自動車保険を節約するには?

自動車保険というのは事故のリスクをカバーしてくれるという非常に重要なものとなっています。

軽視するべきものではないと言えますが保険契約を維持していくため支払う保険料もバカにならないものというのが現状なのです。

無駄はやはり見直したいものだと考えられます。

たとえ収入が下がる事がなかったとしても手取りは減っていくような時代で家計に占める無駄な出費は排除していかなければならないと考える方も多いでしょう。

保険料の場合でも負担に感じている場合なら見直す必要があると思います。

自動車保険が大切な保険だからと言っても過剰補償にして組んでしまっているなら保険料は高額になってしまうだけです。

収入との兼合いもあるが保険料の目安としては貯蓄も十分していける程度に抑えるのがちょうど良いと思います。

多目的に流用出来るのが貯蓄という保険良い所と言えます。

しかも、貯蓄という保険は自由に引き出す事が可能で貯蓄にまわす資金が捻出できない月であれば貯蓄しなくても誰からも責められる事もないものです。

もしも、全ての補償を保険だけでカバーしようと考えている方なら、あらためるようにするのが大事なのです。

また、自動車保険は補償内容に強弱をつける事によって保険料抑える事もできるのです。

自動車保険にはいろいろな補償があるものですがその中には必要性の低い補償を附帯しているものを疑問も持たずに保持されている方も多いといわれているのです。

 

運転者を限定して保険料を安く!

自動車保険を割引できる方法の1つとして運転者を限定して保険料を安くする方法というものが考えられます。

運転者限定の場合は運転する人を本人に限定する事によって最も安くなるのです。

最大で20%の自動車保険料の割引が可能といわれています。

そのため、自動車保険を安くするためには本人限定割引が1番得になるでしょう。

さらに年齢限定設定を付加し、もっと安くするようにしましょう。

限定する幅が小さくなると保険料もその分、安くなるでしょう。

35歳以上補償が最も安いとされており、18歳から上限なしの年齢問わずが1番高くなるものだと思います。

運転する方が1番若い方の年齢が20歳以下なら「年齢問わず補償」になるかと思います。

年齢制限、運転者限定や主契約者などによっても保険料は大きく異なるでしょう。

21歳以上になった方は21歳以上限定補償が適応される事になります。

これは21歳以上の方に限った自動車事故を補償対象としているものとなります。

また、26歳以上になった方であれば「26歳以上限定補償」が適応される事になります。

これは26歳以上の方に限った自動車事故を補償対象とするものです。

これも年齢制限や運転者限定や主契約者などによって保険料が大きく変わるものです。

30歳以上になった方の場合は30歳以上限定補償が適応される事となります。

30歳以上の方に限った自動車事故を補償対象とするもので、さらに35歳以上になった方であれば「35歳以上限定補償が適応される事になるのです。

やはり、35歳以上の方に限った自動車事故を補償対象とするものとなるのです。

もちろん、年齢制限や運転者限定や主契約者などによって保険料が変わります。

 

年間走行距離で保険料を安く

走行距離を区分する事のメリットとしては運転頻度の低い方にあると言えるでしょう。

走れば、その分事故に合う確率も高くなるのは当然の事なのです。

そのため、日常の買い物や週末のレジャー程度しか運転しないというような方の場合は走行距離区分のある自動車保険を選ぶのがオススメだと思います。

これは、事故確率は乗った分に比例すると考えられるためです。

ソニー損保であれば走る分だけの保険料で最大で38%も保険料が安くなると言われているのでオススメですよ。

また、通勤や仕事でマイカーを使用する方や年間走行距離の多い方の場合なら走り放題の保険料があるSBI損保がオススメだと思います。

自動車保険に加入する際は年間にどれくらいの走行距離を走るのかを計算して申告しましょう。

例えば、週5日マイカー通勤をしていたが、今年からはバスを利用しようと思っているなどといった方の場合は、これから予想される走行距離で申告するようにしましょう。

実際に申告距離よりも長く走った時は保険会社によって変更手続きが必要になるケースもあると言われています。

申告が適正でない場合に補償がされない事もあるそうなので注意するようにしましょう。

ソニー損保は申告よりも走行距離が1000km以上下回る場合で「くりこし割引」が適用されるそうです。

もしも契約期間中に走行距離を超えてしまった時、「セゾン損保」や「おとなの自動車保険」の場合ならば走行距離区分を超えた場合、契約内容の変更手続きが必ず必要となります。

しかし、使用目的が業務使用の場合であれば変更も必要ないと言われています。

 

 

無事故無違反・安全運転で保険料が安くなる!

