自動車保険の節約術~こんなに簡単に安くなるの!?~

車両保険は本当に必要なのか?

自動車保険の加入時に悩んでしまうのが車両保険ですよね・・・車両保険はいるのか?それともいらないのか?
この辺りで悩む人多いと思いますが、車両保険は車の価値によって決めるのが一番良いと思います。保険料の節約や保険料に不満がない人であれば、絶対に加入すべき補償になりますが、できるだけ保険料は安く抑えたいって人からすれば車両保険はいらないかもしれませんね。

また、新車で購入した場合は2年間~3年間くらいは車両保険に加入していて、それ以降は車両保険に加入しないっていう人も多いみたいです。ちなみに、車好きの人の車両保険加入率は高いので愛車への溺愛ぐあいで車両保険の加入が決まっているのかもしれませんね。

中古車でも時価価値が高い車を乗っている人は車両保険に加入しているので!!

一方、軽自動車に乗っている人は車両保険に入っていないってケースが多く見られるようですね。車両保険に関しては経済的な部分と車両の価値で判断して必要か否か判断するのが一番だと思いますよ!

 

 軽自動車なら車両保険は必要ない?

軽自動車の場合、車両保険に加入している人は少ないと言われています。新車で軽自動車を購入している人は別ですが、基本的に軽自動車の場合減っているようです。とは言っても、故障やちょっとした事故など修理費がかかった際は車両保険に加入しているとメリットが大きいです。

傷がついたままでもOK。凹みなんて気にしない!どうせ軽だし!なんて言っている人は車両保険に入らなくてもいいと思いますし必要ないですね!!そういった、問題が気になる人は軽自動車だろうが車両保険は加入しておきべきです。

一応、車両保険にも種類があって保険会社によって違うので、安いエコノミータイプの車両保険もあるので、そちらを参考に決めてみるのもいいと思います。個人的にはエコノミータイプの車両保険に入るくらいなら車両保険じたい入らない方がいいと思っているので微妙ですが。。。

 

事故した後に保険料が高くなるのはなぜ?

事故を起こした一年後保険料が高くなってしまうのはなぜなのか?保険の担当者が「ここで使うと翌年に保険料が上がりますが大丈夫ですか?」っと聞いてくるのは事故して保険を使うと本当に保険料が翌年から上がるからです。

自動車保険には等級と呼ばれる割引体系があって、事故を起こせば等級(1~20段階)あって、3つも下がってしまいます。
もちろん、事故にもよりますし、保険の使い方にもよります。しかし、基本的には交通事故を起こして保険を使うと自動車保険の等級は3つ下がると思っていてください。

等級は無事故で保険を使わなければ1年で1つアップします。等級の数字によって割引が決められているので、数字が高ければ高いほど割引率も高くなるっていう仕組みになっています。保険を初めて契約した人は6から始まって1年ごとに1つアップしていくので。これが、事故するだけで3つもダウンしてしまうので、交通事故を起こすと保険料が高くなってしまうのです。

ちょっとした割引だろ?って思うかもしれませんが、等級は自動車保険の中で最大の割引率をほこっているので等級が3つ減る=保険料が数万円は上がると思ってください。また、事故を起こしても保険を使っても3つダウンするのではなく、等級0と呼ばれる事故もあります。これは保険会社によって判断が違うのでなんとも言えませんが、事故して保険を使えば必ずしも等級が3つ下がるってわけではないのです。

 

事故の相手が無保険だったどうなるの?

交通事故の相手が無保険車だったら・・・かなり不運なです。交通事故を起こしているだけでも不運なのに、これ加えて相手は無保険だと不運にも程があります。こういった場合は、相手側はどういう補償をしてくれるのか?まずは自賠責保険を使うことになります。

自賠責保険に関してはどのドライバーも加入しているので、これで少しは補償されます。ただし、自賠責保険は対物に関して最高で120万円、対人に関して3000万円が上限になっているのでこれ以上は補償されません。

万が一、相手側の自賠責保険では足りない場合、自分の任意保険を頼ることになります。「無保険車補償」などの特約に加入している人はそういった補償があるので適用されます。相手が無保険だった場合は、自分が加入している保険会社も大きく損することがあるので、加入者に対して保険金払いを渋ることが多々あるので注意しましょう。

