見積りというのは、いつでも自由自在に出来る訳ではないです。

見積りを行う時期には注意が必要だと言われている事もあります。
今入っている保険の満期日まで3ヶ月以上残っている場合、見積りを行う保険会社は少なくなってくるでしょう。

さらに満期日まで1年以上あるなら、一括見積りサービスを利用する事も不可能なのです。
その反対に満期日までに余裕が無い時期に見積りを行うと今入っている保険の満期がくるのと同時に新たな契約を開始する事が出来なくなってしまうケ-スもあるのです。
見積りが郵送で家に届く場合は加入する先を決め、申し込みが終わるまでに日数がかかる事も考えておかなければ満期日に間に合わない!という最悪の事態にも陥ってしまう事になります。

こうして考えていると自動車保険の見積りに最も適している時期というのは、契約が開始される日のおよそ2ヶ月ほど前だと思います。
自動車保険の一括見積りサイトは様々ありますが、どこのサイトでも見積りの引き受けが出来ない条件が載っています。

それぞれのサイトによっては少し条件が異なる事もあるので事前に確認しておくようにしましょう。

車検証に載っている車の用途や種類が自家用5車種に当てはまらない自動車や改造車、またはフリート契約をしている自動車などといったように他にも条件はあります。

 

車を買い換えたら自動車保険の見積もりをした方がいい?

自動車保険というのは自動車への保険となっているので、自動車を買い換える、または友人や知人から自動車を譲って貰うなどで乗る自動車が変わる場合は自動車保険の契約も変えないといけないのです。

自動車保険の契約を行っている自動車を変える事を車両入替と呼び、新たな自動車が納車された時に車両入替が完了していなければ万が一事故を起こしてしまっても保険料を受け取る事が出来ない場合もあります。

そのため、事前に保険会社に直接連絡して確認しておく事を勧めます。
自動車を変えても等級は引き継がれるのですが自動車保険は車の種類により、保険料が変わってくるので、大きな自動車に変える場合は差額の保険料を納める形となるでしょう。

反対に小さい自動車の場合は差額の保険料が返還される事となるので覚えておいてください。
車両入替の手続きというのは保険会社のカスタマーセンター、または保険契約した代理店で行う事が可能となっているのです。

新たな自動車の車検証を手元に置いておいて、契約者本人が連絡を取るようにして下さい。
ディーラー、または中古車のお店で自動車を買われる人も多いと思いますが、そうした場合は担当者が代理で全て手続きを行ってくれる場合もあります。

しかし、自分自身で行わなければけないケースもあるので確認が必要です。

 

自動車保険の見積りはネットだけで全部終わるの?

ネットで良くある自動車保険の無料見積もりサイトを利用して、それぞれの保険会社の自動車保険の見積もりを取る事をオススメします。
私自身も1度利用してみたのですが、簡単な入力だけで済むので非常に便利ですよ。
指定のメールアドレスに保険会社から見積もりが送られてきて、IDとパスワードが送られてきますのでそのIDとパスワードを入力して保険の見積もりを確認する事が出来ます。

見積もりを頼むのに今乗っている児童車や免許や保険の内容に関して入力を行っていきますので、車検証や免許や今加入している保険証を手元に置いておく方が入力もスムーズになるでしょう。
それぞれの保険会社を比べて自分に合う保険を選択したら見積もり画面内の申し込み部分から申し込む事が出来るので簡単です。
加入している人の名前と住まい、さらには電話番号を入力して今加入している保険の証券番号がある場合は、それも入力していきましょう。

それから支払い方法を選びますが、私の場合はクレジットカードだけしか扱っていないから年払いなのか?月払いなのかを選択しました。
契約が完了したらメールで契約が完了した通知が来るでしょう。

それから、およそ一週間程で証券が届き、最近では証券を不発行にする事も可能となっています。

 

自動車保険見積りサイトで見積もってもらったら絶対に契約しないといけないの?

ゴールド免許の割引きをしている自動車保険は比較的多いです。

運転者が少ないと自動車保険は安くなる傾向にあり、運転者の年齢や性別も大きく関わってくる事を覚えておきましょう。

傾向として多いのは男性より女性、また中年より若い人や高齢者が高くなるようです。

友人や知人などといったように家族とは別の人が運転をした場合でも保険の適応内にすれば高くなるものです。
仕事で毎日車を運転される人より、土日だけしか運転しない!という人の場合は運転時間が短いから事故を起す確率も低いと判断しされて割引きされる所もあるようです。

さらに1年の間や月での走行距離から見て保険料を決める自動車保険もあるのです。
等級は数字が大きい程に事故を起す確立が低い優良な運転者と判断される事となって、保険料も安くなるのです。

ABSやエアバッグ、さらには衝突安全ボディや環境対策などといったように自動車の性能、機能などで様々な割引きサービスを受ける事が出来る場合もあります。
こうした点をしっかりと確認したら出来るだけ沢山の保険会社から見積もりを取り、自分の目で比べて検討していく事で自分に合う保険を見つける事も可能になるでしょう。

見積もりサイトは様々あるが、どこも完全無料となっていますし手数料が掛かる事もないので安心して利用してください。

 

どの保険会社の見積りが一括で取れるの?

自動車保険料を出来るだけ安く節約したい!と考えている場合は相見積もりを行う事が必要だと思います。
相見積もりを取る方法としては一体どんな方法があるのでしょうか?

気になった自動車保険の公式サイトを1つずつ見て資料の請求や見積りの依頼を出している人も多いと思います。

しかし、それでは時間もかかりますし、毎回同じ入力の項目に面倒を感じてしまいます。
そこでオススメしたいのが自動車保険の一括見積りサービスという訳なのです。

この一括見積りサービスと言うのは必要な事項を入力していくだけで沢山の自動車保険会社から見積りが届く便利なサービスとなっています。
用意する書類は車検証と免許、そして自動車保険に加入している人は保険証券となります。

住所や名前、生年月日などといった自分の情報を入力して保険をかける事になる自動車の情報や今まで加入していた自動車保険の情報を入力していくだけです。

サイトで見積りの料金をその場で見る事が可能な保険会社や数日してから郵送されて見積りの内容を確認する形の保険会社もあるのです。

実際に見積りを行ってみて比べて気になった自動車保険を見つけたら、そこにアクセスすれば加入する手続きも可能となります。

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