車は毎日の生活の必需品と言えます。

出費の固定費とも言える自動車保険はなるべく安く済ませたいと思う方も多いでしょうが、自動車保険についてよく調べずに自動車保険会社と契約してしまう方は非常に多いといわれています。

実に様々な割引サービスがあるのですがそのサービスの大きなものとしてゴールド免許割引が考えられるでしょうか。

これは5年間の間、無事故、無違反の場合に得られるゴールド免許を持っているだけで年間に何万円もする自動車保険が非常に大きく割引されるというものです。

私自身もこのサービスに気づいたのは免許がゴールドになってから2年ほど経ってからだったのです。

非常にもったいない事をしたと思います。

ゴールド免許の保有者の場合は自動車保険会社別にしっかりと調べてからゴールド免許の割引率が良い保険会社を選ぶべきだと思います。

自動車保険について知っておくべき最低限の事はもちろん、自動車保険会社別の割引率やゴールド免許の取り方などの情報はしっかりと頭に入れておくようにしましょう。

しっかりと情報収集をしていれば自動車保険の節約は十分に可能になるでしょう。

自分の車所有の状況に合ったの自動車保険を選ぶ事もできるのです。

ゴールド免許は5年間で無事故無違反が原則となっており、最も早い取得となれば24歳になるでしょうか。

さらに言うと16歳で原付免許、普通自動二輪のどちらかを取得していれば5年後無事故無違反の条件はもちろんだが、21歳でゴールド免許をとる事もできるようです。

もしも、24歳でゴールド免許を取得して、死ぬまでゴールド免許を維持しておくと契約している自動車保険会社からのゴールド免許割引を受けつづける事ができて40年間車を運転したと考えると、ゴールド免許の取得、維持だけで何十万円も経費が節約できる事となるのです。

 

通販型自動車保険は安い

昔なら、どの自動車保険で契約したとしても保険の内容や保険料に大きな違いはないものだったそうです。

保険担当者がマメに対処してくれるのかが自動車保険を選ぶ1番の決め手となっていたのです。

しかし保険の自由化以降、外資の参入も本格化してきて保険業界全体で保険の内容や保険料ともに競争が激しくなってきたのです。

1998年に自動車保険が完全自由化となってから同じ契約条件でも保険会社により、かたや10万円かかる所で一方では5万円で済んだりというような明らかな差が出るようになってしまったのです。

中でも一番の大きな変化となったのが通販型自動車保険の登場でしょうか。

具体的に説明すると自由化以前は自動車保険料率算定会が算定した料率をもとにして保険料を算定する義務があったとされています。

それが自算会の料率の使用義務が撤廃されて、自算会の算定料率は参考だけで良いとなって独自のデータを元として保険料を決定しても良くなったのです。

この自由化の恩恵を大きく受けているのが通販版型の自動車保険という訳なのです。

保険料は純保険料と付加保険料に分けられます。

純保険料というのは事故の際、支払われる保険金に充当される保険料の事であり、付加保険料は保険会社の事業費に充当される保険料と言われています。

通販型の付加保険料を低く抑える事が出来る事業体となっているので純保険料を代理店型の保険会社と同じレベルで設定できたとしても低廉な保険料を提示する事が出来るという仕組みになっているのです。

一方で代理店系自動車保険は、それだけ安い自動車保険を設定しようとしたとしても将来の保険金の支払に過不足が生じる恐れがあるような安すぎる保険料の設定は認められない事となっています。

経営の構造上、通販型自動車保険以上に営業経費がかかる大手損保の自動車保険は保険料の設定では不利になってしまうという訳なのです。

 

車両保険は必要?