 

自賠責保険と任意保険違いと対人賠償について

任意保険にも自賠責保険にも対人賠償保険があります。自賠責保険は絶対加入する保険なので、確実に保証されます。任意保険に関しても対人賠償保険は確実に加入することになります。

大きな違いは限度額にあります。任意保険の場合ほとんどの人が無制限で加入していて、自賠責保険の場合3000万円上限になっています。対人事故の場合で、死亡させた場合3000万円ではどうしもうないので、自賠責保険で対人補償がされているという判断は間違っています。

どう考えてもカバーできない保証なので、対人賠償に関して言えば、任意保険で無制限で加入しておかないとかばいきれないのです。だから、自賠責保険で3000万円対人補償されているという考え方はないと思っておいてください。

 

任意自動車保険の傷害に対する補償について

任意保険には人身傷害補償保険と呼ばれる保険があります。これは事故をして事故相手に対して補償するものではなく、乗っている人、同乗者にも適用されるんです。また、対人賠償とは違って人身傷害補償は示談が成立してなくても保険料が支払われます。

通常、対人補償の場合、相手との事実関係がハッキリしなければ保険料を受けることはできないんです。その点で言えば傷害補償は自分の過失も含めて損害(入院・通院)に関して補償してもらえます。

また、傷害補償に関しては車に乗っている人だけではなく、事故に巻き込まれた歩行者や自転車を乗っていた人にも適用されます。交通事故って車対車だけじゃありませんし、車対車でも歩道にいた人たちも被害を受ける場合だって珍しいことじゃないんです。こういった場合も対人賠償では保険は適用されないので、傷害補償が役立ちます。

単独事故の場合にしたケガも傷害補償ならカバーしてくれます。一人で電柱やガードレースにぶつかった際に自分がケガをして通院っていうことになっても適用されるので安心できます。保険料が思ったより安かったって人は傷害補償をプラスするとかなり手厚い補償が受けれますよ!

 

任意自動車保険の対人賠償保険と節約について

対人賠償保険って自賠責保険でも補償されているから、、、って思っている人も少なからずいると思います、自賠責保険の対人補償は3000万円上限なので、あってないようなものです。基本激に任意保険では対人賠償保険は無制限です。交通事故に関して人を巻き込んだ場合は3000万円ではカバーしきれないんです。

交通事故で死亡させた場合、1億円を超えた賠償金は覚悟しておいたほうがいいでしょう。2億円を超える場合もあるので、こんな額は普通のサラリーで働いている人が支払えるものではありません。自動車保険を節約したいって思う人でも対人賠償保険は絶対に無制限にしておきましょう。

また、相手を死亡させるよりも後遺障害を負わせた方が賠償金額は高くなります。そして、相手の年齢によっても賠償金が大きく異なります。死亡事故・後遺症などの賠償額はその相手が生涯どれだけの額を稼いでいたのかっというような算出になるので、交通事故で死亡させた人が若ければ賠償金の額もはねはがります。また、高所得者の場合も生涯賃金が高いので賠償金が高くなります。

 

任意自動車保険の無保険車傷害保険と節約について

無保険車傷害保険は交通事故をお越した際に、相手側が無保険のときにだけ適用される保険です。注意しておくべきは死亡・後遺障害じゃないと無保険車障害は適用されないってこと!!怪我や通院・入院で完治できる傷害では適用されないので気をつけおきましょう。

ともあれ、無保険車をかばうような保険っていうことが腹ただしいですよね・・・交通事故を起こして相手側が支払えないから自分の保険で何とかするってわけですからね!しかも、無保険車って15%もいるんですよ!10回事故すれば、1人~2人は無保険車っていうことです。

交通事故なんて自分が気をつけていても、相手が突っ込んできたらどうしようもありませんからね!自分の身は自分で守るっていう補償が無保険車傷害保険なんです。

無保険車でも自賠責保険は加入しているので、少なからず死亡の場合は3000万円上限、傷害の場合は120万円上限は支払われるので、その差額を無保険車障害保険でカバーするってことです。

 

任意自動車保険の自損事故障害保険と節約について

自損事故障害保険は自分の過失が100%の事故や相手がいない事故の時にケガしてしまった治療費を補償してくれる保険になります。ポイントは傷害や死亡でも保険が適用されるっていう点ですね!