車両保険というのは事故で損害を受けた時の自分の車の補償の事です。

車両保険は自分の車の補償となるので附帯していなくても他人に迷惑をかける事はないものと言えます。

また、車両保険は自動車保険料に占める部分が高い保険となっているので車両保険を外して見積もりを行うと保険料はグッと下がるものなのです。

そのため、なるべく保険料を節約したいと考えている方の場合は車両保険をつけるか外すか悩む事も多いと思います。

しかし、特別な事情や理由がない限りは車両保険はつけておくようにしておきたいものです。

軽微な修理で済むような事故の場合なら保険を使わずに自己資金で修理する事も出来るかもしれませんが、自己資金では賄えない程に車が損壊してしまった場合なら修理費用をローンで調達するような事にもなってしまいかねません。

このように毎月の新しい支出を作ってしまっては家計を圧迫してしまう事にもなりかねないのです。

特にローンで車を購入しているなら車両保険をつけておくようにしましょう。

また、車両保険はエコノミー契約でないと落書き、いたずら、盗難などでも補償されるそうです。

盗難や車へのいたずらは人気車や高級車に非常に多いと言われており、そういった車種を所持している方なら迷わず車両保険をつけるかもしれませんがそれ以外の方でも車は大事な財産である事には変わりないものだと思います。

まして、高級車でなければ料率も安いので、車両保険もそれほど高くならないのでできれば入っておきたい所だと考えられます。

 

自動車保険のセカンドカー割引

少し前までなら車は一家に1台と言われていましたが最近では1人に1台という家庭も多くなってきているそうです。

2台目、3台目の車を購入する家庭が多くなってきていて、そういった方達はセカンドカー割引を使う保険料が非常に得だと考えられます。

一般的にセカンドカー割引と言うものは1台目の車両の保険契約がノンフリート等級によって11等級以上なら2台目車の保険料を割り引きするというものとなっています。

通常初めて車を購入してから自動車保険に加入すればノンフリート等級で6等級からスタートする事となるのですがセカンドカー割引を適用すれば7等級からスタートさせる事ができるのです。

11等級以上という条件の他に車両所有者と保険の名義人が同一人物であるという要件があるそうです。

つまり、もし1台目の車の所有者と保険の名義人が、その家のご主人だったとしたら2台目の車の車両所有者、保険名義人もそのご主人にする必要があったのです。

しかし、最近では一部の保険会社でこの条件が改正されていると言われており、1台目の車両所有者、保険名義人の同居の親族だったとしても対応可能な保険会社も様々出てきているようです。

保険会社によってはすでに改定していたり、これから改定という所もあると言われているので2台目の車を購入するという方の場合は保険会社、もしくは代理店に1度相談してみてはいかがでしょうか??

子供が結婚などをして別居するという場合は、その前に車を購入しておくと上記割引の適用も可能となりますよ。

また、セカンドカー割引とは別になるが親がもう年で車には乗らないなどといった場合でも同居している内ならば子供に名義変更する事も可能となっていますよ。そうした方は是非。

 

自動車保険のエアバック割引

エアバック割引というのは自動車保険を安くする事が可能な割引制度の内の1つといえるでしょう。

エアバックを知らない人はいないと思うがエアバックの種類については知らない方も多いのではないでしょうか?

助手席にもついているものの事をデュアルエアバックと言って横についているものの事をサイドエアバックと呼ぶのです。

エアバックは事故を起こした時に身を守るため作動する補助システムの事です。

シートベルトをしていないと効果を発揮できないものなのでエアバックが付いているからと言い、荒い運転をしたりシートベルトをしないというような事は避けましょう。

このエアバッグ割引では搭乗者傷害保険、人身傷害補償担保特約、自損事故傷害特約などといった保険料が10%割引されるというものなのです。

エアバック割引は車の車名や型式によって設定される料率クラスに盛り込まれている事がほとんどなので改めて契約するという事もほとんどないものなのです。

自動車任意保険は任意とは言っても加入しないという選択肢は0と言っても良いでしょう。

私の場合は年間の保険料を約6万円払っていました。

年間で約6万円と言うのは月で5000円程になるのでかなりの痛手だったのです。

しかしある方法を使う事でこの保険料をおよそ3万円まで安くする事ができたのです。

その方法は自動車保険一括見積もりサービスを利用して安い保険会社を見つけるという方法の事です。

私が使ったのはインズウェブというサイトで、このサイトでは最短で5分、最大20社の保険料を一括に、無料で見積もる事ができるのです。

インズウェブで見積もる際は車検証と免許証、保険証券が必要となるのでこれら準備してから一括見積もりを行ってみては??

 

 

自動車保険長期契約はお得?

東京海上と日動火災から長期保険保険料分割払型の自動車保険が発売されたそうです。

自動車保険の長期契約と言うと少し前に発売された積立型の自動車保険があったが今回のは掛捨ての長期契約となっているのです。

火災保険では住宅ローンの関係もあって、長期契約は一般的なものとなっていますが自動車保険ではまだまだ1年の掛捨てタイプが主流となっているので馴染みのない方も多いと思います。

自動車保険長期契約のメリットについて。

・1年契約で加入する場合と比べると保険料が割安になる。

※ノンフリート等級で割増などの契約の場合は高くなる事もあるので注意が必要となります。

・保険期間中は事故があったとしても保険料は変わりません。

・長期契約となるので1年毎に契約する手間もなく、継続忘れも少なくなります。

自動車保険長期契約のデメリットについて。

・割増の契約の場合、保険料が高くなる事があるのでその場合は高い保険料を長期間固定する事にもなってしまいます。

・新商品や新しい特約や制度などが出来た時に定期的な見直しは困難となります。

上記の事が挙げられるでしょうか。

一長一短があるのでどうすれば良いというものでもないが、特徴を良く考えた上でプランニングを行いましょう。

長期契約で注意が必要なのが保険料は固定されるが保険期間満了時の等級の数え方は1年契約の際と同じであるという事があげられます。

 

自動車保険の等級制度

自動車保険料の安さや割引に非常に関わりがあるのが等級でしょうか。

等級というのは保険加入者のリスクを図る基準の事となります。

この等級により、保険料が割増、割引される事になるという訳なのです。

つまり、保険会社は加入するドライバーに等級をつけ、優良な加入者には保険料を安くして、事故を起こしてしまったドライバーには保険料を高く設定しているという訳です。

この等級制度をとっており、車の所有台数が9台以下の契約の事をノンフリート等級別料率と呼ぶそうです。

等級は1級~20級まであります。

ノンフリート契約の場合は6等級からスタートする事になります。

数字が大きくなれば大きくなるほど割引率が上がって、下がれば下がるほど割高になっていくのです。

無事故を続けていれば等級も上がっていって保険料も下がっていきますが、事故を起こしてしまうと等級は3等級下がってしまうので注意が必要です。

例えば、等級が7級になると20%割り引き、8級になれば30%割り引きなどという風に優良ドライバーになればなるほどに保険料が安くなっていくのです。

テレビCMなどでよく目にする自動車保険だが、結局どこが安いのか?なんてよく分からないものだと思います。

これは、自動車保険の保険料は会社ごとによって違いがあるからと言えるでしょう。

また最近ではリスク細分型と言い、加入する人の条件により保険料が決められるシステムをとっている所も多いのです。

 




サブコンテンツ
自動車保険を更新契約の前に!!

現在、加入している自動車保険を更新する前に、
自動車保険一括見積もりをしてみましょう。

管理人も一括見積もりしただけで、
年間保険料が83,900円→62,800円に!!

結果、21,100円も安くなりました。

自動車保険は1年に1度だけ、見積もりを取るだけでも安くなります。
今まで1度も見積もりしたことがない人はかなり期待していいと思います。

logo_coms

一括見積もりはタダですから、気軽に試してみてください。
5分ほどの作業で最大22社からの見積りができますよ。

気に入らなければ契約する必要もないですし、
勧誘の電話がかかって来ることもなかったです。

1374869992_Cute Ball - Go管理人が一括見積もりしたサイトはインズウェブ

【インズウェブ】

まずは、5分ほどのカンタンな入力で、
最大22社からの見積りが届きます。

新規で加入の方は、車の車検証もしくは車の情報。現在、保険に加入されている方は、契約中の保険証書を見ながら入力するとスムーズに進みます。

あとは、現在の保険条件と比べてどちらがお得か?判断するだけです。


1374694429_arrow-right-double自動車保険一括見積もりサイトはこちら


自動車保険の特約について

自動車保険コンテンツ

このページの先頭へ