停車中の車に後ろから突っ込んだ場合、不注意で電柱にぶつかったり、明らかに自分の過失によって事故を起こしてしまった際に適用される保険になります。ほとんどの保険の場合、対人賠償保険にセットとして組み込まれているので、改めて自損事故傷害保険に加入するっていうことはないと思います。

自損事故傷害保険を使うと等級が確実に3下がってしまうので、ちょっとしたケガのときは使わない方が、結果的に金銭面では安く済むってことが多いです。もちろん、飲酒運転や薬物を使用している場合は、どんな状況であれ適用されないので覚えておきましょう。

 

任意自動車保険の搭乗者傷害保険と節約について

搭乗者傷害保険は車に乗っている人の傷害を補償する保険です。搭乗者傷害保険に関しては交通事故の過失は関係なく支払われる保険になっているので、どんな事故であろうが、車に乗っている人がケガ・死亡した場合は適用される内容の保険です。

搭乗者にはもちろんドライバーも含まれています。後部座席の人も含む車内のすべての人が搭乗者っていう扱いになります。
しかも、搭乗者傷害保険は使っても等級が下がらないんです。そして、過失に関わらず適用される保険なので100%こちらが悪くても保険金は支払われるんです。

基本的に車と車の交通事故の場合、保険はお互いの保険で相手側の車や人の損害を補償するもんですが、搭乗者傷害保険は自らの損害を補償するものになっています。ですから、事故が起こった際は積極的に保険会社に請求していくことをオススメしますよ!!

また、搭乗者傷害保険には2種類あって、怪我の際の通院を日数で支払うパターンと、部位症状別払いと言ってケガした部位ごとに保険金が支払われるパターンがあります。

 

任意自動車保険の人身傷害保険(人身傷害補償特約)と節約について

人身傷害保険と搭乗者障害保険って内容を聞くと同じような補償に聞こえるかもしれませんが、厳密には違います。
二つの保険の大きな違いは、人身傷害保険が実損払いの傷害保険であるのに対して搭乗者傷害保険は定額払いであるという点です。要するに、人身傷害保険の方は事故ごとに損害を算出して保険金が支払われ、搭乗者傷害保険はあらかじめ決めていた補償内容で保険金が支払われます。

搭乗者傷害保険の場合は、はじめの契約内容にそって保険金が支払われるので、契約の段階で「部位・症状払い」か「日数払い」のどちらかを決めておかないといけないのです。実損で適用される保険が人身傷害保険、契約内容で適用される保険が搭乗者傷害保険になります。

人身傷害保険と搭乗者障害保険の保険範囲は両方共よく似ています。だから、最近では両方の保険を加入しているって人は少ないようです。どちらか1つを選ぶようなスタイルが一般的になっており、多くの人は人身傷害保険だけに加入しているようです。

 

任意自動車保険 対物賠償保険と節約について

対物賠償保険は交通事故の際に相手の車やガードレース、電柱などに損害を与えた場合に補償してくれる保険になります。
しかし、自分が所有しているものに関しての対物事故は保障されないので注意しましょう!(駐車場の壁など自宅の駐車時にぶつけた時など)

ぶつけて損害を与えた物に関してはわかりやすいですが、間接的な損害賠償もあります。例えば、お店にぶつけてしまって修理まで営業が再開できないって場合だと、やむなく休業してしまった事に対して賠償金を支払わなければなりません。
こういった間接的な補償も対物賠償保険でカバーできるので、対物賠償保険も無制限にしておいたほうがいいと思います。

対人賠償は無制限というのは当たり前になっていますが、対物賠償保険は・・・って悩む人も多いみたいですが、営利目的の物に対して損害を与えてしまうと、かなり大きな額が請求されるので対物も無制限にしておいたほうがいいです。しかも、金額を指定するのと無制限にするのでは、そこまで保険料も変わらないので、対人・対物=無制限は任意保険に加入しているなら必須かなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